2008/9/18

花の美術館(その2)  日記

館内にはこんなものも展示してありました。
座れない椅子と、着られないドレスです。何で出来ているかわかりますか?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

椅子のクッション部分と、ドレスの胴体部分は、バラのトゲをビッシリ貼り付けて作ってあるんです!ドレスのスカート部分はカーネーション(ドライの花びら?)だそうです。
作るのにどれくらい時間かかったんでしょう・・・気の遠くなる作業ですねぇ。作ってる間も痛そうだし^^;

ハロウィンのディスプレイもありました。
クリックすると元のサイズで表示します


お花を見たあとは園内のレストランでお昼ご飯。
ガラス張りの店内からは外の緑が眺められて、気持ちいいです。テラスでは愛犬と一緒に食事してる人も。

クリックすると元のサイズで表示します
「おぉ〜、ピアノがある〜!貸切でオフ会に使わせてもらえないかな?」と思いつつ食事していると、ドレス姿のピアニストさんが登場、映画音楽やポップスなどを雰囲気よく弾かれていました。平日の昼間からちゃんと生演奏が入ってるなんて感激!!
お料理もおいしかったし、すごい贅沢した気持ち〜。

花の美術館を出たあとは、歩いて海岸まで。こんな近くでも海が見られるんですね。
クリックすると元のサイズで表示します

家から1時間かからずに行けるのに、なんだか遠くに旅行に行ったような気分が味わえました。

「花の美術館」ホームページ↓
http://floral-museum.jp/

2008/9/18

花の美術館(その1)  日記

さて、花の美術館、想像していた以上におもしろくて楽しめました。
稲毛海浜公園の中にあり、季節の花を植えた花壇、季節ごとにテーマの変わる館内のアトリウムガーデン、熱帯植物の茂る温室、屋上を利用したベジタブルガーデン、園芸関係の本や資料の揃う図書館、リース作りなどの教室が開かれている工房、押し花や絵画の展示室・・・などなど、花と植物に関する見所いっぱいで、家から歩いて行けるところにあれば通いたいくらい。

前庭のコスモス。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

睡蓮の咲く池。京成バラ園同様、こちらにもカメラおじさんがいっぱいでした。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


ケイトウの花壇。鮮やか!!目がまわりそう@@

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ