2006/5/18

今後の予定、他  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

『ゴール!』、『ポセイドン』の試写会が控えております。
レビューは他に『レント』を近々アップする予定です。


これまで細々と映画の感想などをしたためておりましたが、
『明日の記憶』という作品自身が持つ力なのか、
そのレビューに対し思いがけない反響があり、
多くの方からTBもいただいて、喜びや驚きと同時に
正直なところ戸惑ってもおります。

常々思うことは、作品と鑑賞者の関係は一対一のもので、
他人の映画評は参考にはなっても(新たな情報や視点を
与えてくれるのは確か)、その評価が絶対ということはなく
(たとえそれがプロの批評家の評価であっても)、
人それぞれに作品との関係があるのだろう、ということ。

鑑賞者それぞれのバックグラウンド、興味関心が違うのだから
着眼点が違うのはもとより、作品から受ける印象、
ひいては作品への思い入れが違って来るのは
当然と言えば当然。
(しかも、それさえ、個人史の過程でどんどん変化して行く
ものなのでしょう。その時々の関心興味はもちろんのこと、
知識の蓄積、経験の蓄積に伴う人間としての成熟によって、
作品との関わり方、理解の深度も違って来る。)

と言うことは、人が100人いれば、他人が何と言おうが
100人それぞれの映画との関わり方があり、「この1本」
があるはず。
だからこそ自分なりの想いは大事にしたいし、他の方々にも
その方なりの想いを大事にしていただきたいですね。

映画を愛する皆さんが、「これは!」と思う作品に
1本でも多く出会えますように。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ