2008/5/8

あと3日!  お花

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2008/5/6

母の日まであと5日  お花

クリックすると元のサイズで表示します
今度の日曜日は母の日ですね。
テレビのコマーシャル見てると、「母の日にチョコレートを」(バレンタインか?!)とか、「母の日に携帯電話を」とか、いろいろありますねぇ。
でも定番はお花、ですよね。
前日や当日はお店も超混雑しますので、もしよかったら、ちょっと早めにプレゼントされるのをオススメします!!
鉢物も、母の日用に入荷したばかりのがあるので、早い者勝ちですよ!
鉢物は定番のカーネーション以外にも、アジサイやクレマチスなどで変わった種類のがいろいろ出ているのでオススメです。

2008/5/5

マラゲーニャ違い;;  ピアノ

夏に向けて、なんかスパニッシュなものでも弾いてみたいなぁ〜♪と思って、例によってYouTubeをハシゴしていたら、「マラゲーニャ」という曲を発見。

おお、かっこいいじゃ〜ん!アルベニス?別名「入江のざわめき」?
よし、さっそくピアノピースを!と手に入れたのですが、「あれ・・・これもスパニッシュだけど、なんか違う曲のような・・・?」
・・・と思って、再度調べてみたら、わたしのツボにはまったのは「マラゲーニャ」は「マラゲーニャ」でも、レクォーナ(?)という作曲家のマラゲーニャのほうでした・・・;;
レクォーナの「マラゲーニャ」↓
http://www.youtube.com/watch?v=b27r1uH663Y&feature=related
(ぎ、銀色のピアノ?鏡??派手ー☆☆)

アルベニスだったら「アストゥリアス」(伝説)のほうが好みだったのにぃ〜。(難しそうだけど。)この方の演奏、超カッコイイ!
http://www.youtube.com/watch?v=iF_XUB4aG28&feature=related

まぁ、でもせっかく楽譜を手に入れたのでアルベニスの「マラゲーニャ」も弾いてみよう。。。
アルベニスの「マラゲーニャ」↓
http://www.youtube.com/watch?v=VLieHPDAd_0&feature=related

・・・母の日前でぎうぎうなはずなのに何をしてるんでしょう・・・逃避ですね:


2008/5/4

チックがスクリャービンを?!  ピアノ

先日買ったスクリャービンの前奏曲集の楽譜をあれこれちょろちょろ試し弾きしていたら、24の前奏曲Op.11−2の途中で、夫が「あれっ?!今のもう1回弾いてみて!!」と。普段わたしが何か弾いていても興味を示さないのに、どうしたのかしらん??「えっ・・・今初めて弾いてるから、つっかえるよ?めちゃくちゃだよ?」と言いつつ、もう1回弾いてみると、「やっぱり!!それ、この曲じゃないの?」と取り出してきたのは、チック・コリアのCD。
えーーーー?チックがスクリャービン??なんかの間違いじゃないの〜、たまたま似てる曲とかじゃないの〜・・・とあやしみつつジャケット(「TRIO MUSIC,LIVE IN EUROPE」)の裏を見てみると、ホントに「Prelude No.2(Scriabin)」とありました。
CDをかけてみると、だいぶアレンジされていますが、たしかに。。。ところどころ原曲のフレーズが残っていました。
へ〜〜〜。チックがスクリャービンをカバーしてるとは知りませんでした。
調べてみると、ほかのアルバム(「CHICK COREA SOLO PIANO ORIGINALS」)でも11−2と11−4をカバーしてるのが出てきました。
すっかりほかのジャズの曲やチックのオリジナル曲と溶け込んでいるので、気がつきませんでした。チックもスクリャービン好きなんですね。

それにしても、わたしのあのたどたどしい演奏を聴きながら、あの曲と同じ曲だとわかった夫に驚きました^^;
今後11−2を練習するときはコッソリ練習しよう。。。で、スラスラ弾けるようになったらまた聴いてもらおうっと。

2008/5/1

益子陶器市(番外編「下妻」)  日記

陶器市、気づけば午前9時前から午後3時すぎまで歩きっぱなしでした。
わたしは普段から雑貨屋めぐりなどをしていると時間を忘れて歩き回るので、まだまだ平気、という感じだったのですが、夫が「陶器酔い」(たくさん見過ぎてクラクラきたらしい)でギブアップ。渋滞が始まらないうちに帰ることにしました。

益子までの通り道であの下妻を初めて通りました。
地平線が見えそうなくらい田んぼ、田んぼ、田んぼ・・・でした。
「下妻物語」に登場した喫茶店「貴族の森」が実在していることに感激して、寄り道しました。

クリックすると元のサイズで表示します
店内には下妻物語のポスターや、ロケ時の深田恭子ちゃんの写真もありました。
クリックすると元のサイズで表示します
アイスコーヒーとコーヒータルト。

家に帰ってきてから、「下妻物語」の文庫を読み返し、下妻と貴族の森についての記述のところで大笑いしました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ