2016/3/7

息子がとうとう車を買ったらしい…  家族のことつれづれ

 先日、北関東に住んでいる息子から電話があり、ついに車を買ったとのこと。

 買ったのは25年物のHONDA BEAT、白のハードトップ(屋根を取り外せばオープンカーになるタイプ)。私は知らなかったけれど、two seaterの軽のスポーツカーらしい。なんと16万qも走行した車らしい。しかし、根強い人気のある車らしく、発売から25年経った今でも6割の車が未だ現役だそうだ。

 今回買った車のユーザーは息子が3人目で、大学時代の同じ部の先輩から7万円?!で譲って貰ったそうだ。先輩は発売されたばかりの同じくHONDAの軽スポーツカーS660を最近購入したので、後輩のよしみで息子に4年乗った愛車を格安で譲ってくれたらしい(今でも中古車市場では数十万円で取引されている車だ)

 息子が大学時代に所属し、部長も務めた部は、専攻内容に直結した研究系の部だったけれど、現役部員だけでなくOBとの関わりも深く、息子は卒業後も何かと先輩方にお世話になっている。就職した会社にも何人か先輩がおられるようだ。知らない土地で暮らす息子には、その存在がどれだけ心強いことだろう。

 ところで、息子はアパートを借りる時にも、なぜか自分の年齢と同じ築年数に拘っていたけれど(その時は「どうして、それより新しい物件が幾らでもあるのに、震災の危険もある中、わざわざ古い物件を選ぶのか?アホか?」と言って止めた)、初めてのマイカーも自分と同い年の車を選ぶという拘りぶり。意味不明。何を考えているんだか。そもそも、こんな古い車、メンテナンスも大変だろうに。

 とにかくメンテを欠かさずに安全運転を心掛けてね、とは言っておいた。

 とは言え、近いうちに息子の住む北関東を訪ねて、息子の愛車に乗せて貰おうと思う。マニュアル車なので、長いことマニュアル車を運転したことがない私は、運転できないだろうなあ…尤も息子も私に運転なんて許してくれないだろうけれど



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ