2006/3/31

SPIRIT(原題:フォ・ユァンジア、英語題:Fearless)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

私はジェット・リーが大好きなので、予告編を見た時から
是非見たいと思っていました。
先週の月曜日だったでしょうか?何とはなしに
NHK教育テレビの中国語会話講座を見ていたら、思いがけず
ジェット・リーのインタビュー映像が始まりました。
それは彼が本作『SPIRIT』の製作を決意した経緯を
語ったものだったのです。

続きを読む
0

2006/3/29

無事、帰国(^o^)/  携帯電話から投稿

6泊8日のロンドンの旅から、戻って参りました。
12年ぶりのロンドンは、日本の12年に比べたら、
その変化はより緩やかだったような気がします。
私にとって、前回の訪問と違っていたのは、
息子がすっかり成長して、頼もしい旅仲間となったこと。
旅の後半には、現地の地理にも交通網にも詳しくなって、
何かと心許ない私を、しっかりサポートしてくれました。
旅の詳しいご報告はまた改めて、こちらのブログで。
(写真は東京に向かう成田エクスプレス車中。
この記事は携帯から送信しました(^_^))クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/28


クリックすると元のサイズで表示します
ロンドンきっての繁華街ピカデリー・サーカスに向かう
ロンドンバスの2階一番前の座席からの眺め。
ロンドンの街は通りに面した建物に通り名が表記されて
いるので、現在地確認がやりやすいですね。


6泊8日の予定でロンドンに来ていますが、
あっという間に時間は過ぎて、もう明日帰国です。
久しぶりのロンドンでまず驚いたのは物価が高いこと。
これは日本円がイギリスポンドに対して弱いせいだと
思いますが、たいした料理でもないのに、
ランチでひとり軽く2000円は超えます。
日本の倍ですね(あ…私の場合ですけど)。
これには驚きました。

(この記事は、ピカデリー・サーカスにある
ジャパンセンター2階のPC(30分で2ポンド)から
送信しました。
今や至る所にネットカフェがあり、日本語の読み書きも
できるPCもあって、いやはや便利な世の中になった
ものです(^_^))
0

2006/3/21


クリックすると元のサイズで表示します
↑最近はこんな便利なものが…予定表、日記、食事記録、
スクラップ欄、支出管理表と至れり尽くせりの内容。
それぞれの箇所に書き込んで行けば、
私のオリジナルな旅行記ができるわけです。
書店の旅行本コーナーで見つけました。


7泊8日(内1泊は機中)の予定でイギリスに行って来ます。
今回は4月から高校生になる息子との二人旅です。
イギリスを訪ねるのはかれこれ10年ぶりでしょうか?
美術館・博物館巡りを中心に、ウエストエンドでマチネーの
『マンマ・ミーア』を見て来ます。これはチケットマスター
で既に座席は確保済み。前から2番目の良席が取れました。

別に資金が潤沢にあるわけでもなく、結構ケチケチな旅に
なりそうです。旅費は4年かけてコツコツ貯めたもので、
夫の勤続25年の祝いに会社から頂いた旅行券も合算して、
支払いました。
息子にとっては物心ついてからは3度目の海外となります。
小1の時に米ニューヨーク、小4の時にイタリア、そして
今回の英国ロンドン。若い感性で、何かを掴んで欲しい。
私が西洋美術を勉強しているせいか、西洋に偏りがちですが
今後政情が安定すれば、以前住んでいた中東にも彼を連れて
行きたい。

普段の生活で英語を使うことは殆どないし、果たして自分の
語学力で大丈夫か不安な面もありますが、失敗もある意味
楽しめる人間なので、”冒険”のつもりで挑戦です。
電子辞書という強い味方もいるし(^_^;)、息子もいるし?!
もし、可能なら現地のインターネットカフェから、旅日記を
書き込みたいと思っていますが…そんな余裕はないかな?
0

2006/3/19

クラッシュ  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

『ミリオンダラー・ベイビー』の製作・脚本を手掛け
たポール・ハギスの初監督作品でもある本作。
多彩な出演陣を揃えて、複雑に交錯したエピソードと、
その因果関係。誰が主役というわけではなく、誰もが主役。
私の好きなタイプの映画です。ドラマはまずプロットが
しっかりしていなきゃね。本作は良く出来た脚本だなと思う。


続きを読む
1

2006/3/16

少しは成長したかな?>自分  はなこ的考察―良いこと探し

昨日、電車は混んでいた。
途中、老女と娘、孫2人(1人幼児)の家族が乗車して来た。
私の立つ場所に近い優先席には初老の男性と女性と
その間に挟まれるように熱心にマンガに読みふける青年。
ほぼ満員に近い車内で、幼児の手をひいて立つわけにも
いかず、祖母や母親が代わる代わる幼児を抱きかかえる。
片手に幼児、もう一方の手にはつり革。
電車は時折大きく揺れる。そのたびにその家族を見遣った。

「危ないな〜。でも…」心の中で呻吟する。
どうしよう。マンガに夢中な青年に声をかけようか。
しかし、どういう風に。
「アノここは優先席なんですケド…この席を必要としている
人がいるんですケド…」なんだかまどろっこしい。
「だから何?」って睨み返されたら、無視されたら…
そうしたら…
「アナタ、妊娠してないでしょ、幼児連れでもないし、
ケガしているようにも体が不自由にも見えないし、
お年寄りでもないし…」って反駁しようか
…でもこれって強引。私って何様?
いや、別にエバっているわけではなく、もし冷たい反応
されたら、どうして良いのかわからないというか、
過剰な正義感でついついカッとなってしまうというか…
私の勝手な妄想の間にも電車は揺れる。足下はふらつく。



続きを読む
0

2006/3/16

李鳳宇シネカノン社長  映画(2005-06年公開)

『パッチギ』が韓国上映を果たした経緯が、
昨日、今日とフジテレビの佐々木恭子アナのレポートで
テレビ放映された(朝のワイドショー)。

昨日は井筒監督、今朝は李鳳宇(リ・ポンウ)社長に
フォーカスしたレポート。
李社長はシネカノンという映画会社を経営し、
映画の製作と東京と関西で計5館の映画館経営も手掛ける。
最近は韓国屈指の繁華街?明洞でも映画館をオープン。
そのうちのひとつは日本映画を専門に上映する。
その上映第一弾が、社長自らプロデュースを手掛けた
『パッチギ』なのだ。テレビでは、舞台挨拶と上映後の監督
と観客のトークセッションの模様も放映された。
これは李社長のかねてからの念願だった。
在日一世の父と二世の母との間に生まれ、
両親の苦労を目の当たりにして育った李社長は、
自分が映画界で活躍し、日韓の架け橋になることが、
両親の苦難の人生を肯定することに繋がると信じて、
ここまで頑張って来たのだという。


続きを読む
0

2006/3/14

Oバタフライ・エフェクト  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

主演はアシュトン・カッチャー。
昨年、デミ・ムーアと結婚したのが記憶に新しい。
2003年には『ピープル』誌で
「世界で最も美しい50人」に選ばれた、
ハリウッド若手トップスターの一人。
その彼が脚本に惚れ込み、製作総指揮をとった本作。
05年度最高と絶賛する批評家もいます。



続きを読む
1

2006/3/14

N旅するジーンズと16歳の夏(米)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

どうしてこんなに良い映画が単館上映なんだろう?
できるだけ沢山の人〜今、青春真っ盛りの10代に、
かつて10代だった人にも〜見てもらいたい
至極真っ当な、夢のある、良心的な作品なのに。
見た人それぞれに、感動がある作品だと思う。
かつての自分が懐かしく思い出されたり、
大いに共感するところがあったり、慰められたり、
励まされたり…この作品が、前に進むべきか迷っている背中
を押してくれるかもしれない(そんなパワーを持っている)。
青春期の苦しさ、切なさ、悲しさ、ほろ苦さ、
そして心を許しあえる友達のありがたさを
実に見事に描いている。



続きを読む
0

2006/3/14

Mキャプテン・ウルフ  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
↑これ、一応チラシなんですよ。
ヴィンの顔に沿って切り取った変型チラシ。


キャプテン・ウルフは無敵のハウスキーパーなのだ。

若手アクション・スターの一人、ヴィン・ディーゼル主演の
ファミリー向け健全コメディとでも言いましょうか。
なんたってディズニー・エンタテインメント制作ですから。
 

続きを読む
0

2006/3/12

ブログ・タイトル、変えました(お知らせ)  日々のよしなしごと

ブログを始めて3カ月あまり、心境の変化、体調の変化も
ありまして、当初のタイトルが自分自身にフィットしない、
違和感を覚えるようになりました。
別に全てに達観した枯淡の境地とまでは行きませんが、
「熱血」というほどでもないな、と。
ただ相変わらず四方にアンテナ張って、
いろいろ眺めてはおります。
ということで、わたくし、はなこのアンテナがキャッチした
もの、アンテナに偶然ひっかかったものなんぞについて、
つらつらと書いて行こうかと思っております。
ブログのありかたについても、そう堅苦しく考えることなく、
自分自身の変化に併せて、その都度軌道修正して行けば
良いかな、と考えております。悪しからずm(_ _)m。
夜更かしはお肌に良くありませんね。おやすみなさい
0

2006/3/11

L銀河ヒッチハイク・ガイド  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
「あ〜僕は何てダメなんだ」と
何かにつけ落ち込むマーヴィン。憎めないヤツです。


原題:THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
新聞の映画評ではイマイチだったのですが、
私は気に入りました。

元々SF大好きなので、どうしても点が甘くなるのですが、
すごくウィットに富んでて、ユーモアに溢れてて、
スケールが大きくて、映像が美しくて、
アニメが楽しくて、意外にマジメに語っていて…

役者もいい。芸達者なサム・ロックウェル、
言わずと知れた名優ジョン・マルコビッチに
主役の平凡なイギリス人男性アーサーを演じた
マーティン・フリーマンとキュートなヒロインを演じた
ハリウッド期待の若手ズーイー・デシャネル。
私は知らなかったのですが、アーサーの親友役には
米ヒップホップ界のスター、モス・デフ。
それからそれから、鬱なロボット、
マーヴィンが愛らしく笑いを誘う。

監督はあのスパイク・ジョーンズの推薦を受けて、
ミュージック・ビデオ界では、
すでにその才能を高く評価されているという
ガース・ジェニングスが担当。

原作はダグラス・アダムズの伝説的カルトSF小説で、
作者自身が3年の歳月をかけて脚色。
書き上げた直後、彼が突然の心臓発作で49歳の若さで
他界したため絶筆となったのを補筆して
今回の映画化に至ったようです。

この作品の本来の持ち味(世界観)を堪能しようと思うなら、
映画館の大きなスクリーンと音響設備で
是非体験して欲しかったけど…

銀河をヒッチハイクするアーサー達が手にする
電子ガイドブック「銀河ヒッチハイクガイド」の裏表紙には
”DON’T PANIC”の文字。
何を目にしようと、何が起ころうと、
パニクるな(慌てふためくな)!ってことですねい。

追伸…(ネタバレあり!)
続きを読む
0

2006/3/11

Kサマー・タイムマシーン・ブルース(日本)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

最近注目の若手女優上野樹里が主演のひとりに名を連ね、
『交渉人 真下正義』で小気味よい演出を見せてくれた
本広克行監督の最新作。

四国・香川を舞台にした、ノー天気な大学生たちの、
タイムマシンを巡るドタバタを描いた本作。
出演者全員がおトボケキャラで「こんなことでいーのか?」
と思わなくもないのですが、
「クソ暑いし〜、ま〜いいか〜」と許したくなる。
そのユルさ加減が本作の魅力なのかな〜(^_^)>

上映が始まってからの10分間くらいは意味不明。
「いったい、何の物語なんだ」、
時折入る金属音(?)、摩擦音(?)は何なんだろう?
と思いながら見続けると、
段々と映画の中の彼らのチョット無責任モード&
ユル〜いペースに巻き込まれて行く。
次第に”タイムマシン”絡みで、
話が加速度的にこんがらがって来て、
「卵が先か?ニワトリが先か?」的な展開となり、
「いったい、どんな風に着地するんだ〜」
と頭の混乱がピークに達したところで、
最後はちょっとしたオチがついてオワリ。

キマジメな方、映画に感動を求める方には
オススメできません。でも見終わった後、
少しばかり脳ミソはこなれて柔らかくなっているカモ…
(^_^)ね。HP見あたらず。
0

2006/3/11

Jショーン・オブ・ザ・デッド(日本未公開)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
ボケボケ画像でスミマセンm(_ _)m

『ランド・オブ・ザ・デッド』に絡めて、ご紹介します。
オススメなので。
タイトルの映画は、昨秋WOWOWでも放映されました。
本作は正統派ゾンビ映画のパロディで、
ダメダメ男達がゾンビの蔓延したロンドンの街で、
しっちゃかめっちゃかで、おトボケなサバイバル劇を
展開する、一応ホラーです。
しかしながら、B級的お笑い満載で(一応ゾンビ映画なので、
それなりに残虐シーンもあってR−15的扱いなのですが…
あんまり可笑しいので、不謹慎にも)家族で大笑いでした。

とにかく主人公のふたりがたまりません。
「おいおい」と何度もツッコミを入れたくなる。
イギリスの階級カテゴリーで言えば、
ワーキングクラスのふたりですね。仕事、暮らしぶり。
最後のオチにもイギリス的ユーモアがあって…
私は気に入りました。
どうして、日本で未公開なんだろう?
公開すれば、それなりにウケたと思うんだけど。

ショーンとは主人公の名前。
ご覧になる機会があれば、是非どうぞ。
0

2006/3/11

Iランド・オブ・ザ・デッド(米)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
この映画はゾンビ映画の巨匠、
本家本元ジョージ・A・ロメロ監督久々の登場ということで
(↑78年公開の『ゾンビ』はその後のホラー映画に多大な
影響を与えたと言われている)、
近年のゾンビ映画とは一線を画す内容となっている、
というのが一般の映画評。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ