2015/4/16

初「六本木ヒルズ・レジデンス」  日々のよしなしごと

 今日は六本木に住んでいると言う方にご自宅に招待されて、友人数人と連れだって行ってみたら、なんとご自宅は、かの有名な六本木ヒルズ・レジデンスだった。

 いつもならミーハー精神発揮して、そびえ立つ六本木ヒルズを愛機のサイバーショット携帯で写真に納めるところだけれど、あいにく数日前から故障で修理に出しているので、今回、残念ながら写真はなし。

 全員、六本木ヒルズ・レジデンスは初めてだったので、まずエントランス探しで右往左往。どうにかエントランスまで辿り着いたものの、中に入れない。結局、エントランスまで迎えに来て貰った。

 中に入るとホテルライクなレセプションがあった。壁には100号大のピカソの版画がさりげなく掛けられている。30畳?ほどの広さの応接室もあった。

 エレベーターで30階?まで一気に上って、ご自宅へ。開放的なリビングは50u位だろうか?キッチンなどの設えは全て海外製で、オーブンなんて日本製の倍以上のサイズはある。確かにここは日本のはずなのに、日本じゃないみたい。

 窓の外を見ればかなり遠くまでの景色が望める。夜景はさぞかしゴージャスなんだろうな。

 ご招待下さった方は、気さくなアジア系アメリカ人。ご主人の仕事の関係で日本にいらしているらしい。

 実は、広さや設えに関しては、私自身海外で暮らした経験があるので、そんなに驚きはなかった。しかし、場所は六本木。しかも森ビルが社の威信をかけて建てた六本木ヒルズである。社会的ステータス(経済的成功者?)を意味する「ヒルズ族」なる言葉まで生みだした六本木ヒルズである。その点に圧倒される。

 以前、知人に誘われる形で、ロイヤル・ダッチ・シェルの日本支社長のお宅にも伺ったことがあるけれど、海外トップ・エグゼクティブにあてがわれる住まいは、どこも日本離れした広さとゴージャスさで、彼我の圧倒的な違いを思い知らされる。

 憧れるかと言えば、意外にそうでもない。ステータスに見合うだけの振る舞いやら、義務やらがセットで付いて来るに違いないので、自分には荷が重すぎる。違いが大きすぎて、憧れの対象にすらならないのかもしれない。

 私自身はあまり欲張らずに、気楽に、穏やかに暮らせたら、それで十分だ。それを再認識した、今回の訪問だった。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ