甘え上手のしぃな

2013/8/4 | 投稿者: marie





ハコは生後1カ月で我が家にやってきた。
まだまだ母親が恋しい月齢だったけど早くうちの子にしたいと言う想いで早々に知人から譲り受けてしまった。



私がハコの母親になってから早、8年。




だから今も 自分の事を犬だなんてこれっぽっちも思ってないのだと思う....
「ツーと言えばカー」 「あ・うんの呼吸」のような存在のハコ。



打って変わってもうひとりの娘、しぃな。


この子はこれまでに いろいろと苦労してきたんだろうなという所があちこちにありまして・・・・
東北の震災を経験したというだけで、「よくぞ生きてたね〜」って思うんですが・・・



今までに人とのかかわりが薄ーくて、飼い主から話しかけられたことなんかなかったんじゃないかなって思っていた。


来た当時、話しかけてもあさっての方向向いてるわ・・・・抱っこをするとジタバタジタバタ暴れるわ、何かでスイッチが入ると押さえきれないほど興奮状態になってしまうってな具合だった。
(まぁ今も、その名残がチラホラあるんですけどね・笑)


本能のままに生きてきたといいましょうかしら〜


そしてしぃちゃんがうちの子になって丸2年。。。
保護した当初からのブログを御存じの方は
「はぁ〜変われば変わるものね」  「時間は金なりね」とおっしゃるでしょうねぇ




みなさん、劇的ビフォーアフターなんですよ




足がかゆくて かゆくて口の中に入れちゃってます




ハハハハ〜〜




ゴハン後によくやるので、逆に口の中の食べ残しを足でとってるのかな?
歯に挟まった物を用事でシーシーする感じ?(笑



そこへ、娘っ子がリビングに入ってきました。
ここぞとばかりにそばに寄って 何かを訴えてますね





娘っ子はしぃちゃんの事を溺愛しているので、スリスリ寄ってきたらもうメロメロになっちゃうんです。



「私の元気のもと」といつも言ってますよ




しぃちゃん 何かを見つけたようです




ハコはあまり甘えてくるってことがないので、いつもテーブルのしたでこんな感じで寝ています
耳はダンボでね・・・・









食べるのも一生懸命なら 寝るのも一生懸命・・・・
でもこんな甘えんぼさんになるとはね〜


時間ってすごいですね。



ほとんどの保護犬も最初に来た日に比べると見違えるほどピカピカになって卒業していくのです。 


もし、家族に犬を迎えようとお考えの方がいらっしゃいましたら どうぞ保護犬からお願いします。
犬との生活は素晴らしいものです。 
よろしくお願いいたします





                みなさんのそばに赤い糸はありませんか? もし、見つけたら ちょっと たぐり寄せてみて頂けませんか? もしかしたら糸はここにつながっているかもしれません
         

       

7



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ