2008/6/15

発表会(リハーサル)  ピアノ

集合写真を撮ったあと、大人の部のリハーサルです。
子どもの生徒さんとご家族のみなさんは帰られたので、ホールに残っているのは大人の出演者13人と、見学のご家族やお友達で「これならいつものオフ会と変わらないよね?」とねこりんさんと話していたのですが・・・
いざリハーサルが始まってみたら、いきなりホール中に張りつめる異様な緊張感!客席のみなさんも本番さながらにシーン・・・。
開演時間に間に合うよう、きっちり一人3分で「はいっ!終わりです。」と止められるのもドキドキ焦りを増す効果が。。。

さてわたしの番になりピアノの前に座って弾き始めると「あれ・・・なんか変・・・??」と違和感たっぷり。特に鍵盤が重いわけでもないのに、妙に弾きにくい。音が飛んでいかないし、イメージしている柔らかい音にならない;・・・と、指は震え出し、指だけでなく、これまで震えたことのない足までがブルブルブルブル・・・普段外さないところでも外しまくり、だんだん暗譜がぼやけていく感覚が・・・
「いやぁぁぁ〜〜っ!中間部くらいまではリハーサルで弾いておきたいけど・・・3分でどのへんまでいけるかな・・・なんとか流れに乗りたいけど、どんどん悪くなってる気が・・・」と、ほとんど気持ち悪くなりつつ弾いてたら「はい、終了です。」
ガーン!!ヤバイ!非常にヤバイ!・・・この感じは・・・プレイエルで「愛の悪夢」になっちゃったときと似てる!・・・あのときは楽譜があったからまだよかったけど、今日は暗譜;;いつも流れで弾いてるから、止まったらおしまいなのに!!

ピアノに触って慣れて安心することがリハーサルの役目なのに、かえって不安増大。。。
さぁ、どうなる?!

      ・・・続く。

2008/6/15

発表会(開演前と子どもの部)  ピアノ

約1年半ぶりに、教室の大きな発表会がありました。
前回と同じホールなのですが、今回はお昼が子どもの部、子どもの部が終了してから大人も一緒に集合写真を撮って、夕方から大人の部、と分かれているのが違います。

まずは開場前に花のチェック。無事に届いていて一安心。
それからお昼ご飯を食べに行ったり、近くのお店を見たりして時間をつぶしました。

子どもの部の第1部は、幼稚園や小学校低学年の小さい子どもたち。会場に戻ったときにはすでに始まっていて、客席もほぼ満席の様子だったのでわたしは控え室のテレビモニターで楽しませてもらいました。屈託のない明るくてまっすぐな演奏に、思わず「かわいいなぁ〜^^」とか「上手ねぇ〜」と、控え室で一人でニマニマ。

子どもの部、第2部は、小学校高学年と中学生の子どもたち。フォーレのバルカローレや、ベートーヴェンのソナタ、バルトークのソナチネ、といったスゴイ曲目がずらりと並んでいるので、プログラムをもらったときから「これはぜひ聴かなくては!」と思っていたので、客席でしっかり聴かせてもらいました。
も〜〜〜、子どもの「発表会」というのを忘れて聴き入ってしまうような演奏ばかりでした。第1部の小さな子たちも上手でかわいかったけど、第2部になると、一人一人、ものすごく個性的!!音色も表現の仕方も全然違って。。。どうやったらそんな音が出せるの?とうらやましくなるほど、みんなピアノと一体化して音楽に入り込んでます。今こんな風に弾いてるってことは、大人になったらどうなるんだろう。。。

そして、先生の演奏コーナー。ここで先生、初めてドレスにお色直しして登場です☆白地に赤いバラの花模様の可愛いドレスがとってもお似合い!急いでカメラやビデオをセットするお父さん方が続出^^
ショパンの「別れの曲」をしっとり素敵に演奏されました。
うっとり〜。さすがだわ〜。一曲だけじゃなくて、もっと聴きたかったな〜。

その後、子どもたちのハンドベル演奏、合唱コーナー(わたしはその間にダッシュで着替え。)で、子どもの部は終了。

   次回へ続きます。(長くなりそう;)



2008/6/15

発表会の花  お花

昨日は通っているピアノ教室の発表会でした。
発表会レポの前に、まずは発表会の花の写真をどうぞ。

照明が暗いときに撮ったので、わかりづらいのですが、舞台全体はこんな感じ↓
クリックすると元のサイズで表示します
バックの壁の色が、照明で七変化します。演奏者のドレスの色や、曲の雰囲気によって色を変えてくれます。

スタンド花。下に置いてある鉢花は、リーガスベコニア。発表会が終わったあとで、子どもの生徒さんたちのお土産に。
クリックすると元のサイズで表示します

先生にプレゼントの花束。↓
クリックすると元のサイズで表示します
先生にリクエストの色を聞いたところ「ドレスの色がまだ決まってないんですが・・・オレンジ系か赤系で。」ということだったので、オレンジ系でお作りしたのですが、当日の先生のドレスは白地に赤いバラ模様の超ラブリーで清楚なドレスだったので、赤バラをメインにかわいい雰囲気で作ればよかったな〜と激しく後悔;;直前にも確認すればよかった〜;



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ