2008/7/19

「羽田健太郎のピアノ初めて物語」  

「羽田健太郎のピアノ初めて物語〜海を渡った♪幻のメロディ♪ロマン紀行〜」(中央公論社)を読みました。

「日本初のピアノはどこから来たのか?」という謎を解くテレビ番組のロケのため、ハネケンこと羽田健太郎さんが旅したときのことを綴ったエッセイ。

日本に初めてピアノを持ち込んだのは、なんと、あのシーボルトなんだそうです!浜松の楽器博物館やピアノ工場を見学したあとで、シーボルトの足跡を辿って長崎、萩、そしてオランダ→ドイツ→イタリアへ。

ピアニストのハネケンさんならではのピアノや音楽にまつわるエピソードや、撮影中の思わぬハプニングなどの裏話、おいしいものとお酒が大好きだったハネケンさんの旅先での食事の記録などなど、おもしろい話が軽妙に語られて、一緒に旅をしている気分で読みました。

10年前に発行された本なので、たぶんこのテレビ番組もそのころ放送されたものだと思うのですが、見てみたかったな〜。再放送してくれないかな。

ハネケンさんが亡くなって1年以上経ちますが「題名のない音楽会」を見るたび、いまだに「あ・・・ハネケンさんじゃないんだ。。。」と思ってしまいます。(新しい司会者の佐渡さんもパワフルでステキな方ですが。)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ