2019/3/30

日本の教育の問題点〜親の役割  はなこ的考察―良いこと探し

電車に乗る度に思う。

赤ちゃんを胸に抱き、
大荷物を抱えた母親が乗って来ても、
誰も席を譲らないのはなぜ?
と。

たまに譲る人もいる。しかし、本当にたまに見る光景だ。
これでは幼子を抱えた母親の外出は難行苦行だ。

そんな母子の姿を見たら、女性の中には「子育ては大変だ」と、
子どもを産み育てることに(本当はたくさんの喜びもあるのに)
躊躇する人もいるかもしれない。

もうさあ、少しは助けてあげようよ。 

(例えば、抱っこひもで前に赤ちゃんを抱えている場合、
母親が座ると赤ちゃんが足に苦痛を感じることもあるので、
近くの人が母親の荷物をいっとき持ってあげるだけでも良いのでは?

手助けの方法はいろいろあると思う。
これこそ、想像力を働かせる好機だ!

仮に声をかけて断られても、気にすることはない。
何ら恥じることもない。寧ろ胸を張って欲しい。
思いやりを示すその行動そのものが、
他人に無関心な今の社会に対して
一石を投じるもの
なのだから。)


今日もお昼前頃、都心に向かう電車に、
赤ちゃんを抱っこひもで抱えた母親が乗って来た。
背中には大きなリュックを背負い、
右肩にも大きなトートバッグを担いでいる。
いかにも重そうな荷物。

車内はほどほどに混んでいて、
私はその母子から離れた場所に立っていた。

出入り口の脇で窓の外に向かって母親は立っていた。
赤ちゃんがぐずるからだろうか?
荷物を抱えたまま自身の身体を上下に揺らし、
赤ちゃんを懸命にあやしている。

すぐ傍の席で、若い女性はスマホに目を落としたまま。
赤ちゃんがぐずっているのに一瞥さえしない。
まるで無関心だ。


海外では電車内で私が幼い息子を抱っこしていると、
どこの国でもすぐさま誰かが席を譲ってくれた。
 


特に若い女性が率先して譲ってくれた。
何れ母親になるかもしれない、
同性の若い女性の優しさが嬉しかった。
至極当然のこととして、何の衒(てら)いもなく
幼子を連れた見ず知らずの母親を気遣う姿が素敵に見えた。

私は息子には幼い頃から、
公共の乗り物ではよほど疲れていない限り
立つように教えて来た。
その前段として息子が幼稚園の頃から、
家族で街散歩やウォーキングイベントに参加するなどして、
長時間(2〜4時間)の歩行に慣れさせ足腰を鍛えて来た。
その結果、彼は今でも長時間立ち続けることや歩くことを厭わない。

もし、バスや電車で席についていたとしても、
その席を必要としている人が乗って来たら譲るよう、
息子にはことあるごとに言い聞かせて来た。
彼は親の教えを実践していたようだ(バス、電車通学が始まった中学生の頃、
帰宅後にいちいち報告していた(笑))


だから所構わず、すぐ座り込む(所謂ヤンキー座り?)若者を見かけると、
彼らは子ども時代に足腰を鍛えることを怠ったせいで、
見た目より肉体は老いているんだろうなと思う。
逆に連れだってハイキングに出かける中高年女性の方が
よほど足腰が丈夫で、心身共に若々しいのかもしれない。

今はともすると、公共の乗り物で子どもを真っ先に座らせる親が多い。
これは傍から見れば、親が子どもを甘やかしていることに他ならない。
こうした甘やかしは、
子どもが本来持っている力を伸ばすことの妨げにしかならず、
子どもの成長の機会を奪う行為に等しい。

子どもの体調が悪くないのなら、特に走行が安定した電車では、
親の方が座り、子どもは立たせた方が良い。
本来、子どもは親よりもエネルギーに満ち溢れ、元気なのだから。
心身の鍛錬の機会は、こうした日常に転がっているものだ。

先日たまたま外国人親子(母親と小学生くらいの息子)を電車内で見かけたが、
当たり前のように母親が座り、息子は親の目の前に立ち、
母子で楽しそうに会話していた。微笑ましい光景だった。

親は我が子を、他者を思いやる心を持った真っ当な人間に育てる為に、
精一杯の愛情を注ぐのは当然のことながら、
けっして甘やかしてはいけないのだと思う。

社会で生きて行く以上、
人は基本的に互いを思いやることが大切だと思う。
そうでなければ社会は殺伐として、
誰にとっても生きづらい場になる。

それを率先して教えるのが、親の役割だと考える。
遅くとも就学前には、
「他の人とどのような態度で関わるべきか」
想像力を働かせて他者を思いやる姿勢を、
自分自身が手本となって、
親はわが子に教えるべきだと思う。

観念は家庭で教えるべきで、
学校はあくまでも実践の場である。


昨今は子どもに対する、
そういう人間としての基本的な素養の教育が、
欠けているような気がしてならない。

学問だけが我が子に授けるべき教育ではないのだよ。

2019/3/18

台湾に行って来ました  日々のよしなしごと

昨日まで、高校時代の友人とその娘8人で
台湾に行っていました。
心配りの素晴らしい現地ガイドさんにも恵まれ、
常に笑いの絶えない珍道中となりました。

同行した友人の一部は小学生の頃からの友人なので、
付き合いはかれこれ50年近くにもなります。

これまで、それぞれ人生でいろいろあっただろうに、
友情は絶えることなく続いて来ました。

その奇跡に感謝したいです。

戻って来て、改めてスマホのアルバムを見てみたら、
思いのほか写真が少なかった(笑)。

写真を撮るのも忘れるほど、
友人たちとのやり取りに夢中だったのかもしれません。


あ〜楽しかった

2019/3/9

コンビニの深夜営業を巡る問題  はなこのMEMO

大阪府内のある大手コンビニ・フランチャイズ店オーナーの「深夜営業を止めたい」と言う訴えが波紋を呼んでいる。

空前の人出不足で、特に深夜帯のアルバイト店員が見つからない。2018年の6月から今年の2月にかけて13人もの従業員が辞め、追い打ちをかけるように長年共に店を切り盛りして来た妻を病で亡くし、オーナーはひとりで最長28時間も働く日もあるなど、心身共に疲れ果ててしまった。その窮状をコンビニ本社へ訴えたが、会社側は契約を盾に短縮営業を認めなかった。

そこでオーナーは本社の了解を得ずに独断で2月1日に午前6時から翌午前1時までの短縮営業を始めてしまったのだが、本社からは「24時間営業の不履行は契約違反なので違約金(1,700万円)が発生し、契約解除の可能性もあり得る」と指摘されたらしい(都内の大学に進学していた息子さんも父親の窮状を見かねて帰郷し<中退か休学かは不明>、現在は父親の店を手伝っていると言う)。(以上、テレビ報道や日本経済新聞2019年2月22日朝刊15面等を参考とした)

確かにフランチャイズ契約で取り決めたことは重要だけれど、何の斟酌もなしに違約金云々と言う会社の回答は、加盟店オーナーに対して冷た過ぎやしないか? (一応、オーナーの妻が亡くなった際にコンビニ本社は応援要員を派遣して対応しており、それに対してはオーナーも感謝の意を述べている。しかし、これはあくまでも一時凌ぎに過ぎず、根本的な問題解決には至っていない。本社との話し合いは膠着状態が続き、心身共に限界に達したオーナーは、今回実力行使に出たのだろう)

実は同様の問題は私の身近でも起きていて、同じマンションの住民ご夫婦も、深夜帯の営業でアルバイト店員が見つからず、60歳半ばを過ぎたご主人が連日連夜の深夜勤務で体調を崩したためコンビニ経営から身を引いたと言う。

それだけに今回の一件には高い関心を持って注視している。


そもそもコンビニは24時間開いていなければいけないのか?常に24時間開いていなければ、コンビニではないのか?(当然ながらビル等のテナント営業では、現時点でもビルの開業時間に合わせて営業している)

24時間営業に関して、コンビニの立地(地域性)やフランチャイズ店オーナーの事情を考慮する余地はないのか?全てのフランチャイズ店は一律24時間営業でなくてはならないのか?その根拠は何なのか?コンビニ各社が横並びに24時間営業である必要はあるのか?(会社として、24時間営業の看板を下ろした時点で”負け確定”なのか?そう言えば昔、「24時間闘えますか♪」と言う栄養ドリンクのCMキャッチコピーがあったなあ…)

過去にセブンイレブンが社会情勢の変化に伴い、屋号にもなった午前7時〜午後11時の営業時間を24時間の終日に変更したのであれば、今また社会情勢の変化に合わせて営業時間の見直しをすることはないのか?

素人目にも疑問は尽きない。


先日の「羽鳥慎一モーニングショー」でもこの件について特集していたので、そこから得た情報を以下に列挙してみる。


まず、コンビニ店オーナーの平均勤務時間:18時間
→時給換算すると500円にも満たない雇っているバイト店員より低い

経営が安定軌道に乗るまでの創業期ならともかく、それが開業以来ずっと続いている。働き方改革が叫ばれ、職場をあげて勤務時間の適正化が図られている昨今の状況とは真逆の状況にある。

コンビニのフランチャイズ店オーナーは店舗のオーナーでありながら、フランチャイズ契約の縛りでオーナー店の営業時間も自身で決められないジレンマを抱えている。しかし、営業に損益が出れば、それはオーナー自身の責任となる。フランチャイズ店オーナーは経営者なのか?それともコンビニ本社の管理下にある労働者なのか?

コンビニのタイムスケジュール:

AM 0〜4時;商品の搬入、検品、品出し@
   4〜7時:清掃
   7〜9時:販売ピーク@
   9〜12時:搬入、検品、品出しA
   12〜13時:販売ピークA
   13〜16時:棚卸、清掃、ゴミ出し
   16〜18時:搬入、検品、品出しB
   18〜21時:販売ピークB
   21〜0時:品出し、清掃、ゴミ出し、【発注】

日に3回ある搬入、検品、品出し作業はかなりの重労働らしい。従業員は、大量の商品の品出しを販売と並行して行わなければならない。しかも昨今のコンビニは商品の販売だけでなく、公共料金の収納や宅配の受け取り引き渡し、興行チケットの販売や発券の代行業務も行い、ホットスナックも提供するのでその調理もしなければならない。時間帯によっては息つく暇もない忙しさだろう。

さらに昨今は災害時の社会的インフラとしてもコンビニは重要視(重宝?)されている。

そして、オーナーにとって最も重要な作業が発注売れ残って廃棄処分になれば、それは全てオーナーの損失となるので、廃棄が出ないようシビアに発注を決める。

コンビニ各社が24時間営業に拘る理由:

@深夜営業を止めると、全体の売上が3割ダウンすると言う経験則を持っている(コンビニ本社曰く、24時間営業していることが顧客に「あの店はいつでも開いている」と言う安心感や信頼感を与え、昼間の集客に繋がっている。)

A深夜の輸送、搬入で物流コストを抑える。

B取引業者(弁当製造等)もコンビニの営業に合わせて24時間稼働しており、深夜営業を中止すれば、その業者への影響も大(昼勤、準夜勤、深夜勤と三交代制を取ることで設備投資を抑えられる)

深夜営業を求める客:深夜勤務者、学生等

番組が聞いた街の声(サンプル数は13人と少ないが):8割の人が、(省電力等)環境保護の為なら深夜のコンビニ利用を控えても良いと回答。

セブンイレブン・ジャパンでは99%がフランチャイズ店で、直営店はわずか1%。
→本社としては社員雇用の人件費がかかる直営店より、コンビニ営業の「看板」と「ノウハウ」の対価としてフランチャイズ店オーナーが支払うロイヤリティで儲ける方が経営効率が良いからではないか?→ロイヤリティの見直しは?→過去に一度行っている。

既にコンビニは店舗数に一部の地域で飽和感もあり、今後は人口減少、かつ社会構成員の高齢化が進む日本では、24時間営業というコンビニのビジネスモデル自体が曲がり角に来ているのではないか?


それを踏まえてのことか、セブンイレブン・ジャパンでは時短営業の実証実験を行うと言われている。当初直営店のみでの実施予定であったが、フランチャイズ店オーナーらからの申し入れもあり、フランチャイズ店での実施も検討されるようだ。

別番組では経済評論家の森永卓郎氏が「地域のコンビニ各店舗が協議して、深夜は当番営業制にしてみてはどうか?」と言う提案をしていた。実効性からすれば一考に値するアイディアだと思う。

思うに、仮に地域のコンビニが深夜は当番営業制になったとしても、今や情報化社会なのだから、スマホ等で深夜営業している店舗を探すことはできるはずだ。

コンビニの24時間営業は必要かとの問いに、街頭インタビューで寄せられた「飲み会帰りに寄りたい」だの、「ついうっかり忘れていた公共料金を支払いたい」などと言った利用者の言い分はそれほど切実な訴えとは思えず、コンビニが24時間営業をしなければならない理由としては弱い。

利用者が行き付けのコンビニをいつまでも利用したいのであれば、その便利さを心置きなく享受したいのであれば、またコンビニ各社もその事業をいつまでも継続したいのであれば、コンビニのフランチャイズ店オーナーが無理なく経営を続けていけるような体制作りを、企業と利用者双方で考えて行かなければならないと思う。

今の私達は一時が万事あまりにも”便利さ”に慣れ過ぎていて(企業は企業で利潤追求に走り過ぎていて)、それが難しくなりつつある現在の社会状況への理解や考察が足りないような気がする。

経営者側の事業拡大路線は、もはや環境保護の時代にそぐわない。また、利用者側が求める至れり尽くせりのサービスも、結果的に利用者自身を怠惰にするだけだ。

これからの時代は「与えられた環境で現状の良い部分をいかに持続させるか」が問われるようになるのではないか?その為には皆で知恵を絞らなければと思う。

【追記】

日本経済新聞2019年2月22日朝刊15面には、セブンイレブンが今夏予定している沖縄初進出についての記事が掲載されている。セブンイレブンの進出は、コンビニ大手三社の中で先頭を切って沖縄に進出したファミリーマートに遅れること30年である。

先行するファミリーマートとローソン(ファミマの10年後に進出)は沖縄独特の商慣行を踏まえ、積極的に現地の小売業者との連携策を取り、沖縄独自の商品開発も行うなどして、「ローカライズ戦略」で現地でのフランチャイズ浸透に努めて来た。

一方のセブンイレブンは『綿密な市場調査をした後オーナーを募り、店舗数が一定数に達した時点で、取引先の食品加工会社に工場建設を求める。他のコンビニと違い、専用工場がなければ進出しない。』と言う”自社と旧知の取引業者連合”の「パッケージ戦略」で進出を図るのが常らしい。沖縄でも同様の戦略を取り、現地企業の出資も仰がないと言う。

何事も「沖縄ファースト」で現地密着型を好む沖縄独特の風土に、セブンイレブンの企業文化は果たして受け入れられるのか?根付くのか?日本屈指のインバウンド経済圏でもある沖縄でのセブンイレブンと先行する二社との戦いは、店舗の飽和と客の多様化と言う点で、コンビニの未来を占う布石と見られている。

2019/3/8

今日も横浜MM散歩  散歩の記録

夫が年休消化のため、今日はお休みを取りました。

久しぶりの快晴なので、これはお散歩日和だと思い、
いつもの横浜MM散歩と相成りました。

空は雲ひとつないスッキリとした青空ですが…
潮風はまだまだ冷たい

山下公園のベンチで、寒さに震えておりまする(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ