2016/11/10


 「自分は周りの人より劣っている(周りの人は自分より優れている)」
 と思っているくらいがちょうど良い。

 なぜなら、人を傲慢に見下さずに済むから。
 そうした態度で人と接しなければ、無用な敵も作らずに済むから。

 でも、このことによる最大のメリットは、
 謙虚になることで、他の人から学べるところを見つけやすいこと。
 結果的に、自分の人間的成長の余地をより多く残すことができること。

 だからと言って、卑屈になる必要はないし、
 自分を卑下するのとも違う。
 とかく人間は「うぬぼれ鏡」で自分を見がちだから、 
 自分を過信するなってことかな。
 いつも、自分にそう言い聞かせている。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ