2008/6/16

発表会(ガックリため息)  ピアノ

舞台にあがり、先生からの紹介(花屋で働いていて今回の舞台の花担当だったことや、ふだんから人前演奏に積極的に参加していることなどをお話してくださいました。)と、自分からの一言挨拶「子どもの部も大人の部もとっても素晴らしくて一日中楽しませてもらいました。トリということでドレス仮装してきましたので、がんばって弾くので聴いてください。」というようなことを言って、ピアノへ向かいました。

リハーサルでは弾きにくかったけど、もしかしたら本番では弾きやすくなってるかも?・・・と淡い期待を抱きつつ・・・
タリラリラララリララリラ・・・♪「うっ、やっぱり弾きにくい〜;;けど落ち着いて、メロディの音を歌うのよっ!」とテーマのメロディに入ったのですが、音を浮き立たせることができない・・・ララ〜シシ〜ドド〜と音が2個になるところから、すでにもうグチャッとしてきて指が全く言うことをきかなくなって、脳からの指令が伝わってない!派手にミスタッチ連発。「げげっ?!なんでっ、まだ序の口のところでこんなに崩れてどうするっ?!」と思い始めたら、ますます手ガチガチ、指プルプルになって、どんどん制御不能に;;;
もう全く自分の手じゃないみたいで、何かにのりうつられてるとしか・・・「こ、これが噂の『魔物』・・・」と遠のいていく意識の中で思いました。

その後は完全に魔物に支配されてしまい「落ち着け自分!」と励ます自分の声も聞こえなくなり、ただもう次から次へと不協和音や騒音が。。。
そして後半に入ったところで、ある和音を完全に違うところで押さえてしまって「はっ!今どこ弾いてるんだっけ?!どうやって戻ればいいんだっけ?」・・・・・暗譜が飛ぶってこういうことか・・・。いつも流れにまかせて弾いてたので、途中で止まると修復の仕方がわからないのです。。。
しばらく考えたあと、なんとか続きを弾き始めると、客席から娘の笑い声が!普通だったらここで「まぁ失礼な!」と思うところでしょうが「ぶっ!笑ってるよ〜。そりゃ笑うよな〜^^;シーンとされるより、むしろ助かったよ。」と思ってしまいました。(あとから聞いたら「え?ママが間違えてたから笑ったんじゃないよ。パパがね、デジカメでママの顔ズームでドアップにしてたから笑ってたの〜^^」だそうです;;そっちのほうが失礼では?!)

ズームでなくても、顔が引きつっているのが伺える写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

「まぁ練習不足だったし、しょうがないか〜。」と思えるならばまだしも、半年間こればっかり練習していたのに、すごい不本意な結果になってしまいました。ガックリ。先生に申し訳なくて。。。次の発表会ではリベンジします!

発表会後は、中華レストランへ打ち上げへ。見学にいらしたお友達やご家族も加わって、にぎやかで楽しい打ち上げでした。

・・・というわけで今回の発表会レポ終了です。
先生、発表会でご一緒したみなさん、応援のコメントをくださったみなさん、長々とレポにつきあってくださったみなさん、どうもありがとうございました♪


2008/6/16

発表会(大人の部)  ピアノ

今回の大人の部は13人。親子で連弾される方、ご夫婦そろっての参加で、奥様はピアノを、ダンナ様はサックスとクラリネットを演奏される方(今回は先生が伴奏をされていましたが「次回は妻の伴奏で舞台に出るのが目標です。」とおっしゃっていました^^素敵〜☆)曲目もポップス、ジャズ、ゲーム音楽、歌謡曲、クラシック・・・などなど様々で、大人の発表会ならでは!の楽しいプログラムになっていました。

先生が司会をされて、演奏前にレッスンにいらしたきっかけや普段のレッスンでの様子などを紹介してくださって、そのあと一言自己紹介をしてから演奏、というスタイルだったので、演奏だけでなくお話も楽しめてよかったです。

今回初めてお会いした方や、一昨年の発表会や去年の大人のピアノ交流会でお会いした方と再会できてうれしかったです。
みなさん本当に音楽が好きで楽しんで続けていらっしゃるんだな〜ということが伝わってきました。

ほのぼの和やかなムードで進み、あっという間に最後のわたしの出番の時間になりました;;緊張で冷たくなっていた手を娘の手を握って温めてもらって「ママ次だね。がんばってね。」と言われ、いよいよ舞台へ・・・。

  次回いよいよ発表会レポ最終回?へ続く。。。      



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ