2013/3/25

今になって分かること〜キプロスのロシア人  海外旅行(旅の記録と話題)

クリックすると元のサイズで表示します昔、中東に駐在していた時に、短い休暇でキプロス共和国を2度訪ねたことがある。当時の私達家族にとって、キプロスは空路1時間半程で行けるヨーロッパのリゾート地であった。娯楽の乏しいイスラム圏の閉塞感から、しばし解放される場所だった。

キプロスはギリシャ神話で、美の女神アフロディーテが生まれた島とされる。

キプロスでは、首都ニコシアから少し離れた、リマソールと言う海浜リゾート地の、海に面したホテルに3泊4日の日程で滞在した。バケーションは最低でも2週間以上の長期滞在が当たり前の現地の人々からすれば、たった3泊のリゾート客は奇異に映ったようだ。

島を観光するには欠かせないレンタカーを借りるのも一苦労だった。たった3日間など貸せられないと言うのだ。最低でも1週間のレンタルだと言う。そこを食い下がって、どうにか3日間レンタルさせて貰った。

しかし、ここでまた、私にとっては難問が…レンタカーは全てマニュアル車らしい。かなり年季の入ったイタリアの小型車。運転免許を取って以来、私はオートマ車しか運転したことがない。しかも、1回目のキプロス訪問では、夫はまだ運転免許を持っておらず、運転手は私しか務められない。

「仕方がない。なるようになれ」と蛮勇を奮ってマニュアル車に乗ってはみたものの、いざホテルを出発すると、いきなりヘアピンカーブばりの蛇行した道が続いた。かなり…冷や汗ものだった大の苦手の坂道発進ではエンストが続く。今、思い出しただけでも自分のあまりの無謀さにゾッとして、よく生きて帰って来られたものだと思う。

目の前に紺碧の地中海がありながら海には人影はなく、砂浜を散歩する人ばかりで、泳ぐのは専らホテル内のプールだった。そこで、まだ1、2歳になったばかりの幼い息子とよく遊んだ。

プールには常に、四肢がスラリと伸びた、抜けるような白肌に金髪の少女達が数人いた。こちらが幼児連れの東洋人なのがもの珍しいのか、少女達の方から話かけて来た(小・中学生だったが、皆英語を話せた)。話してみると、少女達は姉妹でロシア人だった。モスクワから家族でバケーションに来ていると言う。しかもキプロスへは頻繁に来ているらしい。なぜはるばるロシアから、このキプロスへ来ているのだろうと、当時は不思議で仕方がなかった。

今は何か知らないことがあれば、すぐさまネットでググッて調べられる。興味を持った事柄についても、ネットで容易く芋づる式に大量の情報を入手できる。しかし、当時は自宅にネット環境がなく、旅行ガイドブックすら持っておらず、キプロスについて何ら知る術がなかった(キプロスがギリシャ正教のイコン(聖画)の宝庫であることを知ったのも随分後のことだ)

だから、最近になって初めて、連日のキプロスを巡る金融危機の報道を通して、キプロスとロシアの経済的な結びつきの深さを知った。

私達家族が泊まったホテルは、ロビーに映画の世界から抜け出たような、黒いつば広帽子に黒のパンツスーツでキメた八頭身美人が佇んでいるような、レストランやルーム・サービス、そして娯楽施設も充実した、それなりのグレードのホテルだった(もちろん、当時から現地には小さなキッチンを備えたフラット・タイプのホテルもあった)。少なくとも20年以上も前から、そんなホテルで頻繁にロング・バケーションを過ごすロシア人の富裕層がキプロスには数多く訪れ、キプロスに投資していたのだ。

一昨年訪ねたトルコでも、近年はロシア人が海浜リゾートに大挙して訪れ、そこを拠点に各地を観光しているらしい。寒冷地出身の彼らは、南国の陽の光を貪るように求め、その白肌を焼き焦がすことに夢中だ。

百聞は一見にしかず。実際に足を運び、自分の目で見たもの、耳にしたもの、口にしたもの、体験したことの印象は鮮烈に残る。旅先でやらかしたとんでもない失敗でさえ、歳月が「忘れ難い旅の思い出」に変えてくれる。国内外を問わず旅の醍醐味は、正にそこにあるのだと思う。

同時に旅は、貴重な学びの機会でもある。1度訪ねた国・地域のことは、以降、何かに付け気になるものだ。訪ねたことがきっかけで、当地をより深く理解したい思いが強くなるのだろう。報道でその名が挙がれば、耳をそばだてずにはいられない。

キプロスのロシア人の件は、キプロスを訪ねてからかなりの年月を経て、今回の一連の報道で事情を理解したわけだが、それまで記憶の片隅に残っていた霧が、一気に晴れたような爽快感があった。同時にキプロスの旅の思い出も蘇って来て、(キプロスの金融危機問題は甚だ深刻だけれど)個人的には懐かしく、嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します


0

2013/3/20

息子WBC決勝戦を球場で観戦!  家族のことつれづれ

友人と米サンフランシスコに旅行中の息子。この旅の最大のイベント、WBC決勝戦プエルトリコVSドミニカの試合を観戦したようです。

その証拠映像が下の写真です。なんとJスポーツの生中継映像に映り込んでいました

まさか、遥か遠いサンフランシスコにいる息子の姿を、自宅のテレビで確認するとは…何だか不思議な気持ちです

当初は、出発前に日本でオンラインで2階席のチケットを購入した息子達。地元米国チームが早々と敗退したこともあって、チケット価格が下落したことを知った彼らは、なんとチケット売り場で交渉して25ドルを上積みし、1階ドミニカチームベンチのすぐ脇の席と交換して貰ったらしい。彼らにこんな強かさがあったとは、ちょっと驚き

ただし、途中回で現地は大雨が降り出し、息子達をはじめ多くの観客が、屋根のある席へと移動してしまったようです。

         この直後、バッターはヒットを放ち、ドミニカは得点します…     
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/3/18

最近、毎日、2本以上、  日々のよしなしごと

最近、毎日、2本以上、ケーブルテレビで米国ドラマを見ている。もちろん、字幕版だ。

そのおかげか、リスニング力が多少なりともアップしているように思う。映画館でも字幕と実際の英語との違いが、以前よりずっと分かるようになっている。作品によっては字幕なしで楽しめる。今更だけれど。

公開間近の映画の宣伝として流れる監督のスピーチなんて、字幕翻訳がやっつけ仕事なのか、我々観客がどうせ英語など分からないだろうとタカを括っているのか、結構いい加減な訳がついていたりする。

また、ドラマ冒頭のお決まりのナレーションをdictationしたりして、聞くだけでなくて話すようにもしている。まさに、お金をかけない英語学習だね。

最近、読解力が落ちているのが原因なのか字幕を追えない人が増えているらしく、人気のロードショー作品で「吹き替え」版が増えていると言う。俳優の生の声で台詞を聞いてこそ、俳優の演技力も分かるだろうに。当の俳優だって、「吹き替え」でなく、「字幕付」で自分の生の声を聞いて貰えることを喜んでいると言うのに。

多少の不完全さはあっても、生の原語に触れながら外国映画を楽しむことができる日本の字幕文化は消えないで欲しい(ついでに言うと、英米ドラマには、<私が知らないだけで、もう、そういう機能は付いているのかもしれないけれど→>英語の字幕がついてくれたら、何度でも繰り返し見て英会話の参考にしたいと思う)

まあ、完全に字幕なしで、英語だけでなく各国の言語で、映画を楽しめたら理想なんだけれど。
0

2013/3/18

フィギュア・スケート世界選手権2013  日々のよしなしごと

あれだけフィギュア・スケートの観戦が好きだったのに、今年は見る気が失せてしまい、結局見なかった。

キム・ヨナ選手が2年の休養を経ての復帰戦と聞いて、バンクーバーの悪夢が蘇り、おそらく彼女の優勝が予め約束された出来レースなのだろうと言う疑念が拭えない中、ゴールデンタイムの録画編集放送を待たずに、その結果をニュースで知って、やっぱり疑念は事実だったと確信したからだ。

そもそも2年間も弛まず努力を続けて来た選手達を差し置いて、元オリンピック・メダリストとは言え、2年間も一線から退いていた選手があっさり優勝をさらえるほど、現在の女子フィギュア・スケートはレベルがどうしようもなく低い競技なのか?と言うことだ。このことに関して専門家の誰ひとりとして言及しないことが、不思議でしょうがないし、気持ち悪い。

重ねてそもそも、キム・ヨナ以外の選手はシーズンを通して何度も公式戦に出場し、実績を積み上げて世界選手権の出場権を得ている。そうした選手達は、シーズン後半になってマイナーな大会に1度出ただけで世界選手権出場を果たしたキム・ヨナ選手のことを、実際のところどう思っているのだろう?彼女達の生の声が一向に聞こえて来ないのも不思議だ。つくづくおかしな競技界だと思う。

より高難度の技、新たな表現への挑戦を回避し、ただ伴奏曲を替えて、やりなれた技を焼き直しただけの演技構成で無難にまとめて、ミスなくキレイに滑れば高得点と言うならば、もう競技としてのフィギュア・スケートは終わっている

徒に自国の選手を貶めるような日本のマスコミの報道の在り方にも、不快感を禁じ得ない。今回の選手権に向けて直向きに努力して来た選手を愚弄するような記事が、よくもまあ情け容赦なく書けるものだ。日本のマスコミは一体、どこを見て、誰に向かって記事を書いているのだろう?伝えるべき内容、追求すべき事柄は、もっと他にあるのではないのか?徒にキム・ヨナ、浅田対決を煽った論点ずらし、浅田選手潰しの記事には、いい加減うんざりだ

以前はキム・ヨナ選手のことをけっして嫌いではなかったのに、韓国という国にも特に悪い印象もなかったのに、ここ数年は嫌悪感が募るばかりだ。残念だ。

ことキム・ヨナ選手が出場する大会に限っては、今後も見ることはないだろう。その大会がどんな権威をふりかざそうが、そこで発表される結果に信頼が置けないからだ。
2

2013/3/18

卒業旅行  家族のことつれづれ

数日前から大学生の息子が、同じ学科の友人と2人で米国サンフランシスコへ卒業旅行中だ。

まだ若く野心家の助教の厳しい指導の下、卒業判定期限ギリギリまで卒業研究に悪戦苦闘していた息子は、2月も半ばを過ぎて漸く卒業旅行の目処が立った。WBCの試合をサンフランシスコで見ると言う。

ひと足先に卒業旅行先のヨーロッパから戻って来た別の友人達は、旅行中ずっと雨や雪で散々だったらしい。果たして、サンフランシスコを行き先に決めた息子の旅は、吉と出るのか?

今回、飛行機とホテルだけのパックで、食事は一切付いていない格安ツアーだ。旅行費用は家庭教師のバイトで貯めたお金と、これまで彼の名義で貯めて来たお年玉や入学祝いの一部。親は一切援助していない。ケチケチ旅行を自認し、同時期に旅行社から出ているWBC観戦ツアー代金の半額位で済みそうだ。

「お土産なしね」と彼には宣告されている。もちろん、親は金も出していないから、お土産なんて頼めない。ただ、口だけは出させて貰った。「とにかく、無事に帰っておいで」。今回はノートPCを持って行くというので、「せめて、1日の終わりに無事メールが貰えたら嬉しいな」。

親バカ×心配性もいい加減にしろと言われるかもしれない。彼は物心ついてから、家族旅行や修学旅行で、米NY、イタリア、イギリス、韓国、中国、米LAと何度か海外渡航経験はあるし、国内なら何度も友人と旅行した経験がある。しかし、友人と2人だけの海外旅行は今回が初めて。もう成人したとは言え、治安の面で不安のある海外への個人旅行は、やはり心配だ。

出不精で旅行嫌いの夫の母に息子の旅行のことを話したら、意外にも「若いうちに世界を見ようと言う気概は頼もしいね」と言われた。大丈夫なのと心配されるかと思ったのに…

息子と同世代で、バックパッカーとして休みの度に世界を旅している学生もいるのは知っている。それでも、昔、ある日突然に事故で妹を失ったトラウマで、息子が目の届かない場所、ましてや海外を旅することに、どうしても不安は尽きない。いつまで経っても子離れできない親と笑われても

心配性の親を慮って、律儀に息子はメールをくれている。今のところ、順調そうだ。ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズ・ワーフ、アルカトラズ島…

WBCの決勝戦のチケットをせっかく入手したのに、あいにく今日の準決勝で、日本代表チームはプエルトリコに敗戦してしまった。息子達はヒスパニック系の人々に囲まれて、試合観戦することになるのだろうか?想像すると、ちょっと微笑ましいと言うか、心配と言うか…

何はともあれ、16時間の時差を計算して、毎日午後2時頃、彼の無事メールを心待ちにしてソワソワしている自分がいる。指折り数えて、彼の無事の帰国を待ちわびている自分がいる。

神様、仏様、ご先祖様、息子と友人の道中の無事をお守り下さい

クリックすると元のサイズで表示します


【2013.03.19追記】

時間を置いて記事を読み返してみると、親バカ全開の内容に、正直赤面する。成人した息子を未だに子ども扱いし、管理していると言われても仕方ない。息子も「お母さん、しょーがないなあ…」と半ば呆れつつ、私に付き合ってくれているのだろう。しかし、現時点での私の正直な思いを綴った記録として、外野からの嘲笑覚悟で残しておく(爆)。
0

2013/3/6

文句ばかり言っても仕方ない  はなこ的考察―良いこと探し

まだ出来て間もないバスターミナルが、既にゴミで散らかっている。

防犯の為にゴミ箱が設置されていないせいか、心ない人間が自身のゴミをそこかしこに放置してしまうからだ。否、そんな人間は、たとえゴミ箱があったとしても、適当に放置するのだろう。

その惨状にいたたまれなくて、役所のHPで管理担当部署を調べ、何らかの対処をするよう要望する旨のメールを送った。

しばらくして、いかにもお役所仕事な「一応清掃は定期的にしている。防犯対策でゴミの設置の予定はないし、ゴミは自身で持ち帰るよう広報している」と言うメールが返って来た。

結局、何も変わらない。相変わらず、バスターミナルは汚れたままだ。


ネットで検索したら、他の市区町村でも似たような事態が起きているらしい。

おそらく、海外よりはまだマシな状態なのかもしれないが、年々、状況は悪化の一途を辿っているように見える。このままでは、早晩、日本も海外並みになるのだろう。


ゴミ問題は、行きつけの映画館でも深刻だ。

上映後の客席の散らかりよう。ロビーへのゴミの放置。

女子トイレに至っては、ゴミ箱があるにも関わらず、パウダーコーナーのカウンターや、ゴミ箱の蓋の上にゴミが放置されていたりする。

その行為に悪意を感じる。

昨日なんか、女子トイレの入口に、空のペットボトルが転がっていた。


グチグチ言ってばかりいても仕方ない。

「ふざけんなよ」と舌打ちしながら、私はその散らかったゴミを拾う。

放置されたゴミを拾って、ゴミ箱に入れる。

かつての地下鉄サリン事件のこともあるから、一応、どんなゴミかは確認はする。

バスターミナルのゴミは…いつもとはいかないが、時々拾って持ったままバスに乗り、降りた先の最寄りのコンビニのゴミ箱に投函する。

やっぱり自分の住む街は、できるだけキレイであって欲しいからね。これは、この国を愛し、より良くしたいと思うなら、まず身近なところから変えて行こう、と言う思いの表れでもある。

役所には期待しない。と言うより、役所には他にもっとやるべきことがあるだろう。

市民ひとりひとりの行動あるのみ。

それ以前に、自分のゴミは自分で持ち帰る。或いは、最寄りのゴミ箱に投函する。この自覚に尽きる(実際、汚れた場所はますます汚れ、清掃が行き届いた場所は汚れにくい、と言う検証結果が海外で発表されていたのをニュースで見た)


そんな簡単なことすらしない、否、できない人間に負けるもんか
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ