2006/4/7

ロンドンからの日帰り旅〜コッツウォルズ(3)ボートン…  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示します
次の訪問地は、街の中を清らかな小川が流れる景観が美しい
ボートン・オン・ザ・ウォーター
(Bourton-on-theーWater)
(写真はガイドブックより)。


村々の間には広大な田園風景が広がります。ずっと遠くの
地平線まで見渡せる清々しさは格別。こうした風景、村や
街の佇まいが気に入って、ここに暮らす有名人も多いのだ
そうです。車中でのシーラさんのその解説に思わず挙手して
聞いてしまいました。「For example?」。するとシーラさん
「(女優の)エリザベス・ハーレーや、(独出身でスーパー
モデルの)クローディア・シーファー」と即答。
”うゎ〜、グラビアで見たことのある彼女達が、ここのどこか
に住んでいるのねぇ。”ミーハー心が一瞬騒いだのでした。


11時40分、ボートン・オン・ザ・ウォーター到着。
コッツウォルズでも特に人気の高い街だそうで、
「コッツウォルズのベニス」と喩えられているそうですが、
ゴンドラが川を巡っているわけではありません。
なんせ水深はわずか10pほどだそうですから。とは言え、
底が透き通って見えるほど清澄で静かな流れはハチミツ色の
家並みと相俟って、ベニスに負けないくらい旅情たっぷりです。
のんびり水辺を散歩するだけでも楽しく心安まる感じです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 
(写真左)駐車場を降りて、街の中心へ向かうところ。
狭い路地にハチミツ色の家並みが続く。
(写真右)水辺をパチリ。散歩する人が多く行き交う中、
静かにせせらぐ小川と豊かな緑。なんとも言えない風情。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(左)木の枝垂れ具合に風情を感じて思わずパチリ。
(右)美しい景色に思わず顔もほころぶ。
 

散策の途中、民家の入り口にあったFlea Marketの看板に
惹かれて中に入ってみました。小さな部屋にテーブルが3つ。
その上に所狭しと物が置かれています。お馴染みのウェッジ
ウッド社製の陶器や、雑器、100年近く前のミニチュアールに
面白いところでは、カード・コレクションがきちんと額装されて
それなりの値段がついていました。プレミア・リーグの選手の
カードはともかく、若き日のビートルズのカードまで。何かの
おまけなのか、それともカード自体が売られていたのか
わかりませんが、熱烈なファンならつい買ってしまうかも。
とにかく私はアンティークの目利きではないので、それぞれ
の品に付けられた価格が妥当かどうかの見当がつかず、
ただ見るだけに留めました。

クリックすると元のサイズで表示します
イギリスと言えば、ティ〜・タイム。たまたま入った
土産物店で、愛らしいポピーの図柄と波打つようなカップの
形が気に入って買ってしまったカップ&ソーサー。
息子は同じ店でアンティークな形の小型ラジオを購入。
しかし、よくよく見るとラジオはMade in Chinaでした。
中国からはるばるイギリスのコッツウォルズを経由して
日本へ。よくある話ですね。高校生の時に文通していた
アメリカの女の子から誕生日プレゼントにもらった小皿。
これがなんとMade in Japanでした。これが本当の逆輸入?
でも、贈ってくれた相手の気持ちが大事。ラジオもどこで、
どういったシチュエーションで買ったかが大事。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ