2008/6/30

島とうがらし  食べ物

沖縄の調味料「島とうがらし」をお土産にいただきました。
泡盛と酢の中にとうがらしを漬け込んだもので、ラー油のようなタバスコのような感じの調味料です。

初めて蓋を開けるときに、内側のキャップをひっぱってはがすようになってるのですが・・・ピッとはがした瞬間、中身が飛んで右目の中に!「んぎゃー!」・・・もちろんすぐに洗い流しましたが、食べる前から「これは激辛に違いない!」とわかる刺激でした。。。

ラーメンと餃子のタレに入れたらおいしかったです。


2008/4/7

豆腐にワサビとオリーブオイル  食べ物

高橋みどりさんの「おいしいヒミツ」という本に載っていた、有元葉子さんのレシピ。
「豆腐にワサビをのせて、上からオリーブオイルをかけ塩をふる」というもの。意外な組み合わせに驚き、ドキドキで試してみたところ、おぉぉっ、意外なおいしさ!
さっぱりしたチーズみたいな感じになります。ワインのおつまみによさそう。
今日は普通のつるんとした絹ごし豆腐で作りましたが、男前豆腐みたいなまったりした濃い味の豆腐で作っても違った感じでおいしいかも。

2008/2/6

初ピータン  食べ物

中華街のお土産で「ピータン」をいただいたので、生まれて初めてピータンを食べてみることに。存在は知っていたのですが、触るのも初めてです。

賞味期限が書いてなかったので、ネットで調べてみたところ、ピータンの袋には賞味期限が書いていないのが一般的(?!)で、大体製造日から1年くらいだそうです。(・・・でも製造日も書いてなかった;)

袋を開ける前から硫黄のような独特の匂い。
まずは卵にくっついている泥をおとすのですが、これがなかなか硬くて、水でさっと流しただけではびくともしません。けっこう力を入れてゴシゴシこすすると中から灰色のまだら模様の卵があらわれました。なんとなく恐竜の卵っぽい感じです。(ほんとはアヒルの卵。)
で、その殻(これも思ったより硬くてしっかりしてます。)をコツコツ、と割ると、わ〜!黒い!
普通のゆで卵の白身の部分が、コーヒーゼリー状に真っ黒プルプル。
そのゼリー状の部分をくずさないように殻をはずします。
「早く切ってみて!」とわくわくの子どもたちの前でおそるおそる包丁を入れると、中の黄身の部分はグレーのグラデーションになっていました。

くし型に切ったピータンの上に、ゴマ油と醤油とラー油で和えた白髪ネギをのせたものと、とうふの上にザーサイとネギのみじん切り(こちらもゴマ油と醤油で和える)をのっけたもの用意して、一緒に食べました。
強烈な見た目と独特の匂いのわりには、味は普通のゆで卵っぽい感じでした。
う〜ん、なるほど、ピータンってこういうものだったのねー。
まぁ出されたら食べるけど、自分で買って食べたい、というほどではないなぁ。。。
それにしても、この製造方法を思いついた人ってスゴイですね。





2008/1/13

シュガーママのシフォンケーキ  食べ物

図書館に行ったついでに、ネットで偶然みつけて気になっていたシフォンケーキのお店、シュガーママへ↓
http://www.mypl.jp/mypl/shop/index.php?shop=36373&skin=11001

線路沿いにあって、遠目に見たときはお団子とかおにぎりを売っているお店なのかな?と思っていたら、カゴに入って並んでいるのはいろんな種類のシフォンケーキなのでした!

直径15cmくらいの紙のシフォン型に入ったのと、カットしたものとあって、プレーン、バニラ、アールグレイ、ミルクティー、抹茶、かぼちゃ・・・などなど、どれもおいしそうで迷います。
悩んだすえに、バナナと黒ゴマを買いました。

どちらも、まさに清く正しい手作りの味!!甘さ控えめでふわふわしっとりで、とってもおいしかったです。
全種類試してみたくなりました。
これからは図書館に行くときにはもれなくシフォンケーキもついてくる♪
楽しみが増えました!

2007/12/2

らーめん  食べ物

クリックすると元のサイズで表示します
今日、夫が鶏ガラからダシをとってスープから作ってくれたらーめんです。
とってもおいしかったです。
記念すべき第一画像。うまく載せられるかな?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ