2009/2/17

姫川邸?  ピアノ

都内にある某ホールへ、今後ピアノの会で使えたらよさそうですね〜という下見と、近日中に披露する隠し芸(?)の練習をかねて行ってまいりました。

邸宅を改造して今は音楽ホールとして貸し出されているのですが、もう、入り口からして「・・・ここがお家って一体・・・」とクラクラするような豪華なお屋敷です。

重厚な玄関扉をあけると、ひゃーシャンデリアに螺旋階段?!
予約していた時間よりちょっと早く着いてしまったら「どうぞこちらのお部屋で庭でも眺めていてください。」と係りの方(執事さん??)に案内されたお部屋からは、美しく手入れされた日本庭園が見え、しだれ梅が咲いており、その向こうには広々と下界の眺めが。。。(入り口のほうからはわからなかったのですが、高台に建ってるんですね。)
「はぁぁ。。。なんかすごいお嬢様になったような気分。。。ばあや、クイーンメリーをお願いね」と妄想にふけっていると「ではピアノのお部屋へ参りましょう。」と案内され、螺旋階段を上って2階へ。そこまでたどり着く間にも廊下の左右にはお部屋がたくさんあり、家の中で迷子になりそう。

さて2階の突き当たりの部屋がピアノホール。扉を開けたとたん、木の香りに包まれました。床も壁も天井も明るい色調の木でできていて、お花の模様の美しいステンドグラスからの光に満ちて輝き、向こうの壁際にはパイプオルガン、こちらの壁際にはベーゼンドルファーのグランドピアノ・・・という夢のように(というか、夢ですら想像しなかったような)素敵な空間!!「きゃーーーーーーー!!!素敵ーーーー!!!」

さっそくピアノに触ってみると・・・艶消しのベーゼンドルファーからは、まろやか〜な温かい響きが。。。
3時間(あっという間に感じましたが。)みっちり練習して至福の時でした〜
誘ってくださった〇〇さん、どうもありがとうございます!!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ