2013/4/20


先日テレビで、手術に総額1,000万円以上を費やしたという全身整形美女を見た。

本人はフランス人形の容貌を理想に、今後も整形を繰り返すだろうと言っていた。

「整形を志したきっかけは?」との問いに、「小学生の頃、父親に『お前のようなブサイクは整形した方がいい』と言われたから」と答えた彼女。「父は子ども嫌いだったんです。」

そう言いながら苦笑いを浮かべる彼女が何だか痛々しい。

私は耳を疑った。親が小学生の我が子に向かって言うことか?

人は生まれながらに偏見を持っているわけではない。誰かに教えられて、偏見は植え付けられる。

小学生だった彼女は、あろうことか父親によって、自分の容貌が醜いものなのだと言う偏見を植え付けられた。幼くして自己否定を余儀なくされたのだ。自尊心が著しく傷つけられたのだ。

自分に自信のない人間はいつしか卑屈になる。卑屈になった人間に、底意地の悪い人間は容赦ない。その心の傷口に、塩を塗るような残酷な行為をするものだ。

彼女の中学時代の、もちろん整形前の彼女の写真がテレビに映し出された。どこにでもいるような素朴な、もちろんけっして醜くない少女である。それなのに、テレビの彼女は自分の醜さゆえに壮絶なイジメに遭ったと言う。見ていて切なかった。

本人は今の自分の容貌にほぼ満足しているらしい。強いて言えば、身長が低いことが気になるらしい。それも極端な豊胸手術で全身のバランスが崩れてしまったからなのだが。

スタジオの数人の出演者はけっして面と向かって言いはしないだろうが、寧ろ不自然に強ばった表情で「キレイ」を繰り返すが、整形を繰り返した彼女の顔も胸も、どこかで何度も見かけたような人工物にしか私には見えない。整形を繰り返せば繰り返すほど、個性は失われて行く。皆、似たような造作になって行く。

絶妙なバランスで両親のDNAが組み合わさって形作られた人の容貌。それに優る個性はないだろう。この世にふたつとない個性だからこそ、それは尊い。それこそが人が存在することの意義なのだと思う(もちろん、個性を決定づけるのは容貌だけではないが)

それを敢えて消すのが美容整形と言う行為だ。自らを否定し、その個性を消すに至った人々の心情はいかばかりか?そして、整形手術によって崩れたバランスを取り戻す為に、一部の人々は整形を際限なく繰り返すことになる。まさに無間地獄だ。

少なくとも件の彼女は、親の罪深い残酷な一言が、彼女をそう至らしめたとしか思えない。子どもが嫌いなら、最初から子どもは持つなそうしないと不幸な子どもが増えるだけだ。以上は子どもの自尊心を平気で傷つける親への苦言である。

もちろん、それは不幸にしてそんな親のもとに生まれた子供の存在自体を、否定するものではけっしてない。そんな親に傷つけられた子どもにはこう言いたい。そんな馬鹿で愚かな親を信じるのは止めなさい。親以外に信頼できる誠実な大人を見つけなさい。そうすれば、あなたは救われる。自尊心を取り戻せる。

そして、そんな子ども達を救う責任は、私達周りの大人にもある。ひとりでも多くの大人が、傷ついた子どもに救いの手を指しのべる優しさと強さと知恵を持つべきなのだろう。
0

2013/4/19

『ラファエロ』展(国立西洋美術館〜6/2(日))@  文化・芸術(展覧会&講演会)

クリックすると元のサイズで表示します何度見ても楽しい… 

 近年の国立西洋美術館(以下、西美)の企画展は、西洋美術史の中で既に重要な位置づけにありながら日本ではまだあまり知られていない作家を紹介したり、既に知られた作家やその作品に新たな切り口で迫り、再評価を促す「企画勝負」のものが多かったように思う。

 前回の「手の痕跡」展は後者に当たるタイプで、西美のコレクションの礎となった「松方コレクション」の中核を成す近代彫刻の巨人ロダンブールデルの作品の全貌を見せる好企画であった。

 しかし、一般の美術ファンには、タイトルから何を言わんとしているかが今ひとつイメージし難く、これを例えば作家名を前面に押し出し、企画者がテーマに据えた「手の痕跡」を敢えて副題にして「ロダンとブールデル〜手の痕跡」展と銘打っていたなら、もう少し一般の美術ファンの間にも浸透したのではないかと思う。実際、この「手の痕跡」展は、普段見ることのできない鋳造彫刻の詳細な制作過程が実物資料やビデオで見られたり、40年ぶりに蔵出しの作品があったりと興味深い展示内容であり、おそらく担当学芸員にとっても、これまでの研究の集大成的な意味合いのある企画展で、見応え十分の内容だった。もう少し話題になっても良かった良質な企画展だったと思う。ロダン、ブールデルに関する資料として、展覧会カタログも良質。

 その反省に立って、と言うわけではないと思うが(←もちろん、冗談。ラファエロとその周辺の画家の作品を一堂に会して、その画業を振り返るものだから)、今回はズバリ「ラファエロ」展である。その出展数と出展作品の希少性において、ルネサンス芸術を代表する画家のひとり、ラファエロ・サンツィオ(1483-1520)の、アジア圏はおろか、ヨーロッパ以外では初の大回顧展と呼ぶに相応しい展覧会らしい。

クリックすると元のサイズで表示します 誰もが知る作家の大回顧展と言うと、最近では新参、或いはリニューアルした美術館が手っ取り早くその知名度を高め、集客実績を上げる為の手段と化している印象がある(そう思いながらも見に行ってしまう自分)。さらに上述のように、今回の「ラファエロ」展は、近年の西美の企画展の傾向とも趣きが異なっている。ひたすら有名作家や西欧の大美術館の紹介に力を注いでいた、ひと昔前の西美に逆戻りしたかのようにも見える。

 確かに西美は、西欧の名だたる美術館に比べれば、その規模は極めて小さく、《モナ・リザ》のような一級品もない。しかし、中世末期から現代に至るまでの、各時代を象徴する西洋美術の佳作を網羅し、日本にいながらにして中世末期以降の西洋美術史を概観することができる貴重な場である。日本有数の規模を誇るロダンや印象派絵画コレクションはもとより、他の美術館では見る機会の少ない宗教画コレクションや版画コレクションも充実した、非西欧圏では唯一の、西洋美術を専門に扱う国立美術館でもある。そして長年に渡り地道に質の高い企画展を重ね、欧米の美術館との信頼関係を築いて来た。そんな西美が日本における西洋美術の殿堂として、米国の美術館でもなし得なかった「ラファエロ」の回顧展を開催することの意義は大きいと思う。

 【2013.05.13追記】

 美術史家の石鍋真澄氏曰く、「"真の「ラファエロ」展"はローマでしか開催し得ない。なぜなら、"ローマの画家"たるラファエロの傑作壁画群は、ローマでしか見る事ができないからである。おそらく、ラファエロの没後500年に当たる2020年に、ラファエロの大回顧展が、ローマで開催されるであろう」(以上、西美講演会における発言)ーもし、実現すれば、未曾有の「ラファエロ」展になるのは間違いない。見られるものなら、是非見てみたいものだ。


《自画像》(1506年頃、ウフィツィ美術館)
クリックすると元のサイズで表示します  レオナルドミケランジェロと共にルネサンスの三大巨匠に数えられるラファエロは37歳で夭折したが、残された作品の何れもがルネサンス芸術を代表するもので、所蔵する美術館にとっては至宝と言えるものだろう。

 それだけに、フィレンツェ文化財・美術館特別監督局の尽力もあってのこととは言え、ヨーロッパの美術館所蔵のラファエロ作品が油彩画を中心に23点も西美に貸し出されたことには、感謝してもしきれない。そもそも自分の経済力では到底、その収蔵先の美術館を訪ねて回ることは不可能だし、一堂に会したラファエロの初期から晩年に至るまでの作品を時系列に見ることで、ウルビーノに生まれ、ペルージャを経て、フィレンツェ及びローマで大成した、ラファエロの画家としての軌跡を辿って見ることが出来たのだ。これこそ、眼福!

 作品の展示は上掲のラファエロの23歳頃の自画像から始まるのだが、これはどこか物憂げな表情の青年の眼差しが、静かにこちらに向けられているように見える作品だ。人相は人物の内面を映し出すものだと思うが、ラファエロのそれは柔和な雰囲気を湛え、彼の作品に描かれる聖母の柔らかな表情に通じるものがある。ジョルジョ・ヴァザーリも、その著書『芸術家列伝』で、ラファエロの圧倒的な才能と共に、出会った人々を惹きつけて止まない、その人間的魅力を讃えている。

 ラファエロの自画像を見ながら、ある人が「ラファエロの作品には気品がある。それは彼が生まれながらに備えた資質なのかもしれない」と言っていたのを、ふと思い出した。世に数多の聖母像があれど、ラファエロが描く聖母に優る品格を備えた聖母像はそうそうあるまい。このことは、今回の展覧会に出品された周辺の画家達が描いた聖母像を見てもしみじみ感じたことだ。

 今回は展覧会関連の講演会を時間の許す限り聴講するように努めているが、この鑑賞記録には、そうした講演会で得た情報も取り混ぜて行こうと思っている。

クリックすると元のサイズで表示します 次いで眼に飛び込んで来たのは、ラファエロの父、ジョバンニ・サンツィオの作品《死せるキリストと天使たち》(1480-1489、ウルビーノ・マルケ州国立美術館)であった。父、ジョバンニはウルビーノ公に仕える宮廷画家で、ウルビーノ公の死後には公を顕彰する目的で『韻文年代記』を著すなど、高い教養で知られた人物であったらしい。

 父の作品も宮廷画家らしい品位と巧みな筆致でさすがだと思うが、ラファエロが11歳の時に死別しているせいか、後年のラファエロの優美な画風とはいささか趣きが異なり、硬質な印象だ。

ペルジーノ《聖ユスティナ》(1495-99頃、ヴァチカン美術館)
クリックすると元のサイズで表示します ラファエロの最初期、彼が最も影響を受けたと言われるペルジーノの作品も1点、ヴァチカン美術館から出品されている。ペルジーノは、「柔らかな女性の描き方」と「美しい風景描写」で、ラファエロの出身地ウルビーノ近郊の大都市ペルージャにおいて、当時人気を博していた画家である。ペルジーノが近隣で最も高名な画家だったとは言え、父ジョバンニとは作風が全く異なるペルジーノに注目した点に、常に時代の先端に触れたいというラファエロの野心が透けて見えるようで興味深い。

 ところで、ラファエロは父の手引きでペルジーノに弟子入りし、修行を積んだとの説が長らく有力視されて来た。これはヴァザーリの「芸術家列伝」の記述に基づくものなのだが、講演会で聞いたところによれば、最新の研究では、父の逝去がラファエロ11歳の時とかなり早かった為、父の生前にペルジーノに弟子入りしたとは考えにくく、以下のふたつの仮設が有力視されているようだ。

@父の死後は暫く父が遺した工房で、父の弟子と共に絵画製作に励んだ後、ペルジーノに弟子入りした。
Aペルジーノに弟子入りしたわけではないが、彼と積極的に交流を持ち、その作品を熱心に模写する等して貪欲にその作画技術と、工房経営のノウハウを吸収して行った。

 今回の展覧会に併せて(?)、現在、数多くのラファエロ関連本が書店に並んでいる。私が確認した限りでは、その全てにおいて、ヴァザーリの記述に基づく「父親の生前にペルジーノへの弟子入り説」が通説として載せられている。一冊の書物が出版に至るまでの長く複雑なプロセスを考慮すれば、最新研究成果とのタイムラグも仕方のないことだろう。その意味で、展覧会カタログや展覧会関連の講演会では、最新の研究に触れられる(もちろん、「最新」はすぐに「古くなる」のも世の常だけれど)と言うのが最大のメリットなのかもしれない。

 ルネサンス芸術を紐解く手がかりとして、ヴァザーリの「芸術家列伝」は素晴らしい文献資料であることには変わりはないが、それが当時としても前例のない画期的な書物であったことを踏まえて読み込めば、些かの誤記や、創作や、表現の誇張もあり得ると言うのが、最前線にいる研究者らの見解のようである。もちろん、最新の研究成果が絶対の真実とも言い切れないものの、研究者らが遺された資料情報の断片を基に推理を重ね、謎めいた美術史を少しずつ解き明かして行く様は、名探偵が事件の謎に迫るプロセスにも似て、美術ファンにとっては作品鑑賞と共に興味深いものであろう。

 ともあれ、フィレンツェに赴く以前のラファエロは、ペルジーノから最も強い影響を受けていたのは間違いないようである。その根拠となっているのは、ほぼ同時期にラファエロがペルジーノ作品を模写したと思われる作品や、人物のポーズがペルジーノ作品とかなり似通った作品を複数遺していることだ。ラファエロは少なくともこの時代ペルジーノを手本とし、構図の取り方や遠近法、人物描写、背景描写等、当時の絵画のスタイルを学んだようである。

【参考作品:聖母の結婚】

左がペルジーノ作(1502-04)、右がラファエロ作(1504,21歳頃)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 さらに父が生前宮廷画家として築いた有力者とのコネも、独立後のラファエロをさまざまな形で助けたようだ。ヴァザーリの「芸術家列伝」によれば、ラファエロは1504年にフィレンツェ入りするに当たって、ウルビーノ宮廷の実力者、ジョヴァンナ・フェルトリアに紹介状を書いて貰ったと言う。

「本状を持参する者はウルビーノの画家ラファエロです。この者はその職の才能に恵まれ、修行のため一定の期間フィレンツェに滞在することを決めました。私が贔屓にした彼の父は尊敬すべき人物でしたし、息子は謙虚で礼儀正しい若者です。そのため私は彼をとても大切に思い、芸術を完成させることを期待しております。」

 これは当時のフィレンツェ共和国行政長官のピエロ・ソデリーニに宛てたもので、フィレンツェの有力者を知己に得たことで、ラファエロは新天地でも難なく多くの有力なパトロンを獲得したようだ。ラファエロ父子のケースに限らず、親の有形無形の遺産は、子どもの人生に大きな恵みをもたらすものなんだなとつくづく思うと同時に、新地に赴く際にもコネを巧みに利用して自身の理解者を得て、抜かりなく環境を整えるラファエロの知略家ぶりには驚くばかりだ。 

《大公の聖母》(1505-06、パラティーナ美術館)クリックすると元のサイズで表示します


ここでまた時間切れ。つづきはのちほど。




0

2013/4/19


クリックすると元のサイズで表示しますテロ犯にしろ、
通り魔犯にしろ、
そしてイジメ加害者にしろ、

他者を傷つけることでしか
自己主張できない人間は、
卑劣で哀れな人間だと思う。

個人的には、
何か大きな事を成さずとも、

誰かの子どもとして、
人の親として、
親や我が子に恥じない生き方を貫くのが、
ひとりの人間としての在り方かなと思う。

だから私は、他者の
容姿の美醜や、
社会的地位の高低や、
資産や知識の多寡ではなく、

その心の在り方を見る。

尊敬する人がいるとすれば、
結局、私を惹きつけて止まないのは、
その人の心の在りようである。

(写真は、新緑が目に眩しいほどの、昨日の上野恩賜公園)

0

2013/4/7

春台風・夏台風・秋台風  はなこのMEMO

春台風…

いつの日か、昨日のような嵐は、そう呼ばれるようになるのではないだろうか?

急速に発達した"温帯"低気圧は1980年代頃から「爆弾低気圧」と呼ばれたりするようになったが(←あくまでも"俗語"で正式名称ではないので、気象庁は使用を控えているらしい)、これが今後、毎年幾度となく発生するようになれば、発生地が熱帯/温帯に関係なく「台風」と呼ばれ、発生する季節毎に区別されるようになるのではないだろうか?

だから、春台風・夏台風・秋台風。

わたくしはなこの予想です(尤も発生のメカニズムや特徴も異なるので、「熱帯低気圧」と「温帯低気圧」は明確に区別する、と言うのが専門家の立場ではあるらしい)

⋆ 世界的規模で見れば、"熱帯"低気圧は発生場所により、「台風」(東経180度以西の北太平洋と南シナ海)、「ハリケーン」(大西洋と東経180度以東の太平洋)、「サイクロン」(インド洋や南半球のオーストラリア近海)と呼ばれます。

昨日のような嵐が来る度に思い出す映画がある。ローランド・エメリッヒ監督の「デイ・アフター・トゥモロー」。確か公開当時、最新の気象学に基づく地球の近未来を描く、と言う触れ込みだった。ここ数年の度重なる嵐には、それが現実のものとなっているような恐ろしさがある。

映画「デイ・アフター・トゥモロー」(Yahoo 映画より)

クリックすると元のサイズで表示します


【2016.10.21 追記】

今朝のBSニュースによれば、英国も近年増えているハリケーン並の低気圧に、米国に倣って名前を付けることにしたそうだ。既にアルファベット順に20以上の名前を用意しており、それを低気圧の発生順に順次付けていくらしい。

その理由は、名前を付けることで、国民に低気圧の危険性を周知徹底させることだと言う。昔、米国が台風やハリケーンに名付けたのはもっぱら女性の名前だったと記憶しているが、現在は台風やハリケーンも男女平等になっていて、男女の名前が付けられる。

名づける理由が危険性を周知させる為とは今回初めて知ったが、日本は未だに発生順の番号で連呼する方が多いだろうか?

台風が名前で連呼されると、フィリピン近海で発生した台風が、いかにも生まれて、成長し、暴れ回って、揚句徐々に弱って死に至る生物のようにも思えてくるから不思議だ。
0

2013/4/5


先日、春の嵐の中、息子の大学院の入学式に参列して来た。

大学院の入学式にまで、とも思ったが、学部とは違う大学だし、こんな機会でもないと、大学のキャンパスに足を踏み入れることもないので、好奇心も手伝って行って来た。

午前は学部、午後が大学院の入学式らしく、式場に向かう途中、多くの学部生の親御さんらしき人々とすれ違った。今年は桜の開花が早かったのと花散らしの風雨で、既にキャンパス内の堂々たる老木の桜は葉桜へと変わりつつあった。

入学式は産業界に数多の人材を送り出している大学らしく、来賓も日本を代表する企業で重責を担う大学OBの方々が顔を揃えていた。

厳かに式が執り行われる中、場違いにも何度となく赤ちゃんや幼児の泣き声やぐずり声、話し声が場内に響いた。大学院ともなると「社会人学生で、かつ既婚者」もいるだろうから、その家族だろうか?

しかし、どうなんだろう?こんな堅苦しい席に2時間あまりも付き合わされる赤ちゃんや幼児の身になって考えてみたら(おそらく、苦痛以外のなにものでもないはず)。列席している他の方々の身になって考えてみたら(内心迷惑に感じていたはず)。実際、何度も声の発信者のもとへ、複数の刺すような視線が注がれていた。

このような場合、「目出度い席なんだから、これぐらい良いじゃない」と思う人が、世間では大半なんだろうか?こんなことに目くじらを立てる私の方が少数派で、私は心が狭い人間なんだろうか?他の大学院の入学式でも同様の傾向が見られるのだろうか?(他の所も同様とあれば、多少諦めもつく。米国等は大学院生も日本以上に幅広い年齢層の学生がいるから、こんなことフツーの光景なんだろうか?それとも、ベビーシッターに預けて参列するものなのか?或いは、そもそも日本のような形の入学式はないのだろうか?)

しかし、先日列席した限りでは、幼稚園や小学校の入学式とは明らかに違う場の雰囲気であった。もちろん、結婚式とも違う。周りは明らかに、赤ちゃんの泣き声や幼児のおしゃべりに寛容とは言えない雰囲気だった。

赤ちゃんや幼児連れの列席者の、家族で喜びを分かち合いたい気持ちは分からなくもないが、一方で彼女や彼らに我が子や他の列席者への配慮があまり感じられなかったのは残念だ。結果的に希有な場に立ち会え、考える機会が与えられたと言えるのかもしれないけれど。
0

2013/4/2

型破りな同世代  はなこのMEMO

『16歳で起業して4年間やってきて思うこと 鶴田浩之』("TechWave"2011/02/11)

「同世代」と言っても私ではなく、息子と、と言うこと。先ほど、深夜ニュース番組で取り上げられていた人物。現在、現役大学生ながら会社を経営し、スマホ向けに開発したアプリが大ヒット中だと言う。普段は見ない番組をたまたま見て知った若者の存在。しかも、私達家族とゆかりのある長崎県出身と来ている。これも何かの導きなのだろう。

画面越しに見る、同じ志を持つ仲間の輪の中で屈託なく笑う青年の姿が何とも言えず素敵だったので、早速ググッてみた。どうやらこの青年、タダモノではないらしい。

その彼が今から2年前の19歳の時に書いたのが、冒頭にリンクした記事だ。彼が自身の起業家としての4年間を振り返る内容なのだが、それが息子と同世代とは思えない、型破りなスケールの10代の自叙伝となっている。

彼の人間としての器の大きさは、起業から現在に至るまでの思考のプロセスや彼の行動及び実績が示している。彼のビジネスが単に自己満足で終わることなく(先行の名だたる起業家でさえ、地位と金を得ることで満足してしまっている人が少なくないのに!)、"まさに試行錯誤しながら"、社会貢献を意識した展開を遂げていることにも、驚きを隠せない。

彼のような若者の台頭が、この日本の閉塞感を打破するのかもしれない。長崎をはじめ多くの地方の進学校が難関国公立大への進学実績を上げることに血道を上げている中、彼はその経歴からして型破り記事の中で彼自身が語っている、意外な彼の経歴(なんと彼は実業高校出身なのである!)や彼が通う私立大学のダイナミズムを知るにつけ、来たる時代に向けての教育の在り方を再考せずにはいられない。

同世代の息子の刺激になればと思い(もしかしたら、彼我の違いに打ちのめされてしまうかもしれないけれど)、冒頭の記事を印刷し、息子に手渡そうとしたら、あいにく印刷の途中でインクがなくなってしまった。残念!

また下記リンク記事では、震災時に彼がとった行動が綴られている。その機転が、とにかく素晴らしい。もちろん、その前段には恐ろしいほど濃密な10代があったからだろうけれど。奇しくも震災当時、息子も彼と近い場所、近い境遇にいたと知り、ここでまた彼に親近感を覚えたと同時に、我が息子との違いに私は愕然としたのであった。凄い!凄いよ。鶴田クン

『Pray for Japan 監修者へのインタビュー』(Yahoo ショッピング・ブログ)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ