2014/3/8

子供たちは未来に向かって生きている  はなこのMEMO

美術館で、主に子供たちを対象にギャラリートークを始めて、もう10年になる。毎回、どんな子供たちに出会えるのか楽しみであり、また、不安でもある。

不安と言うのは、私自身の力量の問題だ。果たして自分の案内で、子供たちに美術館を楽しい場所として捉えて貰えるのか、場数を踏んでもなかなか確信が持てないでいる。

と言うのも、来館する子供たちのコンディションが、例えば「過去の美術館・博物館体験の有無」「学校における普段からの美術教育の取り組みの有無」「美術への関心度」「語彙や知識量の多寡(=読書量の多寡?)」「教科学習の習熟度」「物事に取り組む際の集中力の有無」「友人関係の状態」はたまた「その日の体調(前日にゲームで夜更かしして、睡眠不足で朝から欠伸など)」により正に千差万別で、同じコースの作品を案内しても、驚くほど毎回毎回子供たちの反応が違う。グループ毎に違うだけでなく、グループ内での個人差も大きかったりする。それぞれの状況に臨機応変に対処すると言う点で、私はまだ自分の力不足を感じている。

トーク中、子供たちから活発な発言があって場が大いに盛り上がる時もあれば、殆ど言葉が出ないまま終わってしまうこともある。情けなくも、それに一喜一憂する自分がいる。ただし、子供たちの反応が鈍いからと言って、その日のトークは失敗と言うことでもない。友達と一緒に美術館に足を運び、本物を見る(たとえ発語に至らなくとも、子供たちの内に美術館体験の何らかの痕跡は残っているはず)、と言う体験だけでも、「美術に親しむ」と言う所期の目的には十分に達しているはずだからだ。

子供たちを対象としたギャラリートークの重要なポイントは3つ。@作品をよく見るA作品を見て気付いたこと、感じたこと、思ったことを言葉に発するB友達の発言にもきちんと耳を傾ける。これら3点を子供たちに促すのが、トーカーの役割だ。

@は、本、雑誌、テレビ、ネットとさまざまなメディアで美術作品を目にすることはあっても、本物(実物)を目の前で見る体験に優るものはないと言うこと。油彩画の絵の具の厚み、色彩、筆触。彫刻の立体感(彫刻の周りを歩いて、さまざまな角度から見ることが出来る)。ロダンの彫刻なら、ポーズの奇抜さ(←子供たちは大抵、真似をして、ポーズの不自然さに気付く。そこから、なぜそのようなポーズにしたのかを考える)。身体バランスの妙(リアリズムに徹しているのかと思えば、足や手の長さ、大きさがデフォルメされている。その理由にも想像を巡らす)。そのどれもが、実物を間近に見る事で気付かされることだ。

Aは思いや気づきを言葉にすることで作品に対する印象が深まるだけでなく、自己表現のトレーニングにもなると言うこと。

Bは、同じ作品を見ても、見る人によって着眼点や印象が違うことを知ることで他者の発言を尊重する態度を育てる共に、多角的なものの見方を促すと言うこと。

僅か30分か1時間かそこらで、子供たちは美術作品と向き合うコツを掴んで行く。その吸収力には凄まじいものがある。それは、正に「子供たちが未来に向かって、加速度的に成長し続けていること」を目の当たりにする時間である。

不思議なことに、その時々で子供たちの反応はどうであれ、ギャラリートークを終えた後は子供たちからエネルギーを分けて貰ったのか、心が元気になっている自分がいる。これこそ、未来に向かって生きる子供たちから迸る生命力の賜物であろうか?


夢だけは壊せなかった大震災

最近知った「女川いのちの石碑プロジェクト」でも、子供たちが未来に向かって生きていることを実感させられた。3年前の震災で多くのものを失ったはずの子供たちの中から出て来た言葉の力強さに、頼もしさと尊さを感じた。その子供たちを支える周囲の大人たちの心意気にも感銘を受けた。おそらく当地の大人たちも、子供たちの悲惨な過去を乗り越え、未来に向かって生きようとする姿勢に、日々励まされているのかもしれない。

言うまでもなく、子供は社会の宝である。その証拠に、子供の声が聞かれない地域は確実に活気を失っている。子供のいない社会は未来がないに等しく、子供を失うと言うことは未来を失うと言うことなのだ。

少なくとも女川の子供たちは震災後ほどなくして、1000年後の未来を見据えて動き出した。子供たちが地域で大切に守り育てられる限り、女川には明るい未来が待っていることだろう。

とにもかくにも…
日本は子供を大切に守り育てる社会であって欲しい。

女川いのちの石碑プロジェクト
2

2014/3/8

心がけたいこと〜他者には敬意を払って  はなこ的考察―良いこと探し

できれば縁あって出会う人とは、親しくなりたいものです。しかし、残念ながら、それが難しいこともあります。

例えば私の場合、お互いのことを知らない段階で、相手を見下したような態度で接する人には、心を開けません。私の基本的な考えとして、「他者には敬意を持って接すること」が、人と接する時の最低限なマナーだと思うからです。

高飛車な態度を取る人は、瞬時に自分と相手との力関係を"自分の物差し"で測っているのでしょうか?或いは、第三者から、相手に関して余計な先入観を植え付けられた可能性があるのかもしれません。もし、後者だとしたら、あまりにも人の言うことを鵜呑みにし過ぎで、少しは自分自身の目で判断しろよ、と思う。とは言え、"人を見下す"なんて行為は、よほど相手に落ち度があるケースに限られると思いますが…

もし、相手に高飛車な態度で出られた場合、上辺では何事もないような態度をとり続ける私ですが、内心では「なぜ、この人は私と言う人間のことを碌に知りもしないのに、ここまで傲慢な態度を取るのだろう?自分のことをどれだけ優れた人間だと自惚れているのだろう」と思って警戒します。誰にだって、これまでの人生があり、自尊心はありますからね。それを踏みにじるような人に心を開けるわけがない。

もちろん、相手の態度次第では、徐々に警戒心も解けては来るでしょうが、結構時間がかかります。やっぱり初期の段階で、相手の人間性が透けて見えてしまったので、信頼するのが難しいのです。

相手を常に優劣関係で判断する人は、これまでどんな人生を歩んで来たのでしょうか?幼い頃から何事もソツなく出来て、周りからも一目を置かれ続け、挫折を知らない、自信満々の人なのでしょうか?もし、そうだとすれば、その人は自分以外の他人が、どのような人生を歩んで来て、今、自分の目の前にいるのか一顧だにしない、傲慢な、想像力の欠如した人だと思います。

或いは、このブログでも何度か言及して来ましたが、他者への攻撃性はややもすると自分の弱さを隠す為の鎧であることも多いので(攻撃は最大の防御なり?)、ことさら他者との優劣関係に拘る人は実は自分に自信がなく、他人とのちょっとした差異に一喜一憂する、意外にも強いコンプレックスの持ち主なのかもしれません。

おそらく多くの人にとって、人生には失敗が付きものだと思うのですが、その失敗こそが、自分自身を見つめ直し、本当の自分を知り、さらに自分をとりまく世界について深く考えるきっかけになるような気がします。失敗から目を逸らさずにきちんと向き合うことで、人間的な成長が促される。そう考えると1度も失敗のない、或いは、失敗から学ぼうとしない人生は、人間として視野を広げる貴重な機会を失った人生と言えるでしょうか。

私がこれまで見て来た限りでは(←ごくごく個人的な体験から得た見識ですが)、本当に聡明な人は広い視野で物事を俯瞰して見るので、例えば、いちいち自分と他人とを比較してツマラナイ優越感に浸ったりなどしないし、自分自身を冷静に客観視できるから、人間として自分の足りない部分に気付いており、誰に対しても謙虚な態度で接しているようです。仮に何か相手に対して思うことがあっても、その聡明さで、けっしてあからさまに見下した態度を取ることなく、自分の内で合理的に処理しているように見える。

私も、そんな聡明な人に、少しでも近づけたらなと思います。ゆめゆめ他人を見下したような態度で接することのないように気をつけたいです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ