2007/2/22

連弾練習用秘密兵器  レッスン

レッスンでした。今日は初めての曲ばかりです。

♪バッハ インヴェンション1番
今後はしばらくハノンはお休みして、かわりにインヴェンションをやってみる予定。ほかにもいろいろバッハの曲を弾けるようになりたいのでインヴェンションでバッハの基本を学ぼうと思います。
まずは1番。
通して弾いてみると・・・とりあえず弾けているのですが、ただのっぺりと弾いているだけの状態。
フレーズの区切りを統一したほうがよいところや、強弱のつけ方などを教えてもらいました。なるほど〜、バッハは考えつつ弾かないといけないのですね。

♪ショパン 別れの曲
「中間部がぐちゃぐちゃなのですが・・・;」と前置きして、まずは1回弾いてみました。先生「はぁ〜;;なるほど。。。なんとなくそれらしい音は出てましたけどあやしいですね;」

まず1ページ目のゆったりしたテーマ部分。ここは大体OK。メロディの響きを大事に。唐突に飛び出すような音や、雑な音を出さないように注意すること。

1ページ目の終わりから動きの出てくる中間部。
ゆっくり確認しつつ弾いていったら、♯を見落として弾いてるところとか、違う音を弾いてるところがボロボロとみつかりました;

2ページ目の終わりあたりから、和音の半音階みたいな感じで、右手は上がり、左手は下がっていくところ。
ゆっくり弾けばなんとか弾けるのですが、速くなるとぐちゃぐちゃに。
でも幸い音は合っているようなので、練習あるのみ。

3ページ目、右手と左手の和音が合わせ鏡のようになって激しく動くところ。わたし「ここ、どうやったら弾けるようになりますか?」先生「まずはゆっくり確実に弾けるようになってからテンポアップしてくしかないですね。」
むむ〜。やはり地道に練習するしかないのですね;

♪ある連弾曲
ふくふく♪で弾く予定のとある連弾曲。次はわたしがプリモ担当なのですが、1ページ目からいきなり謎のイントロ。知ってる曲だし譜面は簡単なのに、イメージがわかなくて、一人で練習していても埒があかなかったので、先生にセコンドを弾いてもらうことに。
お〜!なるほどなるほど。やっぱり連弾は二人のパートがあわさってこそ曲になるんですね。

「連弾って、一人のときはどうやって練習したらいいんでしょう?」と聞くと、「相手の方が弾いたのを録音してもらって、合わせて練習したほうがいいですよ。じゃないと一人で自分のパートだけ弾いてても、謎が深まりますよ^^;」とのことでした。
そういえば前にtさんと練習したとき、tさんはわたしの弾いた(間違いだらけで練習しにくかったかも;)のを録音して、連弾用カラオケテープ作ってたっけ。
よし、次回お会いするときtさん演奏のテープを録音してもらうことにして、とりあえずそれまでは自分でtさんのパートを弾いて録音して練習してみよう!

・・・というわけでさっそく連弾練習用秘密兵器を探しに行きました。
いまどきの録音機器というと、小さなライターみたいな機械(あれなんていうんでしょう?)が主流のようですが、わたしにはさっぱり使い方がわからないし、高いので、昔ながらのスイッチひとつで録音できるのがいいな〜と探していたら、ありました。
懐かしい原始的なラジカセ、1980円。
カセットテープというのも久しぶりに買いました。
むふふ。これで一人で連弾や2台ピアノの練習ができるわ〜♪(←その前に間違えずに弾けるようにならなくちゃいけないですね。)






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ