2008/10/10

カレー2種  食べ物

先日作ったカレー。
クリックすると元のサイズで表示します
写真ではあまりおいしそうに見えませんが、実際はとってもおいしかったのです!右側はほうれん草カレー。左はタイカレー風。

両方とも、途中までは一緒の材料。
じっくり炒めたタマネギに、鶏肉、トマト缶、自家製ガラムマサラ(初挑戦!先日買ってきたスパイス数種「クミン」「コリアンダー」「黒胡椒」「赤唐辛子」だったかな?分量は超適当・・・をミルサーに入れて混ぜて粉々にしたもの。)を加えて炒めます。
で、ほうれん草カレーには、ゆでたほうれん草をミキサーでドロドロにしたのを加えて完成。
タイカレー風には、ココナッツミルクを加えて完成。
黄色いごはんは、炊飯の際にターメリックとバターをひとかけら入れて炊いたものです。

そうそう、トムヤムクンも「トムヤムペースト」をゲットしてから再度作ってみた(写真は撮り忘れたのでありません;)のですが、トムヤムペーストが入るとやっぱり断然おいしかったです!



2008/10/2

ソムタムとトムヤムクン  食べ物

先日買ってきた食材を使うため、今日もタイ料理にチャレンジ。

今回初挑戦、青パパイヤのサラダ「ソムタム」。
クリックすると元のサイズで表示します
青パパイヤは沖縄でもみかけて気になっていた野菜です。どんな味なのかな〜とドキドキでしたが、青パパイヤ自体は全然クセがなく、ポリポリした大根みたいな感じでした。(このサラダでは、千切りにしてからさらに叩いてやわらかくするのがポイント。)
サラダの味付けは、「にんにく、干し海老の戻したもの、プリッキーヌ(タイの辛いとうがらし)、カシューナッツ」をすりつぶして混ぜたものと、ナンプラー、レモン汁で和えているので、タイ風味は満点。タイ風なます、といったところかな?

そして、おなじみの「トムヤムクン」。
クリックすると元のサイズで表示します
これまで家で作るときは、「トムヤムクンセット」という、ドライのハーブ類と、トムヤムペースト、チリインオイルなどが全部セットになってるもの(お手軽なのに美味しくできます。)を使っていたのですが、今回は生のレモングラスやカー(しょうが)、コブミカンの葉があるので、一から作ってみることに。
おなじみのあの味になりました!トムヤムペーストがなかったので、チリインオイルだけで作ったのですが、辛酸っぱくておいしかったです。

次はグリーンカレーか、挽き肉(または鶏肉)のバジル炒めごはんを作ってみたいです。

2008/9/30

上野アメ横  食べ物

先日書いたとおり、最近とうがらしにハマっています。
わが家で収穫したとうがらし。(長いのがハラペーニョ、小さくてコロンとしてるのがハバネロ。)↓
クリックすると元のサイズで表示します
パスタやサラダのトッピングなどに刻んで使っていましたが、とうがらしを活かしたさらなる料理を求め、図書館で本を借りてきたり・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します
ネットで情報を調べたりしているうち、「とうがらしの料理といえば、やっぱりタイ料理らしいよ?」「上野アメ横のセンタービルの地下街に、タイ料理などの食材のお店があるらしいよ!」ということになり、夫と行って来ました、上野アメ横。

わたしは上野は動物園と美術館と奏楽堂にちらっと行ったことがあるくらいで、もしかしたら10年ぶりくらい??というほど久しぶりでしたし、アメ横は右も左もわからないのですが、夫は学生時代にはアメ横大好きで通っていたらしく、久しぶりに行っても迷わずあちこち歩いて「やっぱり楽しいな〜!落ち着くな〜!アメ横!」と嬉々としていました。

さて、初めて行ったアメ横センタービル地下食材売り場は・・・階段を降りている途中から、独特の食材の匂いがたちこめ、中に入ればそこは異国!!
タイ・ヴェトナム・中国・韓国・インド(?)などの、ありとあらゆる香辛料や、初めて見る野菜、沖縄の市場もビックリな豚の顔・内臓いろいろ、やたら元気よく動いているスッポンやカニ、ほとんどグロテスクにも見える姿の魚・・・などなどがギッシリ並んでいました。
おまけに、お店の方も、お客さんも、英語ではない外国語をしゃべっています@@
「うわ〜!ここホントに日本なの?!」というくらい異国情緒たっぷりです。都心にこんな場所があるとは驚きでした。

夫がお目当ての「ネームソーセージ(タイのソーセージ。)ありますか?」と店員さんに尋ねても、「・・・ライム?・・・コレネ!」とライムの冷凍果汁の瓶を差し出されてしまうほど、日本語が通じないお店もありました^^;

あちこちのお店をのぞいて、チェックしていた食材をゲット↓
クリックすると元のサイズで表示します
左上は、たぶんタイのトウガラシ「プリッキーヌ」、真ん中の上のは青パパイヤ。その下がネームソーセージ、その横はコリアンダー、「レモングラス、カー(タイのしょうが)、コブミカンの葉のセット(←トムヤムクンなど、タイ料理には欠かせないスパイス。)」、下は、コリアンダー、クミン、クローヴなどなど、スパイスいろいろです。

スーパーで小瓶に入って売られているスパイスの10倍くらいの量が入っていて、どれも300円くらいでした^^

お昼ご飯は、上野駅ビルのアトレの中にある、「コカレストラン」というタイ料理店のランチを。平日ですが、ちょっと並んでから入りました。
わたしは「ひき肉のバジル炒めご飯と、トムヤムヌードル(←けっこう辛い!)のセット」、夫は「ひき肉のバジル炒めと、タイカレーのセット」を注文。どちらもスープ、サラダ、デザート(タピオカミルク。)まで付いて980円と、お得でしたし、おなかいっぱいになりました。

さて、帰ってきてさっそく夫が夕飯に作ってくれたのは、ネームソーセージ(ソーセージの中にコリコリした軟骨と、トウガラシの入ったもの。おいしい!)とコリアンダーのサラダ。ほんとはライムで酸味をつけるのですが、生のライムが見当たらなかったので、レモン汁で代用。

クリックすると元のサイズで表示します

コリアンダーが好きにはたまらない美味しさでした!子どもたちはコリアンダーの匂いがニガテなので、顔をしかめていましたが^^;

しばらくはこれらの食材で楽しめそうです!


2008/8/9

「小林カレー」  食べ物

「食べ物のなかでなによりも一番カレーが好きだ」「ノーカレー、ノーライフだぜ」と言い切る、ケンタロウさんカレーづくしのレシピ本。

クリックすると元のサイズで表示します
一冊丸ごと、全部カレー。なんと55種類ものカレーのレシピが満載!
「よくこんなに思いついたなぁ〜。」とまずはビックリ、そして「おぉ〜、これ、今家にある材料でできるじゃん!」「あ、この組み合わせは意外だけどおいしそう!」とか、本を見てるうちに「毎日カレーでもいいかも?」と思えてきてしまう、スゴイ本です。

まず一番に作ったのは、表紙の写真にもなっている「唐揚げカレー」。
鶏の唐揚げとナスの素揚げにカレー(←カレーは前に作って冷凍してあったのを使用。)をかける、という、大好物が三重になってるコテコテなカレー。唐揚げのカリッとカレーのトロ〜リが絶妙にマッチ!想像以上においしかった!

次に作ったのは、ナスとトマトのカレー。こちらはルーではなくてカレー粉を使って作るタイプなのですが、短時間でできるのに本格的な美味しさでビックリ!すでに夫はわたしがいない間にも作ったそうで、わが家の定番になりそう。

次はどのカレーを作ろうかなぁ〜。「えびクリームカレー」もおいしそうだし「豚肉となすのごまカレー」もいいし・・・毎日とまではいかなくても週1で試してみたくなります。(この本のを全部作ろうと思ったら、毎週違うカレーを作っても1年以上かかりますね。)

2008/7/31

クリスピー・クリーム・ドーナッツ  食べ物

久しぶりにららぽーとに行きました。
前に行ったのがいつだったか思い出せないくらい前なので、いろいろお店が入れ替わっていました。

噂のこのドーナッツ店も入っていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリスピー・クリーム・ドーナッツ
初体験です。

都内では2時間待ちとかいう話をニュースで見たことがあるのですが、はたして、ここはどうかな〜?・・・と思ったら、ディズニーランドにあるような行列目印用のテープがお店の前に張られ、30人くらいの人が外に並んでいて「10〜15分待ち」という看板が出ていました。
が、5分も並ぶと店内に入ることができました。

店に入ると、ガラスの向こうにドーナッツの製造過程が見られます。
子どものころの工場見学のようでおもしろいです。
並んだドーナッツ生地がベルトコンベアー式に流れてきて、油をくぐると一瞬できつね色になり、シロップの滝の中をくぐると、こうなります↓
クリックすると元のサイズで表示します

どんどんどんどん出来上がるドーナッツを見ながら順番を待っていると、店員さんが「揚げたてをどうぞ〜^^」と、行列の一人一人に一個ずつ、ドーナッツを配り始めるではありませんか!「えっ?タダで一個もらえちゃうの?太っ腹だねぇ。」とビックリ。
さっそくホカホカのドーナッツを口に入れると、フニャッとしてシュワーと溶けてしまうような感じ。ほぉぉ〜、これは初めての食感。甘くておいしい。人気があるのもわかる気がするわ。

お土産用の箱詰は、「オリジナル・グレーズド 12個入り」か、ほかのいろいろな種類が混ざっている「アソート 12個入り」のどちらか。たしか前にHAYAさんが「オリジナル・グレーズドがやっぱりおいしい」と日記に書かれていたような・・・と思い出し、また、いろんな種類の詰め合わせだと子どもたちがケンカになるので、「オリジナル〜」のほうにしました。

夜、時間が経ってから食べてみると、揚げたてのフニャ、シュワ〜ではなくて、外側の砂糖シロップがシャクッとして、中のドーナッツはふわっと揚げパンっぽい感じで、それはまたそれでおいしかったです。
・・・でも、わたしはミスタードーナッツのほうが好きだなー。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ