2012/11/8

祖母の死  日々のよしなしごと

先日、母方の祖母が亡くなった。103歳の大往生だった。

もう長いこと老人養護施設に入っており、以前私が訪ねた時には認知症が大分進んでいて、私が誰なのかさえ認識できない状態だった。

ただ、「おばあちゃん、○○だよ」と言う私の呼びかけに、必死に記憶を呼び覚まそうとしたのか、祖母はしばらく私の顔をじっと見つめた。それでも蘇らない記憶に、私に対して申し訳ないと思ったのか、祖母は「ごめんなさいね。ごめんなさいね」と繰り返し、涙をポロポロ流した。その祖母の涙に、記憶は失っても、私に対する情愛は祖母の中でまだ残っているのだと思えて、私はそれだけで十分だった。車椅子に乗った、すっかり小さくなった祖母の身体をぎゅっと抱きしめて、私も泣いた。


祖母は亡くなる3週間前から食欲がなくなり、入院後はずっと昏睡状態で、母の呼びかけに応えることもなく、徐々に衰えて行って、最期は眠るように息を引き取ったと言う。

祖父の事業を手伝う傍ら10人の子を産み育て、60代で祖父と死別し、その直後患った大病をも乗り越え、それから40年近く逞しく生きぬいた祖母。その間に3人の我が子を見送っている。その祖母との別れに、不思議と悲しみはない。寧ろ、穏やかな気持ちだ。その死に様に、祖母は十分生きた、その生を全うしたと思えるからだろうか?

長寿の時代を迎えたとは言え、祖母のような穏やかな最期を、一体どれだけの人が迎えられているのだろう。

祖母の死に、自らの人生の終え方を考えずにはいられない(正直言って、自分の現状を鑑みて自分が祖母ほどの長寿を、しかも立派に、全うできるとは思えない)

クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/11/3

在沖米兵絡みの事件報道について思うこと  気になったニュース

仕事帰りの女性が海兵隊員2人にレイプされた事件も記憶に新しいのに、今度は空軍兵が酔って住居侵入の上に、寝ていた中学生男子を殴ってケガをさせ、住居内のテレビなどの備品も損壊して、3階のベランダから飛び降りて逃走を図ったと言う(結局、11/5時点で、この事件は地位協定で定義するところの殺人やレイプの凶悪犯罪に当たらない為、県警は容疑者の米兵に対し、"任意での事情聴取"に留まっている。日本の警察には捜査権がないようだ)

因みに、本事件報道に関する(必ずしも一般の日本人の意見が反映されているとは限らないであろう)ヤフコメ欄を見てみたが、地元沖縄の現状を分かっていないと思われる的外れなコメントがあった。やはり常に基地問題の矢面に立たされている地元とそれ以外の地域とでは、地理的距離以上に基地問題に対する意識の隔たりが大きいのだろう。

事件当時、深夜にも関わらず両親が不在だったこと(父親は県外に単身赴任中らしい)、玄関が施錠されていなかったことを、被害者の落ち度と非難する声も一部にはあるが、今では例えばコンビニ弁当の製造工場など深夜勤務は当たり前だし、労働市場が乏しい沖縄では、子育て期の親がそうした工場で深夜勤務するこも珍しくない。地方都市で玄関を施錠しないのも珍しいことではないだろう。だから、上述の2点を以て被害者を責めるのはあまりにも酷であり、今回の事件を言及するに当たって的外れとしか言いようがないコメントだと思う。しかも、今回、自宅にいた中学生がもし女子だったら、殴るだけの暴力では済まなかった可能性がある。想像するだに恐ろしい。

事件を起こした米兵の自律心のなさには呆れる他ないが、レイプ事件はともかく、このテの米兵による犯罪は沖縄では日常茶飯事で、こうして大々的に報道されているのは、前段にあのレイプ事件があったからだろう。私の沖縄の友人(女性)も、高校生の頃に基地近くの親類の家で、住宅に不法侵入して来た米兵にレイプされかかったことがあったと聞いている。彼女が大声をあげて、それを聞きつけた親類によって、幸い、彼女は難を逃れることができたが、戦後の長きに渡る米軍占領で、性被害にあった女性は数知れないと聞いている。それ以外にも酔った米兵による器物損壊や自動車の当て逃げ事故なども多く、泣き寝入りのケースも多いらしい。

しかも、事件を起こした米兵は基本的に日米地位協定に護られ、本国に強制送還されるだけ。元々沖縄勤務は辺境の島流しと捉え、寧ろ本国送還を喜ぶ米兵も多いのではないだろうか?さらに士官学校出の幹部クラスはともかく、下級兵は本国でも仕事にあぶれた人間が多く、紛争の最前線に派遣される海兵隊員などは戦地での勇猛果敢の裏返しで、非戦闘時にはその荒ぶる心を自身で制御するのが難しい人間が多いのではないだろうか?ひとくちに在日米軍兵士と言っても、沖縄と沖縄以外の基地に派遣された兵士は、兵士の質にも違いがあるような気がする。それが犯罪の発生率や犯罪の質にも違いを生んでいるように思う。

今回、先のレイプ事件を受けて、米軍が夜間外出禁止令を出したとしても、基地外の民間地域に家を借りて住んでいる者も一部いるので、そうした人間のコントロールはさすがの米軍司令部も無理だろう。自律心がない人間は、いとも簡単に規律を破るものだ。

また、普天間基地問題に対し、ヤフコメ欄等では「元々住んでいた人間はともかく、基地があると分かっていて住み始めた人間が悪い」と言う意見がある。

私は夫の沖縄勤務の際に、ここ何年も移転問題で揺れる普天間基地の近くに2年程住んでいた。私が住んでいた当時は朝は午前7時から夜間は午後11時頃まで、航空機が離発着を繰り返していた。基地直近の住宅の窓からは、住宅の屋根スレスレの上空を米軍機が機首を下げて着陸に向かう姿が見えた。現在では住宅密集地に取り囲まれる形で広大な普天間基地は存在している。この10年以内にも沖縄国際大学敷地内にヘリコプターが墜落するなど、周辺住民にとっては正に危険と隣り合わせである。

地元以外の人間には普天間基地周辺に群がる住宅地に理解し難い面もあるのだろうが、普天間基地がある宜野湾市は、近隣に沖縄国際大学、琉球大学、沖縄キリスト教大学等、沖縄有数のキャンパスがひしめく学園都市であり、普天間基地周辺を縫うように国道58号線や330号線が走っているため県都那覇市へのアクセスも良く、さらに東シナ海側の米軍基地跡地にできた商業地域「美浜地区」にも近く、住むには利便性の高い場所なのだ。

地元の住民は普天間基地の市外への移転を切望しているだろう。しかし、その移転先がジュゴンの住む美しい海を埋め立てて建設されることに納得が行かないだけだ。沖縄の基地負担が減るわけでもなく、さらに自然まで破壊する。これでは沖縄県民も良心が痛んで、諸手を挙げて賛成とは行かないだろう。

せめて嘉手納基地への統合(3回ほど中に入ったことがあるが、とにかく、そこは米国である。基地機能だけでなく、住宅地区、学校、教会、店舗、遊戯施設等が完備され、米国のひとつの街がそのまま存在している感じ。道幅だって、基地外の国道より広い)や、県外移設の検討の余地はないのか?一旦建設してしまえば、半永久的に存在することになるであろう軍事基地であるだけに、その設置場所に慎重になるのは当然だろう。県民も納得できる対案を政府が出せば良い話だ。ここまで膠着状態が続くと、周辺諸国に睨みを利かせるのが目的のひとつなら、いっそのこと、今話題の尖閣諸島に設置すれば良いだろうに、と荒唐無稽なことも考えたくなる。

確かに脆弱な県経済基盤の中で、基地から派生する経済効果や雇用効果に依存する部分はある。しかし、先に挙げた美浜地区や新都心おもろまちの商業的成功により、軍事基地維持による経済効果(それに付随して起きる今回のような米兵による犯罪被害に、県民がかなり辟易しているのは否めない)より、県内では基地跡地利用による経済効果を期待する声は大きい。とは言え、地質的(珊瑚礁の島で水資源の保持が難しい=工業用水の確保が困難)に工場誘致など第二次産業の振興が難しく、跡地利用はどうしても商業施設や住宅地域の設置に偏りがちなのが気になる。果たして「3匹目のどじょう」策はうまく行くのだろうか?沖縄の人も、もう少し知恵を絞るべきではないか?


その地勢ゆえに、米軍、自衛隊を問わず、軍事基地とは無縁ではいられない沖縄だが、だからこそ、その負担をできる限り軽減させる環境作りに、政府はもっと真剣に取り組むべきである。その負担の見返りに振興費と言う形でお金を落とせば良いという話ではない。不平等そのものの日米地位協定は即刻、日本の主権を守る見地に立った視点で改訂すべきだろう。現状では、日本が他国に「米国のポチ」と揶揄されても仕方がない。日本は独立国家としての尊厳をそろそろ取り戻すべきだろう。そうして初めて、その先に憲法第9条の改正も見えて来るのかもしれない。

ヤフコメ欄では、沖縄県民を「たかり屋」と罵倒する意見も散見されるが、近年は高齢化が進んだ基地の地元地権者(他県にある米軍基地は国有地だが、沖縄にある米軍基地は殆ど民有地で、数多くの地権者が存在する。それが不労所得者を生み、県民間の貧富の差に繋がっている一面もあるようだ)から土地を買い上げている他府県人が増えていると聞くし、基地関連の工事も本土の大手建設業者が殆ど受注し、地元の業者は下請け仕事ばかり、さらに、かつては沖縄有数の商業地だった那覇市の国際通り界隈は、今や殆ど本土資本に経営が取って替わられ、様々な形で沖縄に投入された税金は利に聡い一部の他府県人に吸い上げられ、地元には殆どお金が落ちないようになっていると聞く。そういう現状を知らずして沖縄叩きをする人間は、自分の無知を恥じるべきだろう。同じ国民同士でいがみあっている間に、漁夫の利を得る者は誰なのか、よく考えてみる必要があると思う。
2

2012/11/1

漢字検定を受けてみた。  はなこ的考察―良いこと探し

去る日曜日に漢字検定を受けて来た。

私が今回挑戦したのは2級。2級は高校卒業程度の漢字運用能力を想定し、「常用漢字2,136字中、1,940字を理解し、文章の中で適切に使える」レベルが求められる。

領域・内容としては、以下の通りとなっている。これに則って出題される。

《漢字の読み書き》音読みと訓読みを正しく理解していること。
         送り仮名や仮名遣いに注意して正しく書けること。
         熟語の構成を正しく理解していること。
         熟字訓、当て字を理解していること(硫黄/いおう、相撲/すもう…)。
         対義語・類義語、同音・同訓異字を正しく理解していること。

《四字熟語》   典拠のある四字熟語を理解している(驚天動地、孤立無援 など)。

《部首》     部首を識別し、漢字の構成と意味を理解している。


(以上、緑部分『改訂三版漢字学習ステップ2級』((財)日本漢字能力検定協会)より)

例えば、こんな出題だ。

(1)次の棒線の読みをひらがなで記せ。

我が畏友、山田氏を紹介します。

(2)次の漢字の部首を記せ。

隷 亭 妥 丹 充 面 虜 褒 我 戻

(3)熟語の構成のしかたには次のようなものがある。

ア 同じような意味の漢字を重ねたもの(岩石)
イ 反対または対応の意味を表す字を重ねたもの(高低)
ウ 上の字が下の字を修飾しているもの(洋画)
エ 下の字が上の字の目的語・補語になっているもの(着席)
オ 上の字が下の字の意味を打ち消しているもの(非情) 

次の熟語はア〜オのどれに当たるか?

還元 分析 未来 経緯 搭乗 折衷 巧拙 

(4)四字熟語に入る適切な語を以下から選び、漢字二字で記せ。

うい きょうさ ごうけつ ばんりょく れんこう

率先( ) 英俊( ) 合従( ) ( )扇動 ( )転変 ()一紅 
(他にそれぞれの四字熟語の意味を問う問題など) 

(5)対義語・類義語を以下の中から選び、漢字で記せ。

あんぐ いかん かもく さいはい ちじょく ちょうかい 

《対義語》多弁 名誉 賢明
《類義語》指揮 処罰 残念

(6)次の棒線のカタカナを漢字に直せ。

センパクが頻繁に出入りする港だ。
センパクな知識を振り回す。

(7)次の各文にまちがって使われている同じ読みの漢字がひとつある。
上に誤字を下に正しい字を記せ。

レースの序番から他の選手を寄せ付けない力泳で日本記録を更新し四回目の栄えある五輪代表に選出された。( )( )

(8)次の棒線のカタカナを漢字一字と送りがな(ひらがな)に直せ。

植木の枝をタメル

あくまでも初志をツラヌク

綿をツムイデ糸にする。

(9)次の棒線のカタカナを漢字に直せ。

五百年のセイソウを経た寺院だ。



以上のような出題形式の問題、総計120問を一時間で解く。合格ボーダーラインは正答率80%以上(160点/200点満点)となっている。

合格率は20%前後で推移しているが、普段から読書に親しんでいる成人には、市販の問題集を解いて出題傾向を把握する等の対策を練れば、8割の正答率はそれほど難しくないと思われる。実のところ合格率を押し下げているのは、受験者の多数を占める勢力ながら、(学校から受験を促されたものの試験対策に身が入らず)準備不足なまま試験に臨んだ高校生などの学生らしく、その合格率は14%以下と言われている。

高校生ら学生の受験率が高いのは、漢検2級以上の取得が、大学の推薦入試などで優位に働くかららしい。また、就職活動でも2級以上が履歴書に記しても恥ずかしくないレベルだと言われているようだ(確かに漢検2級レベルであれば、履歴書に誤字脱字はなくなるだろう。一般常識としての漢字運用能力は十分身についていると思う)

近年、この漢字検定を主催する漢字能力検定協会は、創設者親子による協会の私物化が問題となり、ついには刑事事件にまで発展して、件の親子は追放となったようだが、漢検そのものはすっかり日本の社会に定着したようだ。漢字が大陸から伝来して以来、漢字を巧みに自国の文化に取り込んで、さらに漢字からひらがなやカタカナを発明し、豊かな言語文化を築いて来た日本人が、漢字の優れた特性を再評価し、改めて学ぶことは、けっして悪いことではないと思う。

とりわけ、近年は漢字変換機能のある携帯・パソコンの普及により文字を手書きする機会が減ったことで、「漢字を正確に書けなくなったと感じる人が六割強にのぼる」(2011年、文化庁「国語に関する世論調査)と言われる。他にも「手紙や葉書をあまり利用しなくなった」「手で字を書くのを面倒と感じるようになった」「口頭で言えば済むことをメールを使うようになった」など、漢字の書き取りが苦手となる要因は枚挙に暇がない。

一方で、数ヶ月前だったか、NHKーBSの「ワールドウェーブ・モーニング」で、有名国立大学教授が「日本語からの漢字の排除」を声高に主張していたのを目にして驚いた記憶がある。教授は日頃留学生に対して論文指導を行っている自身の経験から (非漢字圏からの)留学生の日本語習得の大きな阻害要因となっている漢字を目の敵にしているようだった。教授の主張は「漢字の使用は止めて、すべてローマ字表記にしてしまえ」というものであった。

実はこれは、この教授独自の突拍子もない考えというわけではなく、「日本語をローマ字表記に」と言う考え方は、古くは明治時代からあるもののようだ。なんと公益社団法人日本ローマ字会」なる文科省管轄の団体まで存在する。そこを直撃取材したブログがあり、その記事の内容には興味深いものがある。

「日本ローマ字会を訪ねてみた(やってみよう研究所)

要は、同音異義語が多過ぎて文字(=書き言葉)でなければ違いが分かりづらい、話し言葉としては不便極まりない日本語を、ローマ字表記化によって、話し言葉主体の言語に再構築しようとの考えのようだ。

しかし、それによって、これまでに築かれた日本の言語文化、ひいては日本人の言語感覚や思考にまで多大な変化がもたらされるのではないか?話し言葉を主体とした新しい言語システムが果たして、これまで日本人が築き上げた全てを捨て去ってまで得る価値があるものなのかどうか?それとも新旧システムの併存も可能なのだろうか?現時点で、私自身は、日本語の完全ローマ字化を想像することは難しい。

また、別の目的で、終戦直後米国が「日本語ローマ字化」を試みた歴史もあるようだ。佐藤優氏の語り下ろしの著書『人間の叡智』(文春新書、2012、pp.128-131)によれば、米国占領軍の旗振りの下、日本語のローマ字化の中心となったのは、音韻論を主とする東京大学、服部四郎教授の言語学教室で、紀要もすべてローマ字表記だったと言う。

当時、日本語のローマ字化を前提に、漢字も常用漢字表から当用漢字表へと改められ、字数が厳しく制限されたらしい。戦後の日本の言語学会で米国の言語学である音韻論が幅をきかせたのも、日本語をローマ字化した時に、どこで音を切るのかが重要になる為、音韻論で決めようとの目論みが米国占領軍にはあったようだ。

それでは、なぜ米国占領軍は日本語のローマ字化を進めようとしたのか?それは日本語が表意文字である漢字と仮名交じり表記であるが為に、「文字による情報取得」という点において、極めて効率性に優れた言語だかららしい。日本語の漢字仮名交じり表記は、「視覚的に把握力に優れた」システムなのだ(この漢字仮名交じり表記の優れた視認性が、洋画上映時の字幕でも生かされている言えるだろう。ところが、最近、その字幕の切り替えスピードについて行けない若者が増えているらしい。これは漢字運用能力の低下が一因なのではないか?また、以前、他の記事のコメント欄でも言及したが、地理的には漢字文化圏に位置する韓国が漢字を学校教育から排除したのは、韓国にとって果たして正しい選択だったのか?最近の報道によれば、この件に関して、韓国国内からも疑問の声が出ているようだ)

つまり、米国占領軍は、日本語のローマ字表記化によって、日本の「国語イデオロギーを解体」し、独特の言語システムにより情報把握力に優れた日本人が、再び欧米諸国に戦いを挑んで来ることのないよう、その文化的弱体化(=文化から敵を切り崩して行く帝国主義的手法)を狙ったのだ。

しかも、日本語に不慣れな米国占領軍にとっては、日本語で書かれた情報の把握は面倒で、占領統治に支障を来たす恐れさえ感じていたらしい。米国占領軍から見れば、日本の漢字仮名交じり表記は、「まっとうな文明国が読めない悪魔の文字システム」で、「世界に反逆する思想」の根源以外のなにものでもなかったようだ。

個人的には、今回の「漢検」挑戦により、改めて「漢字文化」の奥深さに魅了されたので、日本語から漢字が排除されることなど想像もできない。ユーラシア大陸の東の端に寄りそうように存在する小さな島国日本に住む日本人が、大陸から様々な文物や人々と共に漢字を受け入れ、自分達の言語の中に巧みに取り入れ、ひとつの文化として昇華させたことは、日本人の融通無碍な気質の真骨頂とも言うべきものだと思う。それだけに、漢字を否定することは、日本人そのものを否定することになりはしないか?


さて、今回受験してみて、と言うより、受験に向けて1カ月あまり問題集に取り組んでみて、ある種衝撃だったのは、自分の漢字に関する知識がかなり曖昧であったことだ。「読み」はともかく、「書き取り」では漢字の細かな部分で覚え間違いが多かったことに今回改めて気がつき、自身の記憶のいい加減さに驚いた。

もう長いこと、そう子どもの頃から、自身の語彙の獲得は、学校の教科書で学ぶことから始まって(←私の親は教育に無関心で、幼児期も私への言葉かけが圧倒的に少なかった為、私は小学校に上がるまでで語彙が極端に少なく、そのせいで随分と無口な子どもだった。傍から見れば、かなりぼうっとした子どもだったに違いない)、次いで本に書かれた文章や新聞の記事で新たな言葉を知り、文脈でその大まかな意味を捉えて、実際に会話や作文で使ってみるなどの作業を繰り返して来た。その過程で幸か不幸か、あまり他人に誤りを指摘されることもなく、今に至っている。だから、案外に漢字はうろ覚えであり、熟語の意味の理解も曖昧なのだ。

特に今回、《部首》で漢字の成り立ちを改めて学び(→部首で漢字のグループ分け。未知の漢字でも部首から意味を類推することが可能)、《熟語の構成》で、熟語の意味をきちんと知ることができたように思う。まあ、《四字熟語》は、普段の生活で使いそうもないものもあったが、漢文的教養として学んだと思えば納得か。

自己採点では9割方解けたとは思うが、書き取りは厳格にハネやトメをチェックするらしいので、実際のところ9割も得点できたのか心許ない。

実は夫に促され、当初は嫌々漢検の受験を決めた私だったが、今回受験してみて、本当に良かったと思う。やっぱり、幾つになっても何かに挑戦することは心がワクワクするし、勉強して新しいことを知ったり、自分の誤りに気付いて正せることは楽しい。「何をするにも遅すぎることはない」と言うのは、そういう意味も含んでのことなのかもしれない。                   
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ