2008/12/5

8mmフィルム  日記

夫のお母さんの実家の物置から、40年前の8mm映写機とフィルムが出てきました。今は亡きおじいちゃんが撮影した、孫(←うちの夫)や娘たち(夫のお母さんの姉妹)の動画などが記録されてるということで、機械いじりの得意な夫が、ゴムが劣化して動かなくなった映写機をあーでもないこーでもないと直し、とうとう動いて、昔の映像が見られるようになりました!!

カタカタカタ・・・とフィルムがまわる音がして、壁に映し出されるセピア色の映像・・・めちゃめちゃ若い(でも今とほとんど変わっていない@@!!)お母さんや、初めて見る赤ちゃんのころの夫の姿、まだ舗装されていないおじいちゃんちの家の前の道路(今と全然違う!)・・・などなど、貴重な映像が動いているのに感動しました。

「こりゃ〜、リアル『ニュー・シネマ・パラダイス』だねぇ!」と言いながら、タリラリララリラリラ〜♪(←もちろん『ニュー・シネマ・パラダイス』のテーマ曲。)とピアノでBGMをつけてみたり。(無声のフィルムなんです。)

ネットで調べてみたところ、こういう8mmフィルムをDVDに変換してくれるサービスがあるようなので、フィルムが劣化しないうちにDVDにしてもらって、今度のお正月は親戚一同で楽しみたいと思います。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ