2015/4/7

とうとう息子も社会人  家族のことつれづれ

 息子が就職先の企業の地方にある事業所で行われた入社式と研修から戻って来た。

 この後、2日間の休暇を挟んで、1か月半程都内の関連事業所での研修があり、その後は再び長期研修で地方に行ってしまう。その時がいよいよ息子の我が家からの巣立ちの時となる。

 入社式の行われた4月1日は息子の24歳の誕生日でもあった。

 今回、息子と共に入社式に臨んだ新入社員は中途採用者も含め数百人に及んだらしい。内、大卒・院卒は400人弱と聞いている。息子曰く「結構あっけなかった」入社式は30分ほどで終わったらしいが、息子は10数列ある中の、なんと最前列で入社式に臨んだそうだ(入社式にしても研修にしても予め席は指定されていたらしい)。間近にマスメディアの写真や映像でしか見たことのない社長をはじめとした来賓の面々を目にして、内心ドキドキだったらしい。一生に一度あるかないかの機会で、こういう経験は貴重だね。エイプリルフール・ボーイはラッキーボーイか(笑)。

 約1週間の研修中、滞在先のホテルでは、東大院で専攻を首席卒業したと言う秀才君と同室だったそうだ。やはりいかにも賢そうな人だったらしく、息子は終始その存在感に圧倒されながらも、博士課程に進学してもおかしくない、こんな学業エリートがどうして学歴や学閥などあまり重視しない気風の会社になんか入ったんだろうと不思議に思ったらしい。おそらく、我々凡人には思いもつかない深慮遠謀があっての入社なのだろう。側で話を聞いていた夫も「(我が息子の社長への道のりにおいて大きな壁となりそうで)まったくもって迷惑な話だな」とぼやいた(←もちろん、冗談です・笑)

 息子が秀才君との会話の中で漏れ聞いたところでは、秀才君の家は親兄弟共に秀才揃いの高学歴一家らしい。

 どうも自分の知っている(例えば美術館ボランティアスタッフは良家の夫人が多い)高学歴家庭も、東大京大レベルとなると、親や祖父、さらにその上の代を遡って東大卒、京大卒と言う家庭が多い。既に何代にも渡って連綿と高い教育レベルが続いている家系が多いのだ。おそらく、件の秀才君もそういった家系の出身者なのだろう。親の代から漸く大卒レベルの我が家のような家庭では到底太刀打ちできない教育レベルだ。

 まあ、そういう人々と出会うチャンスを持てたのも、私も息子も努力して自分の世界を広げたからと言えるのかもしれない。彼らとの圧倒的な差は自分の代ではどうにも縮めようがないけれど、少なくとも「教育」が、ひとりの人間の人生の可能性を大きく広げることは確実なようだ。だから、「教育」は重要なのだ。

 しかし、「教育」の重要性は言わずもがなの事実でありながら、これに気付いていない、或いは、気付いていながら敢えて向き合わない親も少なくないのが現実だ(特に私の兄弟)

 何も全員が東大京大を目指せとは言わないが、今のような変化の著しい時代には、子どもの人生における可能性を広げるだけでなく、時代の変化に柔軟に対応する力を養う為にも、高校止まりの教育では不十分である。せめて専門学校で技能を磨いたり、大学で専門性や教養を深めたり、学業以外での様々な体験を通して見聞を広めることが必須だと思う。我が子に対して、その為の支援を惜しまないのが、親としての務めではないだろうか?(親として経済的支援が無理な場合も、端から進学を諦めさせるのではなく、各種奨学金制度、学資ローン等、進学の為の方策を子どもと一緒に立てることはできるはずだ)

 もちろん、最後は、子ども自身の"自ら伸びようとする向上心"常に学び続けることを怠らない強い意志が鍵だけれども。 

クリックすると元のサイズで表示します

2015/4/7

ちょっと沖縄へ  国内旅行(旅の記録と話題)

 先日、夫の出張に合わせてマイレージ利用で沖縄に行って来ました。

 まずはセルリアンブルー社のバスツアーで北部へ。

 最初の目的地は、"沖縄のアダムとイブ伝説"が残る古宇利島(こうりじま)へ。

 全長1960m、通行無料の橋としては長さが日本一の古宇利島大橋を渡って古宇利島へ。古宇利島は、車なら10分程度で周遊できる小さな島です。

クリックすると元のサイズで表示します


 古宇利島の白い砂浜。エメラルドグリーンの海。日差しは既に夏の眩しさ。

クリックすると元のサイズで表示します


 20分ほどの滞在で古宇利島を後にし、一路、美ら海水族館へ。途中に通過した、屋我地島と本部半島の間にあるワルミ海峡に架かる高さ37.2mのワルミ大橋からの眺めは絶景!

クリックすると元のサイズで表示します


 鬱蒼と茂る原生林と海の色の深みが何とも言えない…

クリックすると元のサイズで表示します


 美ら海水族館の"黒潮の海"大水槽。いつもながらの大迫力。ジンベエザメとマンタが悠々と回遊。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 春休みの家族連れと海外からの旅行客とで、館内は芋を洗うような大混雑でした。今まで何度も来ているけれど、こんなに混雑した館内は初めて。

 クリックすると元のサイズで表示します オキちゃん劇場で定期的に行われるイルカショー(無料)も見学。

 今回、初めて知ったのですが、この日ショーに出演したイルカの中には、1975年に当地で開催された沖縄国際海洋博覧会当時から出演しているオキゴンドウイルカもいるとのこと。

 当時は南洋の海から運ばれて来た精鋭の15頭がオキちゃんの名称でショーに出演していたらしいのですが、その唯一の生き残りなんだそうです。

 芸歴なんと40年!40年ですよ!私が中学生の時に見たかもしれないイルカが、未だ現役で活躍しているのです。

 イルカもほ乳類なので長命なんですね。

 次いで、琉球村です。沖縄各地の地域色溢れる古民家を恩納村に移築して展示した観光施設です。川崎市生田緑地にある日本民家園の沖縄版と言ったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根の上で睨みをきかせているのは家の守り神シーサー。写真はシーサーの名工と言われた島常賀(しま じょうが)氏の作品です。素朴で、ユーモラスで、生命感溢れる作風が人気。

クリックすると元のサイズで表示します

かつて農耕で使われた水牛。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 水族館と琉球村の入場料込み。昼食はついていませんでしたが、ネット割引で通常料金5,500円が5,300円でした。ガイドさんが芸達者な方で、長時間移動のバスの車中でも楽しませてくれ、なかなか充実したツアーでした。


 シメは沖縄グルメです。

 まずは内装も味付けもアメリカン・テイストなジャッキー・ステーキハウス。 
 創業60年を超える老舗のようです。

 今回宿泊した県庁前のホテルから、スマホのナビに従って徒歩30分弱で行けたのですが、近隣は住宅街なのか夜は街灯も少なく真っ暗でした。有名店だからタクシーで乗り付けた方が安心かも。

 かなりの人気店ですが予約は受け付けず、ウエイティングリストに名前を書いてから、1時間近く待ちました。とは言え、名前を書いた時点で26番目でしたから、1時間弱で席に着けたと言うことは、回転率は悪くないのかもしれません。つまり、ゆったりとした雰囲気の中で食べる類の店ではないと言うことです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 店一番人気のテンダーロイン・ステーキ、200グラム。写真のステーキの焼き加減はミディアム・ウェルダン。これにライスかパンとコールスローサラダ、クリームスープが付いて、2,000円也。肉質も軟らかく、なかなかの味。コスパ良し。

 かなりの人気店なのか、店内の壁には有名人のサイン入り色紙が所狭しと張られています。店のインテリアからして、アメリカ映画やドラマでよく見かける、気取りのないカジュアルなダイナーと言う感じ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します こちらも創業60年近い老舗のチャーリー・タコス。国際通り店です。元は米軍基地近隣の沖縄市(旧コザ市)が発祥の店で、米兵相手に商売していただけあって、やっぱりアメリカン(タコス自体はメキシコ料理だけれど)な雰囲気を醸しています。

 国際通り店は、仰々しい土産物屋が軒を並べる国際通りの、県庁寄りの松尾と言うところにあるのですが、周囲の看板の派手さに負けて埋没しがちなのか、少し場所が分かりづらいかも。

 でも味は本格派(本場メキシコには行ったことがないけれど)なので、沖縄を訪れた際には是非食べて欲しい逸品です!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します これが噂のタコス向かって左から具はツナ、チキン、ビーフとなっています。辛いサルサソースをかけていただきます。

 こんがり焼けたトルティーヤに挟み込まれた、シャキシャキの千切りレタス、ざく切りのジューシィなトマト、スライスチーズ、そしてツナ、チキン、ビーフそれぞれの肉質が相俟って作り上げる味のハーモニーに、ピリッとした辛口ソースがよく合います。

 夢中で頬ばって、手がソースでベタベタになるのも、具のそぼろ肉がポロポロこぼれ落ちるのもご愛嬌

 いろいろなセットがあるけれど、私はこの3種とドリンクのセットをオススメ。これで800円弱。レジで注文して、テーブルまで運んで貰います。内装も素敵だし、店員さんも可愛いですよ

クリックすると元のサイズで表示します 最後に忘れてはならないのが、ブルーシール・アイスクリーム

 今や、わしたショップのようなアンテナ・ショップやシネコンの109でも買えるけれど、現地沖縄で食べるなら、やっぱりソフトクリーム。中でも紅芋とバニラのミックス。和製アイスクリームとは違った濃厚な味わいで、これまたアメリカン。

 観光地、国際通りと、数多く出店しているので、気軽に食べられるのも嬉しい。私は県庁前のパレットくもじ店で食べたのですが、ロゴデザインのオリジナルグッズも売られていました。お土産に良いかもしれません。


 ご紹介した3品共、長きに渡る米国統治の影響を色濃く残す沖縄の食文化ですね。もちろん伝統の味も良いですけれど… 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ