2006/4/26

かもめ食堂  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

『かもめ』
おししいはもちろんのこと、
おいしいもありますよん

群ようこさんは、今回初めて小説を
映画のために書き下ろしたそうですね。
今日、帰りにその本を書店で見つけました。
仕掛け人はあの幻冬舎の見城氏。
ほぉ〜なるほど、という感じです。
 
続きを読む

2006/4/26

明日の記憶(その2)  映画(2005-06年公開)

『明日の記憶』は著名な原作、監督、キャストの割には、
すごく地味な作品だと思います。
ひょっとしたらテレビの2時間ドラマ枠に納まるスケール
なのかもしれない。
それでもあえて映画化したのは、やっぱりテレビドラマは
”消費される”イメージが強いからかな?
”映画”として残したかった作り手の思い、
みたいなものを感じます。


◆堤幸彦監督の日常と共に「明日の記憶」への思いが
綴られています。
*監督のブログ⇒堤幸彦のページ

◆奥様の樋口可南子さんが渡辺謙さんの妻役で出演という縁
から始まった人気サイトの「明日の記憶」コーナー。
*ほぼ日刊イトイ新聞(コピーライター糸井重里氏のサイト)
より⇒「明日の記憶」と付き合う 

2006/4/26

明日の記憶(試写会報告)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

今や名実共に世界的な映画俳優となった渡辺謙の、
意外にも映画初主演作
(『天と地と』は白血病発症で無念の途中降板だったため、
本作が実質初主演作となります)。
ハリウッド滞在中に原作本と出会い、
その内容にいたく感動し、映画化を思い立ったという渡辺謙。
今回はエグゼクティブ・プロデューサーを兼ねています。

続きを読む

2006/4/26

リバティーン  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

Libertine…放蕩者というタイトルの示す通り、
ジョニー・デップ演じる第2代ロチェスター伯爵
ジョン・ウィルモット(以下、ジョニー)は
放蕩の限りを尽くして、30代の若さで病死する。
しかし、ただそれだけの人物ではない。
才気煥発で洞察力に優れ、時の国王をさえ、
そのシニカルな視点で
容赦ない風刺の俎上に乗せてしまうのだ。
その激しくも哀しい後半生を、本作は描いている。

続きを読む

2006/4/21

まどみちおなら、どんな詩を書くのだろう  はなこ的考察―良いこと探し

クリックすると元のサイズで表示します

先日テレビ番組で、タイトルを伏せてそのタイトルを当てる
というクイズがあった。

  詩・まど みちお

あんなに高いところを
人がわたっていく
せっかく みんなでこしらえた
きかいたちが
大いばりで あばれまわるのを
じゃましてはいけないと
できるだけ地球をとおく
よけて あるかなくてはと
あんなに高い雲の中を
よぼよぼ とぼとぼ
人がわたっていく

(『まどみちお詩集』ハルキ文庫・1998より)
続きを読む

2006/4/14

ロンドンでミュージカルを見る(1)  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示します
ピカデリー・サーカスから徒歩10分の所にある
プリンス・オブ・ウェールズ劇場
(Prince of Wales Theatre)。
ここで、ABBAの曲を元に作られたミュージカル
『マンマ・ミーア』が上演されています。
”プリンス・オブ・ウェールズ”と銘打っているだけあって、
設備は豪華です。


私が高校生の時、スウェーデン出身のポップスグループ
ABBAが、世界的な人気を博していました。
私も彼らの曲に夢中になりました。当時英語を一生懸命勉強
したのは、もっぱら彼らやイギリスのロックバンドQUEEN
の曲の歌詞の意味を理解したかったからです。
辞書と首っ引きで、彼らの曲の訳詞に挑戦したのが、
懐かしく思い出されます。その時のノート、残しておけば
よかったな。 

そのABBAの曲22曲をフューチャーしたミュージカル
『マンマ・ミーア』が、本場ロンドンのウエスト・エンドで
1999年初演の幕を開けてから以後、アメリカのブロード
ウェイでも、そして日本では劇団四季が上演し、
好評を博しています。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ABBAのオリジナルの歌詞に慣れ親しんだ私は、
どうしても四季版の翻訳の歌詞には違和感を持ってしまう。
そこで、どうせ見るならオリジナルを、チャンスがあれば
ロンドンのウエスト・エンドで見たいと思っていました。
幸運にもそのチャンスが巡って来たのです。
早速、どうやったら見ることができるのか、調べてみました。
 

続きを読む

2006/4/13

ロンドンからの日帰り旅〜コッツウォルズ(番外編)  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示します

バスツアーの後半から降り出した雨が、観光を終えて
ロンドンへと戻る頃には、どしゃ降りになりました。
バスは、コッツウォルズ地方を出てハイウエイに入ってから
しばらくすると、雨と雨が原因の事故(だったらしい)
による大渋滞に嵌ってしまいました。何と1時間半あまりも
殆ど動かない。おかげで予定の帰着時間より2時間近くも
遅れることに…。

途中下車も構わないというので、私と息子は私達が利用する
ハマースミス駅(Hammersmith Sta.)から4駅離れたグロース
ターロード駅(Gloucester Sta.)前で下車しました。ツアー中
行動を共にした彼女も偶然同じ場所で下車。しかし、ホテル
へは徒歩で帰れるとかで、その場でお別れしました。結局
互いに名前も名乗らず別れたのですが、Dで書いたように、
嬉しい言葉をいただき、爽やかな余韻の残る別れでした。


続きを読む

2006/4/12

ロンドンからの日帰り旅〜コッツウォルズ(5)旅の楽しみ  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示します

旅行の楽しみ

旅行の楽しみは景色を愛でたり、おいしい物を食べたり、
素敵なお土産を買うだけではないのは言うまでもありません。
旅先での人との出会いもまた、旅に彩りを添えてくれます。
旅の途中のほんのひととき、互いの時間が交差する。こんな
偶然は、そうあるものではありません。
だからこそ、その出会いは大切にしたいし、短い間でも
楽しく意味のある交わりを持ちたいものです。


続きを読む

2006/4/11

ロンドンからの日帰り旅〜コッツウォルズ(4)ブレナム宮殿  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示します
イギリスの元首相、ウィンストン・チャーチルにゆかりの深い
ブレナム宮殿。名門貴族マールバラ公爵の居城です。


ボートン・オン・ザ・ウォーターで40分ほど過ごし、
その後コッツウォルズ地方で最も標高の高いストウ・オン・
ザ・ウォルド(Stow On The Wold)
へ移動。
そこには昼食時間を含め1時間の滞在予定だったのですが、
ツアー会社が斡旋したパブのランチに思いの外時間がかかり
結局村を散策することもなく、ランチを食べただけで出発の
時間が来てしまいました。ここが団体ツアーの悲しいところ。

ランチはイギリス名物のロースト・ビーフとヨークシャー・
プディング。西洋わさび添えのロースト・ビーフはそれなりの
味で良かったものの、ヨークシャー・プディングが焦げ焦げで
とても食べられたものじゃない。30分以上待たされた挙げ句、
二人で15£もしたのですから、何だか損した気分です。
まあ、こういう失敗は旅につきものですが…他のツアー参加者
も苦笑しながら、村を後にしました。


続きを読む

2006/4/10

けぇ〜、いつになったら終わるんだぁ〜  ボランティア活動のこと

クリックすると元のサイズで表示します
皇居内の枝垂れ桜。やや盛りを過ぎて…色が今ひとつ。
というか…私のカメラの腕も今ひとつ(T.T)。

今、私も含めて5人のボランティアで、夏に実施する予定の
ワークショップ(以下WS)の企画を進めています。
美術館における教育普及ボランティアの活動も3年目に入り
今回初めてボランティアに美術館が夏季に実施する親子向け
WSの企画を任されたのです。
最初に手掛ける私達の仕事いかんで、今後さらにボランティア
の活動領域が広がるか否かが決まると言っても過言ではなく、
任された5人は、後に続く人々への責任をひしひしと感じつつ
かなり真剣モードで取り組んでいます。
 
続きを読む

2006/4/10

先進国の中で…  はなこ的考察―良いこと探し

若年層の性感染症やエイズ、若い女性の喫煙が
増えているのは、唯一日本だけだそうです。
これは何を意味するのでしょうね?

続きを読む

2006/4/7

ロンドンからの日帰り旅〜コッツウォルズ(3)ボートン…  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示します
次の訪問地は、街の中を清らかな小川が流れる景観が美しい
ボートン・オン・ザ・ウォーター
(Bourton-on-theーWater)
(写真はガイドブックより)。


村々の間には広大な田園風景が広がります。ずっと遠くの
地平線まで見渡せる清々しさは格別。こうした風景、村や
街の佇まいが気に入って、ここに暮らす有名人も多いのだ
そうです。車中でのシーラさんのその解説に思わず挙手して
聞いてしまいました。「For example?」。するとシーラさん
「(女優の)エリザベス・ハーレーや、(独出身でスーパー
モデルの)クローディア・シーファー」と即答。
”うゎ〜、グラビアで見たことのある彼女達が、ここのどこか
に住んでいるのねぇ。”ミーハー心が一瞬騒いだのでした。

続きを読む

2006/4/6

ロンドンからの日帰り旅〜コッツウォルズ(2)バーフォード  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示します
最初に立ち寄ったバーフォード(Burfotd)
ハイストリート(米語で言うところのメインストリート)。
食器や家具、小物、絵画などのアンティークを扱う店が
立ち並ぶ通りです。


旅行から戻って来て、いささか後悔しているのは、ここに
旅行記を載せるんであれば、もっと数多く、被写体もよく
考えて写真を撮るべきだったのかな、ということ。
ただ、それだけ旅行中、その場を楽しむことに集中していた
とも言えるわけで…例えば、こういうことはありませんか?
あまりにも美しい景色を目の前にして、
感動のあまり写真を撮ることも忘れ、
自分の網膜に焼き付けるかのごとく、見入ってしまうこと。
今さら後悔しても始まらないので、撮った分だけでもUPして
楽しかった旅行の一端をお見せできればと思います。

※コッツウォルズ地方を紹介するブログで、素敵な写真を
見つけました。ファームハウスに泊まる、という楽しみ方
もあるのですね。
カフェ薔薇うさぎへようこそ
実際にイギリスに住んでいた人による紹介記事も。
不便だからこそ、昔ながらの美しい自然や景観が残っており
ゆったりした時間が流れているのでしょうね。
【750日間限定】ロンドンで働く

続きを読む

2006/4/6

ロンドンからの日帰り旅〜コッツウォルズ地方(1)  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 
時系列にロンドン旅行について書こうと思ったのですが、
このところボランティア活動が忙しく(いろいろ資料を調べた
上でクイズを作ったり、文章にまとめなければならず結構
手間がかかります)、旅行記をまとめる時間(精神的余裕も)
がないので、旅行の時にふと思ったこと、考えたこと、
気付いたことを忘れないうちに、こちらに書き留めようと
思います。
 
続きを読む

2006/4/5

エンパイア・オブ・ウルフ(22)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

12月に公開されたばかりなので、
まだ日本のどこかで公開されているだろうし、
DVD化はかなり先のことか?
「クリムゾン・リバー」と同じ作家の原作らしいが、映画の
出来としては「クリムゾン〜」より格段に面白いと思う。
大小のどんでん返しが散りばめられ、
謎解きの面白さもあって、最後まで目が離せない展開。

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ