2006/12/29

中華街の名店『江山楼』  日々のよしなしごと

墓参りの後は、徒歩で長崎の中華街、新地へ。横浜中華街に比べればかなり小規模ですが、当地ならではの味、ちゃんぽん、皿うどんが味わえます。
墓参りの帰り、そこの名店『江山楼』で、ちゃんぽんと皿うどんを食べるのが我が家の恒例です。


以上、携帯からの送信(2005年12月29日14:51)でした。

【以下、帰京後1月3日追記】

クリックすると元のサイズで表示します
食べることに気が早って、
うっかり写真に収めるのを忘れてしまったので、
店先のサンプルをパチリ。
イマドキのサンプルは本物そっくりな精巧さですね。


これが、我が家お薦めの江山楼(こうざんろう)皿うどん
(上・細麺)です。お好みで特製の甘酢をかけて食します。
とにかく麺が絶品!長崎の大抵の中華料理屋では、
皿うどんは当然のごとくメニューに入っておりますが、
この江山楼の皿うどんの麺に優る麺を私は知りません。
皿うどんは、店によってあんかけの味にはそれほどの差はなく、
やはり味の決め手は麺のような気がします。
その点、この江山楼の麺は、パリパリの固(揚げ)麺が、
上にのったあんかけの熱で徐々に柔らかくなり、
あんかけの具材と融け合う(他店の物はベチャーとするのですが、
江山楼の麺は”とろける”と言った感じ…具材と麺の
味のハーモニーと麺の食感は病みつきになること間違いなし。
ボリューム満点なのに、お値段も上で945円とお手頃。
他にちゃんぽんもお薦めです。
いつ訪ねても、待ち行列の絶えない店です。
長崎ご訪問の機会には、是非ご賞味あれ。クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/12/29

興福寺で墓参り  携帯電話から投稿

今日は墓参りの為、寺町にある興福寺に行きました。
この寺は日本最古の黄檗(おうばく)宗の寺で、日本にいんげん豆を伝えたとされる隠元和尚ゆかりの寺でもあります。
今日の長崎は、雲ひとつない晴天ですが、身を切るような冷たい風が吹きすさぶ寒い日となっています。

0

2006/12/28

ハウステンボス  携帯電話から投稿

まだ正月休みには早いということで、長年長崎に通いながら一度も行ったことのなかったハウステンボスに行って来ました。
昨日はデジカメ中心に撮影したせいか、うっかりしてハウステンボスならではの風景を携帯カメラに収めるのを忘れてしまいました。
クリスマス休暇でオランダ人は帰国しているのか、一人も見当たらず、入場者自体少なくて、会場内は閑散としていました。
ハウステンボスは正しくオランダの町並みを再現はしておりますが、やはり旅情を醸し出すのは風景だけでなく、地元の人の暮らしぶりなどなのでしょう。
オランダ人のいないハウステンボスなんて、なんだか…奇妙です。
しかも昨日は中国や韓国の団体客がことのほか多く、大声で話すわ、列に割り込むわで、せっかくの町の雰囲気も台無しでした。よくよく考えれば、私たち日本人の団体ツアーも海外では疎ましく思われているかもしれませんね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/12/27


まだ正月準備には早いので、昨日は昨年開館したばかりの『長崎歴史文化博物館』に行って来ました。
代官所跡に出来た博物館で、代官所内の一部復元(靴を脱いで見学)や長崎ならではの鎖国時代から近代にかけての海外との関わりなどを、工夫を凝らした展示で、見応えがありました。
私が特に感心したのは、長崎の風俗を表現したジオラマの精巧さです。長崎訪問の機会がありましたら、是非一度足をお運び下さい。ちなみに、この博物館の設計を手掛けたのも黒川紀章氏の事務所のようです。


0

2006/12/25

嬉しかったこと&お知らせ  日々のよしなしごと

クリックすると元のサイズで表示します

今日の午後の便で九州に帰省します。
嫁としての務めを果たして来ます(^o^)。

昨日のクリスマス・イブに、思いがけず息子から
プレゼントを貰いました。

写真のテディ・ベアです。
私の好きなシリーズ(TY バディ)のもの。
ノエル」と名付けました。

時間があれば、帰省先で携帯電話を使って
こちらに記事を投稿するかもしれません。
たぶん、台所仕事に忙殺されるので、
そう簡単には行かないと思いますが…

こちらにお越しの皆様へ

本年は弊ブログを読んで下さったり、
コメントを下さったりと、ありがとうございました。
個人的な備忘録という体裁ながら、
読んで下さる方々がいらっしゃることが、
ブログを継続する励みになったと思います。
弊ブログに引き続き来年もお越しいただければ嬉しいです。
お体に気を付けて、良い年をお迎え下さい。

はなこ
0

2006/12/23

人間が余計なことをするとロクなことがない  はなこ的考察―良いこと探し

以前、沖縄で「ハブマングース」の決闘ショーを
見たことがあります(映画『007 カジノ・ロワイヤル』でも
「コブラとマングース」の決闘シーンがありましたね)

マングースは外来種で元々沖縄には生息していなかったのだとか。
ハブ駆除に役立てようと外から持ってきて、
ハブの生息する山野にも放ったのでしょうか?

続きを読む
0

2006/12/21

『敬愛なるベートーヴェン』(原題:Copying Beethoven)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

私は音楽に関しては楽譜もまともに読めないほどの門外漢ですが、
楽曲を聴くのは大好きです。邦楽、洋楽、クラシック、ポップス、
ジャズ、そして演歌とジャンルを問わず。
「素晴らしいものはジャンルを超えて素晴らしい」というスタンス。
だから我が家のCDラックには、バッハから石川さゆりまで
揃っています(笑)。

さて、本作はベートーヴェンの『第九』初演前後の物語を軸に、
彼の最晩年の姿を描いた作品。
続きを読む
1

2006/12/17

家族揃って『武士の一分』を見た…  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

珍しく息子の方から時代劇映画を見たいと言い出した。
今話題の『武士の一分』である。
これには彼なりのちょっとした理由があった。
2004年に単行本の発行部数が一億冊を超えた人気漫画
『スラムダンク』の作者井上雄彦氏のもうひとつのヒット作
『バガボンド』に影響されて、と言って良いだろうか。

そもそも息子と井上雄彦作品との出会いにも面白いものがある。
当初私の担当美容師であったK君(若干20代半ばながら
プロ意識をしっかり持った腕の良い美容師です)
には、
今や家族全員がお世話になっている。
そのK君が漫画好きの息子に『スラムダンク』は必読だ!と
強く薦めたことが、息子と井上雄彦漫画との出会いだった。
『スラムダンク』にいたく感動した息子は、
井上氏のもうひとつの代表作『バカボンド』へ手を伸ばした。
そしてこれにすっかりハマッてしまったのである。

それだけではない。今度は『バガボンド』の着想の元となった
吉川英治の『宮本武蔵』を読みたいと言いだし、
学校図書館にないと知るや自ら市立図書館に足を運び、
貸し出しカードを発行して貰うと、分厚い単行本を借りて来て
今夢中になって読んでいる。あの読書嫌いの息子が、である。

当初は文庫本を探していたが、結果的には単行本で良かった。
なぜなら単行本には豊富な(味わい深い)挿絵があり、
それがちょうど頃合い良く紙面に登場して、
長文にはまだ不慣れな息子には、”箸休め”のようになっている。

私は息子が漫画好きであることを嫌だとは思っていない。
自分自身、子供時代には沢山の漫画を読んだのだから。
ただ漫画と並行して、活字の詰まった本も読んだ。
息子にもできれば同じように程よいバランスで漫画と活字の
両方に親しんで欲しいとかねがね思っていた。
それが思いがけない展開で実現している。

して、映画『武士の一分』についての息子の感想はと言うと、
「剣を交えるシーンが少なくてちょっと物足りない」らしい。
そりゃそうだ。これは藤沢周平作品で、剣術小説とは違うのだから。
藤沢作品は海外にいた時に取り寄せていた『オール読物』で
当時は藤沢氏も存命中だったから、新作中編をよく読んでいた。
設定は時代ものながら、作品が描いている世界観は
普遍的なものであり、今にも通じるものがあった。
本作でも印象が鮮烈だったのは、夫婦愛であり思いやりである。

山田監督も本作で”平凡な日常の尊さ”を描きたかったと
仰っていたように記憶している。
食事シーンというのは何もホームドラマの独壇場ではなく、
時代劇でも、日常生活を描く上で欠かせないシーンのようだ。
池波正太郎原作の、岸谷五朗の主演で久しぶりにリメイクされた
テレビ時代劇『藤枝梅安』でも、2時間の放映時間の間に
何度となく食事シーンが出て来て印象的だった。殺人のシーンと、
仲間と鍋を囲みながらほくほくと煮えた大根を食べるシーン。
その対照性が際だてば際だつほど、梅安の仕事の非情さと、
何気ない平凡な日々の尊さが心に沁みて来た。

以下はネタバレです。
続きを読む
0

2006/12/15

”こ食”にもいろいろあることをご存知ですか?  「食」についての話題

今日の昼のNHKのトーク番組に、
服部幸應(ゆきお)さんが出演されていました。
氏はかつて人気を博したテレビ番組「料理の鉄人」で
審査員を務めた方ですが、
本職は栄養士や調理師を養成する専門学校の校長先生です。
そして15年も前から「食育」の啓蒙活動をされていた方。
校名を調理師-ではなく服部栄養専門学校としている点にも、
氏の「食育」への拘りが窺えます。

【参考リンク】服部幸應氏プロフィール

氏は7年前から各方面に「食育」の重要性を訴え、
それが昨年「食育基本法」制定へと結実しました。
これは見方を変えれば、法律で定めなければならないほど、
日本の食卓が危機的状況にあるということを示しています。
国民が自律的に豊かな食生活を築けないから
国が音頭を取ることになった。国の管理下に置かれたのです。

【参考リンク】「食育基本法」

番組の中で興味深いフリップが登場しました。
真ん中に「こ食」、それを囲むように
6種類の漢字が充てられた「こ」食。

個食…家族でひとつの食卓を囲みながら
      各々はそれぞれ自分の好きな料理を食べること
孤食…ひとりで食事をすること
小食…食べる量が少ないこと(極端なダイエット等)
固食…固定食、自分の好きな決まった物しか食べないこと
粉食…パン・うどん等、穀類の粉を原料とした食物を
      主食とすること
濃食…濃い味付けの料理を好んで食べること

最近、家庭科で栄養学の基礎を学んだ息子曰く、さらに
戸食(戸)外で買ってきた出来合いの料理
     (=「中(なか)食」と最近は呼ぶらしい)を食べること。 
      もしくは戸外で食べるという意味で「外食」のこと。
というのもあるらしい。
試みにネットで検索すると
子食…子供達だけで食事をすること
というのもありました。多種多様な「こ食」にオドロキ?!

服部氏は現在の我が国の食生活の問題は、
これらの「こ食」にあると指摘されました。
私なんぞ、恥ずかしながら昼は大抵「粉食」ですね。
社会人入学をした2度目の大学生活でも、
同級生の中には一人暮らしの地方出身者で、
カロリーメイトを常備していた子がいました。
上述の「こ食」の問題は、結構身近な問題なのかもしれません。

服部氏がなぜ「食育」に拘るのか?
「こ食」の何が問題なのか?
氏は「食」という字を分解して、
」とは「い」「」を作るということなのだ、
と言われました。
今、起きている人間を巡るさまざまな問題は、
ひとつには食生活の貧困が原因だと。
食生活は家庭生活の基本で、人を育てる基本であると。
だから食生活をおろそかにしてはいけないと。

(例えば、友人に聞いた話では、
ある少年院で院生に対してアンケートをとったところ、
全員が物心ついた頃から家庭でまともに朝食を食べたことがない
という驚くべき事実が明らかになったと言う。
「全員」と言うのに慄然とした。
つまり親が朝食を作らないので、仕方なしに朝食を摂らない、
或いはコンビニで菓子パンを買って食べる等して、
それまで生きて来たのである(←「欠食」と「こ食」の複合的要素が当てはまる)。
ここで深刻なのは、体の空腹感よりも心の空腹感ではないだろうか?
親に顧みられない院生達の寂しさ、悲しさは、いかばかりだっただろう?
家庭における食事は、イコール親の愛情の有無に関わってくるのだと思う。
子供たちが愛情に飢えた状態で、
どうして真っ直ぐに育つことができるというのだろう?)


「最後の晩餐には何を召し上がりたいですか?」との
視聴者からの質問には
「おむすび!」と即答された氏。
「もっとお米を食べましょう。日本人の食の基本です。」

我が家の息子は高校では部活をしておらず
(今、友人達と軽音楽部を創部しようと奔走してますが、
顧問を引き受けて下さる先生がなかなか見つかりません)、
午後5時前には帰宅します。玄関に入るや否や
「ただいま、お母さん腹減った!何か食べる物ある?」
そこで私がいつも差し出すのは「おむすび」です。
少し大きめのシンプルな「ゴマしおむすび」。
それを息子は一気に平らげると「あ〜うまかった」と満足げ。
我が家では、息子が幼稚園の頃からそうでした。
おやつ、夕食前の腹ごしらえはこれで十分なんだと思う。
甘いお菓子なんて本当はあまり要らないのです。

「食育」に関しては10年近く前に、広島県福山市立女子短大
教授(当時)鈴木雅子さんの著書も読んだことがあります。
その頃、中学生の暴力事件が続発し、鈴木先生の
「乱れた食生活が産む『現代型栄養失調』が、子供の心に
影響を与えている」と栄養学者の立場から論じた研究が
注目され、マスコミでも度々取り上げられていました。
私は今でも鈴木先生を取り上げた新聞記事の切り抜きを
冷蔵庫に貼って、折に触れて読み返しています。

すっかり黄ばんでしまった切り抜き…クリックすると元のサイズで表示します

今日の服部先生の熱のこもったお話に、
食事を作る立場の人間(=特に子供が幼い時は”保護者”)は
責任重大
なんだなと、
改めて身の引き締まる思いがしました。

3

2006/12/14

自分達がしっかりしないと今に…  はなこ的考察―良いこと探し

最近何度となく図書館利用者のマナーの悪さが
マスコミで取り上げられている。

公共財であるはずの図書館の蔵書に、
棒線が引かれていたり、落書きがされていたり、
雑誌は写真の部分が切り抜かれていたり、
一部ページが抜かれていたり…

これは例えば路上へのタバコやゴミのポイ捨て、
映画館での飲食後に出たゴミの放置、粗大ゴミの不法投棄、
街中至るところで見かけるスプレーインキでの落書き等と
同根の問題なのかもしれない。
続きを読む
0

2006/12/13

ベビーカー、便利な道具だけど…  はなこのMEMO

最近の若いママ達はおしゃれだ。
颯爽と流行のファッションに身を包み、
足下(もと)はハイヒールで決めていたりする。
今の季節だとブーツだろうか。
そのおしゃれ心のお助けグッズのひとつがベビーカーだろう。
ここ数年ではないだろうか?ベビーカーに赤ちゃんを乗せ
外出する若いママ達の姿を多く見かけるようになったのは。
これはママ・ファッションを指南する育児雑誌の影響が
大きいらしい。
続きを読む
0

2006/12/13

子供は大人を見ている  はなこのMEMO

クリックすると元のサイズで表示します
(写真はヨミウリ・オンラインより)

毎年恒例の「今年の漢字」。その選定は今年で12回目だそうだ。

今年の漢字は

京都・清水寺貫主の力強い筆致で書かれた文字が、
テレビ画面に映し出されていた。
大晦日まで清水寺で展示されるとか。

【参考リンク】読売新聞より関連記事

災害、事故、いじめ問題の一方で
皇室に秋篠宮殿下以来の男の子の誕生…と、
命の重みを考えさせられる出来事が多かった1年
ということのようだ。
続きを読む
0

2006/12/12

誇りを持つということ〜『揺らぐ近代:日本画と洋画のはざまに』  文化・芸術(展覧会&講演会)

クリックすると元のサイズで表示します

東京国立近代美術館で開催中の展覧会
『揺らぐ近代:日本画と洋画のはざまに』を
ギャラリートークの帰りに同僚ボランティアと見て来ました。
続きを読む
0

2006/12/12

佐藤ゆかり議員  はなこのMEMO

野田聖子議員の自民党復党で、
佐藤ゆかり議員が激高している。
続きを読む
0

2006/12/11

ある意味、ブレ続ける…  はなこ的考察―良いこと探し

我が家では久しく朝日新聞を購読していたが、
その後夫の仕事上、日経も必要ということになり、
数年間は二紙を購読していた。
しかし家計のリストラを断行(って大袈裟・笑)するにあたり、
新聞代だけで1万円近くの出費は果たして意味があるのか、
という話になり、費用対効果や情報の信頼性を検討した結果、
論調に賛同できる部分が少なくなって来た朝日の購読を止め、
もっぱら経済を切り口に記事を書いている、思想的にはニュートラル
(もしかしたら”経済至上主義”というべきかもしれないが)
日経のみを購読することにした。
そして最近は、産経新聞系列のタブロイド紙
サンケイ・エクスプレス(以下サンケイ-)のお試し購読を機に、
とりあえず3カ月の契約でサンケイ-も現在購読中である。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ