2008/10/30

テイスティング第2回目  食べ物

とうがらしテイスティング、2回目は、黄色系の唐辛子特集にしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
左上「アヒ・クリスタル」、右上「タイ・バンコク・アップライト」、左下「ホワイト・ブリット」、右下「オールド・マザーズ・ティート」。

写真だと色の違いがわかりづらいのですが、アヒ・クリスタルは透明感のあるクリームイエロー、オールド・マザーズ・ティートはちょっとグリーンがかったレモンイエロー。(両方とも、しし唐ぐらいの大きさです。)ホワイト・ブリットは鮮やかな黄色。

まずは「アヒ・クリスタル」から。生でかじっても全然辛くなく少し酸味があり、香りも味もグレープフルーツみたいな感じ。サラダに合いそう。オイル焼きは合いませんでした^^;

次は「オールド・マザーズ・ティート」。シークワーサーとメロンを足して割ったような香り。味もそんな感じかな〜と思いつつかじると、意外にもちょっと辛い!こちらも生食向けかな。

そして、小さくてコロンとかわいい「ホワイト・ブリット」。カラーピーマンのような香りがして、生でかじるとすっぱ辛くて、ちょっと苦味も。オイル焼きにすると、味も香りも濃くなり、かめばかむほど辛い!!くちびるがヒリヒリジンジンしてきました。(タラコ唇になっていそうな感じ。)う〜む、かわいい見た目とは裏腹に、なかなか刺激的です。

さて、見た目いかにも料理用の唐辛子の「タイ・バンコク・アップライト。タイ風鶏のバジル炒めご飯を作るのに使いました。
生でかじったときには「あ、普通の料理用の唐辛子だな。」というくらいにしか感じなかったのですが、炒めているとき匂いをかいでたら鼻の中がヒリヒリしだしたので、実は相当辛いのかも??(料理に使ってしまったあとでは唐辛子本体のみの味はよくわからず・・・^^;)
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、「タイ風鶏のバジル炒めご飯」の作り方は、
オリーブオイルで唐辛子と鶏を炒め、チリ・イン・オイルを加えてさらに炒め、紫タマネギと、バジルを加えてざっと炒めて、ナンプラーを加えて出来上がり。上からコリアンダーの葉っぱと、バジルを散らす。ご飯の上に目玉焼きものっける。超適当ですが、なんだかそれらしいものが出来上がりました。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ