2007/10/28

(41)インベージョン(THE INVASION)  映画(2007-08年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

ニコール・キッドマンは美し過ぎる…

 宇宙からの謎の侵略者に人類はじわじわと侵されて行く。「感情」を奪われた人間は、その時点で人間でなくなるのか?「感情」があるが故の人間社会の悲喜こもごも。それでも「私」は「感情」を捨てたくない。息子を「愛すること」を止めたくない。―その為に闘う母の物語。

 過去に何度も映画化されたSF小説「盗まれた街」(1955年)が原作。新たにPCや携帯等の現代的ツールを小道具に加えての再映画化。果たして現代の「盗まれた街」はどのように描かれたのか?

 もしかしたらニコール・キッドマンは、ほぼ完璧に近い容姿が災いしているのだろうか?本作でも他の俳優らとの絡みのシーンやその他大勢の俳優・エキストラに混じってのシーンでは、彼女の人間離れした容姿が際だっていた。透き通るような白磁質の肌、輝くような金髪(敢えてその輝きを強調する為に、周囲にはダークカラーの髪の人を多く配置していたようにも見えたけど)。整い過ぎたその顔立ちはまるで人形かSF映画に登場するサイボーグかロボットのよう(もしかして、左右対称?)。そして9等身はあろうかというスレンダーボディ(出るべきところは出ています!)。しかも、どんなに過酷な状況にあっても、その美貌はけっして崩れることがない。か…完璧すぎるっ!クール・ビューティ、ここに極まれり!!―そのせいか、体温が感じられないのである。

 今回は幼い息子を持つ母親役だったので、「母の愛は強し。母は無敵。」という点が強調された演出だったが、実生活でも2人の養子を育てているにも関わらず、母親としてのリアリティが殆ど感じられない。生活感が無さ過ぎるのが致命的(彼女が子供の泥汚れの服を洗っていたり、料理をしている姿なんて、想像できないでしょう?)。それもこれも、彼女が美し過ぎるからだ!!!

               クリックすると元のサイズで表示します

 我が身を外敵から守る為に、感情を表に出さないという設定で無表情に振る舞うニコール。それが益々彼女から、人間としての体温を奪っていた!正当防衛とは言え、その過激なアクション?は血も涙もなかったぞ。本作の登場人物の中で最も異質で、宇宙人的で、恐怖を誘ったのは、実はニコール・キッドマンその人、その大きく見開かれただったのかもしれない。

 ところで、結局、ダニエル・クレイグは何だったんだろう?”2大スター競演”と言うには、あまりにもダニエル的に不完全燃焼な役回りだったのではないか?寧ろジェフリー・ライトがおいしいところを掠っている印象。

クリックすると元のサイズで表示します

 監督は、本作がハリウッドデビューとなる、ドイツのオリバー・ヒルシュビーゲール。ドイツ時代の作品では『ヒトラー 最期の12日間』が記憶に新しいところ。

ワンクリックいただけたら嬉しいです(*^_^*)⇒

以下はネタバレにつき… 
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ