2006/4/26

明日の記憶(試写会報告)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

今や名実共に世界的な映画俳優となった渡辺謙の、
意外にも映画初主演作
(『天と地と』は白血病発症で無念の途中降板だったため、
本作が実質初主演作となります)。
ハリウッド滞在中に原作本と出会い、
その内容にいたく感動し、映画化を思い立ったという渡辺謙。
今回はエグゼクティブ・プロデューサーを兼ねています。


人間の真価が問われるのはどんな時なのでしょうか?
ひとつには、この映画で描かれたように、
病を得た時なのかもしれません。
それは同時に、周りにいる人間が試される時でもあります。
病を得た人間と今後も共に生きて行けるのか?
その人を変わりなく愛し続けることができるのか?
特に今回取り上げられたアルツハイマー病は、
それまで築き上げた人生を、人間関係を、思い出を
患者から奪い去るものです。
それは同時に、家族から、友人から、
(会社の同僚など)周囲の人間から、
かけがえのない人を奪い去るわけで…
とりわけ患者が徐々に衰え行く様子を、
すぐ側で見続けなければならない家族の哀しみは
いかばかりでしょうか?

今回は、主人公夫妻がほぼ同年代
(奥さんは私より5,6才年長ですが)なので、
やはり病を得た夫を支える妻の視点で見ずには
いられませんでした。
「私は枝実子さん(劇中、樋口可南子演じる妻)のように、
果たして振る舞えるのか?」
さまざまな場面に直面する中で、自問自答し続けました。

患者である夫と彼を支える妻の両方に
驚きがあり…戸惑いがあり…悲嘆がある。
そして絶望の後の受容。そこに至るまでのプロセスが
丁寧に描かれている。
ことさらドラマチックに悲劇性を強調することなく、
淡々と患者とその家族の数年を記録するような
抑制のきいた演出が、より現実的で、
見る側にも起こり得る問題として胸に迫って来ました。

「それでは、病を得たことは不幸でしかないのか?」
という問いかけに対する、この映画なりの応えは、
「人間、生きていりゃぁいいんだよ?」
という劇中の老陶芸家の言葉に
凝縮されているような気がします。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/1/22  12:32

 




カテゴリ
: ドラマ

製作年
: 2005年

製作国
: 日本

時間
: 122分

公開日
: 2006-05-13〜

監督
: 堤幸彦

出演
: 渡辺謙 樋口可南子 坂口憲二 吹石一恵 水川あさみ 木梨憲武 及川光博... 

2006/6/27  23:51

 

「あなたと生きる」
 
  俺が変わってしまっても、  俺が俺でなくなってしまっても平気なのか?                                   私が、          ... 

2006/6/27  12:14

 

西洋 占星術 でみる警戒心が強い? お茶目で、明るく、頭の良い人を選ぶ? 芸能界では抜群の配置?  

2006/6/25  17:52

 

『明日の記憶』
大手広告代理店の部長を務める佐伯雅行(渡辺謙)は、50歳を目前に大きなプロジェクトと娘の結婚を控えていました。そんな仕事も家庭も順風満帆だった中年男性に突如、病が襲います。病名は若... 

2006/6/4  15:38

 

人が存在する理由、それは必要だと言ってくれる人がいるからだと思います。この映画は、若年性アルツハイマーに犯された佐伯雅行という人物(渡辺謙)が、妻(樋口可南子)に支えられながら、病気を受容して生き... 

2006/5/30  11:53

 



明日の記憶

2006/05/13公開

監督:堤幸彦
渡辺謙
樋口可奈子
坂口憲二
吹石一恵
木梨憲武

この映画観たら木梨憲武が大嫌いになるかも。


主人公の雅行は結婚をひかえた娘をもち、
大きな... 

2006/5/29  20:24

 

‘夫婦の結び’の映画だと思う。
テーマとなるのは若年性アルツハイマー。
荻原氏の原作は1年以上前に読了。
その際非常に感銘を受けた。読みながら涙でグダグダ。。。

その映画化には期待もあった。
堤幸彦... 

2006/5/27  7:34

 

映画館で、出演:渡辺 謙/樋口可南子/坂口憲二/吹石一恵/水川あさみ/袴田吉彦/市川 勇/松村邦洋/MCU/遠藤憲一/木野 花/木梨憲武/及川光博/渡辺えり子/香川照之/田辺誠一/大滝秀治/原作:荻原 浩/脚本:砂本  

2006/5/24  19:32

 

 私の頭の中の消しゴムと同じく若年生アルツハイマーを題材とした明日の記憶。正直私の頭の中の消しゴムがつまらなかったので、あまり期待はしていなかったのですが。。。 

2006/5/21  20:16

 

明日の記憶
ごめんなさい、あたしはまた、謙さんが、ハリウッド出演の合間に、片手間に撮った映画かと、、、自らがエグゼクティブ・ブロデューサー、気合い入っていたんですね。 監督 堤幸彦
若年性アルツハ... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ