2017/3/18

ちょっと気になること3つ  はなこのMEMO

■大手銀行カードローンのCM

 某大手銀行のカードローンのテレビCMに俳優の阿部寛さん(確か竹中直人さんやタモリさんも…)が出演している。阿部さんは好きな俳優さんなので、一般の人々に安易に借金を勧めるCMに彼が出演していることにちょっとがっかりしている。

 高感度の高い彼が爽やかに微笑んで勧めたら、本来なら熟慮すべき借金へのハードルも確実に低くなるだろう。

 昨日のニュースによれば、この5年でカードローンの利用総額は60%も増加しているそうだ。国内で営業する銀行を会員に持つ全国銀行協会はカードローン利用者の増加を受けて、利用者の多重債務を懸念し、改めて各銀行へ利用者の収入や(他行やサラ金業者も含めた)借入総額を確認して、その返済能力を見極めるよう注意を促していると言う。

 近年は正規の住宅ローン等も貸付の低金利が続き、また、景気の先行きへの不安もあって企業の設備投資意欲もなかなか高まらず、大手銀行は利幅の大きな大手サラ金業者を傘下に入れる等して、貸付利益を上げることに躍起になっている(ように見える)

 一方、国民の間では非正規雇用者が増えて、「ワーキングプア」と呼ばれる生活困窮者も増えているが、彼らが担保が要らない代わりに貸付金利の高いカードローン利用で多重債務に陥る危険性は高まっていると思う(全銀協が注意喚起する位だから、事態は私達が想像する以上によほど深刻な状況なんだろう)

 誰でも真面目に働けば、借金に頼らずに暮らして行ける社会になることが理想だけれど…せめて日本という国が、特に若い人が将来に夢の持てる社会になって欲しいと切に思う


■カジノ誘致の危うさ

 日本でも疲弊する地方経済の救世主としてカジノの誘致が有望視されているが、先行する韓国の現状を見ると不安しかない。

 韓国には全土に7つのカジノがあるらしいが、カンウォン道にあるカジノのみ韓国人も利用が可能だそうだ。元は炭鉱町だった街の起死回生の策として1990年代にカジノを誘致。カジノ目当てに年間300万人もの人々が当地を訪れ、そこだけで国内の収益の半分以上を占めるらしい(つまり、国の当初の外貨獲得の目論見は外れて、外国人観光客より自国民がカジノで散財しているということ)

 確かに街はカジノの誘致によって財政的には潤った。しかし、カジノ客目当ての風俗店が増え、カジノにのめり込んで身を持ち崩した「カジノ・ホームレス」が1,000人以上も街に留まって、街の風紀はけっして良いとは言えない。さらに街の質屋の周辺では常時50〜70台の車が質預かり品として路上に放置されているらしい。

 しかも、「カジノ・ホームレス」となった人々の前職を聞くと、それなりに高い収入や地位だったりする。そんな普通の人々がカジノに嵌ったばかりに、仕事も地位も財産も、そして家族や帰る場所も失ってしまったのだ。けっして他人事とは思えない。

 そんな街は子育てに適していないと見切りをつけられたのか、地元の小学校は在籍児童の減少が続いていると言う。街の様子を想像するだけでも寒々しいものを感じる。

 韓国では現在100人中5人がギャンブル依存症と言われ、カジノ側も1カ月に入場できる回数を制限する等して対応していると言うが、現地の賭博問題管理センターの担当者は「ギャンブル依存症はなってしまってからでは遅い。予防が一番」と訴える。

 日本でも大阪府や沖縄県がカジノ誘致の候補地として有力視されているが、それでなくても風紀や教育の面で他の自治体に比べて問題の多い両者が、カジノを誘致することでさらに問題が深刻化するのではと心配だ。

 カジノは「劇薬」かもしれないのだ。


■たった一言の台詞に歴然と出る演技力の差

 映画館で「追憶」と言う映画の予告編を見る度に感じる事がある。

 最近主演作が相次ぎ、俳優としての評価も高まっているアイドル出身の岡田准一君だが、舞台経験も豊富な小栗旬君との絡みのシーンではどうしても演技力の差が出てしまう。

 一方的にがなりたてるだけの岡田君に対し、ほんの短い台詞の中にも繊細に抑揚をつけて、登場人物の心の奥底にある哀しみを表現してみせる小栗君。「中堅二人の演技対決に勝負あった!」と、そのシーンを見る度に思うのである。

 さすがに小栗君は蜷川舞台で鍛えられただけのことはある。彼は公私共に華やかな雰囲気から、単なる人気俳優と捉えられがちだが、なかなかどうして演技巧者だと思う。

 無類の女好きとの噂もあるが、それだけエネルギッシュと言うことなんだろう。お金の使い方にも太っ腹なところがあるようだし、先輩後輩からも慕われ人望も厚いようだし、日本初の俳優の労働組合結成にも動いているようだし、人としてなかなかの器の持ち主だと思う。

 あいにく小栗君の出演(ほぼ主演?)舞台は未見だけれど、彼の出演するテレビドラマや映画は殆ど見ている。中堅俳優の中では最も期待している俳優のひとりだ。

 だから、つまらないことで躓(つまづ)かないで欲しいと願っている。

2017/3/16

もっと自分を信じて、自分の気持ちに正直に生きたら良いのに…  日々のよしなしごと

 何とはなしにテレビの電源を入れたら、ちょうどバラエティ番組で、「こんな人は嫌われる」と言う主旨のテーマで、SNSでの発言等、具体例が挙げられていた。

 そこで私が素朴な疑問として思ったのは、「なぜ、そんなに他人から嫌われることを恐れるのか?」と言うこと。

 現実社会では本音と建前を使い分ける日本人が、ネット上では辛辣なまでに本音を吐露するようになった今、いかにさまざまな価値観のもとで人々が物事の良し悪し、好き嫌いを語っているかが分かったのに、今更万人受けする発言や行動などありはしないのに、他人に嫌われまいと気を使い過ぎて、心を疲弊させてしまう日本人。

 他人に直接危害を加えたり、迷惑をかける恐れのある言動、極端に社会秩序を乱す言動でない限り、あまり他人の目や評価を気にする必要などないのではないか。私は生まれも育ちも日本人だけれど、私の目から見ても日本人は他人の目を気にし過ぎだ。

 アマゾンのクチコミを見ても、ある商品について、ある人は高い評価を下し、ある人はこき下ろす。絶対的な評価などあり得ないのだ。すべて評価者自身の価値観に基づく相対的評価。だから、人の評価など、殊更気にする必要などないのだ。自分が良いと思うのなら、自分の価値判断を信じたら良い。気に入ったのなら、他人の目、評価など気にせずにガンガン使えば良い。大切なのは、自分と直接関わり合いのない他人からどう見られるかより、「これから長く付き合うであろう物」との関係だ。

 服装についても同様だ。ある服の色に対して、ある人は「きれいな色ね」と言い、ある人は「年甲斐もなく派手な色」と言う。そもそも誰からも褒められる服なんてない。誰からも貶されない服もない。皆、好き勝手に自分の立ち位置から物を言っているだけなのだから、その言葉に言うほどの重みもない。だったら、他人の言うことなど気にせずに、自分の着たい服を着たらよい。自分が着て心地よいと思う服を思う存分着れば良い。それが自分の気持ちに正直な在り方であり、自分らしさなのだから(とは言え、発言者が単なる悪口ではなく良かれと思ってかける言葉を、アドバイスとして受け留める度量は持っていたい。そこには新たな自分を発見するヒントが隠されていることもあるから)

 また、最近読んだ記事で、ママ友いじめをする人(あくまでも一部の人々)の特徴として、彼女達は総じて自分に自信がなく、ある集団の中での自分の相対的な評価を気にする傾向が強いとの分析があった。だから、ひとりでは行動も判断も出来ない、自立も自律も出来ない人々なのだ。実際、常にグループでつるんで、グループの輪から脱落しまいと汲々としているように見える。

 さらに自分達の集団の中での価値観に基づいて、勝手に他人を評価しているのが彼女達だ。その価値判断に公正さはない。斯様な"期間"も"範囲"も限られた場でしか通用しない価値観に振り回されるのは、ナンセンス以外のなにものでもない。もっと広い世界に目を向ければ、ママ友世界での問題など、取るに足らないものだと分かるはずだ。

 只中にいるとそのことになかなか気づけないのかもしれないが、ママ友を巡る関係で悩んでいる人は、出来るだけ悩みは溜め込まずに自分が心許せる人間に打ち明けて、少しでも心を軽くする逃げ道は作っておきたい。一部の人間があれこれ言おうが、それは雑音として聞き流し、自分は親としてやるべきことを着実にこなすだけだ。そのうちにコップの中の嵐も過ぎ去って行く。


 結局、社会を窮屈にしているのは私達自身だ。生きづらさの原因は私達自身の中にある。「嫌われる勇気」なんてフレーズが流行ったのも、私達日本人があまりにも他人の目を気にし、嫌われることを恐れていることの裏返しなんだろう。

 そう言えば、日本には「村八分」と言う言葉があるように、日本人は集団から外れることを何よりも恐れる。そのためには「出る杭」にならないよう自身の言動も抑制するほどだ。言動の自由を奪われることを何よりも恐れる欧米とは真逆である(子どもの躾けにおいても罰として、日本の親は子どもを自宅から追い出して突き放すが、米国の親は逆に子どもに外出禁止令を出して子どもから自由を奪う傾向が強い)

 「民主主義」や「言論の自由」と言う概念も近代に海外から移入されたもので、他国の人々のように血と汗と涙を流して、長い闘いの末に獲得した権利ではないから、日本人の中には今一つ根付いていないように思う。未だに他人の目や評価を重んじる日本人は、「民主主義」や「言論の自由」にそれほど価値を置いていないようにさえ見える(だから為政者からその制限の動きが出ても一部を除いて危機感が希薄で、市民レベルで殆ど何のアクションも起こさない)

 日本の社会が、集団から外れることを厭う同調圧力の強い社会になったのは、日本という国が世界でも突出した災害大国であるがゆえに(世界の0.45%の国土面積しかない日本の災害被害総額は、世界全体の15〜20%を占めると言うのだから驚きだ)、その災害から生きながらえるため、常に集団で助け合うことが必要とされて来たからだとも言われる。しかし、そうした社会への過剰適応で、自らの首を絞めているのが、今の日本人だろう。

 もし今、この記事を読んでいる人が多少なりとも生きづらさ、息苦しさを感じているのなら、他人の目、他人の評価というしがらみから、もっと自分自身を解放して、自由に気軽に生きたら良いと思う。誰からも好かれ、誰からも評価される必要なんてないのだから。自分を心から理解し、受け入れてくれる人が、たったひとりでもいてくれさえすれば、それで十分なのだから。

 ただし、一度きりの人生をかけて、そのたったひとりの理解者を全力で探す努力だけはした方が良いと思う



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ