2008/4/26

「クロイツェル・ソナタ」  

前に映画(DVD)を観た「クロイツェル・ソナタ」、トルストイの原作を読んでみました。
原作を読むと、映画版が上手く現代にリメイクされてるのがわかりました。たとえば、小説では長距離列車に乗り合わせた男が身の上を語る、という設定になってるところが、映画では飛行機になってたり。

小説ではちょっと読みづらかった前半部分の結婚観についての語り部分も、映画では上手くエピソードの中に盛り込まれていてさらっと見られたし。

そして何より、映画では視覚的に楽しめるように、奥さん役の女優さんがすごく美しかったり、インテリアが凝っていたりして、見ごたえがありました。

それと、原作読んで笑ってしまったくらいヴァイオリニストの男性がハマリ役!!トルストイに見せてあげたい〜!

さて、これから夏樹静子さんの「クロイツェル・ソナタ」も読んでみます。
ふだんミステリーは読まないので、夏樹さん初めてです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ