2006/11/27

紅葉の山梨へ(2日目)  日記

2日目は山梨県立美術館へ。
入り口の黄金色のイチョウ並木、レンガ造りの美術館と文学館を囲む広い公園の紅葉も見事で、建物に入る前から素敵!

館内に入ると、美しい庭が見えるガラス張りのロビーにグランドピアノが!!きゃ〜〜〜!こんなところで弾いたら気持ちよさそう〜!わたしが山梨県民だったら「ここ借りられますか??」と鼻息荒くして聞いちゃうな〜・・・と妄想。(週末はロビーコンサートが行われているようです。)

こちらの美術館の目玉はミレーの「落ち穂拾い」と「種まく人」。ほかにもバルビゾン派の風景画や、シャガール、藤田嗣治などの有名どころから、現代絵画にいたるまで贅沢なコレクションが広々した館内にゆったり飾られています。山梨、しゅごいものもってますね〜。。。
館内のどの窓からも外の風景が美しく見えて、部屋から部屋へ移動するときも楽しめます。
近くに住んでたらちょくちょく来たいくらい。館内のカフェもよさそうな感じでした。

さて、美術館でうっとりしたあとは、ほうとうを食べるため「小作」へ。
今回の旅の大きな目的のひとつが「本場のほうとうを食べる」こと。
今まで、市販のほうとうセット(麺と味噌のセット)で家で作ったことはあるのですが、本場で食べたことはなかったので「本場の正しいほうとうにはどんな具が入っていてどんな味付けなのか」を確かめるべく。
小作は山梨ではメジャーなほうとうのチェーン店だそうです。
民芸調の畳の店内はお昼で満席。
一番ポピュラーと思われる「かぼちゃほうとう」を注文。
アツアツの鉄鍋に、木のお玉のようなものがついて運ばれてきました。
具はかぼちゃ(カットが大きい!)ゴボウ、白菜、ネギ、にんじん、さといも、しいたけ、山菜・・・などなど、ざっと数えただけでも10種類くらい入っていました。
ほうとうの麺は太くて平らなうどん、という感じ。(以前家で食べたののほうが餅っぽい食感と味でした。)
具沢山でボリュームたっぷりでおいしかったです。
お土産にほうとうセットを買ったので、家で作るときは真似してみようと思います。

それからテレビチャンピオンのケーキ選手権でチャンピオンになったというケーキハウスミサワへ。温泉旅館の並ぶ石和のちょっとはずれた場所にあるのですがお客さんがひっきりなしに訪れていました。
ガラスケースの中のケーキはどれもこれも美味しそうで、一個だけ選ぶのがつらくなるほど・・・家の近くにあれば、毎週通って全種類制覇したい・・・。
結局、クレープで包んだ生クリームムースの上に、いちごがのったケーキにしました。バニラが効いていておいしかった〜。いくつでも食べられそう。

さて、最後は桔梗屋の工場に併設されたアウトレット店へ。
子どもたちはここで「信玄餅つめ放題」(一袋210円。去年10個くらい入ったような覚えが。)をするのを一番の楽しみにしていました。
ところが!午後3時くらいに行ったらすでに「つめ放題は売り切れで終了しました。」と。。。次回は早めに行かなくては。

美しい紅葉と美味しい食べ物とワインを満喫し、充実の2日間でした。














トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ