2008/5/1

益子陶器市(番外編「下妻」)  日記

陶器市、気づけば午前9時前から午後3時すぎまで歩きっぱなしでした。
わたしは普段から雑貨屋めぐりなどをしていると時間を忘れて歩き回るので、まだまだ平気、という感じだったのですが、夫が「陶器酔い」(たくさん見過ぎてクラクラきたらしい)でギブアップ。渋滞が始まらないうちに帰ることにしました。

益子までの通り道であの下妻を初めて通りました。
地平線が見えそうなくらい田んぼ、田んぼ、田んぼ・・・でした。
「下妻物語」に登場した喫茶店「貴族の森」が実在していることに感激して、寄り道しました。

クリックすると元のサイズで表示します
店内には下妻物語のポスターや、ロケ時の深田恭子ちゃんの写真もありました。
クリックすると元のサイズで表示します
アイスコーヒーとコーヒータルト。

家に帰ってきてから、「下妻物語」の文庫を読み返し、下妻と貴族の森についての記述のところで大笑いしました。

2008/5/1

益子陶器市(その3)  日記

お蕎麦屋さんで昼ご飯を食べた後、「益子参考館」へ。
益子焼を有名にしたといわれる、濱田庄司(夫から話を聞いていたとき「えっ?!浜田省吾?!」と聞き間違えました。)の住居と工房、窯などが公開されています。

外は日差しが強くて夏のような暑さでしたが、蔵の中はひんやり。濱田氏が集めた世界各国の民芸品コレクションが飾られています↓
クリックすると元のサイズで表示します
茅葺屋根の工房↓
クリックすると元のサイズで表示します
登り窯↓
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
消火器が置いてあったということは、今でも使うことがあるのかな?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ