2009/1/31

いよいよAOLのブログサービス消滅  日々のよしなしごと

あと10分足らずでAOLがブログサービスを終了します。これによってダイアリー(ブログ)も掲示板のブログトークも消滅するわけです。ダイアリーの内容はこちらに移転することができましたが、ブログトークの方はこのまま消滅することになります(もう閲覧することもできない)。先ほど改めて自分が立てたスレッドを覗いてみましたが、過去には賑やかなやりとりがあったのだなあと、懐かしさと同時に一抹の寂しさを覚えました。

私は元々掲示板への書き込みが多かった方で、ブログはかなり後発組。複数の人々と意見(会話?)のやりとりができる掲示板の方が当初は楽しく、ブログは独り言が果たしてどれだけ続けられるのか(=記事を書き続けられるほど自分にトピックがあるのかどうか)自信がなかったのでブログサービスが始まってからも3年ほどは手をつけませんでした。そしてやっと重い腰を上げてブログを立ち上げ、それなりに軌道に乗ったところで、突然のサービス終了の告知。正直言って、気持ちが萎えてしまいました。

こちらへの引っ越しで過去ログは一応確保できたものの、15万に届こうとしていたアクセス数はゼロクリアされ、検索エンジンでは暫くの間過去の記事が正しく検索することができなくなり(これにより日々のアクセス数も激減(-_-))、まるでこれまでの蓄積(地道な努力?)が水泡に帰したような空しさを覚えました。こういう一利用者の切ない気持ち、プロバイダーのAOLは分かっているのかねえ…同時に、ネット言論の場など、いとも簡単に消滅させられるのだと、今更のように思い知らされました。

ところで、ネットいじめの多発をきっかけに、そのツールのひとつである携帯電話の小中学校への持ち込みが、文科省の通達により禁じられつつありますが、このことひとつを取っても、国民生活のすべてが、国家にいとも容易く統制される危険性を感じます(話が飛躍し過ぎ、と笑うなかれ)。何でもかんでもお上から指示されることが常態化したら、いつか国民は自ら考えること、判断することができなくなってしまうのではないか?自由を失った生活に、人々は果たして幸福を感じることができるのだろうか?

統制したい側(つまり権力を持っている側)からしたら、国民の自由はできるだけ制限したいでしょう。特に言論の自由。そのツールであるネットが攻撃の対象となるのは想像に難くない。ネット社会の匿名性は人間性の負(悪意)の部分を増幅する危険性を孕んではいますが、それ以上に、無名の人々が自由に意見を述べる言論の場を与えました。書く(他者に向かって情報発信する)と言う行為が習慣化することによって、人々は意識的に日々情報収集のアンテナを張り、収集した情報を自ら整理して、それらに対する自分なりの意見を持つようになる。これは即ち、「考えること」の習慣化に繋がります。国民のひとりひとりが知的に成熟すれば、それは社会の成熟に繋がると思うのですが、権力を持つ側からすれば、国民による「権力への監視」が強まって何かと都合が悪いのでしょうね。

今回のAOLのブログサービス撤退で、そういったことにまで思いが至ったのでした。
1

2009/1/31

肩の荷が重いです(-_-)  日々のよしなしごと

このところ時間的にも精神的にもゆとりがなくて、なかなかPCに向かうことさえできませんでした。今日やっと、息子の大学受験の願書をすべて発送し終えました。国公立、私立の大学それぞれに形式が異なるので、結構てんてこまいの状況でした。間違ったりしたら息子が受験のチャンスを失うわけですから、やはり緊張しますよね。もちろん願書を書くのは息子本人ですが、支払い手続きや郵送手続きで郵便局に何度か出向いたり、証明写真が足りなくなって急遽追加発注したりと、細々したことは私の担当でした。

この数日の間に、私立大の受験票がぼちぼち届いていますが、試験会場がとんでもなく遠隔地だったり(センターに続いてまたかよー、って感じです)、印字された名前の漢字が間違っていたり(早速電話で確認したら、「入試要項の○ページに対処法が書かれておりますので、そちらをご覧下さい」とけんもほろろ。対処法を読んでみたら、訂正用の葉書を送付した上に、試験当日は受験票に確認印を押して貰いに、窓口まで行かなければならない。こちらには何の落ち度もないのに余計な手間が増えてしまったよ)と、なかなか前途多難です(^_^;)。大変なのは息子の方ですが。

しかしながら毎日、真剣に問題集に取り組んでいる息子の姿には、親として思わず目頭が熱くなります。息子の生来の性格なのか、彼の言動からは受験勉強の辛さはあまり感じられず、勉強すればするほど、知る喜び、日々進歩する喜びを味わっているように見えます。入試はけっして甘いものではありませんが、こうした経験は確実に彼の血肉になるのだと思います。彼の努力の結果が形になれば良いなあ…(ここまで来たら、親が子にしてあげられることは限られている)

子供を育てていると節目節目に我が子の成長を実感するわけですが、我が子が高校を卒業後、就職するにしても進学するにしても、親はひとつ肩の荷を下ろすことになるのでしょうか?巣立ちの時が近いのを感じます。

それでは、いちご大福で一服(^^) クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/1/23

【速報】アカデミー賞ノミネート  映画(今年公開の映画を中心に)

つい1時間ほど前に、第81回米アカデミー賞のノミネート作品が発表されたようです。テレビニュースでは作品賞についての紹介がありました。例によって、殆どが現時点では日本未公開のようです。

《作品賞ノミネート作品》

ベンジャミン・バトン:既に映画館では予告編が上映されているブラピの最新作
フロスト×ニクソン:ニクソン大統領と敵対するキャスターの話らしい
ミルク:米国で初めて自らゲイであることを告白し、市議選?に立候補した男性の物語
愛を読む人:先頃、k・ウィンスレットが本作の演技でGG賞助演女優賞を受賞。
スラムドッグ$ミリオネア:英のダニー・ボイル監督がインドで撮影した、インドのスラムに暮らす青年の話らしい… ←最有力候補の噂

《外国語作品賞》に本木雅弘主演の『おくりびと』(英題:Departures;旅立ち)がノミネートされました。もし受賞すれば、日本人監督としては1975年の黒澤明監督作『デルス・ウザーラ』(ソビエト連邦が出品)以来の受賞となるそうです(←受賞するか否かまで話が飛んでしまうのは気がチョット早いなと思う。確かにモントリオール国際映画祭グランプリ受賞は強みだけれど)
【追記 09.01.24 】日本から出品のノミネート作品としては、1956年の『ビルマの竪琴』(市川昆監督)から数えて本作が12本目で、未だ日本映画の受賞はないとのこと。なお、現時点ではイスラエル作品が最有力候補らしい。

なお、アカデミー賞ノミネートの要件は、「昨年、ロスアンゼルスで7日間以上上映された作品」なんだそうです(【追記 09.01.24】外国語映画賞に関してはそれぞれの製作国で7日間以上上映が条件らしい)。それらの中から、6000人のアカデミー賞会員の投票によって選出される。会員は映画関係者ですから、業界内での評価と言うことになりますが、それでも日本では今後の興行成績を左右するほどの権威がありますね。かつては興行的に公開が危ぶまれたにも関わらず、この賞にノミネートされたことで注目を浴び、公開誘致運動にまで発展して公開に至った『ホテル・ルワンダ』のような例もあります。今年もどんなドラマが待ち受けているのか、楽しみです。

昨年公開作品の私的総括記事をやっと書き上げました(記事を更新しました)。興味がありましたら、お読み下さい。

2008年公開映画作品私的総括
0

2009/1/22

(1)禅〜zen  映画(2009-10年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、映画で”心穏やかに”1年のスタートを切る

今年の見初めはこの作品となった。日本曹洞宗の開祖、道元の伝記映画である。二大総本山のひとつ、総持寺は我が家の近隣にあり(私には石原裕次郎の菩提寺?と言うイメージが強い)もうひとつの総本山、永平寺には昨夏行ったばかりである。これも何かの縁であろうと思い、本作を新年見初めの1本に選んだ。

因みに選択に迷ったもう1本は、これまた伝記映画の(こちらは20世紀のカリスマ革命家だけれど)『チェ 28歳の革命』である。映画で”心穏やかに”1年のスタートを切ろうか、それとも”高揚感で”いきなりスタート・ダッシュをかけようか、という二者択一で、前者を取ったのだった(笑)。

まず、この作品を見ながら、数年前に見た聖女マザー・テレサの伝記映画を思い出した。両作品共に、良くも悪くも生真面目な作りである。映画としてはドラマ性にも、面白みにも些と欠けるかな。映画『マザー・テレサ』は同時期に、赤裸々な性生活の研究レポートで世間に衝撃を与えたキンゼイ博士の伝記映画『キンゼイ・レポート』も公開されていて、娯楽性も十分に備えた手慣れた演出の『キンゼイ〜』と『マザー〜』はどうしても比較されがちだった。今回も映画作品としてのドラマ性という意味では、『チェ〜』の方に軍配が上がりそうである。

ただ道元禅師にしてもマザー・テレサにしても宗教者であり、多くの信者の信仰のよすがでもある”聖人”の生涯を描くことには、作り手にも自ずと遠慮や自己規制が生じるものなのかもしれない。それを無視すれば、メル・ギブソンの『パッション』のように、解釈の偏向性や過激描写が物議を醸すことになる(だからと言って、こうした作品を否定するものでもない。カトリック保守派として知られるメル・ギブソンが、ある実在した修道女の記述を元に、大真面目に取り組んだ結果なのだから。それでなくとも、宗教の教義解釈の違いは、しばしば対立を生むものである。映画作品としては、一般の鑑賞者がどう受け止めるかに懸かっていると思う)

奇しくも今年、日本では年頭から、20世紀のカリスマ革命家と750年前の曹洞宗開祖の伝記が同時期に公開されたわけだが、映画作品を時代を映し出す鏡として見た場合、この2人の登場は社会全体を覆う”閉塞感”を打破する人物の登場を、社会が、人々が待ち望んでいることの反映とも受け取れる。それは例えば米国で"Yes, we can (change)!"をスローガンに、黒人(正確には黒人と白人のハーフ)のバラク・F・オバマ大統領が登場したのと符合しているのだ。

つづく…
0

2009/1/16

カテゴリー設定も、写真も  携帯電話から投稿

OK?!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/16


携帯から記事が投稿できるようになりました。
0

2009/1/16

2008年公開映画作品私的総括  映画(今年公開の映画を中心に)

先日、改めて昨年映画館で見た映画の本数を確認したら90本でした。体調不良で一時期見られなかったのに、年間を通しては結構な本数を見たのだなあと我ながら驚いています。もちろん、映画フリークを自称される方々の本数には到底及びませんが、「主婦業そっちのけで映画を見ていたのか」と夫には怒られそうです(^_^;)。

先頃、老舗映画情報誌『キネマ旬報』で、恒例のベスト・テンが発表されましたね。某アカデミー賞より、こちらの方がどう見ても映画の作品としての”質”を的確に反映しているように思えます。

ランキングで、赤字表示は私が見た映画、さらにアンダーラインが引かれているものはレビューを書いたもので、そこをクリックすればレビュー記事にジャンプできます。意外にも私は洋画のレビューを殆ど書いていないんだなあ…洋画は邦画と違って、記事を書くに当たって調べなければならない事柄が多いので、ついつい書くのが億劫になっているのかもしれません。これではダメですね。映画をきっかけに見聞を広げることが、映画を見る目的のひとつでもありますから。今年は時間と体調の許す限り、頑張って書き綴って行こうと思います。

【邦画】

1位)おくりびと 
2位)ぐるりのこと。 ←私の中では邦画ベスト1! 
3位)実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
4位)トウキョウソナタ
5位)歩いても 歩いても 
6位)闇の子供たち
7位)母べえ
8位)クライマーズ・ハイ
9位)接吻
10位)アフタースクール

【洋画】

1位 ノーカントリー
2位 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
3位 ダークナイト
4位 イントゥ・ザ・ワイルド
5位 ラスト、コーション
6位 イースタン・プロミス
7位 その土曜日、7時58分
8位 エグザイル/絆
8位 つぐない
10位 チェチェンへ アレクサンドラの旅

【マイ・ベスト・ムービー】

一般的な映画評は別として、私なりに印象に残った作品、感銘を受けた作品、考えさせられた作品は以下の通りです。基本的にもう一度見たいと思う作品かな。

《邦画》

1位 ぐるりのこと。:人の脆さと強さ、人の絆の強さと深さを改めて教えられる
2位 おくりびと:納棺師と言う仕事に光を当てた時点で、この作品の成功は見えた
3位 歩いても歩いても:家族の誰に自分を投影するかで、印象が大分変わる作品
4位 アフタースクール:騙される快感、と言うものを初めて知った。温もりもある
5位 接吻:社会の片隅で顧みられることなく生きる人間の哀しみ。小池栄子が好演
6位 しあわせのかおり:グルメ映画であり、再生の映画でもある
7位 天国はまだ遠く:とにかくチュートリアルの徳井がいい味出している
8位 落語娘:男社会で奮闘する落語娘が健気。主演のミムラの清潔感が好ましい
9位 闇の子供たち:いろいろ物議を醸したが、見る価値はある。特に買春問題
10位 ハッピー・フライト:飛行機一機飛ばすのに、なんと多くの労力が!が分かる

惜しくも選外だけれど、『グーグーだって猫である』『百万円と苦虫女』『母べえ』『イキガミ』『トウキョウソナタ』『ホームレス中学生』『うた魂』『デトロイト・メタル・シティ』も良かった。その良さというのは、俳優の”好演”や”素の魅力”であったり、作品の時代批評精神であったり、人間の普遍的な在り方を描いた点であったりする。いずれにしても、洋画より邦画の方が今年も見応えがあったように思う。今年度は未曾有の不況で映画製作にブレーキがかかるだろうとの不穏な予測が出ている。こんな時こそ、国を挙げて、文化保護の一環で映画を守るべきだと思う。人はパンのみで生くるに非ず。

《洋画》

ランキングをつけるのが難しい。特に印象に残ったものを公開順に列挙してみる。何せ見た数が多いので、10では収まらない。

1)アメリカン・ギャングスター: リドリー・スコット×デンゼル・ワシントン×ラッセル・クロウ=見応えある男のドラマ
2)ラスト、コーション:大胆な性描写ばかりが取り沙汰されたが、激動と緊迫の時代描写も秀逸
3)潜水服は蝶の夢:実話に基づく物語らしいが、人の生き様について考えさせられる
4)君のためなら千回でも:戦争で最も傷つくのは、いつも子供達=その国の未来
5)ペネロピ:豚の鼻を持って生まれた女の子の幸せ探し
6)バンテージ・ポイント:ひとつの場面を様々な角度から見せる演出手法が面白い
7)ノーカントリー:有無を言わせない暴力の恐ろしさ
8)つぐない:少女の嘘が人の運命を狂わせる。その罪を贖うことはできるのか?
9)フィクサー:”もみけし屋”にも五分の魂、もとい5分の正義?
10)ゼア・ウィルビー・ブラッド:ダニエル・デイ・ルイスの熱演で描く山師の血塗られた生涯
11)マンデラの名もなき看守:崇高なマンデラの精神に感化される、ある看守の物語
12)幻影師アイゼンハイム:エドワード・ノートンファンには嬉しい彼の主演作
13)パリ、恋人たちの2日間:米仏カップルの恋の顛末。とにかく二人の会話が楽しい
14)イースタン・プロミス:ヴィーゴ・モーティンセンの体を張った熱演。ロンドンのロシアン・マフィアの恐怖
15) インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:なんと言っても19年ぶりですから…
16)奇跡のシンフォニー:”やはり血は争えない”〜奇跡の子供の物語
17)ドラゴン・キングダム:意外にも初”競演”のジャッキー・チェンとジェット・リーの「孫悟空」
18)旅するジーンズと19歳の旅立ち:成長した4人の女の子達の旅立ちの物語
19)ダークナイト:アメコミが深遠なるドラマに。ヒース・レジャーの怪演が印象的
20)アクロス・ザ・ユニバース:ビートルズ・サウンズで綴る青春物語
21)落下の王国:物語の流れより、映像美、世界各地の風景も楽しめる
22)ウォンテッド:新感覚の映像美に度肝を抜かれる。しかし物語は陳腐かな?
23)アイアンマン:意外に面白いんだな、これが。ものづくりのワクワク感を追体験
24)宮廷画家ゴヤは見た:とにかく、こんなに沢山のゴヤの絵を見たことがない
25)僕らのミライへ逆回転:低予算でSF大作も作っちゃった。皮肉?それともオマージュ?
26)P.S.アイ・ラブ・ユー:こんな愛情の表現の仕方もあるのね、と知った。
27)ブーリン家の姉妹:歴史の陰に女の野望あり。若手女優の競演も見応えあり
28)ブロードウエイ〜コーラスラインへの道:ブロードウエイを目指す俳優達の奮闘は涙あり、感動あり
29)レッドクリフ1:まだまだ本編には到達せず。これは前哨戦の物語なのだ
30)ダイアリー・オブ・ザ・デッド:描いているのは、無責任な主観情報氾濫への警鐘?
31)WALL・E:ピクサー・アニメのひとつの到達点?壮大な宇宙空間の描写は必見!
32)ザ・ローリングストーンズ・シャイン・ア・ライト:ロックは年齢を超越する?!もう化け物に近い!
33)ワールド・オブ・ライズ:諜報戦は騙し合い。中東の緊張は今も続く。
34)ラースとその彼女:好青年ラースの心の成長を描く、スモール・タウン・ムービー
35)永遠の子供たち:失踪した我が子を捜す母が最後にたどり着いた場所は…

2008年公開作品の私的レビュー

リストアップしながら、それぞれの作品について思い出した。私の拙いひとことコメントで、どれだけ、その魅力が伝わるのだろうか?昨年は時間的・精神的余裕がなくて、レビューを書き損ねた作品は多い。今年はできるだけレビューを書いて行きたい。
0

2009/1/15

犯罪を防ぐには、犯罪のチャンスを与えるな  はなこ的考察―良いこと探し

先日、書店で立ち読みした新書の内容がとても印象に残っている。タイトルも著者名(確かどこかの大学の先生)も忘れてしまったが、犯罪を防ぐには、犯罪者の更正を促し再犯を防ぐよりも(←もちろん、これも大事なことなんだけどね)、犯罪者予備軍に犯罪の機会を与えないことが有効だ、と言う主旨の内容だった。

では、具体的に犯罪の機会を与えるとはどういうことか?著者は言う。

外から入りやすく、外から見えにくい場所で犯罪は起こる。

以前、学校に侵入し児童多数を殺傷した男は、公判で「なぜ、このような行為に至ったのか?」と問われ、「門が開いていたから」と答えたと言う。すごくシンプルだが、上述の著者の指摘にピッタリと当てはまる。確かに、この事件が起きるまでは、学校の門は常に開かれており、出入り自由だった。そして一旦、入ってしまえば、外部からその様子は見ることができない(そう言えば、空き巣に対して1ドア2ロックが有効なのは、解錠に5分以上かかれば空き巣の殆どが犯行を諦めるからだと言う。件の男も、もし事件当日、校門が閉じられていたなら犯行までに至らなかった可能性が高いのだろうか?”たられば”論は虚しいが、”事件から学ぶ”と言う意味では、考えるべき事柄だと思う)

このことがしばらく頭を離れないでいたら、昨日の午前にも都心にある私立大学で、教授が殺害されるという事件が起きた。犯人は逃走し、未だ逮捕されていない。事件は講義が始まる前の休み時間、大学の研究棟4階の男子トイレで発生した。事件の目撃者はいない。校門には守衛がいるが、基本的に誰もが出入り自由だと言う(私が通った女子大は結構人の出入りに厳しいチェックがあったが…共学はそうでもないらしい)

「犯罪者予備軍に犯罪の機会を与えるな」と言う主張は、既に欧米でそれに基づいた防犯対策が功を奏したことを論拠にしている。どんな社会であれ、一部の人間に、反社会的、反道徳的衝動に駆られる性向があるのは否定できない事実であり、だからこそ、その衝動に遂行の機会を与えない物理的・心理的セーフティネットを社会全体で構築することの必要性を著者は訴えているのである。

確かに、私たちは信じがたい凶悪事件が起きる度に、「なぜ、そのような犯罪が発生したのか?」と、もっぱらその原因探しに躍起になっていたように思う。その槍玉に様々なものが挙げられた(テレビゲームとか、過激な映像作品とか、小説とか、ネット社会とか…etc)。しかし、いまだに決定的な原因は究明されていないのだ(複合要因ではあるのだろう。しかし最終的には個人の問題だと思う)。私たちはそろそろ発想の転換を迫られているのかもしれない。そのひとつが「犯罪の機会を与えない」と言うことなのだろう。犯罪を未然に防げれば、犯罪者を増やすこともなく(←これは社会的コストの観点からも重要)、人々も社会で安心して暮らせるようになる。為政者は、こうした主張に耳を傾けないのだろうか?是非傾けて欲しいよね。
1

2009/1/12

”今”を精一杯生きる  はなこ的考察―良いこと探し

今日は成人の日。各地で成人式が行われている。中にはユニークな”成人式”も行われたようだ。例えばある所では、還暦を迎えた人々は3回目の成人式と言うことで「熟年式」を、さらに還暦から20年を経た80歳の人々は新たな「成人式」を行ったそうだ。特に80歳の人々は、ちょうど20歳の頃は終戦直後の混乱で成人式を祝えなかったので、今回が実質初めての「成人式」であったらしい。

人は人生のステージで、その時々にすべきことを諸事情でできなかったり、自ら怠ったりすると、いつまでも”人生でやり残した感”が拭えないものなんじゃないだろうか?

子供の頃、もっと外で思いっきり遊びたかった。
学生時代、もっと勉強すれば良かった。
大学に進学して、○○を勉強したかった。
あの時、あの人と結婚すれば良かった。
もっと親孝行すれば良かった…etc

上述の80歳の”成人式”にしても、きっとこれまで人生の大きな節目である”成人式”を祝えなかったことが、当事者の方々にはずっと心に引っ掛かっていたはずである。今は”人生でやり残したこと”をひとつクリアして安堵しておられるのだろうか?

結局、生きている限り(そして事情が許す限り)、今、自分がすべきことは何なのか考え、精一杯生きることが大事なんだろう。逆に何らかの事情で機会を逃したのなら、後でやり直すことも十分可能だ。実際、私も35歳で社会人入試を受けて、4年間大学で学び直したからね。

今この時をおろそかにせず、かつ人生の変化(アクシデント?)には柔軟に対処する。そうすれば、そこそこ満足の行く人生を過ごせそうな気がする。
0

2009/1/11

新しい年に  日々のよしなしごと

クリックすると元のサイズで表示します

松の内も過ぎてしまいましたが、改めて

新年明けましておめでとうございます。 

昨年の大晦日から元旦にかけて、中部地方へ行って参りました。
これから3か月、大学受験に挑む息子の合格祈願に”お伊勢参り”を敢行致しました。
その旅のレポートはおいおいupの予定です。

さて、今年の映画の見初めは、道元の伝記映画『ZEN』となりそうです。
昨年は映画レビュー記事が激減してしまいましたが、
今年は体調と時間の許す限り、頑張って書き綴って行こうと思っております。

正月疲れと息子の受験を控えての緊張感とで、ブログへの書き込みも億劫になってしまった
ヘタレなはなこですが、どうぞ見捨てずにお付き合い下さいませ。

今年が皆様にとりまして、健やかで、穏やかで、幸多い年となりますように、
心からお祈り申し上げます。

はなこ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ