2019/8/31

別に人に褒められたくてやっているわけでもなく…  はなこ的考察―良いこと探し

私の住んでいる分譲マンションは普段は清掃が行き届いていて、敷地内にはゴミも殆ど落ちておらず比較的きれいだ。

ゴミ捨て場も、ゴミが回収された後すぐに、管理人さんが清掃してくれるので、常に清潔な状態に保たれている。

ところが、今朝、プラスチックゴミを捨てにいったところ、ひと塊に置かれた複数のゴミ袋から少し離れた場所で、ゴミの入ったビニール袋がひとつ何者かに食いちぎられ、プラスチックゴミが散乱していた。

推察するに、マンション居住者か、それ以外の人物が、前日の夜にゴミ袋を出しだのだろう。そして、中身の「持ち帰り寿司」か「刺身」が入っていたと思しき容器の生臭い匂いに誘われた猫かカラスが袋を食いちぎったようである。

件のゴミを出した人物は、少なくともゴミ出しルールをふたつ破っている。当マンションでは衛生上問題のあるゴミの散乱を防ぐ為に、ゴミは回収日当日の朝に出さなければならない。そして、プラスチックゴミは洗って乾かした上で捨てることになっている。仮に、もし居住者以外の人間が捨てたのなら、3つのルール違反となる

たまたま私の後に来たマンションの住人女性も「あり得ない汚さね」と、散乱したゴミに驚いていた。

間の悪いことに、今日は管理人さんのお休みの日だった。

どうしたものかと思いつつ一旦部屋に戻ってはみたものの、やっぱり放置できないと思い、空のゴミ袋2つを持って再びゴミ捨て場へと向かった。

散乱したゴミをひとつひとつ拾ってゴミ袋に入れ、口を締めた後、臭い漏れを防ぐ為にさらにもうひとつの袋に入れ2重にした。ひとまず、ゴミ捨て場の見てくれの悪さはなくなった。これなら衛生面でも問題ないだろう。

私に見知らぬ不届き者の後始末をする義理はないとは言え、当マンションの居住者のひとりとして、自分の出来る範囲でマンションの維持管理には貢献したい。管理人さんの不断の努力も無駄にしたくないしね。

リサイクルゴミにしても、段ボール、雑誌、新聞、衣類が乱雑に置かれていたら、回収業者が回収しやすいように種別毎にまとめて置き直すようにしている。

回収業者の大変さを想像できるのは、かつてリサイクルゴミの回収は月に一度半日がかりで地域の子ども会の役員が回収していたので、役員時代にかなりキツイ思いをしながら回収した経験を持つからこそ。

一連の行動は誰かに褒められたくてやっているのではなく、地域に住むひとりひとりの人間がほんの少しの労力を提供するだけで、結果的に街全体の清潔を保つことができるのではと考えているからだ。

自分の住む町が、誰にとっても、少しでも住み心地の良い街になればと思う。


人知れず、他人からの称賛を求めるでもなく、損得勘定抜きに、自分が正しいと思うことをする。もちろん、自分にとっての正義は絶対ではないから、常に自分自身を第三者目線でチェックすることも忘れずにいようと思う。

2019/8/31

内田也哉子さんと有働由美子さんの対談  はなこのMEMO

先日、たまたま見た深夜のニュースショー『ZERO』で、エッセイストの内田也哉子さんと番組キャスターの有働由美子さんの対談VTRが流れました。

放送では編集された一部が放映されたのみですが、期間限定で対談のノーカット版が番組公式サイトで見られるそうです。

残念ながら公開は9月1日㈰まで。対談の時間は1時間20分弱です。

内田さんはその発する言葉に力のある語り手です。その一語一語が心に響きます。

内田也哉子×有働由美子対談(日本テレビ『ZERO』)

2019/8/22

アンチ・エイジングへの同調圧力に疲れる  はなこ的考察―良いこと探し

日中テレビを点けると、若々しい外見と体力の維持を謳う、主に中高年女性をターゲットにしたCMのオンパレードだ。

個人的には、特に女性用のカツラや増毛のCMが正直目障りだ

私は女性用カツラや増毛のCMを見るまで、女性の加齢に伴う薄毛について気にしたことなど一度もなかった。

年老いた母の薄毛を気にも留めなかった。

おそらく、世間もそうではないのか?

個人では自分の頭髪の変化を多少気にすることはあっても、カツラ・メーカーの女性向けCMが登場するまで、世間が必要以上に女性の薄毛に注目することはなかったのではないか?

「薄毛になったら老けて見える」→「薄毛になったらカツラや増毛で毛量を増やすのが高齢女性の嗜み」と言わんばかりの同調圧力を日々かけられているようで、本当に不快だ

カツラメーカーも生き残りをかけて、否、金儲けの為に新規市場を開拓しただけなのだろうが、世間に「アンチ薄毛」の空気を醸成したのは罪深い。余計なことをしてくれたものだ。しかも中高年世代の、ただでさえ貴重な老後資金を狙い撃ちされているようにも感じて、企業はどこまで人を食いものにするのかと戦慄する。


そもそも、日本ではお笑い芸人がいたずらに「ハゲ」を連発するなど、男性の薄毛を嘲笑する傾向がかねてより強かった。一体、誰が初めに言い出したのだろう?国によっては、特にヨーロッパでは頭髪の薄い男性を「セクシー」だと持て囃す価値観もあると聞く。今なら英俳優のジェイソン・ステイサムがその筆頭か?

比較的白い肌(←白人から見れば黄味がかって見えるのだろうが、実際は個人差はあるとは言え、全人種の中でも白い方だ)に黒髪は、毛量の少なさを強調するようなコントラスト効果があるのかもしれないが、加齢やストレスや遺伝と言う、本人の過失でもなく、本人の努力による改善も難しい毛量の減少を、なぜ、ここまで笑い者にするのだろう?

まあ、本人には選びようのない出自で「身分が卑しい」だのと卑下する風潮も昔から少なからずあるので、人間の品性はその程度のものなのかもしれない。

かく言う私の夫も義父の遺伝子をしっかりと引き継いで、年々頭髪が減って来ている。本人は気にしているが、私は、それをみっともないとも、ましてや恥ずかしいことだとも思ったことなどない。彼の人間性や本質には何ら関係のないことだからだ。

しかし、世間にはデリカシーのないアホ丸出しの人間はいるものだ。

いつだったか、駅ビルにある雑貨店も展開している某有名カフェ・チェーンで、私達夫婦が着席して暫くしてから、隣の若いカップルがやたらと「ハゲ」を連発しだした。私の夫をチラチラ見ながら、聞こえよがしに「ハゲるのは嫌だ」とか、「ハゲたらおしまいだな」などと抜かしている。

そういうカップルの出で立ちを見ると、両者共、パサパサの金髪頭にガサガサの肌で、上着もヨレヨレのだらしない服装だった。人の外見をどうこう言う前に、自分達の姿を鏡で見る方が先ではないかと思った。

見も知らぬ男女である。おそらく会話のネタに尽きて、後から横に座った私達をネタに貧弱な語彙で空疎な話をしだしたのだろう。縁もゆかりもない、今後会うこともないであろう男女なので、相手にするのも馬鹿らしく、私達は早々に席を立った。

聞きたくなくとも漏れ聞こえてくる会話や、弥が上にも目に付く身だしなみで、その知性や内面は容易に窺い知れる。外見重視は太古から世の常とは言え、年を重ねれば、誰もがどうあがいたところで外見の衰えは防げない以上、日々の努力による内面の充実がなければ、長い人生を有意義には生きていけないと思う。

件の男女がそのことに気付くのはいつの日のことだろう?


日々、テレビを筆頭にさまざまなメディアでは、アンチ・エイジングの大合唱が喧しいが、誰もが避けられない老いをあるがままに受け入れることも、私達ひとりひとりには選択する自由がある。老いることを必要以上に恐れることなく、「円熟」や「枯れる」と言う価値観も、私は大事にして行きたいと思う。

2019/8/2


 今回は息子のきまぐれに付き合って、日程が迫ってからの飛行機とホテルの予約だったので、夏休みとも重なって、どちらも思うように予約が取れず、飛行機は往路が金曜の夜の便、復路が月曜の朝の便で、ホテルも定宿ではなく、正味2日間の滞在でした。

 そんな中で食べた沖縄の味…

クリックすると元のサイズで表示します

 30年ぶりぐらいに訪ねたチャーリータコス本店。健在でした。

クリックすると元のサイズで表示します 驚いたのは、このチャーリータコスが軒を連ねる沖縄パークアベニューと言う歴史ある商店街が、土曜日の昼下がりだと言うのに人影もまばらでシャッター通りと化していること。

 そもそもここに来たのは、息子が高校時代に好きだったバンド、オレンジレンジ発祥の地だからです。かつては所属事務所がこの地にあったそうですが、地元の人に聞いたところ、マネージャーだった人は今もここの一角に住んでいるそうです。オレンジレンジのメンバーも、周辺でよく見かけるのだとか。 

 ここは基地の町の目抜き通りとして発展して来た商店街だけあって、店のラインナップが独特で、飲食店の他は楽器店や米兵相手のナイトクラブ?バー?、そしてタトゥーショップが目に付きます。

 もしかして、昼より夜に営業する店が多いのでしょうか?

 そんな通りにあって、チャーリータコスの店内だけはほぼ満席の盛況ぶりでした。客はほぼ観光客でしたが…たまに、地元の人がテイクアウトしていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 ビーフとチキンとツナ3種のタコス。店オリジナルのチリソースをかけていただきます。厚みがあり、パリッとした食感のトルティーヤがグッド個人的には、チキンはポロポロ落ちるので食べにくく、一番美味しいのはビーフかな。3ピースにドリンクのセットで800円位です。結構ボリューミィで、最近小食ぎみの私はやっとのことで完食しました。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 前回の旅で偶然見つけた琉球料理居酒屋、吉崎食堂。沖縄で定宿としているホテル法華クラブおもろまちの道を挟んだ正面にあります。通りの角には最近沖縄に初進出を果たしたセブンイレブンがあり、駐車場入り待ちの車が道路で行列を作っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

 吉崎食堂はなかなかの人気店のようで、15分ほど外で待ちました。靴を脱ぎ、掘りごたつのような形状のカウンター席へ。目の前では数人のスタッフが玉のような汗をかきつつ料理を作っていました。思わず、「お疲れさまです」と声をかけてしまいました(笑)。

 食べたのは、お通しのゴーヤ・スムージー、大根としらすのサラダ、沖縄そば、ゴーヤチャンプルー、ソーメンチャンプルー、ラフテー。飲物は息子は車を運転するのでシークワーサー・ジュース、私はお酒が飲めないのでさんぴん茶をオーダー。これで合計5,000円弱です。十分お腹いっぱいになります。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 アメリカンなバーガーショップ、A&W牧港店。敷地内に放射状に配置された駐車場でインターフォンを通して注文し、車まで商品を持って来て貰うか(車内で食べるOR家に持ち帰る)、店舗のカウンターで注文するか(店内で食べるOR家に持ち帰る)の2通りの注文方法があります。

 車社会ならではの販売スタイルですが、これが55年以上にスタートしたというのですから驚きです。しかも発祥の地アメリカでは今年で創業100周年を迎えるそうで、店内にはオリジナルグッズ販売コーナーもあり、タオル、Tシャツ、帽子、マグカップ、文房具、ピンバッヂ、100周年記念のペンなども売られていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 私はフィッシュサンドオニオンリングストレートのアイスティーのコンボを食べてみました。サンドと呼びながら、バーガーバンズに白身魚のフライとレタスとチーズが挟み込まれ、タルタルソースで味付けがなされています。某バーガー店の類似品よりボリューミィで食べ応えがあります。オニオンリングも某日本発祥のバーガー店の同種の3〜4倍の量があるので、息子とシェアしました。

クリックすると元のサイズで表示します 古宇利島の道の駅や空港出発ロビーのANA FESTAで、ブルーシール・アイスクリームソフトクリームも食べました。これを食べると沖縄に来たんだなと言う実感が沸きます。

 なんだかんだ、いつもより食べ過ぎて、太って帰って来てしまいました。お土産にスーパーマーケット、サンエー安室のサーターアンダギーを買って、戻ってからもムシャムシャ食べているので、体重は元に戻りそうにありません

クリックすると元のサイズで表示します



2019/8/1


クリックすると元のサイズで表示します

 沖縄本島西海岸北部にあるブセナ・ビーチの海中公園。エメラルドグリーンの海が見惚れるほど美しい。岸に打ち寄せる波の音を聞きながら、ずっとこの景色を眺めていたい気分になります。

 ここはブセナ・テラスと言うリゾートホテルの入り口左側の駐車場に車を置いて、ビーチ沿岸を駐車場から海中公園までピストン運行している無料バスで行くことができます。ホテルの宿泊客でなくとも利用できます。
クリックすると元のサイズで表示します

 暑い中、海中展望塔は30分待ちだったので、すぐに乗れるグラスボードに乗船(乗船料、ひとり1500円)。

クリックすると元のサイズで表示します この日は少々濁りがあるとのことでしたが、予想以上に透明度高し。サンゴも魚たちも沢山見えました♪

 今まで、離島の慶良間諸島本島南部の東海岸や、海外では紅海に面したアカバ湾でグラスボートに乗りましたが、ブセナリゾートの海もなかなかのものです。オニヒトデの被害を心配していましたが、変わらぬ美しい海に少し安心しました。

 これまで自分史上最高に美しかった海は、35年前の慶良間諸島は渡嘉敷島の海ですね。水深10m超なのに底に手が届くのではと錯覚するほどの類稀な透明度で、多種多様なサンゴと魚を見る事ができ、グラスボート初体験も相俟って、あまりの美しさに感動して、思わず声を上げてしまったほど。

 さらに渡嘉敷島では夜空も息をのむほど美しかった。まるで天の川や星々が今にも落ちてきそうなくらい近くに、そしてクッキリ見えた。「これが"満天の星空"と言うものなのか」といたく感動して、飽かずに何時間も地べたに寝転がりながら眺め続けたほどでした。写真はボート中央のグラスを上から覗き込んで撮ったもの。

クリックすると元のサイズで表示します

 沖縄のアダムとイブ伝説の残る古宇利島へ。昔住んでいたよしみで、いつも夫の出張に合わせて来るのですが、(今回は息子が突然言い出した旅行なので)真夏の沖縄に来るのはおそらく30年ぶりくらい。

 肌に刺さるように降り注ぐ紫外線に恐怖しながら、日傘に手袋、首にはクール・タオル(水分を含んでいる限り保冷する特殊なタオル)で炎天下を歩きました。もういい年ですからね。気を付けないと肌はシミだらけになってしまいます。それにトホホなほどに暑さにも弱いので。

 とは言え、天候が曇りがちの冬場に来ることが多かったので、常夏沖縄の真っ青な空とエメラルドグリーンの海を久しぶりに堪能できたのは良かったです。

 一方、息子は若くて体力があるからなのか、炎天下に帽子もかぶらずにビーチに行って、写真を撮りまくったようです。元気だな〜。真っ黒に日焼けした息子は沖縄で会った知人に、「日本人には見えない。東南アジア系の人みたい」と言われてしまいました(笑)。
  
クリックすると元のサイズで表示します

 海上基地建設に揺れる辺野古の海岸。
クリックすると元のサイズで表示します

 初めての辺野古は東海岸にあり、けっして広くはない町中をぐるぐる回って漸く海岸線にたどり着きました。途中で基地反対派の拠点らしいテント村を見かけました。船が何艘か置かれていましたが、人気はありませんでした。

 辺野古はすごく寂れた印象の町で、人影も殆どなく、昔米兵相手に営んでいたであろうバーが廃虚と化して放置された状態が、今の辺野古の状況を現しているようにも見えました。近くに漁港もありましたが、基地建設と引き換えに地元にあてがわれる補助金で、いくらかでも町の経済が潤えばと言う思いを持つ人もいるのではないでしょうか?

 沖縄も本島中南部への人口の一極集中で、北部は観光業を除けば、本当に廃れた印象が強いです。特に観光業以外、若者の働く場所がないのが、若者の流出を止められない原因でしょう。

 6月末に那覇市に隣接する浦添市の沿岸にオープンした、あたかも東京がそのまま引っ越して来たかのような洗練度のパルコシティの賑わいや佇まいとの落差が大き過ぎて、沖縄は小さな島なのに、日本の都市と地方の格差の縮図のようなところだと感じました。
クリックすると元のサイズで表示します

 6月末にオープンしたばかりのパルコシティ内にあるタリーズ・コーヒー。驚くほどゆったりしたその空間構成は羨ましい限り。私の地元の駅ビルにあるタリーズ・コーヒーは鳥小屋みたいに隙間なくテーブルとイスが並べられ、そこでひしめき合いながら大勢の人々がコーヒーや紅茶を啜っているのに、なんだこの劇的にゆったりとしたスペースは…

 沖縄の人にしても辺野古への新たな基地建設に関しては意見がさまざまで、辺野古と引き換えに返還が予定されている普天間基地周辺の人は、先行する北谷町のハンビータウン新都心おもろまちの成功を見て、基地返還後の町の発展への期待が大きいようで、辺野古への基地建設を声高に反対する雰囲気ではありませんでした。基地反対運動の人々も地元の人よりも他県から来た人が多いとの話で、辺野古を巡る問題はなかなか複雑な要素をはらんでいるようです。
クリックすると元のサイズで表示します

 今回宿泊した那覇市内のホテル、ザ・オーシャンホテル那覇12階の朝食会場から、近年の沖縄の発展の象徴とも言える新都心おもろまちを望む。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ