2008/1/18

「ピアノ・レッスンズ」  

「ピアノ・レッスンズ」ノア・アダムス著(大島直子 訳)中央公論社

アメリカのラジオのパーソナリティ、ノア・アダムスが51歳にしてピアノを弾けるようになりたいと思い立ち、ピアノを購入、憧れの「トロイメライ」を弾けるようになるまでの1年間の奮闘記。
・・・といっても、ピアノの練習の話ばかりではなく、ノア氏がインタビューしたピアニストや音楽関係者の話、音楽にまつわる思い出話、奥さんとの休暇の話などなどがユーモアたっぷりに語られています。

ノア氏のピアノ練習に関することだけを抜き出すと、
1月、ピアノを購入(スタインウェイのアップライト。全く弾けないのに、まずピアノを買ってしまうのです。)、
2月、ピアノが家にやってきて、
3月〜5月、ピアノ独学マスター用ソフト「ミラクル」(パソコンと電子ピアノをつないで、画面の指示に従って練習するゲームのようなソフト。)で練習。
6月には「毎日1時間(このテープの言うとおりに)練習すれば、約12週間で驚くべき大成功に到達できる」という「サドノウ・メソッド」のテープを購入。
7月・8月、サドノウのテープの教えに従い練習するけれど、だんだんいやになってきて、
9月、仕事と休暇でほとんどピアノに触らず、
10月、ミュージック・キャンプ(ピアノ練習合宿)『オータム・ソナタ』に参加。この10日間で、初めてちゃんと生身の先生にピアノを教えてもらったり、ほかの受講生の演奏を聴いたり、さらに初めて人前で演奏する、という経験を通して、ノア氏に劇的な変化が訪れます。
11月、ピアノの練習に夢中になるノア氏。
12月、こっそり練習を続けてきた「トロイメライ」を、クリスマスプレゼントとして奥さんの前で初披露。

ピアノ練習の苦労話や、弾けたときの喜びなど「わかるわかる〜!」とうなずきながら読みました。
ノア氏の愛妻家ぶりも微笑ましいです。(休暇中に、セーリングが趣味の奥さんのために、内緒でヨットを特注で作らせてプレゼントして驚かせたり!クリスマスに「トロイメライ」を披露するときも、タキシードに着替えてキャンドルを灯す演出つきで奥さんをビックリさせるんですよ〜^^)

この本が出版されてから10年、今ごろノア氏はどんな曲を弾いているのかな?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ