2009/7/14

自然礼賛〜プチトマト(11)栽培62日目  やさい栽培観察日記

クリックすると元のサイズで表示します悪条件にもめげず…
 
 このところ、強風、突風、30度を超える猛暑と続き、比較的育て易いとされるプチトマトも弱っているようで、葉枯れが目立ち、何とも貧相な姿になっています。例によってブログの観察日記や植物の解説サイトなどで原因を調べてみましたが、養分不足だとか、水不足と書かれていました。

 さて、最近芽を出した植物が、その葉の形状からどうやらプチトマトらしいことがわかったのですが、それが朝、水やりをすると、萎れていた葉が午後には回復しているのに気づきました。やはりこのところの猛暑で、コンクリートが剥きだしのベランダは想像以上に高温化し、水分の蒸発も激しかったものと思われます

クリックすると元のサイズで表示します プランター栽培なので、路地栽培と違って水分補給には特に注意を要するのかもしれません。今朝はたっぷりと水をやり、プランター周りのコンクリートにも打ち水をしました。こうすると、気化熱で幾らか熱気も和らぐらしい。

しかし、このところの悪条件下にも関わらず、プチトマトはたわわに実をつけています。もしかして悪条件だからこそ、種の保存法則に則って栄養分を最優先に実へと注ぎ、葉枯れを起こしているのでしょうか?素人なりの想像ですが…一方で受粉してせっかく結実したのに、途中で強風に煽られて落下してしまった実も少なくありません。一番上の写真のように、ひとつの枝に10個近い実をつけるなんて、私から見たら奇跡です

クリックすると元のサイズで表示します さらに左写真のように、新たに実をつけている枝を見つけました。ヘタに隠れた豆粒くらいの小さな実が何とも愛らしい。まだ生まれたばかりで、無事に育つかどうかわからないところに命の儚さを感じると同時に、無事に育って(私達家族の胃袋に収まって)欲しいなあと願います(あいにく携帯のカメラなので接写機能がついてないせいか、接写するとピンボケになってしまいますね)

クリックすると元のサイズで表示します 強風に煽られて右の木のてっぺん部分が折れてしまったので、これ以上の被害を防ぐ為に、支え木を紐でベランダの手すりに結わえました。他の部分も梱包用のビニール紐で結わえているので見てくれはかなり悪くなってしまいましたが、これでプチトマトが守れるならOKです。それにしてもひょろひょろと背丈だけ伸びて、葉はスカスカで、なんとも貧相な姿です。背だけ伸びて痩身の我が息子に似てなくもない





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ