2008/1/31

もんやりもんやり  レッスン

レッスンに行ってきました。

♪「ため息」リスト
まずは通して弾くと・・・「前半はそれらしくなってきましたが、中間部からがまだまだですね〜。」

中間部 左手でダーンダーンとメロディとって、右手がチャリラチャリラ・・・と忙しく動くところ。左手の音量を出すことに気をとられて、右手がおろそかになっているので、音外さないように。手首を上にあげてしまうクセがあるので、落としながら横に移動していくように弾く。

後半  もっとメロディ浮き立たせて弾く。(伴奏の音は小さく。)

「ニガテな箇所になるとスピードが落ちてしまうので、ゆっくり正確に弾く部分練習も必要ですが、そろそろ理想のテンポで弾く練習も始めてくださいね。
全体通して同じ調子で弾いてるので、やわらかく弾くところと、ハッキリ音出して弾くところのメリハリをつけて弾けるようにしましょう。」

・・・ということは、そろそろCD連弾練習ですね!(実はすでに試してみたのですが、やっぱり中間部とかニガテなところでついていけなかったのです。)

♪「エチュードOp.42−4」スクリャービン
とりあえず譜読みしたのですが、わたしが弾くと、なんだか地味〜な不協和音が続く曲、という感じ;;CDで聴くとふっと意識がセピア色の回想シーンにいってしまうような素敵な曲なんですけど・・・。

「あ〜、これは響きで聴かせる曲ですねー。もんやり弾いてると、もんやりしたまま終わってしまいますから、メロディと内声のバランスや、和音の響きの陰影を感じて弾いてくださいね。」とのこと。
といっても、まだまだそこまで意識できるほど弾きこんでいないので、まずは右手の一番上のメロディを強調して弾く練習をすることと、左手(特に一番低音。)をドスドス弾かないように注意して練習してくること、という課題をいただきました。



2008/1/25

初ビリー  日記

というわけで、さっそく娘と一緒にビリーのDVDをスイッチオン。
字幕なしのタイプなので、英語の勉強にもなり一石二鳥です。(ほとんど聞き取れなかった・・・。)

世の中でビリーが大流行していたときに、テレビでは見ていたのですが、実際に一緒にやってみるのは今日が初めて。

やってみた感想は、

1.動きを真似するのが難しい。
キックにステップが組み合わさったりすると、もうダメ。明らかに違うヘンテコな動きになってしまいます。テレビ画面の横に大きな鏡があると、自分の動きが合っているかどうか確認できるんだけど。。。

2.簡単な動きでも、スピードアップして繰り返すと、けっこうキツイ。(でも、この「おっ、キツイな。」と感じられるのは運動になってる証拠なので、正しく真似できている目安になるかも。)

3.パンチやキックなど、普段の生活ではしない動きをするのでおもしろい。(・・・と、わたしが言ったら、娘「え?普段でもケンカのときにするよ。」と。。。)

4.2人以上でやる場合、かなり広いスペースがないと、蹴りあって危険。

5.フローリングの床でやるときは、靴下をはいてると滑ってできない。

お友達からは「一通りやると汗だくになるよ。」(彼女が試したのは夏。)と聞いていたのですが、今は冬だからか、適度にポカポカ体が温まっていい感じでした。

ビリーと、腹八分目、体重測定などを組み合わせて、3ヶ月で少なくとも5sは落としたいです。




 

2008/1/25

体重計  日記

今までずっと家にちゃんとした体重計がなくて、自分の体重に気づかぬふりをしていたのですが、今年の発表会ではドレスを着たい!というのを目標に、本気でダイエットに取り組むことにしました。

というわけで、まずは現実を知るため、体重計を購入。
Amazonで調べて、値段も手頃でユーザーレビューの評価の高かった、TANITAの体脂肪計付ヘルスメーターが本日到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します

さっそく乗ってみたところ・・・ガーン!!もしかして、とは思っていたけれど、大台を越えている・・・。
家にあった「ちゃんとしていない体重計」は、なんと、実際よりも4kgほど軽く表示されていたことがわかりました。
そうだよね〜、最近、以前着ていた服がどんどん窮屈になっているのに体重は変わらないからおかしいなぁとは思っていたのよ。。。

そして、初めて計る「体脂肪率」。体重計に身長と年齢と性別を登録すると、どういう仕組みなのか、足を載せる銀色のところから何かを感知(?)して体脂肪率が出てくるのです。
その結果は・・・34.3%!わたしの体の3分の1以上は脂肪ってこと?!グラフによれば「+標準」と「軽肥満」の境目;;
ユーザーレビューに「この体重計の体脂肪率は低めに出るようです。」と書いてる人もいたので、ということは、実際はもっと高いということか。
子どもたちも計ってみたところ、息子は11%、娘たちは24%くらいだったので、やっぱりわたしはダントツで高い。。。むむぅ〜。

そんな折も折、お友達の家に遊びに行ったら、お土産に「ビリーズ・ブートキャンプ」のDVDをいただきました☆
遅ればせながら、入隊いたします!
さっそく帰ってきてから娘と一緒にやってみました。(レポ続く。)






2008/1/23

学校指定の服って。。。  日記

息子がジャージ上下が一着では足りないというので、買い足すことに。
入学のときは学生服や鞄や、体操服や、上履きや、いろんなものと一緒に買ったので、ジャージだけの値段はあまり覚えていなかったのだけど、あらためてびっくり!!上下で一万円;;
ただの紺色のジャージですよ??
校章が腕のところについてるだけでこの値段って。。。
(しかも、ゼッケンは別で、縫い付けないといけない。1万円もするなら、もとからつけててほしい。)

また、先日、制服のシャツの上に無地の黒いフードつきのセーターを着て行ったら、「フードがついてるのは禁止。」と注意されたそうで、フードなしのセーターも買うことに。
わざと校則を破るつもりだったわけではなく、家にあったのを着ていっただけなので、注意されて息子も驚いたそうです。
フードくらい別にいいじゃん、と思うけどねぇ。。。
自分の子どもが中学に行くころにはこういう校則って消滅してるかと思ってたのに、いまだに残っているとは。






2008/1/18

「ピアノ・レッスンズ」  

「ピアノ・レッスンズ」ノア・アダムス著(大島直子 訳)中央公論社

アメリカのラジオのパーソナリティ、ノア・アダムスが51歳にしてピアノを弾けるようになりたいと思い立ち、ピアノを購入、憧れの「トロイメライ」を弾けるようになるまでの1年間の奮闘記。
・・・といっても、ピアノの練習の話ばかりではなく、ノア氏がインタビューしたピアニストや音楽関係者の話、音楽にまつわる思い出話、奥さんとの休暇の話などなどがユーモアたっぷりに語られています。

ノア氏のピアノ練習に関することだけを抜き出すと、
1月、ピアノを購入(スタインウェイのアップライト。全く弾けないのに、まずピアノを買ってしまうのです。)、
2月、ピアノが家にやってきて、
3月〜5月、ピアノ独学マスター用ソフト「ミラクル」(パソコンと電子ピアノをつないで、画面の指示に従って練習するゲームのようなソフト。)で練習。
6月には「毎日1時間(このテープの言うとおりに)練習すれば、約12週間で驚くべき大成功に到達できる」という「サドノウ・メソッド」のテープを購入。
7月・8月、サドノウのテープの教えに従い練習するけれど、だんだんいやになってきて、
9月、仕事と休暇でほとんどピアノに触らず、
10月、ミュージック・キャンプ(ピアノ練習合宿)『オータム・ソナタ』に参加。この10日間で、初めてちゃんと生身の先生にピアノを教えてもらったり、ほかの受講生の演奏を聴いたり、さらに初めて人前で演奏する、という経験を通して、ノア氏に劇的な変化が訪れます。
11月、ピアノの練習に夢中になるノア氏。
12月、こっそり練習を続けてきた「トロイメライ」を、クリスマスプレゼントとして奥さんの前で初披露。

ピアノ練習の苦労話や、弾けたときの喜びなど「わかるわかる〜!」とうなずきながら読みました。
ノア氏の愛妻家ぶりも微笑ましいです。(休暇中に、セーリングが趣味の奥さんのために、内緒でヨットを特注で作らせてプレゼントして驚かせたり!クリスマスに「トロイメライ」を披露するときも、タキシードに着替えてキャンドルを灯す演出つきで奥さんをビックリさせるんですよ〜^^)

この本が出版されてから10年、今ごろノア氏はどんな曲を弾いているのかな?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ