2014/1/26

ミュージカルスタア  家族のことつれづれ

チャイムを鳴らすやいなや
歌い踊りながら玄関に入って来て
部屋で着替えながら歌い
トイレでも用を足しながら歌い
トドメに、お風呂場でオペラ歌手よろしく大声で歌い上げる

「ああ、我が家にはミュージカルスタアがいるんだね」と言えば
嬉しそうに「ありがとう」と応える

オメデタイ息子には、皮肉が通じない
このオメデタサは誰に似たんだろう?

えっ
1

2014/1/26

就活いまむかし  はなこのMEMO

大学院に通う息子の就活が始まった。親世代の頃とは大きく様変わりしたらしい就活。最近では就活生を持つ親向けの就活セミナーも、大学、地方自治体、或いは民間で開催されているらしい。

今のところ、私はそうしたセミナーに参加する予定はない。息子の就活について、特に親としてサポートをするつもりもない。ただ、息子が幼い頃から彼の自立に向けてさまざまな働きかけはして来たつもりなので、今は成長した彼の頑張りを信じて、見守るだけだ。もちろん、彼から何らかのアドバイスを求められれば、夫と共に精一杯応えてあげたいと思っている。


私の時代(私の出た短大?)は、企業から求人があれば、学内でまず成績によって選抜があり、学内面接を経た選りすぐりの学生のみが、当該企業の採用試験を受験できる仕組みだった。採用試験は一般教養を問う適性テストでまずふるいにかけられ、その後面接で内定の成否が決まった。私は学内選考を経て受験した1社に無事内定をいただけた。民間で受けたのはその会社だけだ(他に国家と地方公務員を受験し、両方受かった)

その会社を選んだのは3つの理由による。技術職であること。東京もしくは大阪勤務のチャンスが与えられること。自分が短大で学んだことも生かせる可能性があること。その時は学内で約50人の応募があり、まず成績で25人に絞られ、そこから学内面接で選抜された10人が採用試験に臨み、適性テストで6人に絞られ、その後面接で4人が内定をいただけた。私の就活は2年生の春頃から始まり、学業に支障を来すこともなく11月頃には終わった。

しかし、現在はどうだろう?基本的にどの学生も学内選抜を経ずに、希望する会社へエントリーシートを送付することができるのだろうか?(息子の話では、採用実績の多い企業への学内推薦制度はあるようだ)。しかもセミナーやら懇談会やらが目白押しで、就活生はそうした会場に何度も足を運ぶ。その為の交通費もバカにならないらしい。エントリーに建前上制限がないからこそ、50社、60社、時には100社にもエントリーしたのに、1社からも内定が貰えない、という学生が出現するのではないか?

報道によれば、大量のエントリーシートを捌くために人事担当者は徹夜が続く一方で、就活生がエントリーシートを提出しても、実質、大学名によって弾かれることが多いと聞く。「偏差値エリートが必ずしも仕事で大成するとは限らない」「無名大学の学生の中に、磨けば光る原石があるかもしれない」という前提で、企業は広く門戸を開いているのかもしれないが、その為に企業と就活生の間で膨大な量のミスマッチが生じ、少なからぬ悲劇を生んでいるのであれば、現行の求人&求職システムに問題があると言えるのではないか?

キツイ言い方かもしれないが、学生は企業に対して強くアピールできる"何か"を持っていない限り、自身の"現時点"での能力、適正をしっかりと見極め、それに見合った企業への就職を最初から目指すべきだろうし(つまり、それ相当のレベルの企業への就職を希望するならば、学生も高校時代に受験勉強に真剣に取り組んでそれ相当のレベルの大学に入学し、入学後もしっかり勉強し、専門知識なりスキルなり、或は資格なりを得るのは当然であろう)、企業は企業で、中途採用枠を拡大させ(今や大手メーカーでも、年々その傾向は強まっているようだ)、卒業後十分な研鑽を積み、優れた職能を獲得した人材を、学歴や学校歴に拘らずに積極的に採用すべきではないのだろうか?人材の流動性を高めて行くことで、学業が苦手だった人間にもチャレンジの機会を与えられれば、企業、求職者の双方にメリットがあるだろう。実際、学業成績が芳しくなかった友人で、社会的に成功した人は何人もいる。その逆のケースも然りだ。

それにしても、TPPの推進で、今後益々日本人が否応なくグローバルな競争に晒されて行く中で、安倍政権の言う、ベア推進による内需拡大で、国内経済の活性化は本当に可能なのだろうか(僅かなベースアップでは、結局増税分で相殺されて焼け石に水だろうし)?寧ろ、海外とのコスト競争に引き摺られる形で、よほどハイスペックな人材でない限り、大半の日本人の給与収入は下がる一方のような気がしてならない。そして報道にもあるように、就職でも、外国人との競争に晒されることになるのだろう(息子の出た国立大学の博士課程なんて、外国人の比率が高かった。特に中国、韓国。日本では博士課程まで進むと逆に就職の門戸が狭まるから、どんなに優秀でも修士課程で終える学生が多いように思う)。今、改めて日本の人材育成政策が問われているような気がする。

その意味でも『教育』は、国の大事な仕事だと思う。日本政府は日本の将来を担う若い世代の教育に、もっと予算を割くべきだ。現状では、教育費負担を各家庭に依存するあまり、どの地域で生まれたか、どの親のもとに生まれたかで、子供が受けられる教育の質・量共に差が大き過ぎると思う。公教育を充実させない限り、恵まれない家庭の向学心ある子供にとって、今の社会はフェアとは言えない。

国として教育の機会均等を推し進めて個々の能力を高めて行くと同時に、人材の流動性を高めて誰にでもセカンドチャンスを与える柔軟な社会にすることが、今後衰退が懸念される少子化日本が活路を見出すひとつの方策だと思う。息子の就活をきっかけに就活の今昔を比較したら、そんな思いに至った。
1

2014/1/26

自己嫌悪  日々のよしなしごと

最近、たまたま大人数の前で自己紹介をする機会が2度あった。いずれも要領を得ないもので、後から自己嫌悪。

私はつくづく人前で話をするのが苦手だと思う。自己紹介に限らず、意見を発表する時も同様だ。自分の頭の悪さが露呈するようで、本当に毎度毎度、人前で要領よく話せない自分に、情けないやら、腹が立つやら。

立て板に水の如く言葉に詰まることなく、しかも理路整然と話せる人が、本当に羨ましい。


ふつうのおしゃべりなら、緊張しないんだけれどね(まあ、これも相手によるんだけれど)


上手にやろうと、自分を実際より良く見せようと力むから、緊張するのだと言われるけれど…話上手な人の落ち着き払った態度を見ていると、やっぱり度胸の有無も、重要なファクターのひとつなのかなと思う。

どうして、あんなに落ち着いていられるんだ?!

私は場数を踏んでいる方だと思うけれど、その割には、ちっとも上手くならない。この先もずっと上達しそうにない。そもそも苦手意識を持っていることも問題なんだろう。


つくづく…自己嫌悪。


それでも、機会は巡ってくる。容赦なく。

まあ、下手は下手なりに、一番言いたいこと、伝えたいことは、一番最初に言うよう心がけよう。

やっぱり、訴えたいこと、伝えたいことを、相手に理解してもらうことが、話すことの一番の目的だろうから。

どちらかと言えば、私は話すより書く方が、自分の考えを伝える手段としてはやりやすい。それでも誤解は生じるものだけれど。


コミュニケーションって、つくづく難しい。
0

2014/1/22

他者の生き様から学ぶ  はなこ的考察―良いこと探し

頂門の一針:人の努力を嗤うなかれ。人の成功を妬む暇があるなら、自らも努力すべし


 表現者たる作家にとって、最も大切なものはオリジナリティだと思う。ふたつとないオリジナリティ溢れる作品を、この世に送り出すこと。おそらく、作家の道を選んだ人の多くが、そのことに日々腐心して、呻吟して、時にはただ1点を世に出すために一生をも捧げるのだろう。そういう作家の情熱が産みだした作品が、私達見る者の胸を打つのだと思う。


 普段は見ない朝のワイドショー番組をたまたま見たら、茨城県在住の布絵作家、皆川末子さん(66歳)と言う方が紹介されていた。高価な顔料の代わりに古着の着物の布等を用いて、日本画風の布絵を制作する作家らしい。既にこの道30年以上の作家らしいが、私は今回初めて彼女のことを知った。

クリックすると元のサイズで表示します


 画像を見た限りでは、まさに顔料で描いた日本画のようである。しかし実際には、細いまつげに至るまで、布で表現している。しかも色合わせ、柄合わせのセンスが素晴らしい。そんな皆川さんが創作活動を始めたのは意外にも遅く、結婚後、しかも30歳を過ぎてからだった。

 皆川さんは子どもの頃から絵を描くことが大好きで、高校は美術科に進みデザインを学んだものの就職口がなく、経済的に美大進学も難しかった為、絵の道は諦めて一般企業でOL生活を送ったらしい。

 結婚後は夫が開いたフォトスタジオを手伝っていたが、ある画商によって撮影用にスタジオに持ち込まれた日本画の美しさに衝撃を受け、以来、日本画制作に興味を持つ。しかし、日本画を描く際に用いられる顔料は高価で、ひとつ数千円はするので、一介の主婦には手が届かない。そんな時に耳にしたのが、日本の古い着物の染めには日本画と同じ顔料が使われている、と言うことだった。幸いにして、皆川さんには実母の形見の着物があった。

 そうだ!私はこの着物を顔料に日本画を描けば良いんだ。そうすれば、普段タンスにしまわれたままの着物にも、新たな命を吹き込めるかもしれない……かくして、彼女の布絵制作が始まった。

 創作活動を始めて数年後、地元の銀行で個展を開く機会を得た。彼女はそこで心臓を衝かれるような酷い言葉を浴びせられる。

 「こんなもの、玄関マットにもなりゃあしない」

 あぁ、何てこった。まさしく妬み、嫉み、悪意に満ちた言葉だ。毒を吐いた人間は、それで溜飲を下げたつもりであろうか?しかし、傍目には、打ち込めるものもなく、充実した人生から程遠い日々を送っている人間の醜い嫉妬心から出た言葉にしか思えない。みっともないったらありゃあしない。とは言え、それを直接浴びせかけられた皆川さんには突き刺さる言葉だ。彼女はショックのあまり数ヶ月言葉を失ってしまう。

 意気消沈し、創作意欲も削がれてしまいかけた彼女を救ったのは、傍らで彼女をずっと見守り続けて来た夫だった。写真家の彼は、妻の作品の一枚一枚を丁寧に心を込めて写真に納めた。彼の優しさにほだされて、皆川さんは再び生気を取り戻し、創作に戻った。

 ほどなくして転機が訪れた。たまたま彼女の個展を見た外国人の賞賛を浴び、オランダで個展を開く機会を得たのだ。その後、徐々に彼女の活動とその作品は人々に知られて行く(私は今の今まで知らなかったけれど)。15年前からは、自ら布絵教室を開き、指導にも当たっている。

 テレビ画面の中の皆川さん、素敵な笑顔である。ある程度年齢を重ねると、生まれながらの造作の良し悪しより、その人のそれまでの生き様が創り上げた人相の方が、その人に対する印象を決定づけるように思う。普段から、できるだけ笑顔を絶やさずに過ごしたいものだ。

 公式サイト:皆川末子「布絵の世界」


 今ある環境の中で自分に何ができるのか真剣に考えるからこそ、斬新な発想も生まれ、活路を見出すことだできるのだろう。やりたいことが見つかったら、できない理由を挙げて足踏みするより、どうすればやりたいことを実現できるのか、あれこれ知恵を絞る、必死に考える。今の自分にはそれが欠けているような気がする。

 それにしても毒を吐いた人、今頃、どうしているんだろう?良い人生を歩んでいるとは、とても思えないのだが…日本には古代より「言霊」と言う考え方があり(と思っていたら、別に日本独特の考えでもないことに、思いがけず気付かされた。新約聖書の「ヨハネによる福音書」冒頭の一節「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」が、言葉の霊性、つまりロゴス=言霊を説いたものだ、というくだりが、昨日読み始めた中村うさぎと佐藤優の対談集(『聖書を語る』文春文庫、2014、p.32)の中に登場した。確かに言われてみれば、私も学生時代の「キリスト教学」の授業で、同様のことを教わったような気がする恥ずかしながら失念していました。いやはや、絶妙なタイミングで認識の誤りを正されるとは、これぞ神のお導きであろうか?!)、言葉には霊性が宿っていて、言葉通りの事象がもたらされると言われている。つまり、人は自ら吐いた言葉に支配される、縛られる、ということなんだろう。言い換えれば、他者を生かす言葉を吐くよう心がけることによって、結果的に自分も生かされると言うことなのではないか。だとすれば、発言には気をつけなければね。自戒を込めて。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ