2008/10/7

吉祥寺を走り回る(その3)  ピアノ

ゼーハーしながら歩き続け、10分ほど遅れてスタジオに到着。
すでにSさん・Eさん・Cさんが中で待っていらっしゃいました。まいちゃんの上京を楽しみに集まったお友達です。

今回初めて使ったスタジオ。まだ新しくてピカピカ。ロックやジャズのバンド練習に使われることが多いのか、ドラムやアンプなども設置してありました。
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンケンで負けてしまい、わたしが1番に弾かせてもらうことに。まだゼーハーしてる状態でピアノに向かい、まずはリャードフの「舟歌」を。うわー。鍵盤のアクションがカチカチ;なんとなく工場から出したての新品みたいな(って、触ったことないけど)・・・まだなじんでないっていうか。。。背中に視線を感じつつ弾くのも緊張〜!あぁ〜;;家で弾けたつもりになってても、こういうシチュエーションで弾くとボロボロじゃん〜〜〜;;;終了。

続いてEさん→Cさん→まいちゃん→Sさん→再びふわふわ、という順番で、ぐるぐる3時間弾きっぱなし!5巡くらいしたかな?
Eさんは優しく落ち着いた音色でショパンの「別れの曲」やベトベンの「テンペスト」、スカルラッティのソナタなど。
Cさんはクールで切れ味鋭いバッハの平均律やチャイコフスキーの「瞑想曲」、ラフマニノフの「鐘」など。
まいちゃんは、おいしいお菓子みたいな音色で、かわいくてノリノリのモーツァルトのソナタ、リストの「ため息」、バッハのシンフォニア、がらっと雰囲気変わって映画音楽の「ひまわり」など。
Sさんはドビュッシーの「塔」「雨の庭」バッハのイタリアンコンチェルトなどなど。Sさんが音楽に身体ごと入っていくような感じが伝わってきて、鳥肌もの〜!

みなさん、どの曲も昨日発表会だったんですか?というくらいサラサラと美しく弾かれていて、圧倒されっぱなしでした。
真剣にピアノと向き合って鍛錬を重ねた結果なんだろうなぁ。

それなのに、わたしときたら・・・「いくら練習会だからってこれはナイでしょ!」というほど間違えまくりのメタメタ;;
西村さんの「あなたに最高のしあわせを」(この曲、またしても鳥目で楽譜が読めず崩壊。)、スクリャービンの「プレリュード11−11」、リスト「ため息」、エルガー「愛の挨拶」、ベトソナ月3のさわり数小節(ひどすぎて続行不可)。
どの曲も自分でもギョっとするほど弾けなかったよ。。。
せめて3曲くらいは、いつでも人前で弾けるという状態をキープしておきたいなぁと痛感しました。。。

そして例によって「ルパン」の楽譜を持ってたので、Sさんが初見でセコンド担当してくれて連弾してもらいました。とても初見とは思えぬSさん、そして、初見でないはずのわたしが間違えまくって、足を(手を?)ひっぱりました。。。ルパンもまた練習しなおさなくては。。。グリッサンドもできるようにしておきます。。。

スタジオを出たあと、カフェに移動してケーキを食べつつ2時間ほどおしゃべり。
楽しくてあっという間の1日でした。

はるばる来てくれたまいちゃん、ご一緒してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
よかったら、またぜひ一緒に遊んでくださいね〜。






2008/10/7

吉祥寺を走り回る(その2)  日記

走って走って、時計を見るたび、締め切りの時間がもうあと5分、3分と迫っているのに、なかなかジブリ美術館が見えてきません。あっ、去年オフ会した「ラ・フォルテ」が見えるから、もうすぐのはず!確かあの向かいあたりだったんだよ!・・・と思ったら、向かいはテニスコート?!えええっ?!ここが入り口じゃなかったのっ・・・もっと先?!と青くなりつつ、さらに走ると、ようやく木々の間に建物が見えて、ほっと一安心。(このときすでに1・2分前。)
クリックすると元のサイズで表示します

トトロの受付の前で「はぁ〜、よかった!間に合ったね。」「でも受付の人がいないよ?」トトロ動く気配ないし・・・とキョロキョロしていると、実は本物の受付は建物の右側にあって、入場の列ができていました。ギリギリセーフ!

美術館の中に入ると、予想に反して人がいっぱい!!人数制限があるようだし平日だから空いてるだろうと思ったら大間違いでした;;
じっくり見たいところですが、展示物の前には人垣ができてるし、見学できる時間が1時間くらいしかなかったので、急ぎ足でひとまわりすることに。

不思議なお城みたいな建物は、迷路のようになっていて、窓がジブリキャラクターのステンドグラスだったり、細かいところまで装飾が凝っていて(トイレの中までかわいい!)、そういうのを見て歩くだけでも楽しいです。
アニメーションができるまでを説明する展示物は、立体になっていたり、お客さんが触って動かせるような仕掛けがついていたり、仕事部屋を再現したようなインテリアの中にたくさんの原画が無造作に貼ってあったりして、あちこちにおもしろい工夫が。

「となりのトトロ」と「パンダコパンダ」と、先日テレビで放映されていた「ハウルの動く城」しか見たことのないわたしでも充分楽しめたので、もっといろいろ見てるファンの方だったらもう興奮のあまりクラクラしてしまうんじゃないかな〜。
熱心なジブリファンらしき外国人観光客の方もたくさん見かけました。

あっという間に1時半過ぎてしまい、美術館を出て(建物が迷路みたいなので、出るのにもちょっと迷子に;)次は2時までに駅の向こう側にあるスタジオに行かないといけません。東急裏の雑貨屋めぐりもしたいところだったけれど、とてもその余裕はナシ;
「足の裏がジンジン痛い〜;」「なんか時間が経つのが早いよね!」
ほとんど競歩でまた井の頭公園沿いを歩いて駅方向へ。

 ・・・次回へ続きます。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ