2006/5/31

プライドと偏見  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

もう10年以上も前になりますが、海外駐在時、友人夫婦が
英国駐在だったこともあって、何度か英国を訪ねました。
英国はロンドンも良いけど、カントリーサイドが絶品です。
キーラ・ナイトレイ主演の☆『プライドと偏見』は、
そのカントリーサイドの風景がふんだんに盛り込まれていて、
とにかく映像の美しさには魅了されます。

続きを読む
0

2006/5/31

オリバー・ツイスト  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

19世紀ロンドンを舞台とした、
孤児オリバー・ツイストの物語。
家族で安心して見られる作品ですね。

続きを読む
1

2006/5/29

ダ・ヴィンチ・コード  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日に家族で見て来ました。
既にご覧になった方の感想をブログ等で拝見する限り、
原作を読まないことには理解し難いとあったので、
私は原作を読んでからと思っていたのですが…

続きを読む
0

2006/5/27

思わず足を止めて、見た  はなこ的考察―良いこと探し

クリックすると元のサイズで表示します

自宅マンションの敷地内にひっそりと一輪だけ咲いていた。
どこから飛んできて、ここに根付いたのか?
小ぶりで、まるで迷子になった子供のような心細さを、
その姿に感じてしまう。
実際はどんな場所でも根付いてしまう逞しさを持って
生きているのだろうけど。


【追記】06.05.28
翌日には無惨に茎がへし折れて地面に横たわっていました。
前夜の雨に打たれて折れたのか、
無断駐輪の自転車に踏み潰されたのか…
0

2006/5/26

薔薇の共演・競演・興宴  はなこ的考察―良いこと探し

美しいので、夢中でシャッターを切ってしまいました。
ひとつひとつ色合いも違うし、花弁の形状・数も違うし、
中には頭(こうべ)を垂れるものなどもあって
(その特徴から花のトンネルを作る際に用いられるそう)、
多彩で、豪華で、気品のある美しさは、
昔から人々を魅了して止まないのですね。
だから多くの人々によって改良がなされ、多くの品種が
開発され、それぞれに素敵な名前が付けられている。
まさに蘭と双璧を成す、花の女王ですね。
人間に喩えると、少し気位が高くて近寄りがたい女性かな。

もちろん、路地や野に咲く花にも心惹かれます。
花々がそれぞれの持ち味を発揮して咲き誇るのを見るのが
何より楽しいですね。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

左上から右下まで順に、
ミセス・J・レイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、
ジェーン・オースチン、プリンセス・オブ・ウェールズ、
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピエール・ド・ロンサール
0

2006/5/25

友人の家で薔薇三昧  携帯電話から投稿

今日は友人宅に招かれ、彼女が育てた自慢の薔薇の
花々を愛でて来ました。
今なら花屋で、手軽に素敵なものが手に入りますが、
株から丹精込めて育てられた鉢植えの薔薇には、
育てた人の愛情の深さが窺えて、味わい深いですね。
写真の薔薇には《プリンセス・オブ・ウェールズ》
と言う 名前が付いています。
故ダイアナ妃ゆかりの名ですね。
清楚で気品ある雰囲気を湛えています。
(携帯より送信。移動中の車中にて。)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/24

@足るを知れ?『ディック&ジェーン』  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

今年の見初めはジム・キャリーのコメディから。

主人公のディックが夢に描いた幸せは、
突然の会社の倒産から脆くも崩れ去ってしまう。
上昇志向の強いディック。夫婦共に少し見栄っ張り。
しかしいくら生活が困窮したからって、
犯罪に走るのはどうなんだろう?
コミカルに描いているけど、
結局自分本位な身勝手な行為だ。
一応それも、ディックやジェーンの”勝ち組”志向を
皮肉った描写らしい。
本作では、大企業やそれを支配するCEOの傲慢さも
十分皮肉っている。
皆、足るを知らないなあ、と思う。
しかしディックとジェーンを苦しめた元凶への復讐方法には
ユーモアがあって救いがある、かな。
最後のオチもブラック・ユーモアが利いていました(^_^)

本作は1976(本によっては77)年製作
”Fun With Dick&Jane”のリメイクのようです。
因みにその時のジェーン役はジェーン・フォンダ。
ハリウッドはホント、リメイク流行りですね。
0

2006/5/24

日本には日本ならではの良さがある  はなこ的考察―良いこと探し

最近たまたま見た番組で世界的に有名なバレリーナ
上野水香さんを見かけました。

プロのバレリーナに憧れる少女が
「外国人バレリーナの四肢の長さを見ると、
容姿的に見劣る日本人は太刀打ちできないのではないか?」
と、その揺れる心打ちを吐露すると、
上野さんは愛くるしい笑みを浮かべながら、
「そんなことはないですよ。
日本人には日本人ならではの良さがある。 
技術的には何ら遜色はないし、
日本人が持つ雰囲気を評価する人もいる
(上野さん自身「東洋のヴィーナス」と賞賛されている)。
表現力で悩むという意味では日本人も外国人も関係ない。
外国人にもコンプレックスはあるのです」
と答えていました。

続きを読む
0

2006/5/23

人生の大事なことは映画から学んだ  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
映画『ホテル・ルワンダ』
現時点で、今年一番の印象深い作品です。


繰り返しになりますが、普段、備忘録として細々と興味関心
の赴くままに書いているので、今回の『明日の記憶』を
きっかけとして、(私にしては)たくさんのTB&コメント
を多くの方からいただき、その返信にてんてこ舞状態です。
できるだけTBやコメントをいただいた方のブログへは訪問
して記事を拝見し、TBはもちろんのこと、コメントも
書かせていただいていますが、時間の都合上ままならない
こともあり失礼があるかもしれません。
その節はご容赦ください。

続きを読む
0

2006/5/21

『ポセイドン』 試写会報告  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

試写会に招かれておきながら言うのも何ですが、
試写会の意義とは何なのでしょう?
いつの頃から一般向け試写会が、これほどまでに盛況と
なったのでしょう?今や、一般公開に先駆け試写会を
実施するのは常識となっています。
映画愛好者の口コミ効果は、絶大な宣伝効果をもたらす
のかもしれませんが、同時に諸刃の剣でもあります。
もし、試写会での評判が芳しくなかったらどうするのか?
不評は好評と同じく、いえ、それ以上の早さで伝播する
可能性が否定できません。

作品によっては試写会に向かないものもあるのでは
ないでしょうか?例えば謎解きミステリーものなど。
公開前に試写会で散々露出して、公開時には既に飽きられて
いる作品も中にはあるのではないかと推察します。
今後は試写会流行を逆手に取って、あえて試写会をせずに、
映画ファンの飢餓感を煽る作品も出てくるかもしれません。
配給会社の宣伝戦略としては十分あり得る選択肢のひとつ
でしょう。


続きを読む
0

2006/5/19

ゴオ〜ル!(GOAL!)試写会報告  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

知人のお嬢さんが当選したものの、都合が悪くなった
というので譲り受けた試写会状。いざ会場に行ってみると、
やっぱり若い女の子達で熱気ムンムンでした。
「来週からテストだって言うのに、ここで映画なんか見て
いいんだろうか?」そう言ってキャハハと笑う。それが一人や
二人ではない。テストがあろうが、雨が降ろうが、はたまた
嵐が来ようが、楽しさを求めて彼女たちは動くのでしょう。
それが”若さ”というもんです。上映前の会場もザワザワと
いつになくうるさかった。ここでは私と夫が場違いなアウト
サイダーなので、身を縮こませて集団の中にまぎれました。

続きを読む
0

2006/5/19

RENT 見るべし!  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

作品の放つ圧倒的なエネルギーに、全身が金縛りにあった
とでも言おうか?
あるいは使い古された表現ながら、「身体に電流が走った」
とでも言おうか?
とにかく今でも、劇中曲のメロディーが頭の中でリフレイン
している。何度も何度も…
Five hundreds twenty-five thousands
six hundreds minutes


続きを読む
0

2006/5/18

今後の予定、他  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

『ゴール!』、『ポセイドン』の試写会が控えております。
レビューは他に『レント』を近々アップする予定です。


これまで細々と映画の感想などをしたためておりましたが、
『明日の記憶』という作品自身が持つ力なのか、
そのレビューに対し思いがけない反響があり、
多くの方からTBもいただいて、喜びや驚きと同時に
正直なところ戸惑ってもおります。

常々思うことは、作品と鑑賞者の関係は一対一のもので、
他人の映画評は参考にはなっても(新たな情報や視点を
与えてくれるのは確か)、その評価が絶対ということはなく
(たとえそれがプロの批評家の評価であっても)、
人それぞれに作品との関係があるのだろう、ということ。

鑑賞者それぞれのバックグラウンド、興味関心が違うのだから
着眼点が違うのはもとより、作品から受ける印象、
ひいては作品への思い入れが違って来るのは
当然と言えば当然。
(しかも、それさえ、個人史の過程でどんどん変化して行く
ものなのでしょう。その時々の関心興味はもちろんのこと、
知識の蓄積、経験の蓄積に伴う人間としての成熟によって、
作品との関わり方、理解の深度も違って来る。)

と言うことは、人が100人いれば、他人が何と言おうが
100人それぞれの映画との関わり方があり、「この1本」
があるはず。
だからこそ自分なりの想いは大事にしたいし、他の方々にも
その方なりの想いを大事にしていただきたいですね。

映画を愛する皆さんが、「これは!」と思う作品に
1本でも多く出会えますように。
0

2006/5/15

ナイロビの蜂(原題:The Constant Gardener)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

見る前にあまり期待し過ぎると、自分の中で妄想が膨らみ過ぎるのか(笑)、期待外れとは言わないまでも、少し肩透かしをくらったような戸惑いを覚えます。この作品もそうでした。

続きを読む
2

2006/5/14

今日は「母の日」  家族のことつれづれ

つい今しがた、息子が花束をプレゼントしてくれました。
全然予想もしていなかったことなので、ちょっとオドロキ
実は母の日に息子からプレゼントを貰うのは幼稚園以来。
ずっと何かプレゼントしたかったけど、
何をプレゼントすれば良いのかわからなかった、ですと。
それで金曜日に国語担当の女性教師に
「母の日の贈り物には何が良いですか?」と相談して、
花が良いんじゃない?とアドバイスを受けたのだそうです。
「いつの間に買って来たの?」と聞いたら、「さっき」
ですと。全然気付きませんでしたね。
それで花屋に行ったら、そこで同じマンションの1歳上の
女の子がアルバイトをしていたらしく、
買う時に気恥ずかしかったらしい。ははは…かわいいもんだ。


ジツハ、カーネーションノナマエサエ、シラナカッタラスイ…
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ