2019/6/19

防災ラジオ  はなこのMEMO

8年前の東日本大震災をきっかけに買い求めた写真の防災ラジオ。

被災地が停電してしまうと、肝心の被災者はテレビを使えないからね。テレビの地震報道は、主に被災地以外の人の為〜国民が国内で起きた災害の情報を共有する為と思った方が良いのかも。

実際、私自身が外出先の横浜で東日本大震災に遭遇した時、震災の全容が分かったのは、避難先の横浜ランドマークタワーのホールのスクリーンに映し出されたNHKの午後7時のニュースによってだった。実に地震発生から4時間以上が経過していた。それまでは情報を得る手段がなかったので、どこでどのような災害が起きて、どの程度の被害が発生しているのか判然としなかった。

本格的な5G時代に入れば、また災害情報の発信や受信方法も変わるのだろうか?


ラジオ以外にライト、サイレン、そして今のスマホに対応できるのか不明なのですが、携帯電話の充電機能も付いています。

電源は単4電池2本使用ですが、付属のレバーを1分間に120回まわすことで、ラジオなら約60分間使える手巻き充電も可能です。

防災ラジオもいろいろ販売されていますが、コロンとした形の見た目のかわいさと機能性で、本品を選びました。

本品はずっと戸棚にしまったままだったのですが、先日、目の手術をした夫が入院中に使用することになり、久しぶりに日の目を見た形です。

せっかくだから普段から使おうよ、と言うことで、夫の退院後もしまわずに、夜は枕元に置いています。

そのタイミングでの昨夜の新潟の地震。

東日本大震災以降は結構な頻度で、北は北海道から南は九州・熊本、宮崎まで、震度5、6級の大きな地震が起きており、かねてより懸念されている首都圏直下型もいつ起きてもおかしくない状況です。

改めて、大地震に対する物的、精神的備えが必要なんだなと思いました。

因みに電動ポンプで各戸に給水するシステムのマンション暮らしである我が家は、東日本大震災時に計画停電で水の確保には苦労したので、以来、常に2Lペットボトル入り水を30本常備しています。

古いストックから使って、随時補充する形。

数十万年単位で起きるとされる地球の地殻変動期に、特に地殻の不安定な日本列島に住んでいる以上、私達は常に地震に直面する覚悟で生きなければいけないんでしょうね。

老後の数十年をどう生きようかと悩むのも、自然の壮大な摂理の前には、ちっぽけな人間の身の程知らずな足掻きのようにも思えてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

2019/6/17

霊峰富士  今日の言の葉

この時期は早朝でも靄(もや)で見えない富士山が、今日は珍しくクッキリと見えます(一昨日、昨日と吹き荒荒れた強風のおかげですね)。

すっかり冠雪が後退して岩肌を露出させ、遠目にも夏の到来が近いことを感じさせる今朝の富士山の姿です。

朝、出勤の夫を玄関先で見送った後に、「今日の富士」の様子を確認するのは、私の日課でもあります。

毎日見えるとは限らないその姿が確認できた時には、何だか幸先良い1日のスタートを切れるような気がして、思わず手を合わせ、「今日も良い1日でありますように。無事に過ごせますように」と祈ります。

130キロの彼方から威風堂々とした佇まいを見せる富士山は、正に「霊峰」と呼ぶに相応しい荘厳な山だと思います。

こうして富士山を拝める環境に、感謝です。

クリックすると元のサイズで表示します

2019/6/13

最近のお気に入り♪「川柳居酒屋なつみ」  日々のよしなしごと

今クール始まった番組で、結構気に入っている番組があります。

それは毎週水曜日深夜1時59分からのトーク番組「川柳居酒屋なつみ」(テレビ朝日)。

深夜のこの番組のためだけに夜更かしは体力的に無理なので、録画予約で見ています。

川柳好きの女将(宇賀なつみアナ)が営むカウンターだけの小さな居酒屋(居酒屋と言うより小料理屋と言う感じ?)に、毎回著名人が訪れ、そこに"常連客"の俳優のムロツヨシも加わって、酒を酌み交わしながら忌憚のないトークが繰り広げられます。

好きだった宇賀アナが3月末でテレビ朝日を退社し、寂しかったところに、この番組が始まったことを偶然知りました。ムロツヨシさんも大好きな俳優のひとりなので、トークを通じてその人柄が垣間見えるのも嬉しいです(最近、ムロさんがSNSで発信した言葉が一部で炎上したらしいですが、推敲を経ない"つぶやき"は難しいですね。一旦発信してしまったら拡散も早く、読み手によってさまざまな解釈が成り立つ…)

この居酒屋ではゲストも否応なく川柳を詠まされ、その川柳を軸にトークが展開します。

酒が入ってタガが外れるのか、出演者全員言いたい放題(笑)。深夜ならではのユルさ加減が何とも心地良く面白いです(笑)。

Uber Eatsならぬ"宇賀 Eats"で取り寄せた女将厳選の美味しい料理で客をもてなすのも、この居酒屋の特徴。たぶんお酒も、女将は作っていないと思います(笑)。豪快に酒を飲み、頬を赤らめつつ、番組を進行するのが彼女の務め(笑)。深夜だから許される所業だと思います(笑)。

30分足らずの尺では物足りないと思ったら、後編が来週に続きます。ズルイですよね。

私は基本的に人の話を聞くのが大好き。最近は、どんなゲストが登場するのか、どんな話題が出るのかと、この番組を心待ちにしています。

ただし、私は体質的にお酒が一滴も飲めず、夫婦共に夜は家で静かに過ごすのが好きなので、居酒屋にはもう何十年も行ったことがないんですよね。

この番組で居酒屋疑似体験?

宇賀アナ、こんなドアップでごめんなさい
クリックすると元のサイズで表示します

2019/6/11

あじさいの季節  日々のよしなしごと

バス停のあじさいが、今年は例年になく美しい花を咲かせています。

雨によるバスの遅れも、花を眺めていれば、それほど気にならないくらい…


さて、この1か月はちょっと波乱含みの日々でした。

まず、私自身の転倒事故です。

繁華街の歩道を歩いていただけなのに、突然足の力が抜けて、前のめりに転んでしまいました。

すぐさま近くにいた男性が「大丈夫ですか?」と声をかけて下さったのですが、左膝を強かに打って、暫く立ち上がれませんでした。

それなのに、公衆の面前で無様に転んだ恥ずかしさが先立って、「大丈夫です!」と即答している自分がいました

直後見たところ、外傷は左膝と左手に擦過傷だけでしたが、翌朝起きると、身体のいたるところが筋肉痛の上に、左手小指が突き指状態で、左膝には青アザができ、痛みで立ち上がるのも困難なほどでした。

私は子どもの頃からよく転ぶ人間で、過去には利き手の左手の親指の付け根を骨折してしまい、以来、長い時間筆記することが困難になっています。

今回は幸い大事には至らなかったものの、数日間は膝の痛みが続きました。

それが漸く治まったと思ったら、今度は夫が右目に網膜剥離を発症して、急遽手術を受けることに。夫は現在も入院中です。

治療の為、極力うつ伏せ状態でいなければならない夫の退屈しのぎになればと、毎日見舞いに行っては、ひたすら話し相手になっています。

尤も転んでもタダでは起きない私は、入院先の病院が駅に近いのをいいことに、見舞いのついでにマイレージポイントを使って映画を見たりもしています

今日夫から聞いた話では、網膜剥離と言う病気は退院すれば完治と言うものでもなく、視力が回復するまで半年はかかるそうです。しかも、視力が完全に元通りになる保証もないのだとか。

生きるか死ぬかの重篤な病でないとは言え、視力も生きる為には大事な機能のひとつ。ちゃんと回復して欲しいと心から願っています。

【追伸】

 夫は網膜剥離の前兆として、発症の10日前頃から飛蚊症を、その後暫くして右目下4分の1の視野が欠けていると訴えました。週末のことだったので私が土曜日に病院に行った方が良いのではと勧めたのですが、面倒くさがりの夫は行きませんでした。

 ところが、翌日曜日に「長いお別れ」と言う映画を夫婦で見たところ(視野が欠ける前に予約していたのです)、劇中、松原智恵子演じる老母が患った網膜剥離の症状と自分の症状が同じだと気づいた夫は、映画に背中を押された形で月曜日の朝一に眼科の診察を受け、そこで網膜剥離と診断され、日を置かずに入院、手術となったのです。網膜剥離は発見が遅れれば失明の恐れもあるとのことで、今回、夫は映画に助けられたようなものです。映画に感謝!多謝!
 
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ