2006/5/29

ダ・ヴィンチ・コード  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日に家族で見て来ました。
既にご覧になった方の感想をブログ等で拝見する限り、
原作を読まないことには理解し難いとあったので、
私は原作を読んでからと思っていたのですが…


やっぱりジェットコースターな展開で、肝心の?謎解きの
部分はあまり理解できなかった、というのが正直なところ。
それは夫も、息子(←の場合、当然か!『ナイロビの蜂』でさえ
理解できないとボヤいていたのだから)
も同じ。

謎解きモノなので、ひとつひとつのエピソードが
どう繋がって行くのかが重要ですが、
とにかく展開が早いので、ひとつひとつを自分の脳内で
反芻し、自分なりに咀嚼して結びつける余裕がない。
おそらく原作を読んだ方も、舞台となった場所を映像で
確認する面白さはあっても、
原作で味わったような、一歩一歩真実へと近付いて行く、
謎解きならではのワクワク感はなかったのでは
ないでしょうか?
まっ長編小説の映画化では仕方のないことなんですけどね。
細部を楽しむ、という小説の楽しさを映像で表現するのは、
娯楽映画の名手ロン・ハワード監督を以てしても至難の技で
あったことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

物語そのものについて少し感じたことを。
映画の最後に「すべてフィクションであり、実在の団体とは
一切関係ない」というような断り書きを添えるくらいなら、
実在する団体の名前を使うことはなかったのにと思う。
確かに思わせぶりで人騒がせな内容だけど、
これを真に受けて騒いだりしたら作者の術中に嵌ったも同然。
実際ハマッてしまった国、組織は数知れず。ボイコット運動
を起こすほどの内容でもなかったと思うのですが…
不信心者(一応学生時代に通算5年間教会に通い洗礼も受け
ました。今は離れていますが息子がミッション系の学校に
通うなど、細々とは繋がっています)
だから言えることなのか?
逆にマスコミ報道やブログを見る限り、意外にも個人は
(クリスチャンであるか否かには関係なく)
冷静に受け止めているように見受けられるのが面白い。

結局、内容は映画のクライマックスでトム・ハンクス演じる
ラングドンに語らせた言葉からも判るように、作者は物語に
あくまでも神の下(もと)の権威を振りかざす組織への
皮肉を込めたのであって、信仰そのものを否定しているわけ
ではないようです。
やはり神の国は自分の内に存在する、
ということでなのしょうか?
信仰とは神と個人との1対1の関係なのであると。

原作を読んだら、また改めて感想を書いてみたいと思います。

ところで最近気になる配給会社の宣伝戦略と作品自体との
ビミョーなズレ。この映画の宣伝コピーにも違和感が。

「ダ・ヴィンチは、その微笑みに何を仕組んだのか」って?
これにつられて見に行った純粋な映画ファン
(原作を未読という意味で)は、たぶん「?」だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は”レオナルド・ダ・ヴィンチ”という名の薔薇です。
友人の家の庭で撮影。


また、昨晩TBSの世界遺産はダ・ヴィンチの作品を巡る
特別ヴァージョンとも言うべき内容でしたが、
最後のヴィンチ村の映像をバックにした解説で、
「両親の愛情に守られながら…」という下りに、
またまた疑問符が。私が本や資料を読んだ限りでは、
ダ・ヴィンチは父親の名前は明らかになってはいても、
私生児として生まれ(母親は中東から連れて来られた
下女という説も)、孤独な少年時代を過ごした、とあります。
確かにヴィンチ村が彼を育んだ側面は否めませんが、
けっして愛情に恵まれていたわけではなかった。
それが彼の人格形成に及ぼした影響は計り知れないはずで、
世界遺産の解説には「あれれ?」と思ったわけです。
それとも最新の学説に基づいたものなのかな?
【蛇足】イタリア語のdaは英語のfromに相当する前置詞で、
定冠詞ではありません。だからレオナルド・ダ・ヴィンチは
ヴィンチ(村)出身のレオナルド、ということになります。
「そんなの常識!」と言われたら、ハイそれまでよ




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/7/5  9:42

 

映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観賞。

ダン・ブラウン原作。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノほかが出演。

まだ原作を読... 

2006/6/18  23:32

 



ダ・ヴィンチは、

その微笑みに、何を仕組んだのか。



今年最大の事件が遂に始まる。




 

2006/6/16  16:58

 

今年最大の話題作。
公開日に見ましたが、やっと書くことができました^^;
キリスト教のタブーを題材としているので、公開前から賛否両論のこの映画。
見る前からちょっと不安もあったんですが・・・。

 

2006/6/15  2:00

 

「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。

キ... 

2006/6/11  22:06

 

ダン・ブラウンの同名のベストセラーの映画化です。
原作は周りがあまりに面白いというので読んだけれど
私は「へぇー」という感じでそれほどでもありませんでした。
映画館で鑑賞。

閉館後のルーヴル美術館 

2006/6/10  11:50

 

ダ・ビンチ・コード
これって、話題の映画?ですよね。 トム・ハンクス 主演、ロン・ハワード 監督。原作はダン・ブラウン のベストセラー、、、ぁ、原作はおもしろいのね?たぶん、、、 てなわけなさそう、、... 

2006/6/5  1:21

 

S氏より「ダ・ヴィンチ・コード」を借りた。
カンヌ映画祭では良い評価ではなかったものの、公開してから客足はそこそこらしい。見終わっての評価は、5段階評価のうちの3.2といったところでしょうか。のっけか 

2006/6/2  1:31

 

さすが世間を騒がせているだけのことはありますね〓(^^;
これは予備知識がないと、かなりキツイかもしれませんわ(笑) 

2006/6/1  17:11

 

28日にジストシネマで世界で話題の映画「ダビンチコード」と和歌山で話題の映画「ストロベリーフィールズ」をはしごして見ました。
まず「ダビンチ」の方のストーリーはルーブルでの殺人事件をきっかけに二人 

2006/6/1  6:16

 

 公開前から前評判が高いばかりでなく、世界各地でカトリック教徒を中心にボイコット運動が起きた作品。  ということで、今年、いや近年最大の問題 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ