2007/3/12

ぶどうの丘へ(その2)  日記

葉っぱ一枚ないぶどう畑の横を歩きつつ、これがあと何ヶ月かすると、あの宝石のようなぶどうがぶら下がる光景になるのか。。。と不思議なくらい。
11時15分くらいにはぶどうの丘に到着。
朝の雨ですっかり冷えていたこともあり、まずは温泉へ!
前回来たときにはほったらかし温泉に行ったので、ぶどうの丘の中にある「天空の湯」は初めてです。

円形の建物のぐるりと半周が温泉になっていて一面の広い窓から青空が見えて、明る〜い。
時間が早かったからか空いていてほとんど貸切状態!
熱いお風呂と、ぬるめで泡がぶくぶくのお風呂(ジャグジーっていうんでしたっけ?)に分かれていて、横に寝た状態でぶくぶくできるスペースもあって「はぁぁ〜。。。極楽極楽〜。。。」
ぶくぶくとアツアツを交互に入って温まったら露天風呂へ。
ドアを開けると「うわ〜!!」丘の上から下に広がるぶどう畑を見下ろし、向かいには雪をかぶった山脈が見えて絶景です。
「ヤッホー!こんなにいいところ一人で来ちゃってもったいないくらいだねぇ。」手足をのばしてのびのび〜。
あまりにも気持ちよくて1時間くらい入っていたかな。

温泉でポカポカになったあとはレストランへ。
料理もおいしいし、眺めもよくて「このあとさらにコンサートなんてっ!うれしすぎー!」と一人ニヤニヤしつつワインも飲んで「大人になってよかったよ〜。」と思いました。

開場を待つ間は、お土産コーナーでワインやお菓子を物色。今回はさすがにワインカーブの試飲はやめておきました。コンサート中酔っ払っててじっくり聴けないといけないので^^

開場とともに、もちろん鍵盤の見える特等席へダッシュ。目の前にピカピカのカワイのフルコン☆ドキドキ。。。
いよいよ開演です。

次回へ続く♪


















トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ