2014/12/27

記事のその後(1)  はなこ的考察―良いこと探し

 以前、書いた記事に関して、その後得た新たな情報をもとに、改めて考察することがある。記事は書いたら書きっぱなしではなく、常にその内容が公正なものであったのか検証するのも、書き手としての誠実な態度だと思うし、もし、誤りがあれば、それを正す柔軟性を持った人間でありたいと思う。

 10月に『都市部に子どもの居場所はないのか?』と言うタイトルで記事を書いた。共働き世帯の増加に伴い、親が就労中に子どもを預かる保育施設の建設が、特に都市部で急ピッチで進んでいるが、そのことで行政と地域住民との間で軋轢が生じている、と言うニュースを目にして感じたことを率直に綴ったものだ。

 後日、NHKの情報番組『クローズアップ現代』でも、この問題が取り上げられた。

 それによれば、保育園建設に異を唱える地元の老人グループにも、彼らなりの言い分があるようだ。番組で取り上げられたのは、地域の老人の憩いの場であった公園を潰して、保育所建設が強行されたケースである。

 それに対して、番組では、当初は保育所建設に反対の立場を取っていた地域のリーダー格の男性が、行政側との粘り強い話し合いと、保育園側との積極的な交流を通して、次第に態度が軟化した他のケースを紹介し、保育園建設を巡る問題の原因のひとつとして、行政と地域住民とのコミュニケーション不足を指摘していた。特に行政側の、地域住民に対して有無を言わせない高圧的な姿勢が、地域住民の反発を生んでいるように感じた。

 前者のケースに関して言えば、地域住民が日常的に利用し貴重な交流の場であった公園を保育園建設の為に潰すならば、地域住民の為に公園に代わる場所を行政側は責任を持って用意すべきであったと思う。

 地価の高い都市部ならではの発想なのかもしれないが、公共的な土地の活用を、民有地と同様の考え方で"金銭的な損得勘定で判断する"のは誤りである。都市の中での孤立、孤独死が懸念される現代にあって、地域住民同士の交流は、住民の孤立化予防の重要なファクターである。行政が公共の福祉として、地域住民の交流の場を積極的に作りこそすれ、逆に奪うと言うのは本来あってはならないことだ。

 ニュース番組ではほんの数秒で事象のエッセンスを伝えるがゆえに、そこからこぼれ落ちる様々な事実がある。そこにも目配りをした上で、ことの是非を判断しなければいけないのだなと、改めて思った。

 また、番組では社会学者の興味深い研究も紹介していた。それは、老人、親、子の三世代の、同一地域における遊び場の変遷である。これによれば、当初は街のそこかしこにあった空地が、年々都市化が進んだことで、子世代では殆ど消失している。

 このことは、何を意味するのか?街から子どもの遊ぶ姿が消えたのである。今や、公園でもキャッチボールやドッチボール、サッカーなど、ボール遊びは禁止である。ましてや交通量が多い道路では遊べない。しかも親世代の時代にテレビゲームのような室内ゲーム機も登場し、子ども達は殆ど室内で遊ぶようになった。

 こうした変化は、子ども同士の関係や、子どもと地域住民との関係にも確実に影響を与えた。まず、異年齢で連れ立って大勢で遊ぶ機会が減った。もっぱらゲームを介して同年代との遊びが増えたのだ。さらに、子どもと地域住民が直接触れあう機会も激減した。特に子どもと老人が話す機会は殆どなくなった。これにより、互いに壁が出来てしまう。互いにとって、相手は理解できない異質な存在になった。このことが、老人世代の子どもアレルギーに繋がっているようだ。子どもの声が、(特に普段、孫との接触もない)老人世代には騒音にしか聞こえないのだ。

 先日、美術館のワークショップに近隣の都立高校生も参加したのだが、開催後の反省会で、一人の生徒が「私は正直言って子どもが苦手なのですが、今日はワークショップで沢山の子どもと接して、少し苦手意識も減ったように思います」との感想を述べた。これも異年齢で遊ぶ機会が減ったせいなのだろうか。私から見れば、高校生もギリギリで子どもの範疇(←子どもと大人の端境期?)である。実際、つい数年前までは小学生だったではないか?それでも、高校生にとっては最早、小学生は異質な存在なのだ。結局、今や各世代間で交流が途絶しているので、互いが相手を異質な存在として捉えるようになっているのかもしれない。

 このことを端的に現しているのが、世代を超えて愛されるヒット曲が久しくないこと、つい最近でも、若者の間で人気を博している「進撃の巨人」や、子どもの間で大人気の「妖怪ウォッチ」が、大人世代の私には、どんな内容で、何が彼らを惹きつけているのか、さっぱり分からないこと、だろうか?

 保育所建設を巡る問題は、図らずも、現代の都市部が抱える問題〜世代間交流の途絶による相互不信〜を浮かび上がらせたように思う。逆に言えば、世代間交流をもっと積極的に行えば、世代間の無用な溝も埋まり、誰にとっても、より生きやすい社会になるということなのだろう。

2014/12/24

まったく、もう…(^_^;)  携帯電話から投稿

今日は今年最後のSGTだったのですが、
なんと上野まで行くと言うのに、
財布を忘れていました。

Suicaがあれば、
確かに移動に問題はないのですが
(だから財布を忘れたことに、
帰るまで気付かなかったわけですが…)、
もしSuicaに十分なお金がなく、
それを電車に乗った後に気付く
なんてことになったら、
大変でしたね。

今は駅ビル内の店舗なら
Suicaで買い物も出来るので、
構内のパン屋で
無事に食パンも買えました。

本当に自分のドジぶりには、
呆れるばかり。

これからはキーホルダーに付属の小銭入れに
幾ばくかのお金を入れておき
(もしかして、そういう用途も想定した財布?
鍵は必ず携帯するものだし…)、
Suicaにも常時3,000円は入れておこうと思います。

まあ1回や2回の失敗は許せるとして、
3回同じ失敗をやらかしたら、
単なるお馬鹿さんですものね。

お馬鹿さんにならないよう、せいぜい気をつけます。

2014/12/21

『あと1センチの恋』(原題:LOVE,ROSIE、独、英、2014)  映画(今年公開の映画を中心に)

クリックすると元のサイズで表示します


 本作は是非オススメ、と言う類の映画ではないけれど、見ていていろいろ思うところがあったので、率直な感想を綴ろうと思う。ちょっとネタバレとも取れる発言もあるので、これから見る気満々の人は、その点にご注意!

 雑ぱくに言うと、幼なじみとして強い絆で結ばれた二人が、運命のいたずら(二人の優柔不断さ?、若さゆえの放縦さ?)で、傍をヤキモキさせるようなすれ違いを繰り返す物語だ。若い二人の恋の顛末を描いていることから、若い世代向けの作品と言えなくもない。

 その為、親世代の目線で見ると、なんともEASY GOINGな展開に納得が行かないと言うか、呆れる部分もある。

 あまりにもあっけない初体験。そこから狂う人生設計。周りもヒロインの安易さを窘(たしな)めるでもなく、ヒロインはある意味、お定まりの人生コースを歩んで行く。本人はそれで良いの?親は我が子が不本意な形で夢を諦めることに納得が行くの?カトリックって、そんなに寛容なの?

 若気の至りと言ってしまえば、それまでだけれど、対するヒーローも彼女への恋心を自覚しながら別のガールフレンドを取っ替え引っ替え、これまた無責任極まりない。その優柔不断さが結局、人の心を傷つけていることに気付かない鈍感さは罪である。

クリックすると元のサイズで表示します 原作は小説らしい。にしても、主人公の若さゆえの過ちや、その未熟さが及ぼす周りへの影響をすべて肯定して、安易な展開を見せるのは、何だか時代の趨勢、"10代の<本当は>笑えない現実"に阿(おもね)っているだけで、時代への斬り込みと言うか、作家なりの見識が見えて来ない。

 こうして書いていると怒りモード全開、と言った感じに捉えられるかもしれないけれど、実際のところ、あまりのユルさに本作で描かれるエピソードがコメディにも見えて、見ながら何度もクスクス笑っていた。「オイオイ、そんなのアリかよ?」とツッコミを入れながら見る楽しさ

 テレビ番組『王様のブランチ』のインタビュー映像で、ヒロインを演じたリリー・コリンズの受け答えを見た限りでは、彼女自身はシッカリした考えの持ち主で、自立した大人の女性という印象である。そんな彼女は、行き当たりばったりの人生(そう、NO PLANな人生)を歩むヒロインを、本心ではどんな思いで演じていたのだろう?

 それにしても『白雪姫と鏡の女王』(2012)以来のリリー・コリンズ。わずか2年で、まだ幼さの残る少女から、あのトレード・マークだったゲジゲジ眉毛も整えられて、すっかり大人の女性へと変貌を見せた。超オススメ!とは言わないまでも、彼女目当てで見ても損はない作品だと思う。

 舞台は、作中で特に言及はないけれど、宗教的バックボーンや、海辺の風景等から推察するに、アイルランドなのかな?

 
クリックすると元のサイズで表示します


 【参考写真】『白雪姫と鏡の女王』より。白雪姫役のリリー・コリンズ 

クリックすると元のサイズで表示します



2014/12/20

写真で綴る、この1週間  日々のよしなしごと

クリックすると元のサイズで表示します


 すっかり寒くなったので、我が家のくまごろう兄弟の末っ子マシュー君もマフラーで防寒です(彼はここ最近、毎回、旅のお伴をしてくれています)

クリックすると元のサイズで表示します


 魚介のパエリアを作ってみました。と言っても、生協商品の「お手軽パエリア風セット」を使って、ほぼレシピ通りに作ってみたもの。スペインのバレンシアで食べた本場のパエリアに比べたら、"もどき"レベルなんだろうけれど、これはこれで5種(バーナ貝、メルルーサ、イカ、エビ、アサリ)の魚介からしっかり旨味が出ていて、十分おいしかったですタマネギとニンニクは、自分の好みでレシピの分量の2倍近く入れました。hahahaフィスラー社のシャローパンに盛って食卓に出せば、それなりにサマになるような…

クリックすると元のサイズで表示します


 東宝シネマズ有楽座で映画「ビリ−・エリオット ミュージカルライブ〜リトル・ダンサー」を見た帰りに通った東京国際フォーラム地下通路。クリスマスツリーが何ともラブリーでした

クリックすると元のサイズで表示します


 近づいて見ると、来年の干支にちなんだ羊ちゃんですよ
 クリスマスから新年まで、えーい、面倒だから、まとめちゃえーってことですかね

クリックすると元のサイズで表示します


 さらに違うバージョンもあって、羊ちゃんが一匹ずつ、機械仕掛けで動いたり…なかなか凝った作りです

 自宅でツリーを飾ることはなくなってしまったけれど(子どもの成長に伴い、年々家庭内イベントは簡素になる一方…やはり「子どもの為に」と言うのが、頑張るモチベーションになるわけで…)、その代わり毎回趣向を凝らした街のデコレーションで楽しませて貰っています

クリックすると元のサイズで表示します

2014/12/19

小学校も国際化〜日本でも日常的に英語を話す時代?  日々のよしなしごと

 今週は月曜日からずっと出ずっぱりで、PCに向かう時間さえありませんでした。さすがに疲れたのか、一昨日からくしゃみ連発で、もしかして風邪をひいてしまったかもしれません。

 実は、今日も上野の美術館でスクール・ギャラリートークでした。今日担当したのは下町の小学校でしたが、私のグループにはインド人やギニア人の子がおり、日本で生まれ育ったギニア人の子はともかく、インド人の子は日本語がまだあまり出来ないらしく、英語で意見を言っても良いかと聞かれたので、急遽、英語でも対応することになりました。

 しかし、聴き慣れないインド英語で、私のリスニング能力のなさも相俟って、最初は結構聞き取るのが大変でした。徐々に慣れはしましたが…

 最近はSGTでも、かなりの確率で外国籍の児童生徒と出会う機会が増えています。私が思っている以上に、日本の国際化は進んでいるのかもしれません。そして、英語の国際語としての需要は年々高まっているようです。昨年訪ねたフランスでも(あの仏語絶対主義のフランスでさえ!)、20年前に比べたら、格段に英語が通じるようになっていました。

 この英語の国際語化に伴い、英語圏の人々のように流ちょうな英語をしゃべらなければ、と言うプレッシャーはなくなりました今では、さまざまな お国柄の英語がありますから自分の英語に多少訛りがあったとしても、話の内容が中身のあるもので、かつ、相手が他者をリスペクトする良識を備えた人なら、相手は忍耐強く耳を傾けてくれるでしょう。逆にペラペラしゃべれても、話の内容が薄っぺらでは、まともに相手にされないかもしれません。

 毎日、BBCニュースを聴いたり、海外ドラマの字幕放送を見るようにしていますが、私の場合、もっと英語力を鍛えないとダメですね。語学は現地に身を置くなどしない限り、結局、地道な日々の努力の積み重ねでしか身につかないもの。私は恥ずかしがらずに話す度胸はあるのですが、いかんせん怠け者なのでボキャブラリを増やす努力が足りないし(その点、夫と息子は大変な努力家)、もっと文法的にも正確を期す努力が必要なようです。さらにReadingも頑張らないといけませんねhahaha… 

2014/12/15

700億円の無駄遣い  はなこのMEMO

未だ納得が行かない衆議院解散総選挙。
なぜ今?何の為に?
(今朝のNHK選挙振り返り特番では、
「(安倍首相にとっての)今でしょ!」解散
と名付けている)

野党に選挙態勢を整える間を与えず、選挙戦術に長けた与党が一気呵成に攻めた、
と言うことのようだ。

政策の争点も曖昧で(そもそもアベノミクスって、現段階で評価できるものなのか?)
税金を700億円も使って
結果は自公が絶対安定多数の議席数を確実なものにしただけ…
民主党と共産党はアンチ自民党の受け皿になったのか、
議席を増やしたようだが、
野党は細分化し過ぎていると言うか、ミニ政党の乱立で、
総合力に優る(選挙戦術も巧みな)与党に対抗できる体を成していない。


こんなにあっさり自公(与党)を大勝させてしまったら、
益々彼らが増長してしまうではないか
(別に与党が自民党でも民主党でも共産党でも維新の党でも、
どこでも良いんです。国家や国民の為に、まともな政治をしてくれるのなら)


与野党の力関係が拮抗してこそ、
国政に良い意味での緊張感が保たれ、
国の進路を誤らせずに済むのではないか?

地元選挙区にも与野党共に票を入れたい人がいなくて、
本当に困った。
もう思わず…(以下省略)

それに、金の問題で閣僚辞任をした小渕氏や松島氏が今回、当選したことで、
「みそぎ」が済んだって?何だよ「みそぎ」って?
地元選挙民はどこまで政治家を甘やかすんだろう?
(と言うより、政治家と地元選挙民の一部は共犯関係なんですかね?
小渕さんが地元遊説中に、年配女性が「いろいろと迷惑かけたね」と謝っていたし…
あー馬鹿馬鹿しい)

これでは日本の政治が二流三流なのは、国民の政治意識が二流三流だから、
と言われても反論できない。


本当にただでさえ忙しい年の瀬に、
お金も時間も無駄遣いして、
まったく、オメデタイ平和な国だよ。日本は

クリックすると元のサイズで表示します

2014/12/9

ビタミンカラー  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します


冷蔵庫の野菜をひたすら切って切って皿に盛ったら、色彩が思いの外きれいで、思わず写真に納めてしまった。まさに(実物は写真の何倍もきれいでした!)

ニンジン、タマネギ、赤ピーマン、黄ピーマン、インゲン、スッキー二、シイタケ。

これに少量のにんにくと、ベーコンと、大豆と、トマトを合わせて、チキン・コンソメスープでコトコト煮込めば、具だくさんミネストローネの出来上がり

冷蔵庫の在庫整理を兼ねて、我が家では10日に1度は食卓に上がります。
たっぷりの野菜、たっぷりのビタミンで、身体が喜ぶスープです

2014/12/9

今日も上野だったんですが…  はなこ的考察―良いこと探し

今日は90人の児童を2つのグループに分け、それぞれにトークを実施しました。45分のトークを、インターバルを殆ど置かず2回続けて行ったので、ちょっと疲れました。子ども達にしても、90分間のうち、前半と後半に分かれてトークと企画展鑑賞をそれぞれ行ったので、集中力を維持するのは大変だったと思います。

面白かったのは、トークを終えて帰る間際、多くの子が美術館は楽しかったと口々に言っている中、私が担当したグループのひとりの女の子が、「私は美術館みたいな場所が大っ嫌いなの」と発言したこと。どうして?と尋ねると、「静かな場所が嫌い。苦手」との返事。傍らにいた男子が「うるさい場所がすきなんだよな。お前。モールとかさ」と口を挟むと、「そうだよ!(それが何か?)」と口を少し尖らせて見せました。

でも、嫌いという割には、その子は作品を見て、回数こそ少ないものの自分なりに感じたことをちゃんと発言していたのです。作品をしっかり観察しないと出て来ない発言でした。どんな感想を抱いたにせよ、それだけでも、彼女が今日、美術館に来たことには意味があったと思います。

また、トーク中盛んに発言した女の子は「私はやっぱり日本画の方が好きだな。日本画の色の優しいところ。西洋の絵はあまり好きじゃない。絵の具とか、日本の方が好き。」と率直な感想を述べてくれました。

そもそも、小学生の段階では行動範囲もまだ限定的で、興味関心の幅も親の嗜好に依拠するところが大きいでしょう。

親が美術に関心がなければ、家族で美術館に来ることもないはずです。だからこそ、スクール・ギャラリー・トークの存在意義があるのだと思います。

真の教育とは、児童生徒の世界観を広げてあげることです。それまで知らなかった世界を見せてあげる、体験させてあげることだと思います。見ないことには、体験しないことには、それが好きなのか嫌いなのかさえ、子どもには判断できません。もしかしたら、単なる食わず嫌いだった、と言うこともあり得ます。

パキスタンの一部の偏狭なイスラム教徒が女子生徒への教育を頑なに拒むのも、女性が教育を通して世界観を広げることが、彼らの将来的な脅威になると考えているのでしょう。子どもを産み育てる性である女性が豊かな世界観を持つことは、子どもの教育にも大きな影響を与えるはずです。

教育は、"ひとりの人間の人生を豊かにする目的で行われるのであれば"、素晴らしい成果を上げるでしょう。

その意味でも、今回、パキスタンのマララさんがノーベル平和賞を受賞したことには、大きな意義があると考えます。

2014/12/6

身も蓋もない話だけれど…  映画(今年公開の映画を中心に)

映画を見終わった後、ついついヤフー映画のユーザーレビューを見てしまう。

自分の感想と世間の評価の違いを知りたいと言うのもあるが、最近の興味は、概ね評価の高い作品の中でも、評価が二分されている作品の、低評価のレビューが面白いので読んでいる(先日の「小野寺の弟、小野寺の姉」もそうだった…)

高評価は大体似たような感想が並ぶ中、低評価のレビューは個性的である。例えば「インターステラー」で何れも低評価を付けている二人が、一方はバットマンシリーズを高く評価し、もう一方は駄作と言い切る。「インセプション」についても然り。各々が一家言を持っているのが特徴だ。

「インターステラー」と言う作品に関して、低評価という点では一致しているのに、その理由語りが本当に千差万別で、書き手のさまざまなジャンルでの事情通ぶりも垣間見えて面白い。私なんかが絶対に書けないようなレビュー揃いだ。

そうした百花繚乱のレビュー群を読んでいて、自分のレビューなんて毒にも薬にもならない、箸にも棒にも引っ掛からない凡庸なものだと、落ち込んでしまうことも多いのだけれど、一方で、映画の感想なんて、それこそ感性が似通った人の感想を参考にすることが多く、件の個性的なレビュー群は読み物としての面白さはあっても、それらを読んだからと言って、自分の感想が変わることはなく、結局、「同じ作品を見ても、感想は人それぞれなのだ」という点に着地するのである。

しかし、読み物としては抜群に面白いよ、うん!

今日、最新レビューを読んだら、同様に低評価レビューの面白さを指摘している人がいて、思わずPCの前でニヤけてしまった。

2014/12/2

今日も上野  携帯電話から投稿

本日は快晴なり…

クリックすると元のサイズで表示します

2014/12/1

アンケートに答えて当選♪  携帯電話から投稿

過日、当ブログでも取り上げた「心理テストでわかる、あなたの性格」の読後アンケートに答えたところ、本が当選して、送られて来ました。さらに最新号も同封されていました。

ラッキー…と言って良いのでしょうか?(笑)

ともあれ、当選した本を読んで、幸運を引き寄せよう(笑)

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ