2008/6/15

発表会(リハーサル)  ピアノ

集合写真を撮ったあと、大人の部のリハーサルです。
子どもの生徒さんとご家族のみなさんは帰られたので、ホールに残っているのは大人の出演者13人と、見学のご家族やお友達で「これならいつものオフ会と変わらないよね?」とねこりんさんと話していたのですが・・・
いざリハーサルが始まってみたら、いきなりホール中に張りつめる異様な緊張感!客席のみなさんも本番さながらにシーン・・・。
開演時間に間に合うよう、きっちり一人3分で「はいっ!終わりです。」と止められるのもドキドキ焦りを増す効果が。。。

さてわたしの番になりピアノの前に座って弾き始めると「あれ・・・なんか変・・・??」と違和感たっぷり。特に鍵盤が重いわけでもないのに、妙に弾きにくい。音が飛んでいかないし、イメージしている柔らかい音にならない;・・・と、指は震え出し、指だけでなく、これまで震えたことのない足までがブルブルブルブル・・・普段外さないところでも外しまくり、だんだん暗譜がぼやけていく感覚が・・・
「いやぁぁぁ〜〜っ!中間部くらいまではリハーサルで弾いておきたいけど・・・3分でどのへんまでいけるかな・・・なんとか流れに乗りたいけど、どんどん悪くなってる気が・・・」と、ほとんど気持ち悪くなりつつ弾いてたら「はい、終了です。」
ガーン!!ヤバイ!非常にヤバイ!・・・この感じは・・・プレイエルで「愛の悪夢」になっちゃったときと似てる!・・・あのときは楽譜があったからまだよかったけど、今日は暗譜;;いつも流れで弾いてるから、止まったらおしまいなのに!!

ピアノに触って慣れて安心することがリハーサルの役目なのに、かえって不安増大。。。
さぁ、どうなる?!

      ・・・続く。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ