2007/1/30

(6)『墨攻』(中国)  映画(2007-08年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
(チラシより)

 中国春秋戦国時代、諸子百家の中でも最有力の儒家(ジュカ)に、一時は拮抗する勢力を持っていたとされる墨家(ボッカ)”他者を等しく愛せよ”という兼愛”侵略と併合は人類の犯罪”とする非攻(専守防衛)を掲げ、戦乱の世で請われれば諸国に赴いて、防衛戦で陣頭指揮に立つ戦術家を多数擁した思想集団だったらしい。

 本作『墨攻』は、その墨家の一員で、天才戦術家であった革離(カクリ)を主人公とする戦記物語だ。
続きを読む

2007/1/29

試写会に行って来ました♪  日々のよしなしごと

今日は夕刻から、家族と共に映画の試写会に行って来ました。
今回見たのは中国・春秋時代の趙(チョウ)と梁(リョウ)の攻防を
描いた中国・日本・韓国・香港合作映画、『墨攻』
その戦いの中心には、侵略を否定し、攻撃せずに守り抜く”非攻”
を掲げた思想集団「墨家(ボッカ)」の一員で天才戦術家の
革離(カクリ)がいた、という物語です。

感想は、明日改めて。

行き帰りの電車の中では、『ウェブ進化論』の著者梅田望夫氏と
作家平野啓一郎氏の対談を収めた『ウェブ人間論』を読みました。
ウェブ世界の現状と行く末について肯定&楽観的な梅田氏と
懐疑&やや悲観的?な平野氏の忌憚のない意見のやりとりが
なかなか興味深いです。
平野氏の一徹さと梅田氏の柔軟さがよく見えます。
頑固だから悪い、柔軟だから良いという意味では決してなく。
違うフィールドで活躍する人々がひとつのテーマを巡って、
立ち位置の違いからどんな論点の違いを見せるかを
観察するという意味で。

5時前に早めの夕食を済ませたせいか、
今頃お腹がグーグーなっています。トホホ…

2007/1/28

慌ててはいけません。  日々のよしなしごと

昨日のことです。街頭にあるATM機が置かれたBOXでのこと。
私がお金を引き出そうとして中に入ったら、
直後に男性?が息せき切って駆け込んで来て、
隣の機械を使い始めました。ピッピッとリズミカルな音が聞こえる。
私の方はと言うと、タッチパネルが苦手でモタモタしていました。
私が操作を終わらないうちに隣のATMからは
「ありがとうございました」のメッセージ。
隣の人は脱兎の如く、また駆けて行ったのでした。

しかしこれで終わらなかったのです。
続きを読む

2007/1/26

(5)『酒井家のしあわせ』  映画(2007-08年公開)

結構深刻な内容の映画が続いたので、
すっかり肩が重くなってしまった。
これはバランスを取らなきゃと思って見たのが、
上映終了も近い『酒井家のしあわせ』

ピン芸人の友近(これは苗字なの?)が映画初出演で、
ユースケ・サンタマリアと夫婦を演じている。
続きを読む

2007/1/22

(4)『不都合な真実』(AN INCONVENIENT TRUTH)  映画(2007-08年公開)

大学時代から地球温暖化について注目して来たという
ゴア元米副大統領。そのゴア氏が地球温暖化問題の啓蒙の為
世界各地で精力的に行っているスライドトークの模様に、
時折、氏の評伝(その生い立ちから現在まで)が挟み込まれた
ドキュメンタリー。エコ・サンデーの昨日、家族で見て来ました。
続きを読む

2007/1/22

ひとごとではない『それでもボクはやってない』  映画(2007-08年公開)

改めて、タイトルに挙げた作品について。

昨夜『スタメン』というテレビ番組に、
本作を手掛けた周防正行監督が出演されていました。
続きを読む

2007/1/21

(3)『それでもボクはやってない』  映画(2007-08年公開)

満員電車では、男性は両手を高く掲げるか、
両手でヒシとカバンを胸に抱くか、
して乗らないとエライこっちゃ



続きを読む

2007/1/20

『不都合な真実』が500円で見られるぞ!  映画(2007-08年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

牛乳パックでお馴染み?の日本テトラパック社の協賛により、
映画『不都合な真実』がTOHOシネマズ系列5館において、
指定された日曜日に500円で見ることができます。

題して、
「日本テトラパック」プレゼンツ 
映画『不都合な真実』エコサンデー500円キャンペーン
〜日曜日はみんなでエコを考えよう!
 

詳しくは以下のサイトにアクセスしてみてね!
該当の各TOHOシネマズのサイトでもチケットが買えます。
私はもう買いました!

エコサンデー500円キャンペーン

2007/1/19

(2)ダーウィンの悪夢(2004年、仏、オーストリア、ベルギー合作)  映画(2007-08年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

以前、当ブログで”外来種による既存の生態系の破壊” 
に関連して取り上げたことのあるドキュメンタリー映画である。
この種の、世の不正・不条理(特に「南北問題」)を告発する
ドキュメンタリー映像を目にするたびに、
極東アジアの小国ながら、先進国かつ経済大国として
位置づけられる”日本”に生まれ育った自分が、
”搾取する側”にいることを、否応なく意識せざるを得ない。
見終わった後に、どこか後ろめたい罪悪感のようなものが、
心の澱となって残る重苦しさはどうしても否めない。
続きを読む

2007/1/19

レパートリーを増やす  「食」についての話題

クリックすると元のサイズで表示します
私のレシピ・カード。
書き込んだり、切り抜きをそのまま貼り付けたり…
大学の時に教わった”情報カード活用法”の応用です(笑)。


実家の母が父の病気を機に外で働きに出るようになってから、
(他の働くお母さん方はそうではないと思いますが)
徐々に料理は手抜きがちとなり、
同じようなメニューが繰り返されることが多くなりました。
それが子供心に悲しかったのを思い出します。
私も炊飯とおかず一品と汁物作りを担当していましたが、
いかんせんレパートリーが少ない。
それで利用したのが雑誌や新聞に掲載されたレシピでした。
時々そのレシピを見ながら料理を作ったりしたものです。
続きを読む

2007/1/17

拡大路線は止めるべきなのだろう…  日々のよしなしごと

でも止めないんだろうなあ…(T.T)

クリックすると元のサイズで表示します
映画『不都合な真実』より(UIP JAPAN)

ゴア元米副大統領が、自身が出演するドキュメンタリー映画
『不都合な真実』のジャパン・プレミア出席のため来日した。
「筑紫哲也ニュース23」では、そのゴア氏を招いて、
地球温暖化問題に関する特集を先程まで放映していた。
続きを読む

2007/1/15

今朝のニュースを見て〜賃上げよりも…  はなこ的考察―良いこと探し

もっと大事なことがあるんじゃないの?

今日、経団連会長(雇用者代表)と連合会長(労働者代表)の
会談が行われるそうだ(→午前中に行われた)
今朝のニュースでは”春闘の賃上げ交渉の前哨戦”
というような取り上げられ方をしていた
(正午のニュースでは、実質、春闘のスタートと言っていた)。
いざなぎを超える?好景気と言われながらも
企業が景気の先行き不透明感から賃上げを渋るのに対して、
労働者は、利益を正当に働く側にも還元しろと主張する。


続きを読む

2007/1/12

人はどこまで寛容になれるのか、日々試されている?  はなこ的考察―良いこと探し

私は、ある事柄について他者と意見の対立があったとしても、
そのことによってその人を全否定することはなく、
その人の良い点(長所、素晴らしい行為など)は
素直に認めるよう心がけているつもでりす
(その際、相手との関係がどうであろうと関係ない。
良いものは良い、というスタンスです)



続きを読む

2007/1/10

(1)今年の見初めは『リトル・ミス・サンシャイン』  映画(2007-08年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
走り乗れっ、ポンコツ・ワゴンへ!

「市場原理主義」とか、「成果主義」とか、
「勝ち組」とか、「負け組」とか、
イイ加減疲れませんか?今の世の中!


続きを読む

2007/1/10

感謝したいこと。嬉しかったこと。  はなこ的考察―良いこと探し

困った時、辛いとき、悲しい時、落ち込んだ時、
手を差し伸べてくれる人がいる。
有り難いことです。
その善意を無にしてはいけませんね。
感謝してお受けする。
あ〜世の中、まだまだ捨てたもんじゃないです。


続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ