2012/9/22


先日、某国立大学大学院入試の合格発表があり、息子が努力の甲斐あって、合格を果たしました

今年の夏はこの息子の院試もあって、親としては気が気でなく、夏バテも相俟って、正直ブログどころではありませんでした。

筆答試験、口頭試問とふたつの関門を突破し、見事第一希望の大学院の研究室への配属が決まった息子を、親として誇りに思います。この4年間の並々ならぬ彼の努力〜学業、部活、教員免許取得と全てに全力投球で、一般の学生の3倍?は忙しかったはず。因みに、この4年間で彼が取得した免許・資格は、漢検2級、工業英検3級、TOEIC765点、普通乗用車運転免許、中高数学教員免許(見込み)です〜を間近で見て来た者として、彼の大学院合格はこれまでの真摯な努力の賜物だと信じています。

もちろん大学院進学はゴールではなく、彼の夢を実現する為のひとつのステップに過ぎません。大学院に進学したら進学したで、また彼の新たな研鑽の日々が始まるのです。しかも、その前に、大学の卒業研究と言う関門が待ち受けています。

息子自身は、気の抜けない日々がもう暫く続きそうですね(息子の頑張りに比べたら、私は何もしていないなと恥じ入るばかり。そこで思い立って、来月、ある試験に挑戦することにしました)

今回、息子の合格をことのほか喜んでくれたのは、父方の祖父母でしょうか。特に祖父は少年期を満州で過ごし、日中戦争の混乱で勉強の機会を奪われたことを心から悔やんでいただけに、孫の大学院進学が嬉しくて仕方がないようです。息子の大学院進学は、祖父母孝行にもなりました。

明日は、在学時息子をとても可愛がってくれた一年先輩の部活OBの方々が、息子の大学院合格のお祝いをしてくれるそうです。有り難いことです。


「世界」と言う大きな枠組みの中では内戦やテロや国家間の諍いがあり、人々の怒りや哀しみや不安が渦巻いていますが、一方で、人ひとりの日常の中には、どんな世にあっても、ささやかな喜びや希望があります。

特に若者には、「未来への展望」が描ける限り、「希望」があります。「希望」が「生きる気力」を支えると言って良いでしょう。

全ての若者の心に「希望」の明かりが灯りますように。
0

2012/9/20

残念ながら、日本の"奥ゆかしさ"は、世界では通用しないのかも  はなこのMEMO

今年の夏はオリンピックの終わり間近に、思いがけない"事件"が勃発して、それ以後は近隣諸国による怒濤の日本叩きが始まりましたね。彼らのあまりの執拗さと陰湿さと過激ぶりには、例年にない猛暑(←今夏はヒドイ夏バテで、筆者は休養を余儀なくされました)と共に、正直ウンザリしています。

しかし、ここで日本(及び経団連)がいつものように目先の利益に目が眩んで、「とにかくコトを穏便に済ませよう」「問題解決は先送りして子孫に任せよう」と譲歩などしようものなら、彼らは益々増長するのでしょう。

日本は一体いつまで、60年以上も前のことで文句を言われ続け(日本はこれまで戦後締結された条約等に基づき、それ相応の謝罪と補償をして来たはずです。しかし、近隣諸国は、このことをきちんと自国の国民に伝えていない。おかげで日本は不誠実国家の烙印を押されています)、領土問題で難癖をつけられ(←これとて、日本の領有権は様々な史料により明らかなのに、隣国の体制維持、時の権力者の権勢維持の為に利用され、日本が一方的に悪者扱いされています)、謝罪を求められたり、賠償やODAと言う形で金を無心され続けるのでしょう?

もうそろそろ、これ以上近隣諸国との間に横たわる問題を棚上げにするのは止めて、きちんと問題に向き合う覚悟が、今の私達に求められているのかもしれません。それは私達にとって、大きな痛みを伴うものなのかもしれませんが(その痛みに、今の日本の国力で耐えられるのか、と言う不安もある)

今は「先に音を上げる方が負け」とばかりに、我慢比べの状態なんでしょうか?しかし、耐え難いなあ…

ネット世論では、「1週間以上続いた中国における"反日デモ"ならぬ"暴動・掠奪行為"は、報道によって世界に広く知れ渡り、その民度の低さが露呈し、世界も中国を警戒するだろう」と言う意見も散見されますが、果たしてそうなんでしょうか?

世界はそんなに公明正大で、極東の紛争に深い関心を寄せているのでしょうか?世界は日本の立場を"正しく"理解してくれているのでしょうか?何をされても、言われても、明確に反論することなく、ひたすら「相手と同じレベルに堕すな。大人の対応を」と言っては冷静さを装っている日本に、世界は正当性があると見て、日本の味方をしてくれるのでしょうか?

残念ながら、そんなに世界は甘くないのではないかと、個人的には思えてなりません。下記リンクの記事で書かれていることが、概ね妥当ではないのかと思います。

世界は強く主張したもん勝ち、うまく立ち回って根回ししたもん勝ち、数に頼んだ力(=巨大な市場)を持ったもん勝ち(←特に昨今の世界的不況ではなおさら)、なのではないかと。日本政府はもっと自国の立場を、世界に向けて主張すべきだと思います。今まで、あまりにも主張しなさ過ぎました。と同時にこれまで軽視していたロビー活動(←隣国はこれに力を入れており、確実に功を奏しているようです)にも注力して、日本の理解者・味方を増やすよう努力すべきなのかもしれません

尖閣で世界の目、例によって冷淡〜情報発信で中国を巻き返すことが急務に(日経ビジネス・オンラインより)

以下はブログ内参考記事。ほぼ2年前の記事ですが、今読んでも当て嵌まる点が多く、2年前から尖閣問題について何の進展もないことに驚かされます。

日中対立の解決策 by ジョセフ・ナイ

you-tubeに以下のような興味深い投稿がありました。元ネタは有名なマンガですが、別に中韓との関係に限定されるものでもなく、普遍的な「ゴネる者の論理」が見事に表現されているように思います。

中韓が領土・歴史問題で強硬な理由はこれだ

また、最近読んだ、佐藤優『人間の叡智』(文春新書)には、「時代は食うか食われるかの新・帝国主義の時代に入った」と書かれていました。このところの世界の混乱ぶりを見る限り、この指摘以外にも佐藤氏の国際情勢分析には納得する点が多々あります。日本も新・帝国主義の野望の渦に否応なく巻き込まれるしかないのでしょうか?

先日、中国やイスラム諸国の騒乱のニュース映像を見た後に、近隣の大型ショッピング・センターに出かけたのですが、いつもと変わりない賑わいに彼我の違いを感じると共に、何だかホッとしました。この平穏な日々ができる限り続いて欲しいと願うばかりです。
0

2012/9/10

鉄板のデートスポット  携帯電話から投稿

ご無沙汰です。

今、遅めの夏休みを取った夫と二人で、山下公園に来ています。

木陰のベンチに腰かけて、ひと休み。

炎天下を、桜木町から歩いて来ました。歩数にして、7000歩なり…

時折吹く風が、歩き疲れた身体に、心地よいです。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ