2008/8/16

上高地・飛騨高山と白川郷3日間の旅(6)  上高地・飛騨高山(2008年夏)

永平寺で心が平安に包まれたところで(笑)、私たちツアー一行を乗せた北陸バスは、北陸自動車道で一気に石川県は金沢市へ。いよいよ最後の訪問地、日本三名園*のひとつ、兼六園に到着です。兼六園は元々加賀藩主前田家の、金沢城外郭に設けられた庭で、江戸時代の代表的な林泉回遊式庭園の特徴を今に伝える名園です。ここには過去に何度か訪れたことがありますが、真夏の訪問は初めて。

日本三名園*:後楽園(岡山)、偕楽園(水戸)、兼六園(金沢)

時刻は13時近く。炎天下に、現地ガイドさんの案内で約30分のハイライトツアー。日傘で強い日差しを遮ってはいるものの、炎熱地獄のような熱気が地面から迫って来ました。定番のことじ灯籠の解説に始まり、唐崎松霞ケ池明治記念之標根上松梅林栄螺山(さざえやま)、自然の水圧を利用した噴水と巡るうちに、次第に頭がクラクラして来て「もう限界だ!」と思ったところで、昼食場所の寄観亭へ移動となりました。

クリックすると元のサイズで表示します 唐崎松(カラサキノマツ)

その枝振りが優美な唐崎松は、13代藩主・斉泰(なりやす)公が、琵琶湖畔の唐崎からわざわざ種子を取り寄せて実生から育てたと言う黒松です。11月1日に、この松から始まる北陸発祥の造園技術である雪吊り作業は、北陸に冬の訪れを告げる風物詩になっています。斉泰公はこの他に、霞ケ池を掘り広げ、曲水の新たな取り入れも行い、以前からあった蓮池庭(レンチテイ)との調和を図るなど、作庭に熱心な主君だったようです(因みに雪吊りの松は、冬季に都内でも浜離宮などで見ることができます)

ガイドさんの話で特に興味深かったのは、廃藩置県後、一般に無料開放された兼六園では園内の草木の盗難や損壊の被害が相次ぎ、その対策として入園料を徴収することにしたところ、被害が激減、かつ、入園料収入は庭園の維持と一層の充実に役立っていると言う話でした。一般への無料開放が必ずしも良い結果をもたらさなかった一方で、入園の有料化(現在大人300円)が「不心得者を遠ざけた」と言うのは皮肉なものですね。人間の品性について考えさせられる話です。因みに兼六園の年間維持費は雪吊り費用を含め、現在約3億5千万円だそうです。

【兼六園命名の由来】

5代藩主前田綱紀公が造園した当初(1676)は蓮池庭(レンチテイ)と呼ばれていたが、大火による焼失、歴代藩主による復興、拡張を経て、12代藩主の斉広(なりなが)公が、奥州白河藩主・白河楽翁に庭園の命名を依頼し、楽翁は中国・宋の時代の詩人・李格非の書いた洛陽名園記の文中から採って、名園の六勝宏大(広い)幽邃(景色が物静かで奥深い)人力(手入れが行き届いている)蒼古(古色を帯びて、さびた趣のあること)水泉(池や泉を有すること)眺望(眺望に優れていること)〜を兼備すると言う意味で「兼六園」と命名した。(参考:リーフレット)


クリックすると元のサイズで表示します 昼食は寄観亭の和会席

すっかり疲れてしまった私たちは、昼食を終えた後も出発時間ギリギリまで、冷房の効いた広間でゆったりと寛いで過ごしました。

金沢と言えば、今から20年前に、結婚間もない夫と二人で真冬の金沢を訪れた時のエピソードが忘れられません。夫と金沢城近くを歩きながら「金沢に知り合いっていたっけなあ…」と言う話になり、高校の同級生のN君が金沢大の博士課程に在籍していることをふと思い出した私の目の前に、そのN君が突然現れたのです。彼が大学から帰る途中の、思いがけない再会でした。お互いとても驚いたことが、昨日のことのように思い出されます。N君は今頃どうしているんだろう?

その後、私たちツアー一行は、金沢駅から15時過ぎ発の特急で越後湯沢まで行き、そこから上越新幹線に乗り換え、帰路につきました。上高地以外の地では猛暑に悩まされた旅でしたが、それなりに充実した旅だったように思います。(終)

クリックすると元のサイズで表示します 稜線を背景とした田園風景は日本の原風景…?

2008/8/16

上高地・飛騨高山と白川郷3日間の旅(5)  上高地・飛騨高山(2008年夏)

2日目の宿泊は、石川県の奥座敷山代温泉にある旅館雄山閣。予めネットで調べたら、初日のひだホテルプラザが好評なのに対し、こちらは接客の評判があまり芳しくなかったのですが、実際、部屋の急須に先客のお茶が残っていたりしてガッカリ。さらに大浴場がなぜかギリシャ神殿風の作り。浴場に入るといきなりギリシャ彫刻もどきが出迎えてくれて笑えました。加賀と言ったら前田家百万石のイメージが強いので、そこにギリシャ風はチグハグな印象を覚えます。ともあれ、温泉利用者としては、泉質が良くて清潔感さえ損なわなければ良いのですけれど。

夕食は大広間で和洋中華取り揃えのバイキングでした。しかし椅子席ならともかく、座布団席で立ったり座ったりは結構難儀なことです。しかも座席から食べ物までの場所は遠いし…軽く運動しながら食べている、と言う感覚でした。気楽と言えば気楽なのですが、どうも落ち着かない。

翌日は帰りの電車の関係もあり旅館を早めの出発なので(そうでなくても猛暑の中での観光で疲労困憊状態!)、この日は旅館周辺を散策することもなく、入浴後は早々と就寝しました。

【3日目】いよいよ最終日!

ツアー一行は7時50分にロビーに集合し、一旦石川県とは別れを告げ、福井県随一の景勝地、東尋坊へと向かいました。東尋坊と言ったら2時間サスペンスドラマでお馴染みの場所ですね。いよいよ追いつめられた犯人が崖近くで犯行を告白するシーンを何度見たことか。しかし実際にこの目で見るのは初めてです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
左)遊覧船乗り場。紺碧の海が美しい 右)海側から見た東尋坊の姿形。切り株みたい

あいにく私はサンダル履きだったので、ゴツゴツとした岩肌の崖近くまでは行きませんでした。足下の心配以上に、かつては年間100人近くの自殺者を出したと言う場所へ近づくのが怖かったからです。現在では公衆電話の設置や地元の人々の細かな目配りによって、自殺者は激減したと言われています。もっとも、私たちが訪ねた朝の爽やかな時間帯は眼前に美しい大海原と天空が広がるばかりで、爽快な景色を見る限り、そうした暗い一面は微塵も感じられませんでしたが。東尋坊は晴れた日の午前中に訪ねるに限りますね!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

続いて、同じく福井県にある永平寺へと向かいました。福井県は日本における仏教の上陸地。初期仏教の面影が色濃く残る土地柄です。大学時代には「古美術研究」という授業で当地を訪れ、数多くの仏像を見学しました。しかし永平寺は今回が初めての訪問となります。

永平寺は神奈川県横浜市鶴見区にある総持寺と並び、曹洞宗の大本山です。配布のリーフレットによれば、今から約760年前の寛元2年(1244)に、道元禅師によって開かれた座禅修行の道場とのこと。三方を山に囲まれた境内に、大小70余りの建物が並んでいます。

ここでは、雲水と呼ばれる平均年齢23歳の修行僧が全国各地から集い、最短でも1年間、長い人では数年以上(現在は最長8年の、過去には13年の修行僧が存在)、畳半畳分だけを寝る場にあてがわれ(このため布団を縦半分に畳み、それを紐で結んでその間に寝袋のようにして修行僧は就寝)、夏は3時半、冬は4時起床、肉食一切なしの質素な精進料理を食しながら、座禅、朝課、行鉢、作務、と言った厳しい修行に明け暮れるのだそうです。もちろん、私たち一般参拝者も襟を正して参拝するよう、最初に通された部屋で概説に立たれた雲水に促されました。

寺内は撮影自由ですが、修行僧の撮影は禁止。御仏に仕える身に対して、それは当然ですね。しかし、修行僧は皆さん(男性への形容としては相応しくないかもしれませんが)楚々として美しく、被写体としてはとても魅力的でした(もちろん撮ってません!)。興味深いのは、寺院正面中央に位置する山門は、通常貫首のみが出入りを許される門で、雲水は生涯に入門と出門の2度だけ、その門をくぐることを許されるのだそうです。ここまで徹底しているからこそ、修行に値すると言えるのかもしれません。何かとケジメのないご時世にあって、この厳しさはいっそ清々しい。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今まで数々の寺社を訪ねて来ましたが、永平寺が他の寺と構造的に違うのは、各建物が縦横に張り巡らされた渡り廊下(階段)で結ばれていることです。参拝者は玄関で履き物を脱ぎ、山の斜面に沿って建てられた各所を、屋根付きの階段を伝って訪ね歩くと言う形になります。これなら雨が降ろうが、雪が舞おうが、建物間の移動は容易ですね。しかし、とにかく階段が多い。この日は階段の昇降で汗だくになっての参拝でした。それ自体がまさに修行と言えるのかもしれません。

☆おことわり☆
上高地で感動のあまり写真を撮りまくり、デジカメのメディアのスペースがあっと言う間になくなってしまったので、このページから写真は携帯のカメラによる撮影となります。その為、肝心の永平寺の内階段がフラッシュ撮影禁止なので撮影できませんでした。高感度のデジカメなら、フラッシュなしでもキレイに写ったことでしょうね。その写真があれば、”修行”の臨場感がお届けできたものを(笑)。

2008/8/15

上高地・飛騨高山と白川郷3日間の旅(4)  上高地・飛騨高山(2008年夏)

14時頃、白川郷へ到着。白川郷の正式名称は「世界文化遺産 国指定 重要伝統的建造物群保存地区 荻町合掌造り集落 白川郷」と言うのですね。実際に当地を訪れる前は「山間の静かな集落」と言うイメージでしたが、今回は特に観光シーズンということもあって、「ここは祭り会場か?」と思えるほどの賑わいで、見事なまでにイメージは覆されました。世界遺産登録(1995年)から13年が経過し、当地はかなり観光地化されていて、観光客相手の飲食店や土産物屋を営む合掌造りの家が数多くありました。

集落へは庄川に架かる吊り橋であい橋を渡って行きます。庄川は元々川幅はかなり広いようですが、夏場で水量が少ないのか、干上がった河原が広がっていました。かつては川や山に守られた集落だったのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します 庄川に架かる「であい橋」。前方奥に集落が…
クリックすると元のサイズで表示します 「であい橋」から庄川を望む

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

白川郷では50分の見学時間が与えられました。集落内を一通り散策した後、せっかくなので、家屋内部が一般公開されている中でも、集落内で最大と言われる長瀬家を見学しました。入場料は大人300円。外からはわかりづらいですが、総床面積は約600坪にものぼり、5階建構造らしい。1階は主な生活の場、2階は使用人の寝床等、3〜5階は養蚕等の作業場であったようです。私たちは1階から4階を見学しましたが、現在3、4階には多数の農耕具等が納められており、さながら博物館の民具展示室のようでした。

気になったのは天井高がまともに人が立てないほど低く作られた使用人の部屋(本当に寝るだけの部屋!)。雇い主に頭が上がらないようにとの考えから、こうした造りになっているようですが、人の主従関係の冷酷さがあからさまで、あまり良い気持ちはしませんでした。もちろん、このような主従関係は今や過去の話。おそらく現時点では、日本ほど雇い主と使用人の身分差が小さい国はないのでしょうか?しかし世界の大多数の国では、今もなお旧態依然とした身分差が存在しているのです。

1階の囲炉裏端         3階部分
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します 茅葺きの裏。"ねそ"と呼ばれる灌木で支える
クリックすると元のサイズで表示します 3階の窓から外の景色を望む

合掌造りとは】

茅葺きの屋根が掌(てのひら)を合わせたような急勾配の山形をした建築を言います。白川郷では屋根の両端が本を開いて立てたような形の『切り妻合掌造り』と呼ばれる様式で、当地の重く多い積雪に耐え風土に適した構造です。建築材の接合には木製のくさびや、ねそ(マンサク)などが用いられ、金属の釘やかすがいは使われていません。ねそで締めた屋根の骨格は風雪に強く、年月とともに強度を増すという、風土に生きた先人の知恵が込められています。

長瀬家の合掌造りは白川郷最大級の5階建て合掌造り家屋。長瀬家五代目当主民之助が建造し、明治23年完成した。約11mの一本柱(合掌柱)が、屋根の勾配の上から下までを貫き、大きな屋根を作る。柱材には樹齢150年以上の天然檜を用い、そのほか樹齢300年を超える桂、栃、欅等が随所に使われている。3年がかりの大工事で、総工費は当時の金額で800円、そのほか米800俵、酒十一石八斗を費やしたと伝えられる。

平成13年、村人や全国からのボランティア500人以上により、長瀬家80年ぶりの屋根の葺き替えが行われた。平均的家屋の約2倍、片面12,000束の萱を使った大規模な屋根葺きの様子はNHKで放映され、大きな話題を呼んだ。(以上、長瀬家リーフレットより)


この後、同じく世界遺産の五箇山へ移動。白川郷よりはかなり規模が小さな集落で、合掌造り家屋は10棟足らず。しかし、それが幸いしてか観光客も疎らで、静かな佇まいを残しています。バスガイドさんの話によれば、近年はプロのカメラマンも、好んでこちらの方を、合掌造りの里として被写体に選んでいるのだとか。しかしながら集落への近道にエレベーター1基と地下道まで作られたと言うことは、ここも世界遺産登録で確実に観光地化が進んでいると言うことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します 長閑な佇まい
クリックすると元のサイズで表示します 幸運なことに屋根葺き作業中の家屋に遭遇!

2008/8/15

上高地・飛騨高山と白川郷3日間の旅(3)  上高地・飛騨高山(2008年夏)

【2日目】

飛騨高山は朝市が有名ですが、それを考慮してか、ホテル出発は10時と遅め。しかし夫が部屋でゆっくりしたいと言うので、結局朝市を見ることは叶わず。次回の楽しみと致しましょう。

ホテルを出発後は隣町の飛騨市古川町へ。ここは高山市飛騨高山祭と並び称される飛騨古川祭で有名なところらしい。絢爛豪華な屋台は両者共通です。バスガイドさんの解説によれば、こうした屋台の制作費は一台3億円にも及ぶとか。飛騨地方は懐が豊かなんですね。まずは飛騨古川祭(4月19、20日に開催)の資料館であるまつり会館を見学。3Dシアターの映像で初めて目にする祭と、その初日深夜に行われると言う勇壮な「起こし太鼓」は迫力がありました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
こうした屋台は手工芸技術の粋を集めた芸術作品とも言えますね。

そして飛騨の屋台と言えば、からくり人形〜写真は面被り人形
通常は背後で人間が糸で操りますが、これはコンピュータ制御

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その後猛暑の中、地元のボランティア・ガイドさんの案内で、町内を40分程散策。江戸幕府成立の頃、高山城主であった金森氏によってその基礎が築かれ、数年前にはNHK朝の連続ドラマの舞台にもなったと言う、風情ある町並みを巡りました。しかしあまりの暑さに汗が止まらず、ガイドさんの話にも今ひとつ集中できませんでした。木陰で、どうにか一息つけるという感じです。

「起こし太鼓」〜五穀豊穣を願い、櫓上のこの太鼓をめがけて
裸男の集団がぶつかりあう、勇壮な深夜の奇祭で有名らしい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します見事な赤松
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
瀬戸川沿いに続く白壁と柳が美しい。  瀬戸川を泳ぐ鯉は皆丸々と太っている。

昼食は町内のホテルで在郷料理定食をいただきました。山菜ソバはもちろん、何分もかけて揚げたと言うごぼうの天ぷらや、珍しいところでは写真左端のよもぎ豆腐がおいしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、さらに暑さが増す中、合掌造りの集落で有名な山間の里白川郷へ向かいました。

2008/8/15

上高地・飛騨高山と白川郷3日間の旅(2)  上高地・飛騨高山(2008年夏)

上高地バスターミナルを15時20分過ぎにシャトルバスで出発。バスターミナルは、帰りのシャトルバスを待つ人でごった返していましたが、炎天下行列を作ってバスを待つ彼ら一般客を尻目に、私たち団体ツアー客は(添乗員が既に予約していたのか)行列に並ぶこともなく、すんなりシャトルバスへ。団体ツアーの便利さをまざまざと感じた瞬間でした。

再び沢渡で北陸バスに乗り換え、私たち一行はホテルへ。旅の初日は飛騨高山駅近くにあるひだホテルプラザに宿泊です。ひだホテルプラザは高層ビル3棟から成る大型ホテルで、低層建築が建ち並ぶ古い町並みが売りの飛騨高山にはおよそ似つかわしくない都市型ホテルでした。そのキャパシティからやはり団体客利用が多いようです。

この日はホテル内でも、ホテル到着後2時間ほど散策した市中心街でも、多くの外国人観光客を目にしましたが、どうやらスペイン人の団体ツアーが当地に来ていたらしい。耳にした言葉でイタリア人かスペイン人かとあたりをつけて、エレベーター内で偶然乗り合わせた外国人に思い切ってイタリア語で「すみません。あなたはイタリアの方ですか?」と話しかけたら、「スペイン人です」との返答でした。すかさず勉強中のスペイン語で「アスタ・マニャーニャ」と返した私です(笑)。

飛騨高山と言ったら、高山らーめん

夕食付きのツアーなのですが、ご当地ラーメンには目がない私たち。「な〜に、夕食時間までまだ間があるし、食べた後に街を散策すれば腹も減るさ」と、ホテルのスタッフにお薦めの店を尋ねて、ホテルにほど近いやよい橋のたもとにある老舗やよいそばに行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
やよいそば店舗外観と店の看板、中華そば

店はおかみさんとその息子さんで切り盛りしている様子。縮れ極細面は私好みのコシでした。スープは鰹?ダシのきいたしょうゆ味。濃い見た目とは違って味はあっさりとしたもの。具は口の中でとろけるチャーシューにシナチクと長ネギ。これで650円は少し高いかなと思いましたが、総合的に見て味はまあまあ(麺とチャーシューが◎)、合格点といったところ。

クリックすると元のサイズで表示します 弥生橋から宮川を望む
クリックすると元のサイズで表示します 風情ある古い町並み
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
朱色が鮮やかな中橋、背景の緑との対照も見事 本町通りで見かけたレトロな看板
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 国分寺境内
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

川柳が美しい楷書で書き込まれたあんどんが、国分寺通り沿いに沢山掲げられていました。なかなかエスプリの効いた川柳をひとつひとつ読みながら、ノンビリ通りを歩きました。”夫婦関係の妙”を詠んだ川柳がとても多かったのが印象的。自分たちにも絶妙に当てはまるのを見つけては、思わず苦笑いでした。夫は(うろ覚えですが…)「宝くじ 買い続けるも 早定年」にとても感じ入ったようでした。夢は叶わないから夢なのか…

さて、ホテルに戻って晩ご飯。旅行前に和食・洋食(フレンチ)、中華から予めチョイス。我が家は和食を選びました。団体ツアーですが、今回は一斉に大広間で食べるのではなく、決められた時間内に所定の場所に行けば良いので気が楽でした。写真のメニューで終わりかと思ったら、後でまた幾つか出て来て胃がパンクしそうでした。ご当地メニューの飛騨牛のせいろ蒸しと白和えがおいしかった!

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は人工温泉で地下と高層階に大浴場があるのですが、展望露天風呂で夜空を見たかったので高層階の風呂を選びました。雲ひとつない空でしたが、あいにく星空は見えませんでした。残念。客室も比較的手狭でしたが、寝るだけなのでそれで十分でした(新館の皆美館は広くてきれいなようです)。

◆参考リンク:飛騨高山市内 観光地図

2008/8/15

上高地・飛騨高山と白川郷3日間の旅(1)  上高地・飛騨高山(2008年夏)

3日間の日程で、上高地(長野)を起点に飛騨高山(岐阜)、飛騨古川(岐阜)、白川郷(岐阜)、五箇山(富山)、東尋坊(福井)、永平寺(福井)、兼六園(石川)を巡るツアーに参加しました。1日目の上高地は天候にも恵まれ、高原の涼しさの中、自然を存分に満喫できて最高でしたが、他所の観光は、正直言って猛暑との消耗戦とも言うべきもので、結構疲れました。とは言え、初めて訪ねる場所も多く、十分見応えがありました。

【1日目】
旅行社企画の周遊型ツアーは、限られた期間内で効率的に各地を巡るのに便利な一方で、すべてスケジュールで動くがゆえに、ツアー中は常に時間に追われるのが難点であります。集合時間も早朝が多く、我が家も初日は5時起きで、6時過ぎには自宅を出ました。

今回は夏休みらしく、ツアー参加者が老若男女勢揃いで38名。添乗員の話によれば、通常このテのツアーの参加者数は20名以下とのことなので、今回はその倍、ということになります。ベテランと思しき男性添乗員さんも、少し緊張した表情で旅の始まりを告げました。さて、ツアー一行は8時過ぎに新宿駅を出発して、特急「あずさ」で一路松本へ。

松本駅へは11時頃到着。そこで北陸交通のバスが私たちを出迎えてくれました。中堅?と思しきバスガイド嬢はさん。茶髪に目力を強調した今風のメイクが印象的。これから3日間、お世話になります。

上高地で癒されて…

お盆休みも近く、日曜と言うことでかなりの混雑が心配されましたが、バスは比較的スムースに走行。ピーク期に当たる為、一旦沢渡で北陸バスを降りて、シャトルバスに乗り換え。そこでも心配された渋滞に遭うことはなく、13時頃、上高地の入り口、大正池付近に到着。清涼な空気が私たちを出迎えてくれました。

私たちが歩くのは、大正池を起点に、まず田代池に寄り、その後梓川に架かる田代橋を渡って対岸にあるウエステン・レリーフ(日本山岳会を設立した英国人登山家の顕彰碑)を見た後、ケヤキでできた全長30mの吊り橋、河童橋を渡ってバスターミナルへと至る、よく整備された自然研究路を歩く散策コースです。今回で2度目ですが、前回はまだ所々雪の残るGWの頃で、雪解け途中のぬかるみに悪戦苦闘したのが記憶に新しい。 

クリックすると元のサイズで表示します 《上高地地図》 

クリックすると元のサイズで表示します 大正池からの雄大な眺め
クリックすると元のサイズで表示します 散策路ではウグイスの清澄な鳴き声に聞き惚れ…
クリックすると元のサイズで表示します 池の美しさにも見惚れ…
クリックすると元のサイズで表示します 梓川の清い流れに心洗われ…
クリックすると元のサイズで表示します 田代橋からは穂高連峰を望み…
蝶と花にしばし見とれ… クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します いつの間にか河童橋に到着

時間が経つのを忘れた2時間半の散策でした。季節によっては大勢の人が行き交う観光地となってしまった上高地ですが、その圧倒的な自然の美しさと漲る生命感に、何度も足を運びたくなる場所です。次回は秋の上高地を訪ねてみたい…
 
                クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ