2006/4/6

ロンドンからの日帰り旅〜コッツウォルズ地方(1)  英国旅行(2010年春&2015初秋)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 
時系列にロンドン旅行について書こうと思ったのですが、
このところボランティア活動が忙しく(いろいろ資料を調べた
上でクイズを作ったり、文章にまとめなければならず結構
手間がかかります)、旅行記をまとめる時間(精神的余裕も)
がないので、旅行の時にふと思ったこと、考えたこと、
気付いたことを忘れないうちに、こちらに書き留めようと
思います。
 

今回の旅行は近畿日本ツーリスト社の「フリープラン ロン
ドン8日間の旅」で、ホテルと飛行機以外はすべてフリー
でした(飛行機はANA直行便を指定。マイレージを貯めて
いるし飛行機だけでも日系だと気分的に楽だと思ったので)。
ロンドンは本格的な旅行としてはもう3度目ですし、私の中
ではロンドンでやりたいこと、見たいものは既に決まって
いたので、それで好都合でした。

旅程としては、美術館・博物館巡りを中心にロンドン市街を
観光する。しかし、1日くらいはロンドンを出たいと思い、
ロンドンに到着してから、ANAのツアーデスク(ロンドン
三越1階在)に赴き、日帰りバスツアーを申し込みました。

申し込んだのは、ゴールデンツアーズ社(GOLDEN TOURS)の
「ベスト・オブ・コッツウォルズ(Best of the Cotswolds
with Cream Tea)」。
ロンドンの西200キロに位置する
イギリスで最も美しいカントリーサイドと言われている村々
を巡った後、ウィンストン・チャーチル元首相の生家でもある
ブレナム宮殿を訪ねる、10時間の日帰りバスツアーです。
これは日英混合のツアーで、ガイドはバイリンガルだとの事。
ツアー会社によっては、日本人向け、もちろん英語、その他
の言語のツアーも実施されていますが、日英両方の言語で
どんなガイドをしているのか興味もあったので、数社ある中
からゴールデンツアー社のものを選びました。

クリックすると元のサイズで表示します
地図左下の黄色の部分がコッツウォルズ地方。右端に
ロンドンが見えます。2つの中間点にブレナム宮殿。


旅立つ前に、ネットや本でいろいろ調べたところ、この地方
は交通の便が悪いので、短期の旅行の場合は個人で行くより
日帰りのバスツアーへの参加がお薦め、とありました。
他にもロンドン発着のバスツアーには、ウィンザー城、
バース、ストーンヘンジ、オックスフォード、ストラットフォード
カンタベリー、ドーバーと単独の場所、或いは幾つかの場所
をまとめて見て回るツアーがあります。これらの場所は殆ど
前回の旅行の際に訪ねました。
今回はロンドンの市街地を中心とした観光ですが、イギリス
ならではのもうひとつの景観であるカントリーサイドも一応
は押さえたいところ。ということで、バスツアーに参加する
なら、行き先はコッツウォルズにしようと決めていました。

参加したのは、旅行5日目の3月26日(日)。午前8時半
にゴールデンツアー社のあるビクトリア駅(Victoria Sta.)
近くのショッピング・モールへ集合です。私達母子が滞在
していたホテル最寄りのハマースミス駅(Hammersmith Sta.)
からはディストリクト線(District line)で6つ目の駅です。
早めに出たのですが、電車が途中止まったりして思ったより
時間がかかり、集合5分前にどうにか到着しました(アセッタ)。

集合場所には、他のツアーの客も集合していて、ちゃんと
自分のツアーNO.を確認してから並ばないといけません。
ツアーガイドも制服を着ているわけではないので誰なのか
わからず、既に列に並んでいた人に聞いてもわからないと
言うので、とにかく自分の参加するツアーの番号の列の最後
尾に並びました。
並んでいると、他の列に並んでいる長身の白人女性がニコッ
と笑いかけたり、私達の後から来た年配の白人女性とその
息子と思しき男性が話しかけて来ました。後者はどうやら
ホテルからのピックアップサービスに漏れたらしく、慌てて
集合場所までタクシーで駆けつけたらしい。さぞかし焦った
ことでしょうね。(つづく…)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ