2019/2/23

酸味の効いた簡単スープ  「食」についての話題

私は豚バラ肉を野菜炒め等で使用する際に一度茹でます。

そうすれば、炒める際に肉の火の通りを気にしなくて済むだけでなく、茹でた肉は生肉より切りやすく、まな板もヌルヌルしないからです。


そして、せっかくなので、その茹で汁と茹でた豚肉の一部を使ってスープを作ります。

作り方は以下の通り。

(1)出し昆布10cm×4cm角を入れた水を沸騰させ、酒大さじ一杯と塩ひとつまみを加えた中に、豚バラ肉の薄切りを入れる。

(2)アクが出たら丁寧に掬い取り、豚肉の色が変わるまで茹でる。

(3)茹で上がった豚バラ肉を取り出し、その一部を短冊切りにして湯に戻し、半分に切ったエノキダケを適量加え、再び煮立てる。

(4)昆布を取り出し、味付けはミツカン味ぽんで。塩で味を調整する。

(5)スープカップにスープを注ぎ、最後に小口切りのネギを加えれば出来上がり。

お好みでざく切り、或いは千切りのキャベツやもやしを加えても。

肉と昆布から出た旨味と、味ぽんのほどよい酸味と、エノキダケと豚バラ肉の食感を楽しめる一品です。


もしかしたらこのレシピ、ずっと前に当ブログでご紹介したかもしれませんが、昨夜作って食べたらやっぱり美味しかったので(笑)、改めてアップします。

ホントにどなたでも手軽に美味しく作れるので、どうぞお試しあれ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/1/17

安定の美味しさ 高山堂の「いちご大福」  「食」についての話題

今度は大阪出張土産に、この時期限定の高山堂の「いちご大福」を、夫が買って来てくれました

菓子折りを開け、きちんと並んだ6個の「いちご大福」を目にした瞬間、幸せな気分になります

○○さん、いつもありがとう


香ばしい淹れたての玄米茶と一緒にいただきます

安定の美味しさです。まさに「旬を味わう」と言う感じ

形、色合いも美しく、眼福なり〜

私としては、満点をあげたいお菓子です


税込で1360円なり。

今回はなぜか、「きんつば」が1個サービスで付いていました
1個しかないので、夫と半分こして食べました

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/1/12

遅ればせながら…  「食」についての話題

松ノ内も過ぎてしまいましたが、あらためて

明けまして
おめでとうございます。

年末年始、主婦業がいつになく忙しかったせいか'_';、少し体調を崩していました'_';'_';

斯様にヘタレな私ですが、本年もよろしくお付き合いください。


休み明けに、夫が大雪の金沢へ出張に行って来ました。

降り止まない雪に一時はどうなることかと心配しましたが、昨夜、無事に北陸新幹線で戻って来ました。

因みにこの日、飛行機は欠航でした。

その金沢出張土産が写真の「福梅」。

最中です。

金沢は城下町だけあって、お茶請けにぴったりな美味しい和菓子がたくさんありますね。

「福梅」は、ほんのり赤く色づいた(白もあります)梅の花の形をしており、サクッとした食感の薄皮に、和三盆の上品な甘みの餡がたっぷり入って美味です。

贈答用の箱入り(+100円)だけでなく、自家用のビニール包装の物もあって、地元の方々にも愛されているお菓子なんでしょうね。

昆布茶が一袋同封されているのも嬉しい。


今、夫に聞いた話では、このお菓子は年末年始のみの限定販売で、地元の方々が年始にいただく縁起物のお菓子なんだそうです。

だから「梅」なんですね

地元の方に薦められて購入したらしいのですが(その方も「この時期のオススメなんだけど、まだ、売っているかなあ…」と言っておられたそうで…)、時期的にギリギリ購入できた物のようです。

年始早々運良く美味しいものがいただけて、有り難いことです

クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/7/21

シークヮ―サー果汁入りもずく酢  「食」についての話題

味覚が「お子ちゃま」と言われそうですが、
酢の物が全般的に苦手で、
普段は健康の為に我慢して食べています。

そんな酢の物苦手な私でも
美味しくいただけるのが、
生協で購入の
「恩納村でしか採れないもずくシークヮ―サー」

フルーティな味わいで、
のど越しツルリといただけます。

パッケージの色合いも南国風味で美味しそう(笑)。

これなら毎日でもOKなのですが、
生協でもたまにしか登場しないので、
なかなかいただけないのが残念。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/7/15

高山堂 ああ高山堂 高山堂  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します

夫が術後初めての大阪出張で
手土産に買って来てくれたのが
我が家では定番の高山堂の和菓子

今回は我が家初お目見えの
夏季限定「涼風菓 水大福」

箱を開け、
透明な覆いを取り払った途端、
大福を包み込んだ
笹の葉清涼な香り
鼻に飛び込んで来ました。

一晩、冷蔵庫で冷やして、
先ほどいただきました。

特殊な製法により、
餅は冷やしても固くならず、
もっちりとした食感をキープ。

白大福はこし餡、草大福はつぶ餡。

五感をフルに使って、
季節感も楽しみながら味わう和菓子は、
本当に風流で素敵だなあと感動

最近、美味しいものをいただけることに
つくづく至福を感じます


自分自身が年を重ねたことに加え
(人生も後半に入ると、
後何回食事ができるか考えたら、
できるだけ美味しいものを食べたいもの…)

様々な天災によって、
日常があまりにもあっけなく奪われることを
近年何度も目の当たりにして、
尚更その思いが強くなったように思います。

改めて、
常に期待を裏切らない仕事ぶりの高山堂さんと
いつも美味しい和菓子を買って来てくれる夫に感謝
1

2016/6/25

鉄瓶を育てる  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します

 私は無類のお茶好きで、和洋中でいろいろな種類のお茶を揃えては、その時々の気分や1日の中でのバランスを考えながら、適宜選んで飲んでいる。

 ざっと数えただけでも13〜14種類はあるだろうか?ただし、どれもティーバッグで、お茶好きはお茶好きでも、本格派とは言えないのかもしれない。しかし、味や香りには拘って選んでいるつもりだ。

 一番多いのは紅茶で、英国ブランドの紅茶もあれば、フランスの紅茶もあり、中でも生協でしか取り扱っていない日本のLankaStarと言うメーカーの紅茶はアッサム、ダージリン、ワイルド・ストロベリー、ジンジャー、アールグレイ(そして時々キャラメルやマンゴーやピーチも!)と取り揃えている。ここのメーカーは社長自ら、世界各地のお茶の産地を訪ねて直接茶葉を仕入れ、ブレンドしていると言う。

 特にダージリンは、自分の知る限りでは、海外有名メーカー製品に引けを取らない香りと美味しさだと思う。なかなか生協でもお目にかかれないので、生協に出た時には2〜3袋を必ずまとめ買いするようにしている。

 お茶をより美味しくいただく為に、私は水にも拘る。そこで、水道水のカルキ成分を除去して、味をまろやかにすると言う、南部鉄器の鉄瓶を1か月ほど前に購入した。鉄瓶にはこの他にも、沸かした湯に人体に無害な鉄分が溶け出て、貧血予防の効果があるらしい。

 尤も、茶葉によって合う水質は軟水(日本茶?)か硬水(紅茶?)に分かれるので、厳密に言うと、自分の好みが軟水だから鉄瓶を使うことにしただけ…かな?日本のモノづくり文化を敬愛するひとりとしては、伝統工芸品を手元に置いて、大事に使いたいと言う憧れもあった。

 南部鉄器はその名の通り、鉄で出来ているので錆びやすい。鉄瓶もすぐに内部に錆びが出そうで、取り扱いが難しいイメージがある。また、「水道水がまろやかになる」と言うのは、ある程度、鉄瓶を使い続けて後のことだ。

 だから、タイトルの「鉄瓶を育てる」なのである。

 買って最初の2〜3回は沸した湯をそのまま捨てる。湯慣らしだ。その後は出来るだけ毎日、鉄瓶で湯を沸かすようにする(鉄瓶を使ってあげる)。錆びを防ぐ為に、沸かし湯はすぐに急須やポットに移す。

 そして使用後はすぐさま、蓋(特に水滴のついた裏側)や注ぎ口、本体外側を、予め用意した乾いたミニタオル※で拭いて、水分を取り除くようにしている。

 ※ミニタオルはいただき物で未使用の物を2枚、鉄瓶専用にあてがい、何日かおきに替えて使用している。

 鉄瓶内部は、沸かした後の鉄瓶本体の余熱を利用して、残った水分を蒸発させる。内部に息を吹きかけると、てきめんに残った水分が蒸発するので面白い。この蒸発させる作業を怠ると、鉄瓶の中はたちまち錆びだらけになってしまう。

 一見面倒そうだが、一連の作業を習慣づけてしまえば何のことはない。使用後に水滴を残さないよう気を付ければ、鉄瓶の内側は洗わなくても良いのだ。それどころか、手で触れてもいけない。外側は汚れたら固く絞った布巾で拭くだけ。そして、鉄瓶本体がすっかり冷めてから盖を乗せ、棚にしまうこと。

 尤も、どんなに気を付けても、使い初めて1〜2週間くらいで内部に茶色の錆びが点々と出て来る。しかし、これはそれほど気にする必要はない。この後は、沸かし湯が錆び色にならない限り、根気強く鉄瓶を使い続けること。

 鉄瓶を使い始めて1か月が過ぎたころ、次第に水の中のカルシウム成分が、鉄瓶内部の錆びを覆うように白く付着して来る。この白い付着成分が、所謂「湯垢」と呼ばれるもので、水道水をまろやかにする働きがあるのだ。

 「早く湯垢を付けたければ、ミネラル分の多いフランスのエビアン等を使うと良い」とネットに書かれていたので、早速試してみたら、効果てきめんだった。写真は、使用から1か月半が経過した我が家の鉄瓶≪バウム≫の内部。白光りしているのが湯垢だ。かすかに見える茶色い錆びを覆うように付着している。

クリックすると元のサイズで表示します

 そもそも湯垢は鉄瓶の所有期間や使用頻度に関係なく、いかに長時間鉄瓶で水を煮立てるかで、その付き具合が決まるらしい。つまり囲炉裏等でシューシュー言わせている状態を長く続けるのが本来の鉄瓶の使い方で、「短時間で湯を沸かす」と言う、いかにも現代的な効率性はそぐわない道具と言える。

 一端の茶人気分で、空焚きにはくれぐれも注意しつつ、水を弱火で"じっくり時間をかけて煮立て"、優雅にその時間を楽しむ位の心の余裕が必要なのかもしれない。こりゃ、隠居の贅沢かな(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します 誤って鉄瓶内部に錆びを大量発生させてしまった場合や、錆びで沸かし湯が茶色く濁るようになった場合は、鉄瓶を軽くすすいだ後、八分目の水に布に包んだ茶さじ1杯の煎茶を入れて、空焚きに注意しながら30分程度煮立て、金気止め処理を行えば良いようだ(ある程度、沸かし湯の色が気にならなくなるまで、この処理を繰り返す)。これはお茶に含まれるタンニンと鉄の結合現象を利用した、昔ながらの錆び止め処理らしい。

 写真は使用から半年経った我が家の鉄瓶(ケトル)バウム君。

 不覚にも最近、鉄瓶が十分冷めないうちに私は盖を被せてしまったらしく、翌日気づいたら鉄瓶内部の底が湿っていて、斑点状に錆びが発生していた。

 錆びの広がりを防ぐ為に早速上述の錆び止め処理を行ったが、これはあくまでも錆びの広がりを抑えるだけで、一度ついてしまった錆びがなくなることはないようだ。今のところ、沸かし湯には何の問題もないとは言え、大事に育てて来たつもりが、たった1度の不注意で内部に錆びを発生させてしまい、バウム君には申し訳ない気持ち…

【参考サイト】

岩鋳オンライン
鉄瓶通

 私はいつも鉄瓶に「バウム君」(←商品名)と呼びかけて、使っている。あたかも我が子を愛おしむように、愛着を持って毎日使っている。南部鉄器は大事に使えば、何世代にも渡って使い続けられる堅牢な作りだ。ちょっと重いのが玉に瑕だが、それだけ頑丈に出来ているということ。

 火にかける際には、多少時間がかかっても弱火で。理由は元々囲炉裏等で炭火にかけられていた鉄瓶に、現代のガス火は火力が強過ぎるのと、ガスに含まれる微量の水分が錆びを誘発して、底を傷める恐れがあるからだそうだ。

 実は鉄瓶の場合、高価であればあるほど、職人の高度な技で、より薄く作られ、軽量らしい。熟練職人ひとりが工程の最初から最後まで手掛ける製品は、最低でも価格は3万円以上で、中には数十万円もする品もあるようだ。

 私のバウム君は2万円弱の量産品で、ガスコンロでも使えるよう底厚なので、多少重いのは仕方ない。尤も、伝統工芸品であることには変わりはなく、茶人でもない一般人が日常使いする分には、機能性と堅牢性に価格差ほどの差はないと思う。


 ともあれ、なかなか順調に育って来た、我が家の鉄瓶ケトル「バウム君」で沸かした湯で、美味しいお茶を淹れる。何とも言えない、贅沢なひとときである。

【2018.01.18 追記】

クリックすると元のサイズで表示します 昨秋、2年ぶりに英国を旅行した時に、さまざまな場所で紅茶を楽しんだのですが、行く先々で鉄瓶を見かけました。

 写真は南部ブライトンにある宮殿ロイヤル・パビリオンのティールームで、クリームティー(スコーンと紅茶のセット)を頼んだ時のもの。ちょっと見づらいかもしれませんが、鉄瓶で紅茶が供されました。

 こんな遠いところでも鉄瓶が愛用されているのかと思うと、ちょっと嬉しかった。もしかしたら、日本製ではないかもしれないけれど…

4

2016/4/24

THE GRILL MARKET 再び!  「食」についての話題

【2017.08.05 追記】

 落ち着いた雰囲気で、ランチも美味しかったので、かなり気に入っていた店なのですが、最近ランチの質が落ちた上に客層も変わってしまったようで、残念ですがもう今後行くことはないでしょう。

 現状では、落ち着いて食事を楽しみたい方には、この店はオススメできません。

 今日は、店の奥にいた母親と幼い子どもの総勢10人近いグループがあまりにも騒々しくて、途中で我慢できなくなり、「もう少し小さい声で話して欲しい」「店内で子どもを走らせないで欲しい」と訴えたのですが、グループのボス格と見られる女性は「すみません」とは口にしたものの、どう見てもふてくされた表情で、「でも自分は子どもに走らないよう注意した」と言い張りました。

 それならと、私は子ども達に向かって「お母さんの言うことはちゃんと聞きなさいね」と念押しして、自分の席に戻ったのですが、直後一瞬静かにはなったものの、すぐにまた騒がしくなり、元の木阿弥でした。

結局、端から人を舐めていて聞く耳など持っておらず、謝罪はポーズだけだったんですね。

 そもそも、テーブルの上を見たら、とうに食事は終わった様子で皿は重ねられた状態でした。親がおしゃべりに夢中で子どもを放ったらかしにするから、子ども達も飽きてしまって、店内を走り回ったり、何度も店と外を行ったり来たりしたのでしょう。その際、出入り口のドアも乱暴に開け閉めしたり、時には開けっ放しで、その度に店の人が閉めていました。

 食事中に自分の席のすぐそばでそんことをされたら、堪ったもんではありません。おかげでイライラして、せっかくの味も分からなくなってしまいました。夫も飲物に殆ど口をつけない状態で、早々に店を立ち去りました。

 最初は店の人に注意して欲しい旨お願いしたのですが、その時点で既に何度か注意した後だったようです。店の人も困惑した様子でした。お手軽なファミレスかファースト・フード店とでも勘違いしているのか?少なくとも「お客様は神様」と言うのは、接客する側の心構えを説いているのであって、客はお金さえ払えば何をしてもいいと言うことではけっしてないんですけれどね。

 どうしようもないですね。

 夏休みは親子でさまざまな場所に出かける機会が増えますが、それは子供の社会性を養う良い機会でもあり、人として最低限周りに迷惑をかけないよう子どもを躾けるのが親の務めだと思うのですが、その自覚が足りない親が一部にはいるようです。たぶん、その親達も同様の育てられ方をしたので、自分達の何がいけないのかが分からないのでしょう。

 こうして社会性の欠如した自己中な大人が再生産されるのだなと思うと、悲しくなります。

=======================================

 我が家は限られた月々の食費の都合上、夕食では滅多に外食はしないので、外食はもっぱら昼食で楽しみます。

 「個人ブログでは画像付きで『どこで、何を食べた』と言う記事がやたら多い。だからどうした?」と言う記述をどこかの記事で見かけたのですが、一方で私のブログには、例えば「チッタデッラでのランチ」なんて検索ワードで訪ねて来られる方もおられるので、まあ、私の私的なランチの記録も多少、どなたかのお役には立っているのではと思っています。だから、懲りずにランチの記録を今回もアップします。

 先日映画を見た後、再びTHE GRILL MARKET チッタデッラ川崎店で、ランチを食べました。ここはコスパが抜群に良いですね。平日ならパスタランチは税込1、000円で、このボリューム&味は凄いですよ。店にとっては薄利過ぎなんじゃないかと客である私が心配するくらい、大盤振る舞い?のランチです。

 しかも、当日の映画の半券があれば、食後のデザートが付いてくるか、会計で10%の割引です。信じられません!

 まずは20〜22cm皿にてんこ盛りの10種類の野菜のサラダ。バルサミコ酢とオリーブオイルの定番ドレッシングに、惜しげもなくまぶされたパルメザン・チーズ。これで結構お腹がいっぱいになってしまうくらいのボリュームです。それにトマトのカップスープが付きます。

 近年は生活習慣病の大敵である食後血糖値の急上昇を抑制する効果で、食事の最初に野菜等の食物繊維の摂取が推奨されているので、サラダの充実は理に適ったものだと思います。特に中高年の方々にはオススメ。

 とにかく"食べる順序"が重要らしいですね。最初に野菜を大量に(ただし血糖値上昇の原因となる"糖質"を多く含む芋類や蓮根は控え目に)。次に肉や魚の蛋白質と脂質。そして最後に米や、小麦で出来たパンや麺類の炭水化物(=糖質)を摂取するのが、身体(膵臓)への負担が少ないのだとか。目の敵にされがちな糖質は脳のエネルギー源でもあるので、量に気を付けつつも摂取すること自体は大事。要は"順序"と"バランス"でしょうか? 

 ただし、周囲のテーブルを見渡すと、食べきれずに残している人が少なくなかったので、今後減量の可能性もあるかも。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


 前回は「本日のパスタ」で2種のショートパスタの海鮮クリームソースをいただいたのですが、今回も「本日のパスタ」で大好きなジェノベーゼソースのパスタをいただきました。これまたボリューミィで具だくさんで美味しかったです。小さなバゲット2切れ付き。
クリックすると元のサイズで表示します


 この日も窓から見える外の景色はイタリアンな雰囲気でした。青空にイタリアンな建物の色が映えます。景色もごちそう…
クリックすると元のサイズで表示します


 食後は温かい紅茶をストレートで。
クリックすると元のサイズで表示します


 映画の半券サービスは食後のデザートにしようか、会計10%offにしようか迷ったのですが、もうお腹がいっぱいだったので、この日のデザートのアイスクリームは食べられないと判断して、会計10%offにしました。この日も大満足のTHE GRILL MARKETさんでした

クリックすると元のサイズで表示します

 
 店の外観です。都内を含め5店を展開しているので、外観の設えは洗練されています。比較的入り易い雰囲気です。
クリックすると元のサイズで表示します


 ところで、チッタデッラ川崎の本館1階には、トイレに隣接して、ご覧のようなパウダールームや授乳室も設置されています。チッタデッラファンとしては、ここの良さがもっと広く認知されて、賑わって欲しいなと思っています。

 単館系映画を積極的に上映している(神奈川では、ここでしか見られない作品が多数)ここの映画館の存在意義は、映画ファンにとっては計り知れないものがあります。

 客足を遠ざけている一因のひとつが、駅に隣接したライバル映画館2館と比較して、少々アクセスが悪いこと。と言っても駅から徒歩5〜10分程度の距離ですが。雨天時のことを考えると、地下街から直接来られるようなアクセスには出来ないものですかね?
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


【追記】

 ゴールデンウィーク期間中にも、夫婦で映画を見た後、ここでランチを食べました。この日は休日価格で、1,300円。
 
 この日の日替わりパスタはペペロンチーノ。やはり具だくさんでおいしかったですよ♪
クリックすると元のサイズで表示します

 この日の窓から見える景色も、蔦が絡まったテラコッタ色?の外壁に、何とも言えぬ風情があって素敵でした!一瞬ここが川崎であることを忘れさせてくれるような風景(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/3/22

川崎チッタデッラの新しいランチ・スポット♪  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します


 チッタデッラ・マジョーレ棟2階の、チネチッタ劇場入り口正面に、新しいレストランが出来ました。元は中華料理店ツツのあった場所です。

 THE GRILL MARKETと言う店で、青山一丁目など東京を中心に展開しているレストランチェーンで、チッタデッラ店で5店舗目だそうです。

 早速、夫婦で映画「家族はつらいよ」を見た帰りに、ここでランチを食べてみました。夜は一人予算5,000円超えの店ですが、ランチは気軽に1,000円から食べられそうです(ドリンク付き)。映画を見た人なら、半券に付いているサービス券で、無料デザートか10%割引の、何れかのサービスが受けられるようです。

 私はパスタのサラダ、ドリンク付きBコースを食べてみました。1,300円也。

 まずはたっぷり野菜のサラダ。バルサミコ酢とオリーブオイルのドレッシングでいただきます。カップ入りのトマト・スープも付いていました。サラダは上にまぶしたパルメザンチーズのほろ苦さも相俟って、定番の美味しさでした。
クリックすると元のサイズで表示します


 パスタは3種の中から本日のシェフのパスタをチョイス。この日は2種のショートパスタ・魚介クリームソースでした。エビ、イカ、パーナ貝等の魚介類を具材にしたクリームソースを2種のショートパスタに和えた一品。とても美味しかったです。スプーンで底に残ったソースまで平らげました。フォッカッチャ等のパンも付いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 レストランからの眺め。角度によってはチッタデッラの建物以外視界に入らないので、雰囲気は上々川崎とは思えない… 
クリックすると元のサイズで表示します

 食後の飲物。私は紅茶、夫はトマトジュースを頼みました。フツーに美味しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します


 オープン間もない(3月18日(金))せいか、サラダを出し忘れたり、レモンティーを頼んだのにミルクを出して来たりと、スタッフの小さなポカはありましたが、全般的に味は美味しく、コスパは良いと思いました。また機会があれば利用しようと思います。それまでに新米スタッフが仕事に慣れてくれると良いのですが…

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/3/7

テレビレシピ「豆腐ときのこのアヒージョ」を作ってみた♪  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します


 NHKの「あさイチ」で、ちょっと変わった豆腐料理を紹介していたので、作ってみました。
 
 スペインのバルでは定番のタパス(Tapas;小皿)料理アヒージョ(Ajillo;にんにくオイル煮)のアレンジで、その名も「豆腐ときのこのアヒージョ」(by 小田真規子さん)。

 日本の代表的食材豆腐が、意外に濃厚な洋風料理にマッチして美味しかったです。マッシュルームがにんにくオイルの旨味をたっぷり含んで、これまた美味しい!定番の豆腐料理に飽きた時に作ってみてはいかがでしょうか?では、レシピです。

<材料・4人分>

・木綿豆腐 1丁(300g)
・マッシュルーム 6〜8個
・にんにく 2かけ

<A>
・塩 小さじ3分の2
・赤とうがらし()種を取り、ちぎる) 1本分
・パプリカパウダー 小さじ1

・オリーブ油 大さじ5

<作り方>

1.豆腐は8等分にし、ペーパータオルを敷いたバット(別に平皿でもOK)に広げ、
20分間置く。マッシュルームは汚れを取り、石づきを切り落とす。
にんにくは芯を取り、3ミリ幅の薄切りにする。

2.直径20センチのフライパンにオリーブ油とにんにくを入れ弱火にかける。
香りが出たら豆腐とマッシュルームを入れ、中火にする。片面2分間ずつ焼く。

3.Aを全体にふりかけ、中火で時々具材にスプーン等で油をかけながら、
5〜6分煮る。


今回のメモ

@具材がにんにくオイルにできるだけ浸るように、直径20センチ程度の鍋を使った方が良いです。
A豆腐をひっくり返す時に崩れ易いので、私はスプーンでひっくり返しました。
Bパプリカパウダーは特に指定がなかったので、家にあった甘口を使用。
Cバル風に?野菜サラダの他に小皿料理を幾つか並べて食べました。
 気分はバルで寛ぐスペイン人♪
1

2016/2/23

電子レンジで簡単ふかし芋  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します

ほくほくに出来上がったふかし芋

まだ、体調が本調子とは言えないので、簡単な記事をひとつ。

以前、炊飯器を使ったふかし芋を当ブログでご紹介したのですが(『炊飯器でふかし芋』)、今日、テレビで電子レンジを使った、さらに簡単なふかし芋の作り方が紹介されていたので、早速レシピに従って作ってみました。

用意するのは中サイズのサツマイモ1本竹串1本タオルペーパーラップです。

(1)サツマイモをよく洗い、桶に貯めたきれいな水に一度くぐらせ
全体を十分に濡らした後、
熱の通りが均一になるよう竹串等で適宜刺します。
私は満遍なく10カ所位を竹串で刺しました。深さは1〜2cm位でしょうか?

(2)その後、サツマイモをタオルペーパーでくるみ、さらにラップでくるみます。

(3)まず、500Wの電子レンジで、くるんだサツマイモを2分間温めます。
我が家の電子レンジは600Wなのですが、レシピ通り2分温めてみたところ、
特に問題はありませんでした。
この時点では、全体的に表面が温まっていると言う感じです。

(4)次に電子レンジの「弱」で9分間、じっくり温めます。

下の写真が9分間「弱」で温めたのを取り出したところ。
クリックすると元のサイズで表示します

熱さに気を付けながら、ラップを剥がします。タオルペーパーは水分でしっとり濡れています。
クリックすると元のサイズで表示します

タオルペーパーを剥がすと、おいしそうなふかし芋が出来上がっています。
クリックすると元のサイズで表示します

皮を剥くと、しっとりとしたふかし芋が姿を現しました。
味も甘みがしっかりと出て美味でした

電子レンジなので、炊飯器に比べると手軽に作れるものの、
何個も一度に作るのは難しいかなとは思いますが、
とりあえず、昼間に家にひとり居る時のおやつとして作ってみてはいかがでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します


とにかく、サツマイモさえ用意すれば、
自宅にある材料で気軽に作れるのが嬉しい
ですね
1

2015/12/18


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します 昨日、フリホーレス大手町店に行って来ました。

 そこで食べたのがメキシカン・フード、ブリート(Burrito)。新しい味を探し求めることに対してそれほど貪欲でない私には、生まれて初めて目にした食べ物でした。

 薄い大判のトルティーヤの上に、ご飯やローストしたチキンや野菜やサルサソースやサワークリーム等(中の具材は何種類もあり、お好みのものを選べます)をてんこ盛りに入れて筒状に丸めた、メキシコ発のファースト・フードらしい。

 レギュラーサイズとラージサイズがあり、私はレギュラーサイズを頼んだにも関わらず、完食できませんでした。それぐらいボリューミィ。

 友人達は皆おいしそうに?頬張って、殆どの人がペロリと平らげていました。

 しかし、雑多な味が入り混じって、味は何と表現してよいか分からず…どちらかと言えばパリッとした小判のトルティーヤで具を包んだタコスの方が、わたくし的には好みかなと…

 まあ…、何事も経験だ

0

2015/9/16

今日のランチ〜友人達との定例ランチ  「食」についての話題

 今日は、友人2人といつものイタリアン・レストランで、定例のランチでした。

 3人は、息子が通った横浜の中高一貫校で保護者として出会い、かれこれ12年の付き合いですが、それぞれ自宅が東京都大田区、神奈川県川崎市、藤沢市と離れている上に、私以外の二人は普段働いているので、半年に一度の割合でランチを共にする仲です。大田区の友人とは、たまに一緒に映画を見に行ったりもします。

 頻繁に会えるわけではないので、毎回、互いの近況報告で盛り上がります。

 今年はMさんの一番上のお嬢さんが春に結婚。「花嫁の母」ってどんな気分なの?等と聞きながら、結婚式の時の写真を見せて貰いました。私なんていつ「花婿の母」になれるのか皆目見当もつかないので、嬉しさ半分、やっかみ半分(笑)で、彼女の話に聞き入りました。

 また、2番目のお嬢さんの学校の交換留学生制度で、今夏、カナダ(内陸部)から二人の女子高校生をホームステイに受け入れたらしいのですが、朝食のサラダで二人が野菜を殆ど食べないことにまず驚き(生のトマトを出したら、「トマトは生で食べない。炒めて食べるもの」と言われたそうな)、その後、自宅で何を振舞っても、たまに外食に連れ出しても、殆ど何も食べようとしない彼女達にかなり戸惑ったとのこと。「私の料理がよほど口に合わなかったのか?私の方がカルチャー・ショックだったわ」と苦笑いでした。

 一方、Kさんは、ご主人が途中2年間の帰任を挟んで総計6年間の単身赴任を終えて、漸く今年の4月に東京の自宅に戻って来られたとのこと。久しぶりに夫婦水入らずの生活はどう?と尋ねると、「やっぱり、料理作りに張り合いが出るわ。身体のことを考えて何を作ろうか考えたり…」とのこと。それから6年に及ぶ単身赴任の成果として、ご主人がアイロン掛けが上手くなり、ご自身のワイシャツのアイロン掛けもしてくれるので、肘の腱鞘炎に悩む彼女は大助かりなのだとか。

 さらに、これはお気の毒なことですが、今年の6月にお父さんが突然逝去され、それに係る様々な出来事〜葬儀から墓探しまで〜に、いろいろと考えさせられたそうです。特に、それまで何度も親類や友人知人の葬儀に立ち会っているのに、実の父親の死によって改めて「死」がより現実のものとして胸に迫って来たのだそう。彼女の話に、私も亡き父のことを思い出しました。

 暫く会わないうちに、それぞれの身にも様々なことが起きているのだなあと、改めて思いました。

 さて、行きつけの店は横浜駅東口を出てすぐの崎陽軒本店2階にある「イル・サッジオ("Il Saggio"は「賢人」?)」。南イタリア料理の店です。いつも私が一月前に電話で予約して、1日50食限定の「ボンジョルノ・セット("Buongiorno"は、イタリア語で通常「こんにちは」のことですが…)」を頼みます。これは月替わりで季節の料理を出してくれるので、毎回「今日はどんな料理が出るのか?」と楽しみです。

 今回は以下のようなメニューでした。様々な料理を少しずつ。いろいろ味わいたい欲張りな女性にはピッタリなメニューでしょうか?

 まずは"前菜"。その名も「秋の訪れ アンティパストの盛り合わせ」
 Antipasto misto

 食前の飲み物は3人共、アイス・ピーチティーをオーダー。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します 小海老と麦と豆のサラダ

 お酢(バルサミコ酢?)の酸味が程よく効いて、小海老や麦や豆のほんのりとした甘みが引き立つ味でした。






クリックすると元のサイズで表示します 全粒パンとマッシュルームのクロスティーニ(Crostini)

 イタリアのカナッペ(canape仏)ですね。前菜によく登場する料理のひとつで、一般にはパンの上にレバーペースト等を載せたりするようですが、今回はマッシュルームのペーストが載っていました。ほんのりレバーかウニのような風味もありました。





クリックすると元のサイズで表示します ハムとジャガイモとパスタのサラダ

 ごく普通のマヨネーズ味のサラダです。












 自家製のパンとフォカッチャ(Focaccia、Pizza型のパン)。おかわりOK。

 自家製だからいつも焼きたて!3人共、平たいピッツァ型のフォカッチャのパリパリとした食感が大好きで、お腹の膨らみ具合が気になりながらも、ついついおかわりしてしまいます。オリーブオイルを適宜つけて、いただきます。

クリックすると元のサイズで表示します


 (イタリアン・ソーセージ)サルシッチャと秋の味覚のオーブン焼き
Salsiccia al forno con funghi


 程よくスパイスの効いたソーセージに秋の味覚きのこ(しめじ)を添えて…。ソーセージは長さ7〜8cm程、直径2cm程で、表面はプリプリ、ザックリ切った断面は挽肉がジューシイで、しっかりと肉の味がしました。

クリックすると元のサイズで表示します


 (温かい)サツマイモのクリームスープ
Zuppa di patate dolce


 濃厚な甘みのサツマイモのスープ。芋ならではの舌触りが後を引きます。

クリックすると元のサイズで表示します


 本日のメインディッシュは魚と肉から、3人共、「イタリア産長期飼育豚」のフレーズに惹かれて肉をチョイス。

 イタリア産長期飼育豚"ドルチェポルコ"の柔らか煮込み
 モッツァレッラチーズのせ

Maiale "Dolceporco" in umido con mozzarella
 
 生ハム用に飼育された豚のバラ肉を、ビールやトマトでじっくり煮込んだ料理とのこと。ソースが程よく絡んだ肉は舌の上でとろけるような柔らかさ。その上に載ったモッツァレッラチーズの風味でさらにおいしく。肉料理に定番のマッシュポテトに、苦味の効いた小松菜を添えて。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


秋鮭のトマトクリームソース・スパゲティ
Spaghetti al pompdoro con crema e salmone
 
 秋鮭のほぐし身がたっぷりのトマトソース。少量ながら食べ応えあり。

クリックすると元のサイズで表示します


季節のおすすめデザートとお飲み物
Dolce e caffe

 満腹に近い状態でいただくデザート。これぐらい小ぶりのものを3種いただけるのが良いです。真ん中のプチチューが想像以上に濃厚な甘みでした。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します ベリーソースかけヨーグルトムース?













クリックすると元のサイズで表示します プチシュー?















クリックすると元のサイズで表示します ぶどうのシャーベット















 私が代表でこの店のポイントカードを持っており、今回はある程度溜まっていたポイントで代金から割引された上に、先日封書で届いたクーポンで飲み物も無料だったので、これだけの料理なのにサービス料込みで、ひとり2,500円弱の出費で済みました。店内の雰囲気、スタッフの細やかな心遣いのサービスも併せて考えれば、かなりリーズナブルだと思います。

 前回と同じく、屋内の吹き抜け空間に突き出た形のテラス席でいただいたのですが、開放感があって心地良かったです。開店して最初にテラス席に通されたのは、早々に予約した賜物なのかもしれません。また、店内には、品良くジャケットを着こなした年配の男性が奥様を伴ってゆったりとランチを楽しんでいる姿もあり、将来自分達もそうありたいねと3人で頷いたのでした。

 こうして半年に一度ランチを共に出来るのも、それぞれの家族が平穏無事だからこそ。そのことに感謝して、次回のランチでの再会を約束し、それぞれに家路についたのでした。

 私は帰りに横浜そごうの地下に寄り、長崎銘菓、福砂屋のカステラをお土産に買って帰りました。夫婦共に大好きなこのカステラ。卵や小麦粉の値上がりで、以前と比べるとかなり高価(←もちろん我が家的にです)になってしまったのが残念


 これだけ食べたのに(夕食も特に量を減らすこともなく普通に食べて)、翌朝恐る恐る体重を量ってみると、増えるどころか減っていました。さまざまな品目を使った料理を少量ずつ食べたのが良かったのかもしれませんね。

0

2015/8/27

テレビレシピ  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します


 写真の料理は「豚バラ肉とにらの中華風炒め物(ニラ豚)」。テレビで仕入れたレシピで作ってみました。"自宅でひとり昼ごはん"にはピッタリな料理だなと思う(反省点はちょっと炒め過ぎて、ニラのシャキッと感が損なわれたこと)。もちろん、これだけでは栄養的に偏っているけれど。

 実はこのレシピは料理番組ではなく、NHKで放映されていたテレビドラマ『2次元グルメドラマ 本棚食堂』の中で登場したもの。

 このドラマ、男性2人組の"少女"漫画家が、作品制作に煮詰まると、書斎に篭って(これがなかなか素敵な書斎)、小説や漫画の中からおいしそうな料理を探し出し、実際に二人で作ってしまう、と言うお話。毎回、ごっくんと唾を飲み込んでしまいそうな、美味しそうなレシピが登場します。

 今回の料理のレシピは、ドラマの中で下のような画像で映し出されました。どうです?何だか、思わず実際に作りたくなるような、誰でもすぐに作れそうな見面(みづら)でしょう?

クリックすると元のサイズで表示します


 このレシピの出典は、確か作家の阿川佐和子さんの『魔女のスープ』だったと思う。軽妙な阿川さんのレシピ解説も食欲をそそります。

 特に「最後に醤油をやや多めにタラタラタラと落とせば出来上がりである」が想像をかきたてる。想像して思わずよだれが出そうになる。タラが2回ではなく3回続くのが…ねえ、おいしそうでしょ?

 調味料も塩やこしょうさえ加えない、醤油オンリー。すごくシンプルな味付けなのに、ニンニクと生姜の薬味で、しっかり味にコクが出ています。

 ニンニクと生姜のみじん切りを合わせれば中華風味になると言うのも、いまさらのように実感できるレシピです。いろいろと応用が利きそう。

 もう今や、レシピはテレビの至るところに転がっている。しかも、最近は昔のように録画して、手書きでレシピを書き取る必要はないのです。携帯電話のカメラの性能がすこぶる良いので、録画した画像を静止モードにして、カメラで撮ってしまう。録画する猶予がなければ、すぐさまカメラでカシャだから常に携帯電話は手元に用意。撮った写真をパソコンに"画像"で保存し、必要ならば印刷します。


 私がテレビ画面をそのままカメラで撮ってしまおうと思いついたのは、最近の料理番組は、以前のようにHPにレシピが載ってるとは限らないから。テキストを買うまでもないし、FAXや電話でレシピを入手するまでもない。そんな時はカメラでカシャ

 下のレシピ写真は「ズボラ人間の料理術」と称して大胆に手間を省きつつ、おいしく料理を仕上げるコツを紹介して名を上げた料理研究家、奥薗壽子さんがNHKの『きょうの料理』で披露していたもの。

 それなりに主婦歴(料理歴?)が長ければ、材料とその分量だけでも写真で"メモ"して、調理手順はテレビを見ながら覚えられるもの。

 書店に行けば、あらゆる種類の料理本があるけれど、テレビも"おいしい料理の宝庫"なのは間違いありません。せっかく身近にあるのだから、活用しなくっちゃね

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/7/12

おうちパスタ〜具だくさん?なペペロンチーノ  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します


 以前、当ブログに登場したペペロンチーノの進化形です(笑)。
 家族が大好きな我が家のパスタ料理です

 材料は以下の通りで、分量はお好みで
 
 スパゲッティ(太目ではないもの)
 釜揚げシラス(私は生協の冷凍物を使用)
 小松菜(炒めれば嵩が減るので、結構多めでも)
 しめじ(同上)

 にんにく(一皿当たり一片から一片半くらい)
 唐辛子(一皿当たり1.5本ぐらい)

 オリーブ油
 塩こしょう

 【作り方】

 @たっぷりのお湯でパスタを3分茹でた後に塩を入れる
  (その方が塩味がパスタに浸透)。
 
  その間に材料を切る。切る順序としては
  ニンニク(みじん切り)、唐辛子(輪切り)、
  小松菜、しめじの方が効率的かな?

 Aさらにパスタを4分茹で続ける。
  その間にフライパンにオリーブ油を熱し、
  小松菜、しめじ、しらすの順で炒める。
 
  あまりにも野菜がしんなりするのが嫌いな人は、
  パスタを茹でて4分〜5分後に炒め始めると良い。
 
  茹で時間残り2分となったところで、
  ニンニクと唐辛子を合わせて炒める。
  ニンニクを焦がすと苦くなってしまうので気をつける。
  ニンニクの香ばしさが出ればOK。
 
  軽く塩コショウして一旦、フライパンの火を止める

 B茹で上がったパスタはザルに開けずに、
  そのままトングでフライパンの具材に加える。
  その際、茹で汁が適度に混ざるのがポイント!
  トングで取り切れなかったパスタはざるに開けて加えると良い。

 C再びフライパンに火をつけ、具材とパスタをササッと混ぜ、
  塩コショウして出来上がり!

  時間勝負なので、パスタの茹で時間はお好みで
  7分弱でも構わない。

 しらすやシメジの旨味、小松菜のほのかな辛味と苦味、
 そして、オリーブ油とニンニクと唐辛子のペペロンチーノ味が合わさって、
 和洋折衷なパスタ・ペペロンチーノの出来上がり

 我が家はこれに、グリーンサラダと、トマトとベーコンのコンソメスープを
 合わせていただきます!
1

2015/6/16

我が家のラタトウィユ  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します ときどき無性に野菜をたくさん食べたくなる時があります。そんな時は迷わず和風なら「筑前煮」、洋風なら「ラタトゥイユ」を作ります。

 昨晩はラタトゥイユを作りました。これはお野菜たっぷりのレシピで、冷蔵庫の野菜室のお掃除にも、身体のお掃除にもピッタリな料理です

 しかし、元々南フランスの郷土料理なのに、フランスでは刑務所や軍隊でよく出される料理でもあることから、その名は所謂"臭い飯"的な言い回しで使われたりするんだとか。う〜ん、なんだか残念ですねとってもおいしいのに!(注:今回撮り忘れたので、掲載写真は以前撮ったものの使いまわし。実際は1時間以上コトコト煮込むので、もう少し野菜の形が崩れてポテッとした感じになります)

 このブログにも何度か登場している料理ですが、ここで改めて、ネットで見つけたのを我が家流にアレンジしたレシピをご紹介。

【材料】

・鶏もも肉300g←ちょっと珍しいですが、ゆめBerryさんと言う方のアイディアで、鶏肉を加えると味にコクが出て、メインディッシュにもなります。 
・にんにく1〜2片 
・野菜室にある野菜:ズッキーニ1本、パプリカまたはカラーピーマン2〜3個、ナス2〜3本、タマネギ1玉、ニンジン1本、ジャガイモ中2個、トマト中2個、ダイコン100〜150g程度、シイタケ3枚(←これらを入れるのが我が家流?煮込み料理にピッタリな食材なので、洋風料理にもとても合います)などを基本に、野菜室にある野菜(全部で10種類以上?)を適宜加えて下さい。

・コンソメスープの素 1個
・塩コショウ 適宜
・オリーブ油 適宜

【作り方】

1.材料を切ります。基本的にすべて一口大の乱切り。ナスは形が崩れやすいので少し大きめにカット。トマトはクシ切りかさいの目切り。私は炒める順番を考えて、野菜を以下のように3つのグループに分けます。

 ズッキーニ、ニンジン、ダイコン、ジャガイモ
 パプリカ、ナス
 タマネギ、シイタケ、トマト

2.最初に鍋(できればル・クルーゼやヴィタ・クラフトやフィスラー社等の無水調理のできる鍋で)にオリーブオイルを敷いて、包丁で潰したニンニクを弱火で炒め、香りが出て来たら、中火で鶏肉を炒める。

3.鶏肉の表面に適度な焦げ目がついたら、ズッキーニ、ニンジン、ダイコン、ジャガイモを加えて炒める。

4.最初の野菜に火が通って来たら、パプリカとナスを加えて炒める。

5.ナスに火が通って来たら、タマネギ、シイタケを加え、最後にトマトを加え、蓋をして、弱火で少なくとも1時間はコトコト煮こむ。水は一切加えません。煮込みで食材の味をじっくり引き出すので、野菜類はザックリ炒める程度で構いません。

3.途中、10分程度弱火で炒めた後に塩・コショウで味を調える。コンソメスープの素も加える。時々ザックリ混ぜることを忘れずに。

 ひたすら材料を切って、ザックリ炒めて、コトコト煮こむだけですが、食材の旨味のハーモニーで、本当に美味しく仕上がりますどうぞ、お試しあれ

 我が家はこれを、大麦ごはんと一緒にいただきます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ